中国の食べログ「大衆点評網」 1億ドルの資金調達を完了

4月26日、中国国内の業界をリードする都市生活情報案内サイト「大衆点評網」は1億ドルを超える資金調達を完了したことを発表した。

今回のラウンドの投資は「摯信資本(Trust Bridge Partners)」、「セコイア・キャピタル(Sequoia Capital )」、「启明维创投资咨询(上海)有限公司(Qiming Venture Partners)」、「光速創業投資基金(Lightspeed Venture Partners)」この4つのベンチャーキャピタルが共同でおこなったものである。

大衆点評網のCEO張涛によると、今回の資金調達は主に新しい都市への拡大、共同購入業務の発展と競争、マーケティング、モバイルインターネットの開発と事業の合併や買収に使用されるという。共同購入とモバイルクライアントは現在の大衆点評網の2つの重点だと張涛が表明した。未来の発展モードはYelp+Groupon+Foursquareだという。

上場計画について今年か来年かに上場する計画をしていたが、現在はこの計画を延期することにしたと張涛が述べた。

また、投資機関による企業価値評価は約10億ドルだと大衆点評網は主張している。大衆点評網からのデータによれば、2011年3月まで、共同購入の専門の販売チームはすでに9都市をカバーしている。去年6月から始まった共同購入ビジネスの去年のユーザー売上高が1億元近くに達し、共同購入の収入は去年の総収入の30%-40%を占めた。今年、この割合がさらに高まり、販売チームが30-40都市へ拡大することが予測されている。
 
関連情報によると、2008年11月の終わり頃に大衆点評網は黒字を実現している。2009年の売上高が1000万ドルに、2010年の売上高が3000万ドルに達した。

2003年4月に設立された大衆点評網は都市消費体験のコミュニケーションと情報の集まりに力を注いで、中国の消費者に地元の飲食、レジャー、娯楽などの生活サービスのコメント、情報共有のプラットフォームを提供する。2010年6月に大衆点評網は共同購入分野に進出している。

グルーポンのような単体のサイトよりも、確実にこちらの方が受けるでしょうね。筆者も良く見ています。

外資のネット文化事業への参入は音楽以外は難しい ネット文化管理暫定規定

文化部による新たに改訂された《互联网文化管理暂行规定》(インターネット文化管理暫定規定)の実施に関する通知
文市发〔2011〕14号 
2011-03-21 11:01 

各省、自治区、直轄市文化庁(局)、新疆生産建設兵団文化ラジオ・テレビ局、北京、天津、上海、重慶市文化市場行政法執行チーム:

中央によるインターネット管理の強化と改善に関する意見精神を徹底的に実行し、新たに改訂された《互联网文化管理暂行规定》(文化部令第51号。以下《規定》と略称する。)を実施し、インターネット文化の経営秩序をいっそう規範に合わせ、インターネット文化の健全な繁栄発展を促進するために、関連事項を次の通り通知します:

一、発展情勢を見極め、管理目標を明確にする。

(一)文化のデジタル化・インターネット化の急速な発展とともに、情報インターネット上の文化情報の内容が豊かになっていて、インターネット文化サービスが日増しに拡大しており、インターネットは社会公衆に文化製品とサービスを提供する重要なプラットフォームとなり、文化事業と文化産業の発展の新しい道となっている。インターネット文化は人々の精神文化生活と社会生活への影響がますます広範囲かつ深刻なものとなっていて、すでに主流の文化の重要な一部となっている。しかし、インターネット文化の発展の中でも軽視してはいけない問題がある。例えば、優秀なインターネット文化製品の生産と供給不足、絶えずな有害・低俗な情報、異なるカテゴリ・異なる地域間の大きすぎる発展格差、改善する必要がある監視・管理の手段、管理水準などの問題がある。インターネット文化の経営秩序を規範に合わせ、活力あふれてまた調和がとれた健全なインターネット文化環境を作るのは各級の文化行政部門の前に置かれた1つの重大な課題である。

(二)長年にわたり、各級の文化行政部門は真剣に《互联网上网服务营业场所管理条例》(インターネット・サービス営業場所管理条例)などのインターネット文化発展方面の政策法規を執行し、《互联网文化管理暂行规定》、《网络游戏管理暂行办法》(ネットゲーム管理暫定弁法)などの部門規則及び一連の規範的なファイルを公布し、主体アクセス、内容審査、法執行監視・管理、業界の自主規制、技術保障、社会監督を主とするインターネット文化管理システムを確定し、インターネット文化の健全かつ秩序のある発展を促進してきた。

(三)《規定》を改訂して実施するのは「積極的に利用し、科学的に発展し、法律に基いて管理し、安全を確保する」方針を堅持して、インターネットの発展の新しい情勢に適応し、文化行政部門の新たな職責を履行する重要な取り組みである。各級の文化行政部門は積極的な姿勢と革新的な精神でインターネット文化の特性と規律に対する理解を深め、インターネット文化発展の管理の新局面を探るものである。

二、管理方式を革新し、発展大局にサービスする。

(四)《規定》はインターネット文化発展の原則と方向を明確にした。各級の文化行政部門はインターネット文化の建設と管理の中で社会主義のコア価値体系を積極的に発揚し、新しい文化発展理念を貫き、文化と科学技術の結合を促進し、インターネット文化企業と伝統文化企業の双方向のアクセスおよびリソースの統合を奨励し、文化の発展と繁栄を推進すべきである。

(五)《規定》はインターネット文化企業の主体アクセス、内容管理、経営規範及び違法処罰などに対して具体的な規定を作成し、県レベル以上の特に省レベル文化行政部門の職責、権限と義務を強化した。経営性のインターネット文化企業の审查・批准作業は《文化部办公厅关于下放经营性互联网文化单位行政许可审批工作的通知》(文化部弁公庁による経営性のインターネット文化企業の行政許可审查・批准作業を下部にゆだねることに関する通知)(办市发[2010]23号)によって執行される。   

(六)香港、マカオのサービスプロバイダーと中国内陸のパートナーが内陸の持ち株のあるいは主な権益を占める合資・合作インターネット文化経営企業の設立を申請する場合、内陸のパートナーが所在地の省レベル文化行政部門に報告して审查・批准を行うべきである。各地はまだ外商投資のインターネット情報サービスプロバイダーがインターネット文化活動(音楽を除く)に従事する申請を受理しない。

(七)積極的にインターネット文化市場の監視・管理の新しい方式を探り、技術的な監視・管理の優位を発揮し、全国のインターネット文化市場の監視・管理プラットフォームの建設を加速する。違法なインターネット文化企業と製品の「ブラックリスト」を作成し、インターネット文化監視・管理の早期警戒能力を向上させる。

(八)業務指導を強化する。インターネット文化基礎理論と新問題の研究を行い、インターネット文化評論チームと評論陣地を建設し、インターネット文化従業員の育成訓練を定期的に行う。優秀なインターネット文化製品を選出して押し広め、インターネット文化創作生産と経営に対する導きを強化する。インターネット文化企業が国際市場を拡張するように奨励し、インターネット文化の国際競争力と影響力を高める。

(九)業界の自己規制を強化する。インターネット文化企業が業界協会や業界連盟を設立して、ネット文化市場の公正な競争の秩序を守ることを指導し、支持する。

三、《規定》を厳格に執行し、制度を絶えず改善する。

(十)各級の文化行政部門と文化市場総合法執行機関は《規定》の基本的な内容を全面的に掌握して正確に理解し、《規定》などのネット文化政策法規の宣伝を各インターネット文化企業へ実行し、企業が法律に基づいて経営するようにサービスすべきである。

(十一)各級の文化行政部門と文化市場総合法執行機関は各地の実際情況を結び付けて、属領管理を強化し、管理責任をはっきりさせるべきである。早速インターネット文化活動の中の規則違反行為を発見・是正・取り締まって、ネット文化環境を浄化する。

(十二)インターネット音楽サービスに従事する中外合作経営の企業を設立する具体的な方法は文化部が別に定める。

(十三)文化部は省レベル文化行政部門が担当する国産ネット文化製品の備案を試験的に行って、経験を総括してから押し広める。新しいファイルが印刷配布される前に、国産ネット文化製品の備案は依然として《网络游戏管理暂行办法》(文化部令第49号)と《文化部关于加强和改进网络音乐内容审查工作的通知》(文市发[2009]31号)によって執行される。

(十四)《文化部关于实施〈互联网文化管理暂行规定〉有关问题的通知》(文化部による『インターネット文化管理暫行規定』の実施に関する問題の通知)(文市发[2003]27号)は廃止する。《文化部关于网络音乐发展与管理的若干意见》(文化部のインターネット音楽発展・管理に関する若干意見)(文市发[2006]32号)と本通知が一致しない場合、本通知に基づいて執行する。

音楽以外は難しい。
が、実質的に外資企業というものもいくつも存在しているわけで。

携程旅行網傘下 ホテルコメントプラットフォーム「驴評網」独立運営化

携程旅行網(www.ctrip.com)傘下のホテルコメントプラットフォーム「驴評網」(www.lvping.com)は正式に独立運営始まった。
驴評網の総裁崔继蓉によれば、驴評網は来年あるいは再来年に黒字を実現することができるとしている。
また、携程旅行網の全額出資子会社として、驴評網は将来に独立して上場する可能性もあるという。

紹介によると、驴評網は携程旅行網のホテルコメント、目的地探索、コミュニティサービスなどのサービスが統合されたプラットフォームである。

具体的な運営の上では、驴評網はホテル、観光地の広告で収入を獲得すると計画している。
携程旅行網から導入した大量の旅行消費ユーザーのトラフィックは国内の他の旅行コメントサイトのない利点だと崔继蓉が表明した。

携程旅行網の長期的な戦略の一部として、驴評網は携程旅行網と提携するだけではなく、これからは他のオンライン旅行社や旅行業者と提携するとCEO范敏が表明している。

中国の有名TV局子会社 鳳凰新媒体有限公司(Phenix New Media) 米国でIPO

4月21日、「鳳凰新媒体有限公司(Phenix New Media)」は米証券取引委員会(SEC)にF-1上場申請を提出した。米国で新規株式公開(IPO)を実施する計画である。「FENG」を株のコードとして、鳳凰新媒体有限公司は2億ドルの米国預託株式を発行する予定である。

鳳凰新媒体有限公司が提出した申請書類によると、モルガンスタンレー、ドイツ銀行、マッコーリーキャピタルが今回のIPOの引受会社を担当する。

2011年3月まで、鳳凰新媒体有限公司のユーザー数が2.22億人だと書類に示されている。会社の収入源は主に有料サービスである。2010年の39%の収入は広告ビジネスからの収入である。2010年の利益は7410万元で、総収入は5.287億元だった。2009年、この2つのデータは28.7万元と2.623億元だった。

鳳凰新媒体は鳳凰衛視伝媒集団(フェニックス・テレビ)の100%出資完全子会社のクロスプラットフォームのネットメディアである。傘下は総合ポータルサイト鳳凰網(www.ifeng.com)、手機鳳凰網(3g.ifeng.com)とビデオサイト鳳凰视频(v.ifeng.com)3つのプラットフォームがある。

中国国内の出会い系サイト「世紀佳縁」 ナスダック上場へ 最大1億ドルの資金調達

国内の出会い系サイト「世紀佳縁」は4月20日に米証券取引委員会(SEC)に目論見書を提出した。
ナスダックにIPOし、最大1億ドルの資金を募集する計画している。株のコードは「DATE」である。メリルリンチとシティグループが今回のIPOの引受会社である。。

発行する米国預託株式(ADS)の数と具体的な発行価格は明らかにされていない。世紀佳縁は募集する資金の一部を優先株主の未払配当金の支払いに使用すると表明した。
残りの資金は一般的な会社の用途のために使用される。

目論見書では、世紀佳縁は中国最大のネットデートプラットフォームと自称している。2009年と2010年の売上高は6390万元と1.676億元で、それぞれに570万元と1670万元の利益を実現した。
2011年3月31日までで、世紀佳縁の登録ユーザー数が4020万人に達している。毎月の料金を支払うユーザー数は約88万人で、去年の31万人より188.2%増加している。

現在の株主構成は、筆頭株主として、会社会長の銭永強が31.03%。創設者兼CEOの龚海燕が25.79%。「启明维创投资咨询(上海)有限公司」(Qiming Venture Partners )が21.23%となっている。

2億JPYの利益出したっていうと、1億USDの資金調達するっていう。
バブルでしょうか? いいえ、中国企業。

日本の結婚相談所も中国進出を狙っているところがあるみたいですが、圧倒的な資金力をもつこいつらとどう戦うかでしょうね。

新華社傘下の新華網 微博(マイクロブログ)ベータ版公開

4月19日、新華微博(マイクロブログ)(http://t.home.news.cn)のベータ版が公開された。
これは新華論壇、新華博客、新華播客(ビデオ共有)、新華拍客和新華收客などのコミュニティサービスの後に続いて、新華網が提供するまた1つの重要なアプリケーションである。

新華マイクロブログは同時に携帯電話WAP版及びIPhoneとAndroid用クライアントが提供されている。
さらに、間もなく普通の携帯電話で利用できるサービスを開始する予定である。携帯ユーザーはSMS、MMSで簡単に新華マイクロブログを投稿することができる。

新華コミュニティの責任者によると、新華マイクロブログの登場によって、新華網はより総合的、全面的にネット情報共有とインタラクティブプラットフォームとなり、国内外のユーザーに新しい体験を提供することができるとしている。

不完全な統計であるが、中国マイクロブログのユーザー数は1億人を超え、また毎月10%以上のスピードで急増しているとされている。

マイクロブログは中国人の特に若いインターネット利用者の情報共有と思想や意見の交流のための新しいプラットフォームになっている状態で、中国のネット企業が続々と参入を続けている。

中国で意外と浸透しているMSN

4月19日、マイクロソフト社MSN内部からの情報によると、MSNはすでに40軒以上の中国のサイトとオープン提携を達成しているという。
その中には、京東商城、新浪マイクロブログ、網易ブログ、テンセントQQ空間、豆瓣、虾米音楽網、56網などが含まれている。

情報によれば、MSNのオープンプラットフォームに加入することによって、上記の提携サイトのユーザーはMSNのアカウントで直接にログインすることができる。
ユーザーは再び登録する必要がないので提携サイトにより多くのユーザーを集めることができると言う。

前に、MSNは中国でよりオープンな方法で、SNSやマイクロブログなどの機能を導入しクロスプラットフォームの共有を実現するとマイクロソフト社Windows Live 製品の関連責任者が述べている。

MSNメッセンジャーは中国では意外と使われており、スカイプよりも中国ではMSNの方が強い。
また、アリババの阿里旺旺などは、タオバオの問合わせ専用といった形で使い分けがなされているようだ。
ちなみに、中国とのTV電話、筆者の環境ではスカイプよりMSNの方が調子が良く安定しているので近頃はもっぱらMSNを利用している。

中国版Facebook&Grouponと言われる人人会社。IPOで6.4億ドル調達計画

4月16日、人人網を運営する人人会社はSEC(米証券取引委員会)にIPOの目論見書を提出し、ニューヨーク証券取引所に上場することを申請した。6.4億ドルを募集する計画をしている。
したがって、人人網は初めて米国でIPO申請を提出した中国国内のSNSサイトになった。

実際に上場するのは人人網(Renren.com)だけではなく、人人網、人人遊戯(Game.renren.com)と糯米網(Nuomi.com)を含む人人会社(Renren Inc.)である。
人人会社が上場するコア資産は中国最大のSNSサイト人人網と中国国内で業界リーダーの共同購入サイト糯米網である。
まさにFacebookとGrouponを同じ会社が運営しているようなもので、現在の資本市場での注目度は高い。

情報によると、人人会社は今回のIPOで6.4億ドルを募集すると計画していて、2010年以来中国のIT企業が米国へ上場する最大の資金調達となっている。
目論見書の示した価格の範囲で計算すれば、人人会社の市場価値はすでに40億ドルを超えて、近頃インターネット企業の中で上場する時に企業価値評価の最も高い企業となっている。
会社の創設者、会長兼CEOの陳一舟は約55%の議決権を持っている。

百度傘下のSNS「百度説吧」(t.baidu.com)の新バージョン登場

新バージョンは強制的な実名認証とイメージ認証を廃止、選択できる実名認証機能に変更した。
しかし、ユーザーが登録する時及び、すでに保有しているアカウントでログインする時に携帯電話で認証する必要がある。
登録後、ユーザーはユーザー名または携帯番号の2つの方法でログインすることができるという。

新バージョンの「百度说吧」はマイクロブログの機能を重点的に強化している。
リアルタイムの人気情報機能が追加されており、マイクロブログと結びつけて即時性の高い情報共有プラットフォームになるとしている。

酒類販売サイト「酒仙網」が2000万ドルの資金調達

中国の酒類B2Cサイト「酒仙網」(www.jiuxian.com)は2つのVCから最初のラウンドの2000万ドルの資金調達したと発表した。
酒仙網によると、資金調達を獲得した後、酒仙網は上場することを考えて、今後は上場準備に入るという。

酒仙網は去年9月に成立した酒の小売サイトで、今年の売上高目標が5億元である。
酒仙網は3年以内で100億元の売上高目標を達成し、2014年に上場することを計画しているという。
また、上場する前に、少なくとも3つのラウンドの資金調達を完成すると会長の郝鸿峰が述べた。その資金調達規模は約10億元に達するという。

また、現在、同社のボトルネックは注文に対応する配達のスピードにあるので、上場する前の資金調達を主に倉庫の建設と物流に用いると郝鸿峰が表明した。