中国大手ゲーム会社「盛大ゲーム」はiPhoneとiPadに対してゲームを投入する予定と発表

昨日(5月25日)、盛大ゲーム(www.shandagames.com)の理事長兼CEOの譚群钊がインタビューで、盛大は第3四半期にiPhone携帯電話とiPadタブレット型コンピュータに対して複数のゲームを開発する予定だと発表した。

譚群钊の話によると、これらのゲームは初期においては主に海外のユーザーに向けに提供するという。アップル社のグローバルなソフト販売ルートが順調なため、盛大の製品をグローバル市場に投入するのは比較的容易だという。

今年、盛大ゲームの海外収入の成長は倍に、そして2年以内に海外収入を総収入の約10%に上昇させる予定だと譚群钊が表示した。また、同社はずっと投資と買収の機会を探していて、特に新興のゲームの領域に関心を持っている。

盛大ゲーム2009年の第4四半期の純利益は4.15億元で、同期に比べて44%上昇した。

市場調査会社iResearchのデータによると、今年第1四半期に中国のネットゲーム市場の規模は79.2億元に達成して、同期に比べて28.7%増加した。中国のネットゲーム市場のトップ3はテンセント、盛大ゲームと網易で、それぞれの市場占有率は27%、19.4%と14.7%であった。

検索エンジンでこのサイトに来た人の質問に勝手に答えてみた

5月24日~25日までの検索クエリーの質問に勝手に答えてるだけです。

Q:日本の不動産会社売り込みとして百度は利用価値あるのか?
A:不動産会社は不動産サイトに売り込んだ方がいいと思う。

Q:現在中国でツイッターは使えるか?
A:使えません。Youtubeもダメです。

Q:中国フリーター
A:質問の意味は不明ですが、フリーター(蟻族) ヒッキー(宅男)は居ますよ。

Q: タオバオとは?
A:中国最大=世界最大のC2Cサイトだが、商城(モール)というB2Cもある。
https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/index.php?cid=4

Q:上海万博 感想?
A:人が多い。
https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/details.php?bid=134

Q:上海 外灘 工事
A:現在は工事が終わってきれいになっています。写真はこのサイトにアップしてあります。
https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/details.php?bid=132&cid=9
https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/details.php?bid=128&cid=9
https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/details.php?bid=89&cid=9
https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/details.php?bid=54&cid=9

Q:中国 ペット 猫
A:中国でもぬこは大人気。そこらじゅうで見かけます。特にお金持ちはペット大好き。
https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/details.php?bid=81

Q:中国携帯電話&シムロック
A:中国の携帯にはシムロックはかかっていません。殆どがプリペイド式です。稀に、自らの身分証明書と連動した携帯番号を持っている人もいます。これはシムロックには関係ないです。

Q:携帯電話で簡体字
A:スマートフォンならたぶんOK。筆者のアンドロイドG1にもGoogleピンインIME入れてあります。

Q:現金両替 国際キャッシュカード 上海
A:スルガ銀行が一番おとくです。なお、筆者はスルガ銀行とは関係ありません。
https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/details.php?bid=78

Q:中国 ゲーム会社
A:最大の会社はテンセントQQです。この会社、コピー忍者カカシかもしれませんね。
https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/index.php?cid=10

Q:上海 visaデビット atm 使用法
A:中国銀行とか中国工商銀行などのATMで普通におろせる。但し一回2500元まで。表示は中国語か英語。savingアカウントを選択しておろせばよい。

Q:中国の大学事情
A:地方出身者は北京や上海など都市出身者にくらべて、かなりの高得点を獲得しないと入学できない謎のシステムを採用。同じ大学なら地方出身者のほうが偏差値は高い。
https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/details.php?bid=22

ウサギとカメの競争。ADSLが光を超える中国上海回線事情。回線の解約

光回線は高速という固定概念を決定的に打ち砕く、中国の光回線は不思議だ。
あまりに遅いので、中国電信に問い合わせをしたところ間違いなくFTTB(Fiber to The Building)だという。しかし、だからどうした遅いぞということで、これを解約。

回線を解約するためには、中国電信の営業所に出向いて各種手続きをおこなえばいい。マンションに回線が引き込まれている場合は部屋の中には特にネットワーク機器等を設置していないので、その日のうちに解約できる。

電話で問い合わせを行ったときには3日後に部屋にいって作業を行ってから解約できるとオペレータが答えていたが、実際は即日で部屋での作業もなかった。

やはり、実際に地元の営業所に行ってみないとわからないものである。

解約時に必要な書類は契約時にもらう契約書と契約者の身分証明書である。そして解約日までの料金を精算して完了だ。

マンションタイプの光回線の場合デポジットが必要ないのでその部分は良いが、ADSLに抜かれる光回線というのはどうかと思うので、デポジットを払ってADSLにしたほうがマシという結論に。

ユニクロ上海南京西路店にいってみた。世界一大きいユニクロだそうです

5月15日にユニクロの旗艦店がオープンしたそうなので、さっそく行ってみました。

世界最大だそうです。

確かにでかいですが。

結構人も入っていました。

何故世界一大きい店かといえば、この店の店内でそうアナウンスしていたからです。筆者は特にユニクロには詳しくないので、良くは知らないのですが、まあ彼ら自身がそういうなら、この店がユニクロの最大の店舗なんでしょう。

中国人が大好きな88という数字である88元商品がたくさん並んでいて、結構人が入っていましたね。

南京西路駅は地下鉄2号線なのですが、このビルは駅ビルみたいなものです。駅の広告もユニクロ一色に近いのですが、一部ライバルであるH&Mの広告があったりします。

どうも、すべての駅の広告の取得には失敗したようです。

Taobaolist 淘宝用Listbrowserの開発を、さらに進めています

Taobaolistの開発をさらに進めています。

タオバオのデータをリストに取り込む際に、店の信用データと商品の販売数も同時に取得するように開発を進めています。

タオバオの信用ランクにはハート×5、ダイヤ×5、クラウン×5、ゴールドクラウン×5の計20段階があり、さらに「商城」があります。

信用ランクはユーザーによって付けられますが、商城はタオバオがチェックした店なので、このユーザーによる信用ランクは表示されません。

商品の販売数については、30日間にどの程度の取引が行われたかを示す指標で、人気賞品か否かがわかるものです。

この信用ランクと販売数は、タオバオユーザーがそれなりに参考にする数値ということなので、次回のバージョンアップではこれの取得を実装予定です。

現在のものはまだ多数のバグ等がありますが、今後とも改善予定ですので、是非ご利用いただければと存じます。

中国淘宝網(タオバオ)によって、106万人のしょぼい雇用創出

淘宝網が発表したデータによると、2010年4月30日まで、過去5年間に約106万人は淘宝網の店を経営することで、自らの就職を実現したという。

淘宝網を主な収入源とする売り手の収入の分布で最も多いのが月収1000~2000元で39.3%を占めている。次に多いのが月収は2000~3000元で22%、5000元以上のは7.4%だけだというので、それほど儲かる商売でもないようだ。淘宝網での創業が解決するのは単に雇用の部分であることが伺える。

次に地域別の分布としては、淘宝網で店を経営する人は中国のすべての省と直轄市をカバーしているが50%以上の店を経営するユーザーは長江デルタ、珠江デルタ地域に集中している。

その中でもトップ3は広東省、上海市、浙江省で、それぞれ23.6%、18.6%と13.1%を占めているという。

中国のタオバオ店経営者も大多数は儲けていない。これは、日本のネットオークションと変わりはない。多少の勝ち組とされる7.4%の5000元組でも、75000JPY程度の儲けにすぎない。タオバオで多くを稼ぐのは中国人でもかなり難しいということだろう。
たしかに、中国のお金持ちは凄いが、タオバオでどんどん高級品が売れるかといえばそれは別の問題だ。

非経営性サイトのICP登録に、新しくサイト責任者の写真が必要になった

中国にサーバを設置してサイト運営をおこなうにはICPライセンスが必要ですが、このICPには大きく分けて2つの種類があります。

経営性ICPと非経営性ICP

経営性というのはインターネットを使ったサービス業のことで、ポータルサイトやサーチエンジン、SNS、巨大ショッピングモールなど、百度やタオバオといったようなネットビジネスを行っているサイトを指し、昔筆者の仕事で取得したICPがこちらの経営性のICPでした。これの取得には非常に骨が折れます。こちらは外資にはまず取得が難しいライセンスです。

非経営性というのは、企業のコーポレートサイトのようなもので、ネットそのものが商売ではなく、単にカタログや企業情報を置いているサイトに適応されます。比較的取得が簡単で中国国内の大部分の企業サイトがこの申請をおこなっています。今回は、こちらの非経営性ICP登録時に責任者の写真が必要になったという記事です。

なお、中国のWEBサイトの下の方に番号があったら、それがそのサイトのICP登録番号です。

 

では、この新しく行われるICPの政策とはどういったものか、下記をご覧ください

中国国内のISPからの情報によると、非経営性ICP登録にはサイト責任者の写真が必要になった。この政策はすでに正式な実行段階に入っており、サイト責任者は、ISPで写真を撮影してISPと共同で“申請情報に誤りがないとする書類”に署名する必要がある。

中国の工業信息化部は5月6日に、ウェブサイト登録のための写真を撮る背景画像とその使用説明図を公表しました。この事は、いよいよ非経営性のICP登録にサイト責任者の写真を撮るプロセスが必要になったことを示す出来事だといえます。

工業信息化部が発表した登録検証の試行案によると、サイト責任者は団体と個人に分けます。サイト責任者本人は必要の書類を持ってISPへ検証の手続きをする必要があります。

ISPはサイトの責任者の写真を採集して保存します。写真を撮った後、サイトの責任者とISPは、サイト登録情報真実性の検証書を書き込みます。サイトの責任者はドメイン名、姓名とサイトのタイプを含む、3項の基本的な情報を書き込まなければなりません。

ISPはウェブサイトの運営主体の情報、連絡方法、登録情報、ISP情報などを審査します。審査が終ったら、双方は“申請情報に誤りがないとする書類”に署名します。

この新しい政策により、サイトに関する管理を一層引き締め、また、サイト登録情報の正確性について、サイト責任者のみならずISPにも担保させることができると思われます。

非経営性ICPの場合、申請はインターネットで可能ですが、実際はそこで終わりではなく色々な提出書類が必用で、申請から許可まで意外と時間がかかる場合もあります。それでも経営性のICPよりはずっと簡単ですが、今回の写真の話のように、非経営性のICPもいろいろと管理が強化される方向にありそうです。

中国の2元ショップが続々10元ショップに。GDPと共に日本を追い抜いた。そして義鳥とは?

日本では100円ショップ、中国では2元(28円)ショップというのが定説だったはずだが、10元(140円)ショップの台頭によりこの部分の物価水準でいつの間にか日本は逆転されてしまった。さすがは発展著しい中国で、GDPと共に100円ショップの水準でも日本を抜き去ったのである。

さて、上海老街あたりでは、これら10元ショップが激戦を繰り広げており、9.9元ショップだの、9.8元ショップだのが軒を連ねている。隣が下げればこちらも下げるといった具合で0.1元の戦いを繰り広げている。

今はやりの10元ショップ

そちらが10元ならうちは9.5元だ。

うちは9.9元でうるよ。このように、激烈な市場主義なのだ。では、これらの10元ショップの商品はどこから来るのだろうか?

 

10元ショップの中で売られている商品は、まさに日本の100円ショップで販売されているような商品で、恐らくは義鳥あたりから流れてきたものではないかと思う。この義鳥という場所は上海の南に位置する浙江省にあり、中国新幹線で上海南駅から2時間30分くらいの場所だ。

じつは、ヤフオクに出店されている小物や日本の100円ショップで販売されている物品もこの場所から多く流れているので、源流としては同じである。さて、この義鳥という場所、筆者も行ったことが有るのですが、とにかく広大という印象の場所だ。世界最大ともいわれる卸売り市場の街で、約4万店の店があると言われているのだから当然かもしれない。

街の印象は、中国のアラブ人街でホテルでは普通にアルジャジーラが見れたりしました。中国でこれほどアラブの人を見たのは初めてです。町にはたくさんのアラブ料理店も存在していました。
 

義鳥の卸売市場

 

こんな具合で、大量の品物が展示されている。

 

帰りは、新幹線の切符が取れなかったので、特急で帰ることにした。途中車内では車掌が車内実演販売をやっていた。LEDライトであるとか、靴にいれるマッサージパックであるとかそんなものである。

中国のモーレツ不動産屋が団体様で来襲した

中国で家を借りると、その契約期限の一月前に不意にオーナーから電話をもらうことになる。もちろん、部屋を借り続けるかどうかという質問だ。中国の場合高度成長に伴うインフレなので大体10%増しくらいの価格を提示される事となる。成長から忘れ去れた日本から来た身としては、中国の成長スピードについて行けるわけもなく、あっけなく引っ越しますと答えてしまう。

この時はまだ、この後起こることを知らない。普通に契約日前に引越せばそれでいいだろ位に考えていたのである。これがやつらの来襲の合図だった。自分の部屋が観光地化した瞬間だったのである。

不意に部屋をノックする音が聞こえた。一体なんだろうと扉をあけてみると、3人の男女が立っていて部屋を見せてくれとか言っている。何だ一体、公安のガサ入れかと思ったが、良く聞いてみると、自分は不動産屋で、自分の客に部屋を見せてほしいという。

これを皮切りにして部屋の新たな借主が見つかるまで次々と見学者が訪れ、まるで観光地のようにモーレツ不動産営業マンに引率された様々な人々が、部屋の中を歩き回ることになるのだ。中国人はもちろん、インド人、オーストラリア人など、てんこ盛り状態である。

勿論、ちゃんとした日本人向けの不動産会社で契約をすれば、こんな状態にはならないのだが、サービスがいい分、部屋代も高いので資金を節約したいならこの中国式も仕方が無い。

中国の地元不動産屋で契約を行う場合、大体家賃は3ケ月分をまとめて支払うことになっている。そして忘れてはならないのが保証金で、これは家賃の1ケ月分が必要だ。この補償金は、例えば契約期間前に契約を終了したいなど契約違反になる場合に大家に没収されることになる。契約を全うした場合は、返還される。

つまり、契約時には、4ケ月分の家賃を大家に支払う必要があるので、結構な出費となる。

外国人だからといって保証人などは必要ない。このあたりは日本より進んでいるのかもしれない。とくに日本人は部屋を綺麗に使うとか金払いが良いとかそういった理由で意外と人気があるのだ。日本人大歓迎の大家はかなり多い。

そのほかに必要なものは、不動産屋に支払う仲介手数料で、家賃1ケ月の半額であることが多い。これは大家側も不動産屋に残りの半額を支払うので、不動産屋は家賃の1ケ月分を1回の契約で得ることになる。

例えば:3000元の部屋を借りる場合、大家に12000元(3+1)、不動産屋に1500元(0.5)を支払うことになる。

上海では1000元(14,000JPY)以上になることが多いので、この仲介手数料こそ彼らのモーレツ営業の力の源となっているわけである。何せ、大卒で一カ月2500元とかそんな給与レベルである。

このニンジンにむかって、インターネット不動産サイトに実際の部屋と全く関係ないどこかの豪邸の写真を掲載したり、そもそも存在すらしない部屋を掲載したりして問合せを増やそうとしているわけである。

おかげで、以前書いたとおり中国の不動産サイトは適当な情報しか掲載されていない。

関連記事
中国の賃貸不動産サイトはかなり適当。評価が高い(ダイヤ)でも、無くても同じかも
https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/details.php?bid=117

日本から消えたモーレツ社員はここ中国に居た。夜10時まで続くカスゲート営業電話
https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/details.php?bid=126

上海の地元不動産業者と一緒にいろんな物件をまわってみた
https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/details.php?bid=138

 

とくに何もない後発のネットモールにでも資金が集まり、それなりに会員が集まっている?

5月15日、走秀網(www.zoshow.com)は新しいドメイン名“xiu.com”に変更した。この3文字のドメイン名を購入するには、走秀網が数百万元を費やした。新しいドメイン名リリースするため、走秀網は一連の広告を出す予定だという。今年は1億人民元を投資して、売上高が1億米ドルを達成することを望んでいると走秀網のCEO紀文泓が述べた。
 
紀文泓がこのような判断をする背景は、小売業や電子商取引の成長、特に去年からB2Cの急速な発展によるという。2年の試験と配置を経て、走秀網は発力を始めて市場を占領することを決定した。

走秀網は2007年、深センで創業。流行商品を取り扱う百貨B2Cを経営している。このサイトでは、GUCCI、PRADA、カシオ、ナイキなどの有名なブランド、および国内の商品様々がある。紀文泓の紹介によると、走秀網は比較的なハイエンドの流行に敏感な層をターゲットユーザーにして、現在の商品は主に靴、バッグ、化粧品などの領域に集中しているという。

情報によると、現在走秀網に登録したユーザーは200万人に達した。毎日サイトで2000件の取引が行われて、平均的に取引の単価は575元だという。2009年の売上高は約8000万元で、2010年には売上高6億元を上回ると予想しているという。

成長市場であるから自動的に客が増えてゆくというのは、商売をやっている者にしてみれば非常にありがたい話である。もし、日本でこの手のサイトを作ったとしても殆ど見向きもされないのではないだろうか。