タオバオの検索アルゴリズム変更で抗議活動。一部店舗ではアクセスが10分の1に

7月13日、300人以上の淘宝網の売り手は杭州に集中して、淘宝網のランキングアルゴリズムの調整を抗議して元のアルゴリズムに戻すように淘宝網に要求した。

同時に、インターネットで「淘宝店主联合委员会」(淘宝網ショップの所有者の連合委員会)が署名した抗議書が広がっている。その抗議書によると、淘宝網ショップの経営者は淘宝網に元のアルゴリズムに戻すことを要求。規則を変更する前に売り手側とコンミュニケションを行うことが必要だと指摘した。

いくつかの淘宝網の売り手によると、7月8日に淘宝網が検索のランキングアルゴリズムを調整した後、多くのショップの人気は急に下がって、トラフィック量が落ちた。一部のショップのトラフィック量は以前の10分の1になって商売は厳しい経営状況に陥ったという。

7月8日、淘宝網は検索アルゴリズムを調整することを宣言した。消費者に対する商品に対する説明、売り手の総合評価、売り手のサービスの質などの内容を計算して、検索結果のランキング順位を調整した。商品の入荷時間以外、キーワードマッチ、関連度、ショップの信用度などなどの要素は検索ランキングの主要な判断根拠になる。検索アルゴリズムの調整はサービスの質を向上されたので、中小売り手にとっては有利だと淘宝網は表明している。しかし売り手の話によると、実際には、検索ランキングの順位は売り手が淘宝網に支払う費用と関連していて、検索規則の調整はおそらく淘宝網が売り手から料金を徴収する手段だと考えているという。

新しいランキング規則によると、売り手のサービスの質がランキングに与える影響が大幅に増加するという。売り手の規則違反程度、返金回数と割合、苦情回数などの記録は、直接的にランキング順位に影響を与える。同時に不正行為も売り手のサービス質の要因として記録に保存されるという。

中国 蚂蚁网が運営停止。半月で2つのSNSサイトが破産 SNS人気に陰り?

7月14日、真人のコミュニティウェブサイトの「蚂蚁网」(www.mayi.com)がサイトの上で発表した公告によると、資金難により、蚂蚁网は7月30日に運営を止めることになる。米国MEZABAYグループ、シンガポール伝奇創業会社LV(legend venture)と正式の投資契約を締結できなかったので、蚂蚁网は資金問題によりサイトの運営を継続することができなくなったという。蚂蚁网はすでに全面的に業務を停止して、全スタッフを解散した。

7月1日には「360圈」(360quan.com)が運営を止めているので、半月で2軒のSNSサイトが業務停止に追い込まれたことになり、アナリストによれば、わずかな期間に連続して2つのSNSサイトが閉鎖することは、かつて人気だった中国国内のSNSサイトの成長が減速していることを意味するのではないかと分析している。

蚂蚁网は2006年に設立されたビジネのコミュニティウェブサイトです。ユーザーに日常生活の中のニュース、討論、取引などのサービスを提供しているという。

■関連ニュース
中国 SNSサイト「360圈」ついに閉鎖へ。資金切れで。
https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/details.php?bid=215

中国 IT界の有名人「唐駿」の学歴詐称が話題に。特許もウソ。そのいいわけが面白い

最近、有名な学者で盗作論文摘発のプロとしても有名な方舟子が、唐駿(元マイクロソフト中国総裁、元盛大ネットワーク総裁、現新華都実業集団総裁兼CEO)の「学歴詐称」を非難した事件はネットで最もホットな話題になっている。

7月1日に方舟子は「打工皇帝」と呼ばれる唐駿が学歴、職歴などの方面で詐称したことを宣言した。唐駿が自伝の本「我的成功可以复制」の中で言及するその“カリフォルニア工科大学理工学院博士”の身分及び「卡拉OK打分机」(カラオケの採点する機械)と「大头贴照相机」(プリクラ)の2つの特許発明は嘘だと指摘した。質疑と同時に、方舟子は米国の関連している部門の証拠を列挙した。

それに対して、7月6日、唐駿はインタビューで自分から一度もカリフォルニア工科大学理工学院博士に自称したことがないと主張した。実際には「西太平洋大学」(Pacific Western University 。現カリフォルニア・ミラマー大学)で博士課程の卒業証書を取得したと説明した。

しかし、方舟子はその「西太平洋大学」はお金を支払えば学位を認定することができる有名な学位販売(Diploma Mill ディプロマミル)学校だとと指摘した。

また、唐駿が以前行った海外での創業経験にも疑いが向けられた。唐駿の自伝によると、彼は在米の時に「美国双鹰软件公司」(Intertex Company)、「好莱坞娱乐公司」(Hollywood Entertainment)と「第一移民律师事务所」(First Immigration)3軒の会社を創設したことになっているが、これらにも全て疑惑があるという。

新浪網はこの「学歴詐称」事件に対して調査を行った。7月14日午後まで、17万人以上のインターネットユーザーはその調査に参加。調査によると、81.4%の人は唐駿が学歴、留学経験などで詐称したと信じているようだ。また、77.2%の人は唐駿の学歴詐称事件が誠実と信用に関連するので、影響が大きいと考える。49.9%の人はこの事件が唐駿の成功に影響を与えると思っているようだ。

新浪網調査
http://survey.finance.sina.com.cn/result/47929.html

 

なお、今回の事件に関して本人はこんな話をしたという。

唐骏:有的人说这个世界上很多人靠花言巧语,你可以蒙一个人,那如果把全世界都蒙了,就是你的真诚蒙到了别人,你欺骗一个人没问题,如果所有人都被你欺骗到了,就是一种能力,就是成功的标志。
http://news.qq.com/a/20100713/000972.htm

唐駿:この世界で多くの人は口だけだと、ある人が言う。一人をだますことは簡単にできる。しかし、もし全世界をすべて騙すことができるなら、それはあなたの誠実性が他の人を騙したことになる。1人を騙すのはたいしたことではないが、全員を騙せるならそれは能力の一つで、成功の要素の一つだという。

唐突に起こったこの事態に、論理的な判断がつかなくなってしまったのでしょうか? 開き直りともいえる発言です。

  

最後に、カラオケ採点やプリクラって日本人の発明だと思っていましたが、この方は自分が発明したと主張しているようです。 プリクラはRPGゲーム「女神転生」で有名なアトラスの開発でしたよね。
権利を譲渡したので、名前は残っていないとか言い訳しているのだけど、権利譲渡しても、発明者の名前が残るのが特許なんだけどなあ。って特許じゃなくてこれ実用新案なんですが。。。。

出願番号 : 実用新案出願平7-2556 出願日 : 1995年2月13日
登録番号 : 登録実用新案第3014733号 登録日 : 1995年6月7日
実用新案権者 : 株式会社アトラス 考案者 : 原野 直也
 
考案の名称 : 映像プリント供給装置   

  要約:
(修正有)
【目的】 映像情報とタイトル情報の合成情報を視認しながら構図やポーズを決定でき、その画像情報に基づいてプリントを再生・供給すること。
【構成】 ハーフミラー10を介してビデオ撮影された.被写体の映像情報を供給する映像情報供給装置1と、タイトル情報を供給するタイトル情報供給装置2と、前記映像情報とタイトル情報を合成する合成器と、該合成器からの出力情報を記録しプリント再生する情報記録再生装置4と、該情報記録再生装置からの出力情報を画像情報に変換して前記ハーフミラーを介してモニター表示する情報表示装置5とからなり、加えて、コインセレクター8へのコイン投入で作動し、コントロール信号を発する制御部と、所望の信号を送る操作部6と、前記制御部の作動で点灯する照明9とからなる映像プリント供給装置。 

■関連記事
フリーター皇帝「唐駿」映画を作る。馬雲、李彦宏など中国の有名企業家が総出演
https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/details.php?bid=90

淘日本 現在の評価を中国ニュースサイトのコメント欄から拾ってみた

淘日本の話題をニュースサイトのコメント欄から適当に拾ってみました。確かに今現在はあまり評判が高くないようです。
日本側のチャイナモールも価格が何故か40%も高い上に運賃も高いので…以下同文。
コンセプトは面白いのだから、何かもう一工夫すれば、ブレイクするかもしれません。

关税+运费=原价X2.5 有时候还不如买水货…
関税+運賃=原価X2.5 まだ「水貨」を買った方がいい。。。(水貨:密輸品)

确实超级贵!不知道淘宝怎么想的,而且东西也没比国内便宜多少~
確かに激高!淘宝は一体何を考えているのか。国内で売ってるやつと殆ど変らねえ。

运费是一大阻碍,不过相信随着时间的推移,运费将不再是问题
運賃終わっとるorz。でも時間が経てば改善すると信じたい。

还是税收
また税金か。

淘宝上骗子很多,淘宝也不关注消费者权益
淘宝に詐欺師多いし、淘宝自体も消費者の利益に関心がないよ。

性价比,支付宝第三方担保,买卖双方的沟通,发货速度,退货。。。等等,好像都有问题。吸引力大不起来。可能是上马太匆忙的缘故吧!
価格、alipayのセキュリティ、コミュ二ケーション、納期、返品など、全部ダメじゃん。。。メリットない。腐ってやがる早すぎたんだ。

关键是沟通
キーはコミュニケーションだよな。

在淘日本上看中一款MP3。价格是900元人民币,运费是530元人民币。我可能下单买吗?
「淘日本」でMP3プレーヤーが気に入った。値段900元で運賃530元orz。。。。私がそれを買う可能性はw

我在日本贸易公司上班,实话告诉你吧,日本很多东西都是中国制造,再贴牌和换包装后出货的,有些名牌产品都是假冒伪劣产品。。。。其它的不说了
私は日本の貿易会社で働いていけど、真実を教えてあげよう。日本の商品は中国で作られて、ラベルを貼られて包装を変えられた後に出荷されるんだよ。一部のブランド商品も、偽物や粗悪な製品だってことさ。。。ここまでしか言わないけど。

淘日本的产品基本上比淘宝网的都贵,我对比了一下! 白痴才会买。
比べてみたら、基本的に淘日本の商品は、全部淘宝より高い事が判明。DQN専用。
※中国では日本から輸入してタオバオで売っている人間が多数いて、運賃を考えるとそれらの価格は淘日本より遥かに安い。

淘宝称在淘日本上购买商品价格将比通过传统渠道从海外购买的低60%。有没有这么低?
淘宝自身は、淘日本で商品を購入すると以前からあるルートから買うより60%安いと言ってるけど、本当にそんなに安いか?

淘日本からYahooショッピングの元ネタを自動追跡するブラウザ 無料公開中

日本の商品はあまり価格的に変わりがないようだ。送料は高いですが。
中間マージンは、日本側は40%近いが、中国は10%程度ではないだろうか。
ビジネスモデルを構築するときに、取りあえず日本側で収益を上げつつ、成長する中国に橋頭保を築くという形にしたのだろうか。
日本の物価は高いので、日本製品を売るためにはそういった工夫が必要なのだろう。

https://chinese-homepage.com/mysoft/Taohowmuchcn.zip

チャイナモールから淘宝の元ネタを自動追跡するブラウザ 無料公開中

単に、チャイナモールで売っている商品って一体元のタオバオでは幾らするんだろ? という単純な疑問からチャイナモールの商品ページを表示したときに、元ネタとなるタオバオの商品一覧ページが自動で表示されるソフトがあったら面白いかもと思って作成しました。

起動するとブラウザ枠が2つあって、左側のブラウザにチャイナモールが表示されます。右には最初だけこのサイトが表示されます。左側のチャイナモールを操作して商品の詳細ページを表示すると、自動的に右側のブラウザに対応するであろうタオバオの商品一覧がでます。

昨日も書いたように手数料が非常に高額であることがわかります。

■無料ダウンロード!
https://chinese-homepage.com/mysoft/Taohowmuch.zip

■詳細

【はじめに】
Tao how much はYahooチャイナモールの商品から、元ネタとなるタオバオ内の商品を即座に特定するソフトです。

【特 長】
このブラウザでチャイナモールを閲覧するだけで、それに対応すると思われるタオバオの元ネタが閲覧できます。

【種 別】
フリーソフト

【動作環境】
Windows 7/Vista/XP/2000

【インストールとアンインストール】
インストールは解凍したフォルダを任意のディレクトリに置くだけです。
アンインストールはこのフォルダを削除するだけです。
レジストリ等には書き込みません。単純なソフトです。

現在はまだ、完全に特定できない場合があるのですが、より精度を上げる改善を今後するかもしれません。

■関連記事
淘日本は不人気だという。ではチャイナモールはどうなのか。日中価格比較
https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/details.php?bid=226
 

淘日本は不人気だという。ではチャイナモールはどうなのか。日中価格比較

「淘日本」の評価は中国では高くはないが、では日本にあるチャイナモールってどんなものなのだろうか。
普通に考えれば日本の物を中国側が買うより、中国のものを日本側が買う方が価格が安く物流費も安く上がり成功しやすそうな話である。

で、結局のところ、チャイナモールでの商品価格を100%とすると40%程度が手数料のようである。
それと、最低手数料が500JPY程度のようです。つまり1元(14.5JPY)のものを買っても514円取られてしまうシステムだ。

どうやってそれを調べたか? ブラウザを作ってやってみました。
どんなブラウザかというと、チャイナモールの商品に連動して、自動的にタオバオにある元の商品を表示するというブラウザです。
フリーソフトとして公開しますので、興味のある方は使ってみてください。
https://chinese-homepage.com/mysoft/Taohowmuch.zip

きょうは思いつきでこれを作ったので、記事を書く暇がありませんでした。

中国 GoogleのICPライセンス(免許)を更新

数日前に、GoogleのICPライセンスの年次更新を中国当局が認めたという噂が流れていたが、どうやら本当だったようだ。
しかし、これでGoogleは中国側の要求である、検閲を受け入れたということになる。当初の志より一企業として中国市場を捨てるわけには行かないということなのだろうか。

中国側としても、下手に拒否してアメリカとの関係を悪化させるよりも、取りあえずICPに従うなら認可してしまった方が得であるという判断が働いたのだろう。
政治問題にかこつけて、アメリカが最も競争力を持っているIT産業の王者Googleを排除することは、輸出産業へのアメリカの報復を招く事態になりかねない。
日本を良く研究している中国として、ここは譲歩したのだ。スーパー301でも発動されたらかなわないだろうから。

中国のIT産業は中国にあるからこそ意味がある。それらはIT技術が高いわけでもアイディアが優れているわけでもない。GFWやICPという防壁に守られているにすぎないのだ。
アメリカはまさにそれを貿易障壁とみなしており、自国の最も競争力のある輸出品を中国でも売るために今後もますます中国に揺さぶりをかけてくるのではないだろうか。

■関連記事
Google中国のICP更新が終わったとの噂が流れる。Google中国から撤退せず?
https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/details.php?bid=221

中国vsGoogle第二幕? サイトに繋がらなかったり、検索できなかったり……
https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/details.php?bid=214

「淘日本」鳴り物入りの開始も、中国での評判は散々だ

6月1日、淘宝網が日本ヤフーと協力したプラットフォーム「淘日本」は正式にオープンした。これは馬雲の「大淘宝戦略」=国際化の始まりだといえる。

しかし、1ヶ月以上が経って、「淘日本」は翻訳、物流、税金などの方面で様々な問題があることがわかってきた。

オンラインショッピングのユーザーの反応と評価から見ると、物流の問題は「淘日本」の最重要の問題だ。「淘日本」の物流費用は高すぎて、商品の価格より高い状態になっているという。

日本のオリジナル製品を買いたい顧客も、そのおかげで「淘日本」には失望したという。

「淘日本」の物流費用には、日本国内の物流費、倉庫管理費、国際物流の保険料、国際運賃、個人輸入通関料、国内送料などを含む。

「淘日本」は、輸送コストを削減するように様々な試みをしていると淘宝網の関係者が表明した。調整をした後に、郵便料金は30%-60%下がると予測される。しかし、具体的にいつ実現するかはまだ分からない。

言葉は「淘日本」の取引の中で最大の問題だと思われたが、実際には買い手が売り手が直接連絡する機会はほとんどないという。国内のネットショップと違い直接に売り手に問合せすることができないからだ。

かと言って、コミュニケーションの問題が解決されているわけではない。

買い手は価格、製品に対して疑問があったら、Emailでしか連絡できないようになっている。メールの内容はまず淘宝網のカスタマーサービス人員に翻訳された後、売り手に送信される。このような方式なので時間がかかる。

また、淘宝網のカスタマーサービス人員による翻訳は簡単なサービスしか提供されないので、双方の意味を確実に正しく伝えることができるとは限らない状態だ。やはり言葉は問題なのだ。

中国のショップであれば、疑問点はIM(スカイプのようなもの)を使って即売り手に問いただすことができるようになっていることを考えれば、使い勝手は最悪だと言えるだろう。

それ以外に、「淘日本」はセキュリティ取引方式のサービス(エスクロー方式)をサポートしないalipayの海外購入業務を使っている。

つまり、買い手がお金を支払った後に、売り手はすぐにそのお金をもらえる。いったんお金を支払ったら、買い手が商品に満足できない場合、返品・交換・キャンセルなどは簡単にできない。

これは商品を受け取った後に支払うことに慣れた中国国内の買い手にとって安心できない取引形態だという。

これも「淘日本」プラットフォームが現在競争力不足の重要な原因だ。

すべて、始める前からわかっている問題ですが、このYahooやタオバオのチャレンジには意味が有ると思います。

このような場合共同購入を全面に出したら良いのではないでしょうか。少なくてもEMSなどという高額な輸送方法ではなく、海上コンテナ一つ分ぐらいは最低貯めてから送るようにするとか。当然、商品点数は減少してしまいますが。

あるいは、密輸業者や偽物業者が手を出さない、欲しい人にとってはどうしても欲しいロングテールな商品なら、選択の余地はないのでそこそこ売れそうな感じもします。

中国テンセント 認可済地図サービス「SOSO地図ベータ版」を公開

情報によると、最近、テンセントSOSOはすでに地図検索サービスの「SOSO地図ベータ版」を開通した。そして関連するサブドメインも有効になった。

現在、ditu.soso.comとmap.soso.comで「SOSO地図ベータ版」へのアクセスができる。SOSO地図にはマップの検索、バスの検索と運転の検索の機能が提供している。
Google mapより遥かに劣る機能ではあるが、中国が行っている地図サイトへの規制をパスしてライセンスを取得しているところが強みか?
もし、ライセンスを受けていないGoogle mapが遮断されれば、大陸ではこれや百度の地図など使い勝手の悪い物を使うしか選択の余地はなくなる。

やはり、彼らは中国にあるからこそ、その存在意味があるということなのだろう。