中国QQテンセントは間接的にICQの株を買収することに成功した

American On-Line(AOL)が1.875億ドルで同社所属サービスICQをロシア投資会社DSTに売却した取引が今年第3四半期に終了する予定だという。4月中旬に3億ドルを出資してDST株の10.26%を獲得したことにより、テンセントは間接的にだが、望んでいたICQの買収を達成した。

去年12月、AOLはタイムワーナー会社から離脱してICQなどの非中核事業の資産を販売始めた。いくつかの競売入札後、今年4月、AOLはDST、ProfMediaとテンセントが入札者のリストに入っていることを発表した。業界人がテンセントがICQを買収することができるかどうかの問題に関心を持って推測する時、4月13日、3億ドルを投資してDSTの株を買うとテンセントが宣言した。そしてテンセントは10.26%の経済権益と0.51%の総議決権を獲得。その時、業界のアナリストはICQの買収に2重の保険を掛けた行動だと表明した。

10年前、テンセントはICQを参考にしてインスタントメッセージング(IM)ソフトウェアOICQを開発した。その名前の意味はOpenICQで、後にICQから商標を侵害すると非難されてQQに名前を変更した経緯がある。

しかし、中国のインターネット市場の勢いに乗って成長したQQは既にICQを超えた。2009年末に発表されたQQのアクティブ・アカウント数は5億以上。同時オンラインアカウントの最大数は今年3月に1億を突破している。

■関連記事
テンセント大型投資、Digital Sky Technologies Ltd.(DST)の10%の株を買い付ける予定
https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/details.php?bid=94

生徒が先生を買収? QQのテンセントが競争入札にてICQを買収か?
https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/details.php?bid=87

上海万博に行ってみた。感想は、人山人海、とにかく広い、行列。

5月4日に上海万博に行ってみた。

この日は風が強い日だったので、砂埃がすごかった。会場内は、できたばかりできれいでしたが。

空港なみのセキュリティチェック。手荷物のX線検査と金属探知機の身体検査があります。

中国館です。かなりの大きさです。隣のウサギは台湾館

アジア地区にある北朝鮮館「Paradise for People」だそうです。その右どなりはイラン館。

 

 

話題の? 北朝鮮館内の動画。残念ながら喜び組コンパニオンは居ませんでした。

イラン館の高級ペルシャ絨毯 2000万円なり

行列3時間待ちの日本館はパス。中国人に人気があるようだ。

中国館内は、国家館と省・都市館に分かれていて、国家館に入るには予約が必用だが、省・都市館は必要がないので、そちらに入ってみた。

各省の美人コンパニオンがチャイナドレスでお出迎え。

ディズニーランドのようなパレードやってました。 来来来 上海~ とか言う歌です。

中国館とか日本館があるのは浦東地域だが黄浦江を挟んだ浦西地域にも会場があり、船や地下鉄で行くことができる。今回は地下鉄13号線で浦東から浦西会場へ。

地下鉄駅はとても綺麗。ゴミ一つありません。

日本産業館の横の道にある電飾画

日本産業館にあるクライマーロボット。

ちなみに、この日本産業館ではたこ焼きとか売っていました。味はまあうまい。上海ヒルズの銀タコとどちらがうまいかな。。。日本一と書いてあるけど私は知らない。産業館は夜9時30分くらいには閉館してしまうが、たこ焼き屋などの店は夜遅くまでやっていた。

 

最初の感想としては大物は見れなかったのでなんとも言えませんが……広いので疲れます。展示品は意味不明なものも多いです。トルコ館のアイスは結構おいしいです。

ヨーロッパ系……展示物は意味不明抽象系が多いです。
アジア、中東系……物産見本市です。
カナダ……カッコイイけど意味不明。ヨーロッパと同じ感じ
南アメリカ系……物産見本市。
国連(連合国-中国語)……字が多いマンガのような。。誰も読みません。

問題点……万博会場は夜の12時まであいているが、10時には殆どのパビリオンは閉館してしまうので意味がない。12時まであいていると思った。

なお、万博内ではスタンプラリー用のパスポートがあって、各パビリオンでスタンプを押してくれる。しかし、これをすべて集めることは困難であろう。なぜならば、スタンプの担当者がどっかへ行ってしまっているパビリオンも多いからだ。このパスポートでは、各パビリオン毎に押すページが決まっている。筆者は全く知らなかったので、適当に押してもらっていて後になって気がついた。

とりあえず、また行くつもりなので、より詳しいレポートは追って報告する。 

上海万博サイトexpo2010.cnへの海外からの訪問は20%以上を占める

上海万博が世界に注目されることに従って、そのホームページ(www.expo2010.cn)への海外からのアクセスが高くなっているという。ランキングサイトAlexaのデータによると、最近の3ヶ月、expo2010.cnサイト訪問数の増幅はすでに107%に達した。

Alexaの統計データによると、2009年に上海万博のドメイン名は初期段階の“expo2010china.com”から“expo2010.cn”に変更した後、サイトのトラフィックランキングとページ訪問数は急速に上昇している。最近の3ヶ月は更に倍増の傾向にあるという。

訪問者の地理的分布から判断すると、中国の訪問者は79.3%の割合で首位を占めている。米国、日本、カナダ、インドネシア、およびその他の国と地域からの海外アクセス数は20%を超えているという。

上海万博の公式サイトexpo2010.cnは全世界のネット利用者が万博のことを理解する重要なチャネルになっているとのことである。

以外と、日本からのアクセスが多いようで6%の2位です。
http://www.alexa.com/siteinfo/expo2010.cn#

なお上海万博については、簡単な紹介を追って報告する予定です。

中国美少女が和服で歌って踊るイベント。豫園近くのショッピングモールで今日開催

今日から万博が開催される影響で上海各地で様々な催し物が行われる。昨日、散歩をしていたらショッピングモールで日本関連イベントの練習をやっているの見つけた。

中国の女の子が和服を着て踊るイベントで、ネットと会場から好みの女の子に投票できるようになっている。ネット投票のシステムにはいつも紹介をしている開心網が使われていた。

昨日は練習なので和服を着ていなかったが、今日は和服姿で踊ったり歌を歌ったりするとのこと。本日5月1日10:00時からの開催だそうだから興味がある方は行ってみると良いかもしれない。

このショッピングモールは、あまりうまくいっていなかったらしく去年の時点で殆どの店が撤退していた。今回、大幅なリニューアルを経て再オープンしたものである。

オープン後初めてのこのイベントで人を集めたいところなのだろう。確かに和服は目立つし中国人もみんな知っている。実際、秋葉原で中国人観光客を案内するガイドさん和服を着ていたりする。中国人にアピールするにはこれはなかなか良い試みではないだろうか。

エントリーした中国の女の子たちの和服姿

「和の美日本文化」とのこと

3カ月くらい練習したそうなので、なかなか上手い。歌は日本語で発音自体は完ぺきに近かった。日本語学科などの女子大生なので当たり前かもしれない。日本に留学をした人も居るそうだ。

 

大きな地図で見る

場所はこのあたりだ。