アリババ、新しいECプラットフォーム「无名良品」商城、来年早々に開始

アリババは2011年1月に淘宝網で新しいECプラットフォーム「无名良品」商城(http://lp.taobao.com)をスタートすることを発表した。「无名良品」プラットフォームは1月6日~15日の間に登場する予定だという。

紹介によると、「无名良品」商城はアリババが淘宝網で開設する総合ショッピングモールで、商品のマーケティングを位置付けとする。良い商品を売り手に推薦すると同時に、商城の売り手が自社のブランドを確立するために支援する。実体店のデパートや大規模なスーパーマーケットに似ているものだと説明している。「无名良品」の統一イメージで消費者にアピールし、商店の製品やサービスの基準を統一する。

現在、「无名良品」商城はすでに企業誘致を始めた。初めての企業誘致は2500軒のアリババの「誠信通」会員のみを誘致する。目的は業務を急成長させるようにアリババの会員を助けることだという。

「无名良品」商城に入るには2980元/年の費用を払わなければならない。また、1000元/店の保証金を支払う必要がある。それ以外に、毎回取引が成功したら技術サービス費用を支払う。

アナリストの分析によれば、今回の「无名良品」プラットフォームの開設の目的はアリババの「誠信通」会員が小売りをすることができること及びB2BのアリババからB2Cへのチャネルを作ることにある。

「无名良品」と言う名前が、「無印良品」とそっくり。中国でも無印良品は展開していて結構有名です。中国では無印良品は「无印良品」と書きます。だから、1字違いなんですけど。コンセプトは完全に同じだし。
そして、プラットフォームの利用の料金システムは、出店費用+技術サービス費用(ロイヤリティ)という日本の楽天のような感じです。

次から次へ。凄まじい勢いで作っていきますね。また、京東商城と当当網の戦いもそうだけど、とにかく話題がなければ顧客から忘れ去られてしまうのでしょう。

中国 電子ブック 無法地帯で有料コンテンツを売ると言う話 売れるわけない

最近、「百度文庫」は「文庫書店」(http://wenku.baidu.com/shop)のサービスを始め、正式にオンライン電子書籍の販売に参入した。それは百度が出版社との協力関係を確立しようとしていて、百度文庫業務で収益を生み出そうと努力していることを意味する。

しかし、文庫書店(電子書籍プラットフォーム)のオンライン電子書籍の販売はまだ大規模に展開していない状態で、コンテンツはまだ少ない。一部の電子書籍は完全に無料で、有料の電子書籍の価格は紙の書籍の約10%である。また、支払い方法は百度の決済サービス「百付宝」のみをサポートしている状態だ。

百度文庫が成立してすでに1年が過ぎた。百度の紹介によると、百度文庫のドキュメントの数量はすでに1000万件を突破し、また毎日6万件のスピードで増えている。国内のオンラインドキュメント共有市場の70%のシェアを占めているという。

今回のこの措置は百度と出版社の間の緊張関係を緩和することができるかもしれない。前に盛大文学CEOの侯小强は百度文庫に大量の海賊版が存在すると指摘した。
また、数十軒の出版社と合同で著作権侵害で正式に百度を起訴する意向を表明していて緊張関係が持続している状態だった。

かつて、mp3音楽ファイル検索を武器にトップサーチエンジンに踊り出た百度が、書籍の分野でも同じ手法で攻めているようです。
しかし、色々と問題が起こるので有料販売も始め著作権者との歩み寄りを図ろうというのが、その趣旨なのかもしれません。

なお、日本の書籍を検索してみると、様々な本の中国語版が無料で読めるようになっていた。日本の出版社に電話してみたら、担当が休みだったので、著作権の許可があるのかは不明である。
http://wenku.baidu.com/ で「村上春树」を検索してみると……

楽酷天「中国楽天」に凡客誠品(Vancl)が出店。なんだけど……

12月26日、自社でデザインし、製造した服飾をネットで販売する B2C サイト「凡客誠品(Vancl)」(www.vancl.com)は正式に百度所属のショッピングモール「楽酷天」(http://www.rakuten.com.cn/)と戦略的提携を結んだ。契約に基づき、凡客誠品は楽酷天で旗艦店を開設し、公式サイトと同時に製品を発売する。今まで、凡客誠品は製品を自社サイトだけで販売していた。

凡客誠品が楽酷天に参入することはSPA(製造小売)のB2C企業が、大規模な電子商取引プラットフォームに入る最初の例だと業界の人に言われている。以前は、凡客誠品が京東商城や淘宝商城などのオンラインショッピングプラットフォームに参入することを考えているという報道もあったが、最終的に凡客誠品は楽酷天を選んだ。

サードパーティのECプラットフォームに参入することは、凡客誠品のブランディング戦略の一環だという。

中国の電子商取引市場が成長期にあるため、プラットフォーム式B2C企業と自主式のB2C企業は共存共栄の傾向を示している。凡客誠品が楽酷天に参入することはその一例として挙げられる。

楽酷天プラットフォームは凡客誠品に店舗構築、運営支持などのサービスを提供し製品の販売およびブランドの認知度を向上させる。
楽酷天にとっても、凡客誠品のようなECSPA企業の参入は、楽酷天プラットフォームの品ぞろえを豊かにし、消費者の需要を満たすことができる。

楽酷天は日本の楽天と中国百度の合弁企業で日本でも結構報道がされていたと思います。
この楽酷天、Yahooと淘宝がやっているチャイナモールや淘日本の戦略である中日個人輸出入戦略と異なり、中国でのECプラットフォームを確立し、他社に対抗をしていこうという戦略があるようです。

Yahooと淘宝連合の中日個人貿易戦略は中国当局の関税強化によってその戦略が破綻しているので、これ以外手法がないのだと思われますが、楽酷天が他のECプラットホームに対抗できる話題性があるかと言えば今一つパッとしない感じです。
京東商城や淘宝商城に比べると知名度も低いし、そもそも百度自身にやる気があるのかどうか。

百度のECプラットフォームは既にあるし。
http://youa.baidu.com/

今現在(日本時間2010/12/28/9:00)、楽酷天、サーバ落ちているし。百度の上層部の方とお会いしたときに技術部隊の優秀さを自慢されていたのに。普通、この時間にメンテしないだろ。
何か、分家:ネジと宗家:ヒナタ、シンデレラと姉、そんなものを感じてしまう。仕打ち的に。待遇的に。
http://www.rakuten.com.cn/

楽酷天「中国楽天」に凡客誠品(Vancl)が出店。なんだけど……

12月26日、自社でデザインし、製造した服飾をネットで販売する B2C サイト「凡客誠品(Vancl)」(www.vancl.com)は正式に百度所属のショッピングモール「楽酷天」(http://www.rakuten.com.cn/)と戦略的提携を結んだ。契約に基づき、凡客誠品は楽酷天で旗艦店を開設し、公式サイトと同時に製品を発売する。今まで、凡客誠品は製品を自社サイトだけで販売していた。

凡客誠品が楽酷天に参入することはSPA(製造小売)のB2C企業が、大規模な電子商取引プラットフォームに入る最初の例だと業界の人に言われている。以前は、凡客誠品が京東商城や淘宝商城などのオンラインショッピングプラットフォームに参入することを考えているという報道もあったが、最終的に凡客誠品は楽酷天を選んだ。

サードパーティのECプラットフォームに参入することは、凡客誠品のブランディング戦略の一環だという。

中国の電子商取引市場が成長期にあるため、プラットフォーム式B2C企業と自主式のB2C企業は共存共栄の傾向を示している。凡客誠品が楽酷天に参入することはその一例として挙げられる。

楽酷天プラットフォームは凡客誠品に店舗構築、運営支持などのサービスを提供し製品の販売およびブランドの認知度を向上させる。
楽酷天にとっても、凡客誠品のようなECSPA企業の参入は、楽酷天プラットフォームの品ぞろえを豊かにし、消費者の需要を満たすことができる。

楽酷天は日本の楽天と中国百度の合弁企業で日本でも結構報道がされていたと思います。
この楽酷天、Yahooと淘宝がやっているチャイナモールや淘日本の戦略である中日個人輸出入戦略と異なり、中国でのECプラットフォームを確立し、他社に対抗をしていこうという戦略があるようです。

Yahooと淘宝連合の中日個人貿易戦略は中国当局の関税強化によってその戦略が破綻しているので、これ以外手法がないのだと思われますが、楽酷天が他のECプラットホームに対抗できる話題性があるかと言えば今一つパッとしない感じです。
京東商城や淘宝商城に比べると知名度も低いし、そもそも百度自身にやる気があるのかどうか。

百度のECプラットフォームは既にあるし。
http://youa.baidu.com/

今現在(日本時間2010/12/28/9:00)、楽酷天、サーバ落ちているし。百度の上層部の方とお会いしたときに技術部隊の優秀さを自慢されていたのに。普通、この時間にメンテしないだろ。
何か、分家:ネジと宗家:ヒナタ、シンデレラと姉、そんなものを感じてしまう。仕打ち的に。待遇的に。
http://www.rakuten.com.cn/

京東商城vs当当網の価格競争に政府が介入。競争は書籍分野以外へ転戦

書籍分野から広がっている価格競争は新聞出版総署の関心を引き起こした。京東商城CEO劉強東のマイクロブログによると、12月21日に新聞出版総署は京東商城、当当網と接触したという。新聞出版総署は公式に態度を表明していないが、業界の秩序を乱さないようにと述べたという。

書籍分野での価格戦争は一時休止しているが、京東商城と当当網の競争が続いている。先週行ったデジタル3C販売促進活動に続いて、当当網はまた12月24日から大規模なデジタル3C製品の販売促進キャンペーンを始めた。

12月23日、京東商城は200軒近くのブランドやサプライヤーと総額200億元を上回る仕入れ契約を締結した。それと同時に、京東商城は再び大規模な資金調達を獲得したと劉強東が表明した。現在受け取ったのは3億ドルを超え、来年3月の前に全部受け取る予定だという。全部で総額5億ドル以上になる。資金を注入する会社はWal-Mart、及び大規模なインターネット企業などを含むという。

劉強東によると、京東商城の2009年の売上高は約40億元で、2010年は100億元を突破する。また、2011年の売上高は約240億元〜260億元に達すると予測されている。

12月23日、京東商城は共同購入プラットフォーム(tuan.360buy.com)を始めた。業界の予測と違って、京東商城の共同購入業務は家電製品に触れていない。他の共同購入サイトと同じように消費サービス類製品を主とする。現在、京東商城が提供する共同購入サービスは主にレストラン、娯楽・レジャー活動及び京東商城の商品ではない実物の製品を含む。
なお、春節(旧正月)後に京東商城の販売している商品の共同購入サービスは提供されるという。

中国開心網 SNSの特性を生かしてグルーポン的な共同購入分野を強化

12月23日、開心網は正式に共同購入プラットフォーム「開心団購」(tuan.kaixin001.com)を公開した。ホワイトカラーをターゲットユーザーとして、レストラン、バー、SPA、映画館、KTVなどの割引の情報を提供する。このようにSNSサイトも共同購入領域に参入を始めている。

情報によると、開心網の共同購入業務は「爱帮网」の共同購入業務「爱帮团」との戦略的提携で実現したものである。

毎日1つの共同購入サービスを提供する以外、開心団購はまた国内の有名な共同購入サイトの情報を整理して、一部の主要な共同購入サイトの情報を同一のプラットフォームで表示する。

責任者によると、開心団購はSNSサイトの友達関係を最大限に利用できる。ユーザーが共同購入情報を友達と共有することができ、友達が参加した共同購入サービスの記録やコメントなども見ることができるという。

2010年の初めごろから、開心網は「YOKA时尚网」(www.yoka.com)、「美团网」(www.meituan.com )などのサイトの共同購入サービスとの協力を始めていた。
現在、すでに約百軒の共同購入サイトは開心網でのサービスをスタートしている。共同購入サービスの情報を開心網を通してユーザーに伝える。また、「YOKA时尚网」、「美团网」などのサイトは開心網に対して共同購入モジュールを開発した。特に「YOKA时尚网」が開発した「优享团」モジュールは公開された半年で24万人のユーザーを獲得している。

SNSで友達を集めて共同購入という流れができるので、SNSとの親和性がよいと思われる。
また、この開心網SNS、ユニクロのプロモーションも行っていました。いろいろと、面白い動きがある会社です。

中国 オンライン・ゲーム運営会社「第九城市」、OpenFeint現地化へ

中国のオンライン・ゲーム運営会社「第九城市」(NCTY.NASDAQ)は未来は力を入れてモバイルインターネット市場へ参入すると発表した。携帯端末のソーシャルゲームプラットフォーム「OpenFeint」を中国市場に導入し、現地化して運営を行うという。

それと同時に、第九城市は「华岩资本」、「成为基金」と「险峰华兴创业投资」この3つのVCと共同で1億ドルを投資して投資ファンド「成就基金」(Fund9)を成立することを発表した。この投資ファンドは主に国内外のモバイルインターネット領域の投資に使用され、買収、ホールディングス、戦略的投資などの方式で協力を展開する。

オンラインゲーム「魔獣世界」(World of Warcraft)中国での運営権を失うことによって、第九城市は赤字の状態が続いていた。第九城市の副総裁沈国定によれば、モバイルインターネットの展開は第九城市の業績を改善することができ、さらに新しいゲームの登場に従い、第九城市は赤字から抜け出し、新たな成長を実現すると信じているという。

OpenFeintとは、主にiPhoneのゲームアプリケーションにソーシャル機能を簡単に付与できるプラットフォームです。例えば、ゲームのハイスコアを、ネット上のデータベースに記録しておき、全世界ランキングを作るだとか、ゲームユーザーチャットができるようにするだとかの機能を比較的簡単に付与できるわけです。
http://openfeint.com/

しかし、Apple自身がGameCenterという似たようなサービスを開始したので、少し微妙な立ち位置に追い込まれていました。
http://www.apple.com/jp/game-center/

中国ならGameやネットは規制されているので、うまく現地化できればアップルをかわせるかもしれない。
そんな読みがあったのかもしれませんね。

中国 楽淘網 VC資金で値引き販売の可能性。靴通販も競争激化へ

中国のベンチャーキャピタル業界によると、国内最大の靴のサイト「楽淘網」(www.letao.com)は間もなく新ラウンドの大規模な資金調達を始めるという。資金調達額は2億元超。調達が完了したら、楽淘網は靴市場での価格戦争を引き起こすかもしれないと考える業界アナリストもいる。

資金調達の噂に対して、楽淘網の副総裁陳虎は否定はしていないが、具体的な進展はまだ明かされていない。また、2010年の5、6月以来、会社は資金調達の交渉をしていると表明した。陳虎によれば、楽淘網今年の売上高は1億元を超え今後2年の売上高の伸び率が300%に達すると予想していると言う。

中国電子商取引研究センターの報告によると、資本が大量に調達できるようになるに従って、電子商取引業界は発展が最も速く競争が最も激しい2011年を迎えようとしている。2011年、資本が豊かで大規模なB2C企業の影響で、中小B2C企業は強烈な衝撃を受け、また集中的なB2C企業が倒産する可能性があるという。

資金を大量に投入して勝つまでやるしかないという状況に陥っていますね。中国。

大量に殺到している資金も、殆どは破れ去ってゆくモノに投資しているのだから、ある意味中国への民間ODAみたいなものですね。もちろん勝ち残るところは途轍もない大きなリターンを得るのでしょうが。

中国のフィッシング 対策同盟、2010年は20570件のフィッシングサイトを発見

中国のフィッシング 対策同盟が12月に発表した報告によると、今年1月から11月までに合計20570件のフィッシング詐欺サイトを発見し処理したという。この数字は、去年と比べて136%上昇したという。
フィッシング詐欺サイトが多いジャンルとしては、ショッピングサイト(74.38%)、偽宝くじのサイト(12.96%)、金融証券類サイト(12%)がトップ3で、その3種だけでフィッシング詐欺に対する告発は全体の80%以上を占める。

ネット消費の発展に従い、旅行、チケット、共同購入類のサイトは人気になり、これらのサイトを利用したフィッシング詐欺はますます深刻になっている。特に最近流行の共同購入サイトの参入障壁が低く、また共同購入サイトは大体事前支払いの決済方式を採用しているので、消費者がフィッシング詐欺に遭うリスクは他のサイトより高いという。

淘宝網の1店舗、子供服の「上海緑盒子網絡科技有限公司」VCから1億元獲得

先日、ネット子供服会社「上海绿盒子网络科技有限公司」は世界的に有名なベンチャーキャピタル会社DCMから約1億元の投資を獲得したと発表した。今年9月にこの服装会社は2000万元の初めての資金調達を獲得した。投資側は米国の挚信資本(Trust Bridge Partners)である。

淘宝網で発展してきたブランドとして、「绿盒子」の発展スピードは業界を驚かせた。「緑盒子」は2006年3月に成立され、設計、開発、生産、販売を一体化した子供服の会社である。2008年12月に電子商取引市場に入って、その月の売上高は12万元だけだった。2009年の売上高は2000万元に達した。2010年の売上高は1億元を突破すると予測されている。

「绿盒子」のサブブランド「Miss de Mode摩登小姐」、「M.I.L Boy爱·制造」と「Jenny Bear珍妮·贝尔」は短期間でかなりの影響力を持つ子供服のブランドになっている。現在、「绿盒子」は淘宝網で販売量が第1の子供服のブランドである。

中国の電子商取引の環境が成熟しているに従って、服装を代表とするネットショッピング業界は黄金時代を迎えていると業界で多くの人が信じている。また、80後、90後の人が結婚や出産年齢になると伴い、結婚祝い、乳幼児のネットショッピング市場の発展はますます顕著になる。2005年国内の子供用品市場の規模は740億元で、2009年は1653億元になった。子供服のネットショッピング市場では、2008年の売上高は6.8億元で、2010年は41億元に達すると予想されている。2011年の売上高は84億元に達すると予測されている。

情報によると、毎年1600億元を超える子供用品の市場では、現在ネットで実現した販売額はわずか2%のみである。それに比べて、現在激烈な価格競争が行われている書籍市場のネットショッピングの市場シェアは15%を超えているので、今後、子供用品の市場は加速度的に成長する可能性があると思われる。

緑盒子の直営タオバオサイト
http://shop33002324.taobao.com/

日本でいえば、ヤフオクとか楽天市場などの店がVCから資金を獲得したと言う感じでしょうか。人口ボリュームが大きい80後世代が結婚適齢期に入りつつあるので、子供用品市場は成長の余地が高いということなのでしょう。実感として、知っている20代前半の中国人女性たちが次々と結婚しているので日本のようにそれ程晩婚化はしていないのかもしれません。

ここ見ると、日本で売られているロリ服を小さくして子供服に変えて売れば、結構中国で流行りそうだ。カエサルのものカエサルへ、ロリ服は子供へ。80後はアニメ大好きだし。

オフィスがアキバだからそういう格好をよく見かける。