まだまだ続くテンセント VS 360安全卫士。反360連合が声明を発表

以前から中国のネット業界を騒がせているアンチウイルスソフト360とテンセントの戦いであるが、さすがにQQがスパイウェアだと叩かれてはテンセントもブチ切れたようである。

10月27日、金山、百度、腾讯、傲游、可牛などのインターネット会社による「反对360不正当竞争及加强行业自律的联合声明」(360の不正競争に対する反対及び業界の自己規律を強化する共同声明)が発表された。

声明の中で、約1年以来、360会社が「金山网盾」(セキュリティツール)、「百度工具栏」(ブラウザのツールバー)、「傲游浏览器」(ブラウザ)、「可牛杀毒软件」(ウイルス対策ソフトウェア)及び「テンセントQQ」などの製品に対して行った様々な不正競争行為が列挙された。上記関連会社はそのような悪意のある競争行為を断固拒否する決心を表明した。

また、この声明は管轄機関に360の不正な商業競争行為を制止して、360が安全の名の元でユーザーに対して行った悪意のある脅迫、詐欺などの行為について徹底した調査を実施することを求めた。そして、同業者に360と業務提携しないように呼びかけている。

さすが中国。相手を極限まで激しく攻撃するけど自分のところの同様な行動にはまるで無頓着というところがすばらしい。こんなことやってないでソフトの改善したらと思うが。

日本のソフト業界とはまた違った意味で、ダメな方向に転がっているような気がする。

カオスな企業戦略 パクリサイトに賠償金500万円の判決。真偽開心網不正競争事件

2010年10月26日、一年以上続いた「真假开心网不正当竞争案」(真偽開心網の不正競争事件)は北京市第二中级人民法院で判決が出された。

2009年5月、開心網は不正競争を理由として「千橡互动集团」を裁判所に訴えた。双方の会社のインターネット上での影響力により、この事件は中国のインターネット領域の「反不正競争第一案」と呼ばれて業界で注目されていた。

裁判所の判断によると、開心網(kaixin001.com)が提供するSNSサービスが有名になった状態で、「北京千橡互联科技发展有限公司」と子会社「北京千橡网景科技发展有限公司」は2008年10月から、開心網の特有の名前「開心網」を自分のサイト名として使って、同じ業界と領域で公衆にSNSサービス提供し始めた。その行為はインターネット利用者に混乱を与える行為で、不正競争を構成することになった。

したがって、千橡会社の側は開心網に40万元を賠償して、又は「開心網」と同じあるいは類似した名称の使用を停止すると裁判所が判決を出した。

しかし、裁判所の判決によると「北京千橡互联科技发展有限公司」と「北京千橡网景科技发展有限公司」は開心網の標識と「kaixin.com」ドメイン名を使用してSNSサービスを提供したが、そのサービスの種類は「開心」という文字の登録商標の承認したサービス分類とは違うので、上記行為は「北京开心人信息技术有限公司」の登録商標専用権を侵害していないというものになっている。

商標は商売のジャンルごとに登録が基本で、例えばインターネット事業と食品事業はそれぞれ別々に登録することが可能です。したがって、登録された商標は基本的に登録された商標分類でしかその権利を主張することができないわけです。

今回の案件は、不正競争とはなるが、登録商標の分類が違うので商標権の侵害にはならないという判断のようです。ソニーチョコレート事件のようなものでしょうか。中国でも、守りたい商標はあらゆる商標分類に登録する必要がありそうです。

それにしても、「北京千橡互联科技发展有限公司」といえば「人人網」を展開する中国でも有数の巨大ネット企業です。それほどの有名企業がライバル会社の有名サービスを名前ごと平気でパクるとか、ありえない企業戦略がどんどん出てくるのはさすが中国です。

中国のネット業界では日本のブラック企業なんか足元にも及ばないカオスな戦略が、おそらくは今日も着々と練られているのではないでしょうか。

こちらもご覧ください。
https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/details.php?bid=271&cid=11

注目される共同購入サイト信用認定規則は10月29日に登場する予定

中国政府商務部直属機関である中国国際電子商務中心によると、初回の共同購入サイト信用認定作業はすでに終わったという。申請を提出した300個以上の共同購入サイトの中、20個のみが信用認定資格を取得した。信用認定を通った共同購入サイトは信用認定規則が発表される日に関連する資格や認定証明書を獲得するはこびとなる。

今年中に共同購入サイトの信用認定は2回行われる予定で、2回目の結果は12月に発表される予定になっている。   

信用認定の申請をするには最初の条件が「サイト経営企業の登録が資本金は50万元以上」のこと。登録資本金以外、サイトのトラフィックも信用認定の要素の1つとなる。

また、信用認定の申請をするサイトの経営主体は企業法人でなければならない。

これらの条件を課すことにより、登録資本金が低い、信用度が低い、経営規範を守らない共同購入サイトは市場から淘汰されることになると思われる。

中国のスーパーで二大ブランドのミルク安売り中。喧嘩両成敗?

蒙牛の事件でっち上げを発端とした、会社間の非難合戦が続く中、ふらりとカルフールへいったら、両方のメーカーとも安売りされていた。

メラニン入れたり、謀略で事件をでっちあげたり、色々やって儲けようと頑張るが、一向に儲かってなさそうなのは気のせいだろうか。

色々謀略をかんばっている割には、かなりくたびれ儲けな感じはする。

関連記事
https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/details.php?bid=296

ECcube 無料商品のカートへの追加を初めて貰う商品のみに制限するハック

一度サンプルを送ったら、同じIDには次は送らないようにしたい。購入履歴から過去のサンプル商品を特定して、同じものをカートに投入できないようにします。

先ずこちらをご覧ください。
https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/details.php?bid=302

if ($price === "0"){

              $objCustomer = new SC_Customer();
              //ログイン判定
              if (!$objCustomer->isLoginSuccess()){
                 SC_Utils_Ex::sfDispSiteError(FREE_ERROR_MSG,"",false,"無料商品は会員登録してログイン状態で選択してください。<br />会員登録は右上の「会員登録」からお願いします。",false); //←ログイン以外はエラー
                 exit;
              }

ここまでは、さきのURLにある通り。その下に以下コードを追加します。なお、必ずログイン判定部が必要になります。お客を特定できないと、過去に買った商品を特定できません。

             $objQuery = new SC_Query();
              $objCustomer = new SC_Customer();
              //customer_idを検証
              $customer_id = $id;
              $customer_id[3] = $objCustomer->getValue("customer_id");
              $order_count = $objQuery->count("dtb_order_detail AS T1 INNER JOIN dtb_order AS T2 ON T1.order_id = T2.order_id", "T1.product_id = ? and T1.classcategory_id1 = ? and T1.classcategory_id2 = ? and T2.customer_id = ?",$customer_id);

              if ($order_count > 0){
                 SC_Utils_Ex::sfDispSiteError(FREE_ERROR_MSG,"",false,"本商品は追加できません。<br />無料商品はお一人様(1住所)一度のみとなっております。",false); //←ログイン以外はエラー
                 exit;
              }

過去に一度貰った商品をカートに入れようとすると、エラーメッセージを表示して、無料商品をカートに追加することが出来ない状態になります。
なお、他の無料商品や有料商品は普通に追加可能です。

なお、不具合については特にチェックしていませんのでよくテストをした方が良いと思われます。
ハックの適用は自己責任でお願いします。 

開心網(kaixin001.com)マイクロブログサービスをオープン。中国SNS初

最近、開心網(kaixin001.com)は簡略バージョン(kx001.com)とマイクロブログ(t.kx001.com)をオープンした。開心網は中国国内で初めてのマイクロブログ市場に進出するSNSサイトである。

現在、開心網のマイクロブログ機能はまだテスト段階で一部の開心網ユーザーにのみ開放されている。現在、中国のマイクロブログ市場では新浪、網易、捜狐、テンセントなどのポータルサイトは全てマイクロブログの機能をオープンしている。また、百度、天涯などのサイトも相次いでマイクロブログ市場に参入した。今回、マイクロブログはSNSコミュニティに飛び火した。

DCCIインターネットデータセンターによると、中国のマイクロブログ市場の潜在力は巨大だという。2011年に中国のマイクロブログユーザーは1億人を超えると予想され、アナリストの分析によると開心網のマイクロブログ機能の登場はSNSサイトがマイクロブログ市場に進出する引き金になるとのことである。近い将来、マイクロブログは中国のSNSサービスに不可欠なアプリケーションになるだろうと予測されている。

ECcube 無料商品のカートへの追加を会員のみに制限するハック

サンプル(無料商品)を取り寄せる人に会員登録をお願いするための手法で、ログイン状態でないと無料商品をカートに追加できません。

場所
/data/class/SC_CartSession.php

まず、こちらを参考にしてください。
https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/details.php?bid=301

if ($price === "0"){以下の部分に、以下のコードを挿入します。

              $objCustomer = new SC_Customer();
              //ログイン判定
              if (!$objCustomer->isLoginSuccess()){
                 SC_Utils_Ex::sfDispSiteError(FREE_ERROR_MSG,"",false,"無料商品は会員登録してログイン状態で選択してください。<br />会員登録は右上の「会員登録」からお願いします。",false); //←ログイン以外はエラー
                 exit;
              }

会員以外は、エラーメッセージを表示して、無料商品をカートに追加することが出来ない状態になります。なお、有料商品は普通に追加可能です。
サンプルを配りつつ会員を増やす場合に有効です。

なお、不具合については特にチェックしていませんのでよくテストをした方が良いと思われます。
ハックの適用は自己責任でお願いします。 

ECcube 無料商品の購入個数を1つのみに制限するハック

ゼロ円商品の購入数に制限を設ける場合の手法です。ゼロ円のサンプル商品を大量に注文されても困りますので。

場所
/data/class/SC_CartSession.php

215行目付近 追加の時に、ゼロ円のものは強制的に1つにしてしまいます。
                    if ($_SESSION[$this->key][$i][‘price’] === "0"){
                        $_SESSION[$this->key][$i][‘quantity’] = 1;
                    }else{
                        $_SESSION[$this->key][$i][‘quantity’]+= $quantity;
                    }
                   
                    if(!empty($campaign_id)){
                        $_SESSION[$this->key][$i][‘campaign_id’] = $campaign_id;
                        $_SESSION[$this->key][$i][‘is_campaign’] = true;
                    }
                }
                $find = true;
            }
        }
        if(!$find) {

           $price ="1";
           if ($classcategory_id1 === "0"){
               $arrProductsClass = array();
               $objQuery = new SC_Query();
               $col = "price02";
               $table = "vw_cross_products_class";
               $where = "product_id = ?";
               $objQuery->setorder("rank1 DESC, rank2 DESC");
               $arrProductsClass = $objQuery->select($col, $table, $where, array($id[0]));
               $price =$arrProductsClass[0][‘price02’];
           }else if($classcategory_id1 !== "0"){
               $arrProductsClass = array();
               $objQuery = new SC_Query();
               $col = "price02";
               $table = "vw_cross_products_class";
               $where = "product_id = ? and classcategory_id1 = ?";
               $objQuery->setorder("rank1 DESC, rank2 DESC");
               $arrProductsClass = $objQuery->select($col, $table, $where, array($id[0],$id[1]));
               $price =$arrProductsClass[0][‘price02’];
           }else if($classcategory_id2 !== "0"){
               $arrProductsClass = array();
               $objQuery = new SC_Query();
               $col = "price02";
               $table = "vw_cross_products_class";
               $where = "product_id = ? and classcategory_id2 = ?";
               $objQuery->setorder("rank1 DESC, rank2 DESC");
               $arrProductsClass = $objQuery->select($col, $table, $where, array($id[0],$id[2]));
               $price =$arrProductsClass[0][‘price02’];
           }

            $_SESSION[$this->key][$max+1][‘id’] = $id;

            if ($price === "0"){
               $_SESSION[$this->key][$max+1][‘quantity’] = 1;
            }else{
               $_SESSION[$this->key][$max+1][‘quantity’] = $quantity;
            }

ここの if ($price === "0"){以下の部分を

            if ($price === "0"){
              $find2 = false;
              for($i = 0; $i <= $max; $i++) {
                if($_SESSION[$this->key][$i][‘price’] === "0") {$find2 = true;}
              }

              if(!$find2){
                $_SESSION[$this->key][$max+1][‘id’] = $id;
                $_SESSION[$this->key][$max+1][‘quantity’] = 1;
                $_SESSION[$this->key][$max+1][‘cart_no’] = $this->getNextCartID();
                if(!empty($campaign_id)){
                  $_SESSION[$this->key][$max+1][‘campaign_id’] = $campaign_id;
                  $_SESSION[$this->key][$max+1][‘is_campaign’] = true;
                }
              }
            }else{
                $_SESSION[$this->key][$max+1][‘id’] = $id;
                $_SESSION[$this->key][$max+1][‘quantity’] = $quantity;
                $_SESSION[$this->key][$max+1][‘cart_no’] = $this->getNextCartID();
               if(!empty($campaign_id)){
                  $_SESSION[$this->key][$max+1][‘campaign_id’] = $campaign_id;
                  $_SESSION[$this->key][$max+1][‘is_campaign’] = true;
               }
            }

こうすれば、他のゼロ円商品がすでにカートにある場合は、新たなゼロ円商品をカートに追加できません。

323行目付近 if文を追加 個数を増加させません。

    // 個数の増加
    function upQuantity($cart_no) {
        $max = $this->getMax();
        for($i = 0; $i <= $max; $i++) {
            if($_SESSION[$this->key][$i][‘cart_no’] == $cart_no) {
                if(strlen($_SESSION[$this->key][$i][‘quantity’] + 1) <= INT_LEN) {
            if ($_SESSION[$this->key][$i][‘price’] !== "0"){$_SESSION[$this->key][$i][‘quantity’]++;}
                }
            }
        }
    }

 これで、価格がゼロの時には、購入数が1つに限定されます。
もっと洗練された良い方法があるかもしれません。

なお、不具合については特にチェックしていませんのでよくテストをした方が良いと思われます。
ハックの適用は自己責任でお願いします。 

ECcube ゼロ円(無料)商品を登録できるようにハック

ECcubeは便利ですが、無料商品(0円)の登録ができない状態でした。そこでここを改善します。

ディレクトリ:/data/class/pages/admin/products/

LC_Page_Admin_Products_ProductClass.php 416行付近
"ZERO_CHECK"を消去。

$objErr->doFunc(array(NORMAL_PRICE_TITLE, "price01:".$no, PRICE_LEN), array("ZERO_CHECK", "NUM_CHECK", "MAX_LENGTH_CHECK"));
$objErr->doFunc(array(SALE_PRICE_TITLE, "price02:".$no, PRICE_LEN), array("EXIST_CHECK", "ZERO_CHECK", "NUM_CHECK", "MAX_LENGTH_CHECK"));

LC_Page_Admin_Products_Product.php 651行付近
"ZERO_CHECK"を消去。

$objErr->doFunc(array("通常価格", "price01", PRICE_LEN), array("ZERO_CHECK", "SPTAB_CHECK", "NUM_CHECK", "MAX_LENGTH_CHECK"));
$objErr->doFunc(array("商品価格", "price02", PRICE_LEN), array("EXIST_CHECK", "NUM_CHECK", "ZERO_CHECK", "SPTAB_CHECK", "MAX_LENGTH_CHECK"));

サンプル商品などの登録にいかがでしょうか。

なお、不具合については特にチェックしていませんのでよくテストをした方が良いと思われます。
ハックの適用は自己責任でお願いします。

ECcube Paypalモジュール。支払い後にメールを送信するようにハック

月額費用無しでクレジット決済が利用できるpaypalは非常に便利です。
今回、オープンソースのECcubeに無料で使えるPaypalモジュールが出来たというので使ってみました。
ペイパルのテスト環境で利用すると問題なく動作しているようです。

しかし、注文確認メールが決済前に送られてしまっているので、そこが少し気になりました。
そこで、決済後に注文確認メールが送られるように改造してみました。

PayPalサーバからIPN(支払い通知)を受け取るコードにメール送信機能を追加する。
/user_data/paypal_recv.php 87行くらい。

   if (in_array(‘VERIFIED’, $response)) {
       GC_Utils::gfPrintLog("IPN VERIFIED: status by ". $arrRequest[‘payment_status’], PAYPAL_LOG_PATH);
       $objQuery = new SC_Query();
       $objQuery->update("dtb_order", $arrVal, "order_id = ?", array($arrRequest[‘invoice’]));

   //追加部分開始///////////////////////////////////////////////////////////////////////////
       $order_id = $arrRequest[‘invoice’];
       // 完了メール送信
       if($order_id != "") {
           $mailHelper = new SC_Helper_Mail_Ex();
           // 携帯
           if (SC_MobileUserAgent::isMobile()) $mailHelper->sfSendOrderMail($order_id, ‘2’);
           // PC
           else $mailHelper->sfSendOrderMail($order_id, ‘1’);
       }
   //追加部分終了///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

       return true;
   } else {
       return false;
   }

メールを送信する部分を削除しておく。ここを消さないと決済前にメールが送信されてしまいます。
/downloads/module/mdl_paypal/LC_Page_Mdl_Paypal_Helper_Link.php 215行くらい。

        // セッションに保管されている情報を更新
        $this->objCustomer->updateSession();

   //削除部分開始///////////////////////////////////////////////////////////////////////////
        // 完了メール送信
        if($order_id != "") {
            $mailHelper = new SC_Helper_Mail_Ex();
            // 携帯
            if (SC_MobileUserAgent::isMobile()) $mailHelper->sfSendOrderMail($order_id, ‘2’);
            // PC
            else $mailHelper->sfSendOrderMail($order_id, ‘1’);
        }
   //削除部分終了///////////////////////////////////////////////////////////////////////////
    }
}
?>

これで、決済前ではなく決済後に注文確認のメールが行くようになるはずです。
なお、不具合については特にチェックしていませんのでよくテストをした方が良いと思われます。
ハックの適用は自己責任でお願いします。

ペイパルのテスト環境は使いにくい部分があるのですが無料なので仕方がないかもしれません。
月額料金が無料で可能なクレジットカード決済ですので、利用価値は大いにあるのではないでしょうか。

中国的には銀連に対応。