中国のインターネットショッピングでも若い女性が主要な消費者グループに

先日、荣格中国(Ringier)(www.ringier.cn)は“新女性·新营销(NEW WOMEN NEW MARKETING)”2010年メディアとマーケティング会議を開催した。

会議の内容によると、中国オンラインショッピングの取引規模とユーザー数は急速に成長していて、中国の内需拡大に貢献しているという。2009年、中国のオンラインショッピング市場の取引規模は2647.5億元に達して、ユーザーは1億人を突破した。特に中国女性の社会的役割と消費習慣が急速に変化していて、“80年代後世代”の若い女性は主要な消費者グループになっている。

有名なインターネット調査会社iResearchコンサルティング研究所のデータによると、去年オンラインショッピング回数が40回以上ユーザーは13.5を%占めているがこれは2008年の14.4には及ばなかった。しかし、11~40回までのユーザーが軒並み数を増やしている。また、金額ベースでも501~20000元程度を購入するユーザーも増加している。

オンラインショッピング商品最も売れている商品は、服装、靴、帽子、箱やバッグなどで、その購入者の54%が女性だという。

2009年、中国のオンラインショッピング売れたものの割合

服装、靴、帽子、箱、バッグ類 35.0%
図書、CDとDVD類 15.2%
仮定カード 10.5%
化粧品および看護製品類 8.0%
IT製品類 6.1%
家庭雑貨類 5.3%
デジタル製品類 4.1%
通信製品類 3.4%
贈り物、おもちゃ類 3.0%
母子用品類 2.5%
食品、ヘルスケア製品類 2.4%
小型家電製品 2.2%
宝石付属品 1.1%
大型家電製品 0.4%
その他 0.7%

上海の今をデジカメ動画で撮影してみた。外灘(バンド) 上海老街(湖心亭,下町)

SONY DSC-HX5Vは動画に強いデジカメである。この動画はフルハイビジョンなので中国のYouku.comにアップしてもその綺麗さは全く伝わらない。やはり中国の動画サービスとフルハイビジョンに対応したYoutubeでは圧倒的な差があると言わざる得ない。

しかし、現在中国でYouTubeは全く接続が出来ない状態(投稿も閲覧も不能)になっている。これはいわゆるグレートファイアウォール金盾(Googleの中国撤退の引き金となったモノ)の影響なのだが、取りあえず強引に投稿してみた。残念ながら中国では見れません(YouTubeの埋め込み部分が真っ白け)。皆様見えておりますか?

なお、デジカメの搭載GPSを中国で使ってみたが問題なく動作している。但し、位置はあまり正確ではない。携帯とちがって、基地局補正がないのだから仕方が無いのかもしれない。

上海老街探検 迷宮のような上海の古い街

リニューアルオープンした上海外灘(バンド)の夜景

上海老街 湖心亭の夜景 豫園近辺

 
 

すべて、SONY DSC-HX5Vで撮影した。

アリババがPayPal決済プラットフォームを“速売通”に導入

4月27日、アリババとPayPalは、グローバル“速売通”プラットフォーム(www.aliexpress.com)のユーザーはPayPalでも支払うことができると発表した。

今回の協力により、“速売通”の売り手はPayPalのシステムを採用してグローバル取引を行うことができる。同時にPayPalを使って、“速売通”プラットフォームで購入する商品代金を支払うこともできる。

PayPalとの成立する新しい協力関係で、売り手はPayPalのアカウントを登録する必要がなく、アリババがまとめてPayPalに手数料を支払う仕組みになっているという。

アリババは独自の電子決済プラットフォーム“支付宝”を持っている。しかしアリババのCEO衛哲は、ユーザーが1種だけのサービスを使うことを制限するのは、取引双方の選択を狭めることだと述べた。彼の話によると、オープニングは非常に重要であり、特にアメリカでPayPalは最も重要な支払方法の1つだという。

ユーザーの需要を満たすように、アリババは高速、安全で便利な支払い方法を提供する必要がある。そのため、PayPalのような会社との協力が極めて重要である。

PayPalは世界の先端のオンライン決済プラットフォームで、全世界の190の市場で8400万以上のアクティブアカウントと約800万のビジネスアカウントを持っている。PayPalが使う貨幣は24種類ある。

日本から消えたモーレツ社員はここ中国に居た。夜10時まで続くカスゲート営業電話

気合と根性で働くサラリーマンが、かつて日本にいた。

高度成長期の日本。焼け野原からの奇跡の復興をとげた日本の原動力となったのが、ガムシャラに働くサラリーマンであったことは間違いがないだろう。

家族や自らの生活を犠牲にして出世と成功に向けて猛烈に進むその姿は、プロジェクトX等でもお馴染みだ。

しかし、今やこのモーレツ社員は死語となっている。

理由は簡単で、チャンスが見えていて、給料がどんどん上がり、生活がどんどん良くなるというのは、人を働かせる最も重要な点であるが、今の日本にはチャンスは少なく、給料は下がり、生活も悪くなっている。これではモーレツ社員など登場するわけがない。

では、チャンスがあって、給料が上がり、生活水準が向上しているのはどこだろうか? それは、中国である。

上海の地元不動産屋に1本電話をすると、いろいろな不動産屋の営業マンからカスゲート(連鎖)で電話がかかってくる。

個人情報保護もコンプライアンスもあったものでもないが、これはこれで便利である。

1本の電話で、その地域の地元不動産営業マンの間で情報が共有されているのだ。1本で、20本くらいかかってきて、遅いときには夜10時を超えていたりする。

これは気合と根性が違う。

いま、モーレツ社員は中国にいて、彼らは古いものを次々に壊し新しいビルを建てたり、高速道路を作っている。

アリババ“速売通”開始。1億ドルを投資して“海外淘宝網”を構築。おもちゃから山寨携帯まで

アリババの小額外国貿易プラットフォームの“速売通”(AliExpress)は昨日正式に営業を開始した。アリババが行う最初の米国への戦略的なアプローチとして1億ドルを投資して構築した、注文・支払・物流を組み合わせた小規模なオンライン取引市場である。この市場は直接中小企業に向けて、グローバル少量注文、オンライン取引、および取引双方の利益を保護するサードパーティの信用保証サービスを提供する。

アリババが“淘宝流”を携えて米国に進出したら、必然的にAmazon、eBayなど米国の伝統的なB2B、C2C大手に対して大きい影響を与えることになる。

“速売通”は去年9月からテスト営業が始まっていたが、この市場最初のサプライヤーグループは主にアリババ別のサービス“中国供応商”のユーザーです。現在、40あまりのカテゴリー、300万以上種類の製品が入荷している。

“速売通”は主にオンライン外国貿易市場として、将来は中米間の供給商と小売商を直接つなぎ、中間間接費を削減して米国民に更に安い“中国製品”を供給することになるだろうと業界人が指摘している。

アリババ副総裁の彭翼捷は、グローバル“速売通”は“淘宝流”を海外市場に導入する。取引の双方は無料で登録して、売上高に応じた課金を行うが業界最低料金にするという。中小企業に多くの注文をしてもらい薄利多売で運営を行うということである。

“速売通”は国内の1688.com卸売市場と同じ、アリババの核心戦略の1つだという。

速売通”(AliExpress)
http://www.aliexpress.com/

ここで売っている面白い商品

http://www.aliexpress.com/product-gs/261305181-FREE-SHIPPING-GPS-TRACKER-GSM-GPRS-DEVICE-FOR-PERSONAL-PET-wholesalers.html
ルパン三世とかが利用していた、いわゆる発信機。

http://www.aliexpress.com/product-gs/286775454-solar-insect-solar-powered-grasshopper-wholesalers.html
太陽光で動くバッタ

http://www.aliexpress.com/product-gs/261742653-Mobile-Phone-3GS-16GB-3pcs-lot-free-shipping-wholesalers.html
http://www.aliexpress.com/product-gs/290713079-C8-Dual-Systems-8GB-Memory-GPS-WIFI-wholesalers.html
http://www.aliexpress.com/product-gs/272364316-i9-3GS-Quad-Band-Dual-Card-With-Java-Bluetooth-Unlocked-Cell-Phone-wholesalers.html
•山寨メーカ製○phone これを世界的に売るのはまずいのでは。。是非中国だけに留めておいてほしい。

http://www.aliexpress.com/wholesale?SearchText=android+phone&CatId=0
ソニエリのXperiaが売れているようだけど、時代は山寨メーカ製Android phoneだ。

と、怪しげなものからまともなものまで何でも売られているって寸法です。

中国百度のパートナーへの利益分配が3億元から1年で7億元に急上昇。モーレツ営業

“2010百度連盟峰会”が4月26日に四川九寨溝で開催された。百度連盟が2008年に連盟のパートナーに支払った利益分配は3億元であったが、去年はすでに7億元に達したと百度のCEO李彦宏が講演中に表明した。
  
さらに、現在、中国の経済は投資、輸出と内需の三大部分から構成して、サーチエンジンはそれらに対して重要な作用を果たしており、サーチエンジンの未来は娯楽性より商業化であるとも述べた。

商業部門は一番収入を得やすい分野であるから、百度が検索エンジンという武器をうまく使ってアリババ化していくものと思われる。

このように百度はますます営業を強化して、Googleやアリババのシェアに攻め込んでいく。百度の営業マンは高度成長期のモーレツ営業マンそのものに激しい売り込みをかけてくる。これが中国の今の勢いなのだろう。3億元が1年で7億元なら、頑張る気持になるのも当然かもしれない。

中国百度のSEO、SEMにも利用可能な検索エンジン結果(SERP)コントロールツール

中国百度のSEOにも利用可能な検索エンジン結果コントロールツール

李彦宏はある会合で、サーチエンジンの発展傾向に対する意見を述べた。百度はユーザーに情報を提供するだけではなくて、アプリケーションも提供するという。百度の百度搜索開放プラットフォーム(open.baidu.com)は1つの例だという。李彦宏の話によると、開発者が百度プラットフォームに基づいて開発したアプリケーションは百度のためにだけではなく、インターネット全体へ応用することができるという。“百度開放プラットフォーム”の最も顕著な特徴は開放性だとした。

百度開放プラットフォーム
例えば、検索エンジン登録、更新期間の指定、登録キーワードの指定、検索エンジンサマリーの指定、詳細な統計等の機能が利用できる。

このプラットフォームはXMLを利用して百度サーチエンジンに対してコマンドを送付することが可能で、サーチエンジン検索結果ページのサマリーにじぶんの好きな文章を掲載したりすることができる。

以下のような検索エンジンのリザルトを得るXML例

指定XML
<?xml version="1.0" encoding="gbk"?>
<!– XML文档需以gbk方式编码;除link外,所有标签为必有字段–>
<DOCUMENT>
<!–需要大写,标记整个xml文件的开始和结束–>
<item>
<!–アイテムは10000まで –>

<key>放羊的星星</key>
<!–百度で検索される場合のキーワードを指定 1字から76字まで–>
<display>
<!–URLと表示URL–>
<url><![CDATA[http://www.baidu.com/s?wd=%B7%C5%D1%F2%B5%C4%D0%C7%D0%C7]]></url>
<!–URL–>
<title>放羊的星星-百度视频</title>
<!–検索タイトル–>
<showurl><![CDATA[www.baidu.com/s?wd=放羊的星星]]></showurl>
<!–表示URL–>
<pagesize>17k</pagesize>
<!–ファイルサイズ–>
<date>2008-11-26</date>
<!–更新日yyyy-mm–>
<content1>约有126,402个放羊的星星相关的视频 放羊的星星 第1集 放羊的星星 第2集 放羊的星星 第3集 放羊的星星 第4集 放羊的星星 第5集 放羊的星星 第6集 …</content1>
<!–サーチエンジンに表示されるサマリー。140字すぎると…になる–>
<link linkurl="http://video.baidu.com/v?word=%B7%C5%D1%F2%B5%C4%D0%C7%D0%C7+19&ct=301989888&rn=20&pn=0&db=0&s=0&fbl=1024" linkcontent="19(最新一集)" />
<!—-必要ならリンクを入れる。これは下部に表示される–>
<link linkurl="http://video.baidu.com/v?ct=301989888&rn=20&pn=0&db=0&s=15&word=%B7%C5%D1%F2%B5%C4%D0%C7%D0%C7%20%BB%A8%D0%F5" linkcontent="拍摄花絮" />

</display>

</item>
</DOCUMENT>

これをうまく使えれば、ある程度、正しい方向に指定できるので、ロボット(クローラーやインデクサ)のコンピュータならではの融通の利かない部分をある程度解消できるのではないだろうか?

詳細解説(中国語)
http://www.baidu.com/search/open_xml.html

支付宝は香港、マカオ、台湾のマスター・カード支払い業務を開始する

先日、中国最大のサードパーティ決済プラットフォーム支付宝(Alipay)はマスター・カードと協力を行って、正式に香港、マカオ、台湾のマスター・カード支払い業務を開通することを発表した。今後、香港・マカオ・台湾のユーザーは“MasterCard”のマークがついているクレジットカードを使って直接に支付宝で支払うことができる。現在、支付宝マスター・カード支払いをサポートする香港・マカオ・台湾カード発行銀行は20軒で、VISAカードの支払いをサポートするカード発行銀行は21軒でだという。マスターカードへの対応によって、大体この3地域の主要なクレジットカードのユーザーを取り込めるという。

支付宝は世界ユーザー数の最も多い電子決済会社であるが、2004年の設立以来、支付宝の“勢力圏”は基本的に中国大陸に限定されていた。2009年、支付宝はすでにVISAと協力して、香港・マカオ・台湾地区の支払い業務を開始したが、今回マスター・カードとの協力が達成したので、香港・マカオ・台湾地域の住民が中国本土とのクロスボーダー決済の手段を完全に提供できるととのこと。

記号化した上海のマンションにとって、住人はオマケなような存在

限れらた人々の大人買い

上海でどんどん作られる日本で数千万から数億JPYする高額(高級ではない)マンション。しかし、給料がひと月三万JPYとか普通にある中国で、これを買える人はごくごく限られた人々だ。それでも売れまくっているのは、一人で沢山買う人々が居るためだ。

温州商人などがその良い例だ。製靴産業で儲けた資金を不動産につぎ込んでいるわけである。おかげで、マンションの中には内装もされていないような部屋がいくつもあったりする。複数買う人々にとっては住む事など考えておらず、中身などはどうでもよいわけである。

おかげで、建物そのものは誰も気にすることはない。マンションを借りている住人にとっては気になるところだが、部屋のオーナーにとっては株券とかと変わらないので、マンションの名前等の情報さえあればよいのだ。

自分は住まないので品質はどうでもよい

買う人間が建物に気を払わないのだから、その出来は推して知るべきで、記号化したマンションだからヴャーチャル的に質が良さそうに見えれば良い。たとえその構造や内装がメチャクチャだとしても、建物のオーナーそんなことはどうでも良い。単に価格が上がるから買っているだけなのだから。

そうして作られる大量のマンションは、客の厳しい目に曝されることもなく、物としての質の向上ではなく単に外見の派手さとか意味のない装飾であるとかに労力が費やされ、実際に暮す人間にとってはトンデモマンションが量産されていくわけである。

だから、見えないところは徹底的に手が抜かれているのがわかる。内装品も機能性より見栄で選択されているので、良く壊れる。明らかにコンクリートに水混ぜすぎだという、ひび割れがバリバリ入っていたりする。

最後に残されるゴミの山

こんな具合だから10年も経たないうちに恐ろしいほど劣化が進んでしまうわけだ。しかしそれでも、記号なので、その記号に価値ありとされれば高く売れたりもする。

このような状況、確実にバブルなんだと思うが、それこそ人民元切上げを狙ったホットマネーがどんどん入り込んで下支えしている中で、資金が生産性の向上ではなく、このようなガラクタ・マンションを大量に作る方向へ向かって、バブルがはじけたらゴミだけが残ったといった状況になりかねない。

まあ、マンションを建築する民工(田舎からやってくる出稼ぎ労働者。中国の格差問題の象徴)も安給料で自分が1000年くらい働かないと買えないマンションなんか作りたくないだろうから、ことごとく手抜きもするのだろうけど。バブル後の国からやってきた筆者としては、このバブルの崩壊を経済成長率が決められている自由主義計画経済でどう食い止めるのか、ちょっとひやひやしながら傍観している状態である。 


地方都市にもドンドン作られている

記号としてはマンションだが、実体はガラクタというモノを作るにも石油や鉄やら、いろいろと使っているのだろうから、投機マネーは恐ろしい。

日本でもバブル時代、スキー場近くに大量の投機用マンションが作られた。そちらは日本の建物だからそれなりにしっかりと作られていたはずだが、今や維持費や固定資産税のほうが高いとして、誰も買わない状態に陥っているという。

上海あたりはそれなりの都会だから、壊れたらまた立て直せば良いのだろうけど、中国の地方都市でもすごい勢いでガラクタマンションが作られているのだから、末恐ろしい話ではある。

Google中国は多少シェアを落とすも、何とか中国市場に踏みとどまっている

“易观国際”(http://www.analysys.com.cn/web2007/)Enfodesk産業データベースの《2010年の第1四半期に中国のサーチエンジン市場監視測定の報告》によると、百度とGoogleは市場の支配的な地位を保持している。

百度が2009年12月から広告システムに切り替えた後、持続的に流量と広告マッチング方面の最適化を行った。それである程度、第1四半期のオンライン広告のオフ・シーズンの影響を補った。その収入の市場シェアを上昇させることに成功して、前四半期の58.4%から現在の64%に上がった。

Googleは3月23日から検索トラフィックを香港へ導いて、トラフィックがある程度滑り降りたが、今はすでに比較的安定した状態に回復した。広告収入から見ると、Googleの国内のトラフィックや顧客が大幅に減少はなかった。同時に、google.comの収入は依然として正常なレベルにある。それに応じて、その収入の市場シェアは前四半期の35.6%から今四半期の31%と数パーセントの減少に留まった。

具体的に、2010年第1四半期の中国サーチエンジンキャリアの収入市場占有率は:百度は64.0が%、Googleは30.9%、搜狗(Sogou)は0.7%、騰訊捜捜(sousou)は0.4%、網易有道(Youdao)は0.4%、および、その他は3.5%となった。

Google問題はアメリカとの政治問題・経済問題であるから、中国としても露骨にブロックすることはさすがに難しいようだ。これだけ中国国内に外国人が増えた中、Googleが使えず百度だけだとしたら、外資企業の生産性はガタ落ちになり、ベトナムシフトが進みそうな話である。

中国もそのあたりはわかっていて、YouTubeのように完全にブロックするのではなく、限定的なブロックを行っている。しかし、それでも長期的にみればGoogleの中国国内での地位低下は避けられないと思われる。

実際中国でGoogleを利用すると、たまに繋がらなかったりしてイライラする場合もある。外国人の場合、百度に乗り換えることはまずあり得ない(百度日本語版は中国国内ではブロックされ見れない)が、中国人なら百度に乗り換える人も出てくるのではないだろうか。とはいっても、百度とGoogleはある意味別の層で利用されていたので、そう簡単に百度一色になるということは無さそうだ。

Googleを利用している層はある意味中国のエリート層だから、音楽ダウンロード検索の百度なんて。と言った思いも有るようである。エリートは外国人との付き合いもあるし、海外の英語ネットメディアも見ていて、いろいろと良く知っているのだ。