中国謎のシステム。youtubeが別サイトに。金盾を超える中国独自インターネットへの第一歩か?

中国発の謎の動作が、インターネットシステム基幹を揺さぶっている

金盾(Great Firewall of China グレートファイアーウォール)を持つ中国が、インターネットの基幹システムDNSで謎の動きをしているようだ。

まずはDNSから説明 Wikipedia.orgから。

Domain Name System(ドメイン ネーム システム、DNS)はインターネットを使った階層的な分散型データベースシステムである。1983年に情報科学研究所 (ISI) のポール・モカペトリスとジョン・ポステルにより開発された。

現在ではおもにインターネット上のホスト名や、電子メールに使われるドメイン名とIPアドレスとの対応づけを管理するために使用されている。

難しそうに思えますが、簡単にいうと郵便番号と住所のような関係で、ネットの番号(IPアドレス)に人間にとって覚えやすい「何とか.com」(ドメイン)を関連付けしましょうという技術です。

DNSのおかげで番号を気にすることなく、Yahoo.comとかGoogle.comとかを入力するだけで勝手にネット番号に変換されてサイトに接続されます。

さて、DNSが関連付けのテクノロジーであることがご理解頂けたと思います。

この変換情報は全世界で共有されており、全世界共通のものです。

そうでなければ、ある場所ではyahoo.co.jpは問題なくYahoo JAPANに繋がるのに、別の場所ではyahoo.co.jpと入力するとGoogleに繋がるとか不思議な話になってしまいます。

こんな不思議な事が実際に起こったとしたらどうでしょうか?

さて、このDNSサーバが中国にも当然あって、当然、全世界と同じようなドメインからIPアドレスに変換が保証されているはずです。

http://www.networkworld.com/news/2010/032610-after-dns-problem-chinese-root.html

こちらの報道によると、中国のDNSを使っていたチリのISPから例えば、youtube.comやtwitter.comにアクセスすると、本来の関連付けとは全く別のIPアドレスに飛ばされてしまい、本来のサイトにアクセスできない状態になったとのこと。

まさに、yahoo.co.jpにアクセスをしたら、何故かGoogle.comが表示されたと言った事態が発生している。

 

何故こんなことをするのか

この「yahoo.co.jpにアクセスをしたら、何故かGoogle.com」なような話に都合がいいのが、金盾のようなフィルタリングシステムを使う側です。

フィルタリングなら特定のページアクセスをブロックするだけですが、このやり方ならあるドメインを、全く別のサイトに置き換えることが可能になるわけです。

Youtube.comとアクセスするとYouku.comを表示したり、Google.cnにアクセスするとbaidu.comにするとか、ある意味好き勝手にインターネットをコントロールできます。

こんな事をされてしまうとインターネットの根幹が揺らいでしまいますが、お構いなしで中国は世界標準とは異なる独自DNSサーバを作って、独自インターネットにするつもりなのかもしれません。

ある意味凄い話ですが、今まさに起こっていることなのです。
 

skypeで中国との通話がプチプチと途切れる。直す方法は? スカイプバージョン4.2

中国・日本間の通信にスカイプを利用されている方も多いのではないだろうか?

格安の通信環境として、ビジネスでも利用されているスカイプのバージョンが、3月に4.2になった。

自動バージョンチェックがあるので、古いバージョンを利用していると、「バージョンアップしますか」と尋ねられることがある。

これに、はいと答えると、自動的にバージョンアップされてしまう。

さて、新しいものになれば、音質が向上したり、使い勝手が良くなったりするのが普通だと思われる。

事実、スカイプオフィシャルサイトの説明でもそのように記載されていた。

しかし、筆者が試したところ、以前のバージョンでは問題のなかった中国、日本間の音声通信に不具合が発生するようになった。

プチ、プチと音声が途切れ、非常に聞き取りにくいものになってしまっている。

同じ通信環境(PC、回線、時間)で検証しているので、4.2固有の問題と思われる。

これを直すには、元のバージョンに戻すしかない。

4.1に戻したところ、問題なく通信できることが分かった。

この不具合が修正されるまで、スカイプのバージョンアップを行わない事をお勧めする。

また、すでに4.2にしてしまった方は、バージョンダウンで対応すれば、大丈夫。

日本語ドメインが中国で使える? 日本語ドメインと中国語ドメインの関係。CJK統合漢字

ようは、昔取得した日本語ドメインを中国で使おうという話であるが、ちょっと話は長くなる。

実は、コンピュータで使われるすべての文字には番号付けされている。

コンピュータで文字を表現するには、これが最も良い方法だからだ。

何せコンピュータは数字しか扱えないのだ。

昔は、各国が勝手に番号付けしていた。

しかし現代では、世界中で使われている文字に番号付けする方法があって、ユニコードと呼ばれている。

このユニコードは、世界中の文字に一連の番号を付けるのだから、その数も莫大だ。

そこで文字数の多い、中国CN 日本JP 韓国KORの漢字の番号を統合したのが、CJK統合漢字と呼ばれるものだ。

別の国の文字だが、取りあえず数は多いし漢字だからという理由で統一化されてしまったのだ。

逆にいえば、国はちがえど中国と日本には、同じ番号の文字が存在しているということになる。

さて、実は日本語ドメイン、中国語ドメインといったものは、このユニコードが使われている。

お気づきだとは思うが、つまり、中国でも日本でも同じ番号の漢字で構成されたドメインは、中国語ドメインであると同時に日本語ドメインでもあると言えるのだ。

https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/details.php?bid=59

この記事のような話もある。

日本語ドメインが、中国ドメインとして活躍するという話も、もしかしたらあるかもしれない。

 

中国のホームページで使われる文字は簡体字そしてそのコードは何か?

中国大陸では簡体字と呼ばれる文字が一般的には使われています。

それに対して、台湾、香港、マカオ等は繁体字が利用されています。

≪日文「网」站制作服「务」≫これに含まれる簡体字は、「网」は網、「务」は務です。

≪「机」場≫という単語は、つくえが集まっている場所ではなくて、「机」は機の簡体字で、空港のことです。手机なら携帯電話。

このように、中国には、省略化された漢字があり、それに対応する文字コードもあります。

それが、gb2312です。

このコードは広く中国大陸で利用されていて、中国本国の百度サーチエンジンなどがそれを使っています。

<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html;charset=gb2312"> こんな形で指定します。 

金盾 Great Firewall of China グレートファイアーウォールとは

中国のインターネット検閲システム。文字列の一致など、パターン認識で検閲をするという。

これらのシステムは、春節や国慶節などに強化されるという。

本年は上海万博があるので、影響があるかもしれない。

なお、各種プロバイダが自主的に検閲に協力している例もあるようで、Googleの中国撤退問題で明らかになったように、金盾ではなくGoogle自身が一部の画像の表示などを行わないなどの処理を行っていたことが明らかになっている。

実際に商用のICP等を取得する場合に、書き込みをチェックする人間の配置(つまり自主規制)を求められたりする。Googleの場合、この自主規制が突如解除されたために規制されていたものが一時的に見えるようになったのだ。

しかし、Googleに関しては今では金盾をつかって規制を行っているようだ。

この金盾の影響で日本など外国では見えているのに、中国国内では閲覧できないページがたくさんあるといわれている。

今話題のツイッターをはじめとしてYouTubeなどがそれである。

また、中国国内版スカイプには検閲機能が内蔵されているのも有名な話である。

このような巨大なシステムを経由するため、海外の通信はどうしても遅くなりがちで、中国国内にサーバを立てる必要が出てくるわけである。

ここからさらに外資が中国で商用ICPを取るのは非常に難しいといった話に繋がる。