新浪 AdobeAIRで動作するマイクロブログクライアント「微博AIR」リリース

3月7日、新浪(sina)はマイクロブログに基づいたデスクトップクライアント「微博AIR」をリリースした。
このツールは新浪マイクロブログの多くの機能が統合されている以外、IMチャットの機能も搭載されている。
http://airweibo.sinaapp.com/

IM機能搭載の「微博AIR」はマイクロブログの様々な機能で短時間に大量のユーザーを集めていて、さらにユーザーの定着率も高いという。一部には将来QQのライバルになるのではと分析するアナリストも存在するほどである。

新浪の統計データによると、2010年12月31日まで、新浪マイクロブログの登録ユーザーは1億人を超えた。
また、iResearchの最新データから見れば、2010年新浪マイクロブログのアクティブなユーザー数で56.5%の市場シェアを占めている。
利用時間の方面で86.6%の市場シェアを占めている。
これらのデータはTencentなどのライバルのマイクロブログをはるかに超えているという。

中国のIMといえば、一番有名なQQが存在している。
例えば、Windows用のQQはWindowsでしか動作しないが、この「微博AIR」ならAdobeAIRがインストールされていれば様々なOSで動作する。
AndroidやLinuxでもOKというわけだが、iPhone等のアップル系の携帯端末向けOSはNGとなっている。

どんなOSでもというのは一見便利そうだが、デメリットもあって特定のOS専用に開発されたアプリケーションに比べ機能の点で劣る点が多い。
それぞれのOSとアプリケーションプログラムの間に、AdobeAIRという通訳が入って動作させるために、実行に時間がかかるためだ。

取りあえず、即QQのライバルになるというものではないが、新しい技術を導入していると言う点はアピールできているのではないだろうか。
 

中国「iPad 2」の発表で直近の旧型購入者にキャッシュバック

「iPad 2」の発表に伴い、第1世代のiPadが値下げが進んでいる。
3月4日、Appleは過去2週間以内に初代iPadを購入したユーザーに差額分を払い戻すと発表した。
Apple中国も過去2週間以内に中国のオンラインストアで初代iPadを購入したユーザーは1100元の差額返金を貰える。
それに続いて、国美電器と蘇寧電器も消費者に差額分を払い戻すと発表した。

3月7日には、京東商城(www.360buy.com)も同じ対策を発表した。
京東商城はAppleから関連する要求や通告を受けてない情況だが、消費者の利益を守るために差額の払い戻しを行い関連損失を負担すると表明した。

2月17日0時から3月3日24時までの間に初代iPadを購入した消費者は領収書をアフターセールス部門に送れば、払い戻しの手続きが行われる。
また、京東商城の全国カスタマーサービスセンターのスタッフは3月7日から申請がなくても条件を満たす顧客に連絡し払い戻しの手続きをするとしている。

共同購入サイト「美団網」中国国内50軒の中小共同購入サイトを統合する計画

3月4日、共同購入サイト「美団網」のCEO王興が美団網の周年記念発表会で発表した運営データによると、2010年美団網の売上高は2.3億元に達し、2011年の売上高は16億元に達すると予測されている。

王興によれば、美団網が2010年3月に登場して以来、一日の注文数は最高で数万件に達した。一年を経って、美団網は既に全国53の都市に拡大しており、800人以上の従業員及び680万人のユーザーを持っている。一日あたりのページビュー数が750万に達している。美団網は2011年の売上高が16億元に達し、全国300の都市にローカル共同購入サービスを提供すると予測している。

同時に、美団網は「团聚计划」を発表した。5000万元を投入して、国内50軒の中小共同購入サイトを統合する計画をしている。
また、美団網は「过期退」というサービスを提供すると宣言した。過去1年間の共同購入サービスの有効期限が切れてしまって、消費しなかったユーザーにお金を払い戻す。このサービスにより、美団網は3月31日前にユーザーの美団網のアカウントに料金を払い戻す。この払い戻しにかかる費用は1千万元以上になると予測されている。このサービスは共同購入業界では前例のないことである。

去年9月、美団網はセコイアキャピタル(Sequoia Capital)から数千万元の第1ラウンドの資金調達を獲得した。その資金をサービス都市拡張、技術の研究開発、人材募集などの方面に投入すると王興が表明した。

美団網のCEO王興は国内有名なインターネット起業家である。かつて、彼はSNSサイト「校内網」(現 人人網)、マイクロブログサービスのサイト「飯否網」及びSNSサイト「海内網」を創立した。

テンセントのレストラン・クチコミサイト「QQ美食」テスト版 正式公開

以前は「QQ空間」に存在していた「QQ美食」を分離し、騰訊捜捜」(テンセントSoso)や「QQ団購」などの製品を統合した本格的なレストラン口コミサイト「QQ美食」(meishi.qq.com)を公開した。
これは「大衆点評網」などの主流のクチコミサイトと同じコンセプトのサイトで、ユーザーはレストランの情報及び関連する口コミを検索したり、割引券などをダウンロードしたりできるのだと言う。
展開予定都市は深セン、上海、北京、成都、広州、武漢、天津、重慶、西安、アモイ、ハルビン、香港など12の都市だが、現在のテスト版では北京の情報だけが表示できる。

なお「QQ美食」以外のテンセントの生活サービス業務は「QQ电影票」(QQ映画チケット)、「QQ团购」(QQ共同購入)、「QQ旅游」(QQ旅行)、「QQ返利」(QQポイント)及び「QQ商城」(QQモール)がある。

この分野は中国のタベログとも言える「大衆点評網」が強いのでどこまで切り込めるのか。写真などは少ないが。

詐欺? 共同購入サイト「美団網」とDQ(Dairy Queen)アイスクリームの不可解な紛争事件

2月28日、美団網は29元の価格でDQ50元現金券を購入する共同購入サービスを提供した。
券の使用範囲は上海、江蘇、浙江、安徽、河南、湖北、湖南などの場所を含む。使用期限は6月30日まで。12003人がその共同購入活動に参加した。
しかし、当日、DQはいかなる第三者といかなる形式で共同購入提携を行ったことがないという声明がDQ公式サイトで発表された。
この事件はすぐに話題となっている。

事件が起こって以来、美団網はDQと交渉を行っている。3月3日、美団網は声明を発表し、DQと確実に正式な協力契約を締結したという。それを証明するために、契約書のスキャンしたファイルを公開した。
また、美団網は最後まで責任を負うと表明した。

それに対して、DQは3月3日18時に最新声明を発表した。DQの内部調査の結果、美団網が公開した契約書の印章は偽造されたものだと表明した。
同時に、美団網は契約書に署名した人物は会社の正式な代理人ではないことを指摘。DQはすでに3月2日にその契約書は無効な偽物の契約書だと美団網の関連責任者に明確に伝えたという。
また、今まで、美団網にいかなる消費券(商品券)を発給したことはないとDQは表明している。

3月3日22時、美団網も再び声明を発表した。協力契約書は本物で有効だと主張している。
また、声明の内容によると美団網は契約書により100万元の事前にチケット料金の一部を予め支払った。支払記録でそれを証明することができるという。
一方、消費者の正当な利益を確保するために、美団網は賠償計画を開始すると表明した。
消費者に対する賠償計画では、美団網は今回の共同購入活動に参加したユーザーに50元を返還するという。
この賠償計画は2011年3月3日24時に終了している。

100万元という金額が動いているが、DQアイス側は完全に否定。もし美団網が払ったのだとしたら、そのお金はどこに消えたのか?
中国の会社の印鑑って、大きくて意匠も単純(いつもの如く真ん中に星)なので、簡単に偽造しやすそうだが。
巨額の資金が動く共同購入サイトの激烈な競争に狙いを付けた詐欺グループが動いている可能性もあるのではないだろうか。

「迅雷」のIPO計画、更に進んでいる様子。これってWinnyが上場するようなものだ

3月3日の報道によると「迅雷」(深セン市迅雷網絡技術有限公司)のIPO計画が、去年お伝えした段階からさらに進んでいることが伺える。
調達額は約2億ドルだという。

消息筋によれば、サンダーはすでにJPモルガン・チェース(JPMorgan Chase & Co.)とドイツ銀行を株式引受銀行に決定しているのだという。 

2010年末に、サンダーは今年に香港あるいはナスダックでの上場を準備しているという報道があった。サンダーはデジタル配信プラットフォームに位置づけている。
この前、サンダーは3-5年間で会社の市場価値を100億ドルに上げることを目標としているとCEO邹胜龙が宣言した。

ここの普及率はQQ並みに高いのだけど。これってある意味Winnyが上場するようなものでは。
あらゆるコンテンツがダウンロードできるという伝説のソフトだから。なんでもありの中国では、Winnyですら上場できるということか?
敢えて、ここの株を買う必要性はないような。映像系コンテンツならyouku.comの方が強いので、すこし過去のソフトのような感じも受ける。

逆に言えば、コンテンツホルダーからすれば訴え時かもしれない。

新浪と中国動向、通販会社「麦考林」の発行株式数の29%取得へ

3月3日、新浪(Nasdaq:SINA)と「中国動向(集团)有限公司」(HK:3818)の子会社はそれぞれに合意に達しており、双方は通販会社「麦考林(Mecox Lane)」(Nasdaq:MCOX)の二大株主Maxpro Holdings Limited と Ever Keen Holdings Limitedから合計117,505,755株の麦考林の普通株式(米国預託株式の16,786,535株に相当)を購入すると麦考林が発表した。
Maxpro Holdings Limited と Ever Keen Holdings Limited は「红杉资本(Sequoia Capital)」が所有している。

双方が達した株式売買契約書によると、新浪は76,986,529株の麦考林の普通株式(米国預託株式の10,998,075株に相当)を購入し、麦考林の発行済株式総数の約19%を取得する。中国動向は40,519,225株の麦考林の普通株式(米国預託株式の 5,788,460株に相当)を購入し、麦考林の発行済株式総数の約10%を取得する。

今回の取引は新浪が電子商取引の分野へ進出する初めての動きである。
麦考林への戦略的投資は新浪のネットマーケティング力を向上させ、衣料品類の商品のEコマースプラットフォームを強化すると新浪CEOの曹国偉は信じている。

ネットベビー用品販売の「紅孩子」米国上場へ。総合型B2Cサイトへ戦略の転換

B2Cネットショッピングモール「紅孩子」(www.redbaby.com.cn)は母子用品(ベビー用品)業務と百貨業務を正式に分離させたとCEO徐沛欣がマイクロブログで発表した。
今後、百貨業務はドメイン名「www.binggo.com」を使って、新しいブランド「缤购」で運営する。

これから、「红孩子」は母子用品業務に集中し、「缤购」は化粧品、食品、保健用製品、家庭用品などの総合業務に集中するのだという。また、前に「红孩子」の投資家によると、「红孩子」は今年に米国で上場すると計画している。

「红孩子」は2004年に創立された。最初はカタログ販売のビジネスモデルで有名なブランドの母子用品を販売していて、後は徐々に「刊+網」(カタログとネットを結合する)販売モデルを形成した。
独特のマーケティング戦略により、「红孩子」は2006年に母子用品の売上高が北京市場で一位になった。2008年、「红孩子」は新しいB2CプラットフォームRedmall(www.redmall.com.cn)を開設。
主に男性の消費者をターゲットとして、3Cデジタル、コンピュータ・オフィス用品などの製品を提供する。

2010年、「红孩子」は華南のカタログ販売事業を取り消し、インターネット事業部門に統合。それは会社の「ネットを中心とした」戦略調整の一部だという。他の地域もこのモデルに基づいて調整されると予測されている。
アナリストによれば、カタログマーケティング事業の減少とサイトのマーケティング事業の拡大は「红孩子」のマーケティングのコストを効果的に削減することができるだろうと予測している。
また、「红孩子」が新しいプラットフォーム「缤购」で百貨事業を運営するのは、母子用品から脱却し、今後は総合B2Cへの転身を図るためだと思われる。

ベビー用品事業販売会社が米国上場、さらには総合B2Cへの転身と。あらゆる物の消費が拡大する中国では、これが出来る土壌があると言う事なのだろう。日本の状態ではありえない話だ。

「大衆点評網」大規模な資金調達。共同購入サイトに巨額の資金投入

「大衆点評網」(www.dianping.com)は資金調達を行っていることが理事、副総裁龍偉から確認された。その規模は今まで国内すべての共同購入サイトの融資総額を上回る。
信頼できる情報源によると、今回の資金調達は少なくとも1億ドルに達する。具体的な情報がまもなく発表されるという。

業界の分析によると、大衆点評網今回の大規模な資金調達は一部の企業のIPOによる資金調達額の規模を超え、大衆点評網が上場する前に最後の資金調達である。

同社は2008年に黒字化。2010年の売上高の規模は3000万ドルに達した。去年から、大衆点評網は上場計画を進めているというニュースがあった。今回、大衆点評網が未公開株投資を受けることは大規模な投資で共同購入市場を拡大することを示していると思われる。

龍偉によると、今年、大衆点評網は共同購入を業務拡張の重点の1つとして急速に発展する予定である。現在、大衆点評網の共同購入業務は北京、上海など8つの一級都市に集中している。
これを今年は全国の約30の都市へ拡大すると計画している。同時に、大衆点評網は2-3億元を投入してプロモーションを行い、共同購入業務を速やかに軌道にのせる予定である。

「単に共同購入をするだけのサイトでは生き残りは難しい。Grouponと食べログの優位性を同時に持っている大衆点評網は最後の勝者になる」と龍偉は考えているようだ。

中国最大の食べログ的サイトであるが、そのサービス範囲は食に留まらずホテルや生活関連サービスなど様々な分野に広がっている。便利なので筆者も良く見ているサイトだ。
共同購入サイトは物品よりもサービスのプロモーションに適しているので、このようなプロモーションサイトでこのサービスが提供されるのはマッチしているのではないだろうか。

2月28日、共同購入サイト「高朋網」(GaoPeng.com)オープン。登録受付中

このサイトはGroupon、「腾讯产业共赢基金」(騰訊産業ウィン・ウィンファンド)と「云锋基金」(雲鋒基金)の共同出資によって開設された。

現在、このサイトはユーザーの電子メールの登録を受け付けている。共同購入サービスは3月に正式に始まる予定である。

高朋網のCEO欧阳云が発表した内部電子メールによると、高朋網は一ヶ月の準備を経って、すでに300人のスタッフ規模に達している。
計画により、高朋網はまた拡大して、千人以上のスタッフを集める予定である。

高朋網はまず北京と上海で地元のレストラン・生活サービス・コンサートなどの共同購入項目を提供する。
そして、他の都市へ拡大する計画となっている。

 

現在登録のみ受け付けているので、登録してみた。するとこんな感じでメールが来る。


登録すると、送られてくるメール。一番安いものは通常価格の14%と書いてあるが。。。

「腾讯产业共赢基金」(騰訊産業ウィン・ウィンファンド)はテンセントがオープンプラットフォーム戦略を推進するために2011年1月に成立させたファンドである。
主にインターネットと関連産業分野の優れた革新企業へ投資し、インターネット業界の潜在力のある企業の発展を推進する。
「云锋基金」(雲鋒基金)は虞锋、马云、史玉柱、刘永好などのビジネスリーダーが共同で創立した主要なPEファンドの1つである。