支付宝(Alipay)の便利な決済サービス。ネット銀行が無くても決済可能

7月25日、支付宝(Alipay)はその「快捷支付」(快速支払い)サービスのユーザー数は2000万人を突破し、快速支払いの取引件数がAlipay全体取引での割合は36%に上がった。
この割合は6月初め頃と比べて約6ポイント増加しているという。。

快速支払いはAlipayが2010年末から提供し始めた新しいオンライン決済サービスである。
ユーザーはネット銀行を開かなくても安全にかつ簡単にオンライン決済が可能である。
さらに、ネット銀行の限度額に制限されない。
今年5月、銀聯(China UnionPay)もこのモデルを導入し、同じような快速支払いサービスを提供し始めた。

Alipayの副総裁樊治铭によると、現在まで、Alipayの快速支払いサービスの契約を結んだ提携銀行数は123軒に達している。
すでにオンラインで提携している銀行数は91軒で、6月初め頃より8軒増えた。
全国的な銀行の方面では、上海浦東発展銀行以外はAlipayの快速支払いサービスにすで対応しているという。

また、Alipayは今年中に快速支払いサービスのユーザー数は3000-4000万人に達し、2年以内に1億人に達することを期待していると樊治铭が表明した。

銀行個々のネット銀行開かなくても、支付宝(Alipay)を利用して決済できるサービスである。ある意味クレジットカードのようなものか。
しかし、中国の場合、ネット銀行にもメリットがあり、定期や投資信託などを購入できるのでアリペイとはまた違った使い道がある。

「百度連接開放平台」(百度接続オープンプラットフォーム)リリース

最近、「百度連接開放平台」(百度接続オープンプラットフォーム)(http://dev.baidu.com/connect/)は「百度開発者平台」でリリースされた。
開発者は百度連接開放平台で自分のアプリケーションサービスをより簡単に百度傘下の各製品とアカウントを通じてデータを共有することができる。

百度連接開放平台の登場は百度開発者平台の更新の一部である。
百度開発者平台は第三者の開発者向けの統一されたプラットフォーム入り口であり、百度のすべてのチャンネルのオープンプラットフォームとオープンAPIを網羅している。
開発者はそれを通して、百度オープンプラットフォームのシステムの下にある各オープンプラットフォームにログインし、API及びオープンソースライブラリをオープンすることができる。

現在はすでに捜狐マイクロブログ、奇芸網、拉手網、天極網などのパートナーが加入している。

また、百度の関連責任者によると、未来は百度の統一されたFeedシステムインターフェイスをオープンし、第三者のアプリケーションの様々な動態情報の普及を支持する。
さらに、百度の関連コア製品のデータインタフェースも続々と第三者にオープンされる予定だという。

「58同城」とリクルート、ネット不動産サイトの合弁会社を設立

7月25日、「58同城」はすでに日本リクルート(Recruit)グループとインターネット不動産サイトの合弁会社を設立することで合意に達していると発表した。
今年の下半期に正式に登場する予定である。

不動産チャンネルは58同城のコアサービスカテゴリの1つである。58同城は自分の現地化の優位で不動産情報を不動産賃貸、中古住宅売買、オフィス賃貸・販売など8つのカテゴリに分類し、同時に不動産を探すグループ、投資グループと業界グループの様々なニーズを満たす。
今回日本Recruitと合弁でインターネット不動産サイトを作ることは不動産カテゴリに対するさらなる強化と最適化であり、ユーザーにより全面的かつプロフェッショナルなサービスを提供する。

今回の提携は5月に58同城がRecruitから戦略的投資を獲得したと発表した後のまた1つの大きな動きである。

情報によると、リクルートグループは1960年に設立された日本最大の分類情報サービス企業と最大の情報メディアプロバイダであり、日本主要な共同購入サービスのプロバイダの1つである。
リクルートグループは2004年から中国市場に進出した。2006年に人的資源サービス企業「前程无忧」(51job.com)に戦略的投資を行った。
今年6月7日、人人網はRecruitと提携して共同で結婚・恋愛サイトを構築すると発表した。

業界人によると、Recruitは58同城と同じように分類情報サイトの分野で極めて重要な地位を占めている。
そのため、両社の合弁で設立されるインターネット不動産サイトは、資金の方面でも、経験の方面も業界全体で一定の優位性を占めるという。

中国の不動産サイトの適当さについて以前も書いたが、もう少しまともな奴ができれば無駄に問合わせをしなくても良いので、必要性は高いかも。
個人的にも是非精度の高い情報を提供してもらいたい。

中国のポイントサービスプラットフォーム 一覧

天翼积分商城
http://jf.ct10000.com/DivisionArea/index.aspx

积分通
http://www.jifen99.com/help/Cooperation.aspx

盛大积分
http://jf.sdo.com/jfIndex.aspx

OK卡积分
http://okcard.blemall.com/okpointcenter.html

支付宝集分宝
https://jf.alipay.com/prod/earn.htm

淘积分
http://www.taojifen.net/BussnessList.xpt?htzt=1

智买道
http://www.smartclub.com.cn/help/corporate.html

中国版AWS(Amazon Web Services)盛大網絡の「盛大雲」登場

7月22日、盛大網絡は雲計算(Cloud computing)市場に参入し、傘下の「盛大雲」プラットフォーム(http://www.grandcloud.cn/)を正式に公開テストを開始し、将来は約総額4-5億元を投資すると発表した。

盛大網絡がリリースした「盛大雲」のプロダクトチェーンには主にクラウドホスト、クラウドストレージ、クラウドハードディスク、デジタル配信、クラウドモニタリングの5つの製品が含まれている。
「盛大雲」は公有クラウドサービスを提供するプラットフォームを作成しようとしている。
このモデルは国外ですでに成功しているAWS(Amazon Web Services)モデルと似ている。
インターネットユーザーのホスト、ストレージ、ネットワークの加速、セキュリティなど全方位のニーズを満たし、一元管理することができる。

「盛大創新院(Shanda Innovations )」雲計算院の院長何刚によると、「盛大雲」初期のターゲット顧客は主にインターネット企業・起業型企業、政府・科学研究・教育機関、外国企業の中国における支社この三種類を含む。

雲計算は爆発的な成長をみせている市場であり、現在、中国国内のインターネット創業のピークが近づいていて、モバイルインターネット分野が巨大な発展機会を呈し、オープンプラットフォームが多くの起業家を生み出していると何刚が述べた。
これらの状況は「盛大雲」に発展のチャンスをもたらしているという。

「盛大にとって、雲計算は新しい技術であり、新しいビジネスモデルでもある。
雲計算は自給自足のIT自然経済をIT商品経済に変えた。」と盛大在線の副総裁季昕华が述べた。盛大は雲計算を通して、国内のインターネット創業の条件を下げ、ユーザーのエネルギーをそのコア業務に集中させたいという。

季昕华の紹介では、雲計算市場に参入するために盛大網絡はすでに1億元を投資した。今年の下半期はさらに1億元を投資する予定であり、将来の投資総額は4-5億元に達すると予測されている。

雲計算は仮想化技術をベースに、需要によって費用を支払うことをビジネスモデルにした新しいネットワーク化されたコンピューティングモデルである。
有望な発展見通しがあるため、現在、国内の多くの大手インターネット企業および関連科学研究機関は雲計算をめぐって研究や投資を行っている。

こういうサービスがあると、中国国内でのサーバ管理が簡単になり、実際の業務に集中できる。筆者も使う機会があるかもしれない。
日本でAWSで動いている案件をこれに移植するとか。

中国でも中古ブランド品が有望? 「寺庫中国」(SECOO)にVCが投資

7月21日、米国IDGキャピタルは、中国最大の中古贅沢品の流通のプラットフォーム「寺庫中国」(SECOO)に1000万ドルを投資したと発表した。
これはIDGが公開した高級ブランド品分野での初めての投資である。

最初に中国市場に進出した国際投資ファンドの1つとして、IDGキャピタルはすでに携程旅行網(Ctrip)、如家(HomeInn)、百度、凡客誠品(VANCL)などを含む約200の各業界の企業に投資した。

2008年に設立された寺庫集団は主に中古高級ブランド品の委託販売を経営している。
専門の高級ブランド品鑑定評価センターを通じて、消費者の信頼問題を解決したという。買い手に対して他の費用を取らないが、売り手から商品価格の10%のサービス料を取る。
寺庫はオンラインB2Cサイト「www.secoo.com」以外に、高級ブランド品体験クラブ、及び全国各地にある20軒以上のフランチャイズ店舗を持っている。
また、これらの実体店舗を通して消費者に商品のアフターサービスを提供する。

2010年の売上高は3000万元を上回って、2011年の売上高は2億元を超えると予測されている。
今回の資金調達を主に1級都市の高級ブランド品交流体験の実体店舗「庫会所」の建設とオンライン鑑定システムの構築に用いると寺庫の創設者兼CEOの李日学が述べた。

IDGキャピタルの創立パートナー熊晓鸽によると、寺庫に投資した主な理由は中国の高級品市場が成長していることと、寺庫のモデルは中国国内の中古贅沢品流通市場の空白にマッチしているところが有望だとしている。

中国 ネット企業に吹く秋風 IPO延期を決める企業も

7月21日、外国メディアの報道によると、今週ロードショーを開始する予定だった盛大文学は、市場状況が改善するまでニューヨーク証券取引所での2億ドルを調達する新規株式公開を一時凍結すると決めた。
この報道に関して盛大文学はノーコメントとしている。

以前、盛大文学は5月に米証券取引委員会(SEC)に仮目論見書を提出したおり、米国の証券市場を通じて2億ドルの資金を調達する予定だった。

また、7月13日のニュースでは、盛大文学は最新のSECファイルを提出した。
IPOの主幹事引受会社の1つを務める予定だったメリルリンチは脱退を宣言し、残りのIPOの引受主幹事はゴールドマンサックスだけである。
また、「中国国際金融有限公司(CICC)」は盛大文学のIPO取引の共同引受会社を務める。

盛大文学は盛大網絡が2004年に設立した中国最大のオンライン文学コミュニティであり、現在傘下は7つのオリジナル文学のサイトがある。

また、情報によると、前に迅雷(サンダー)は予定の上場時間を7月20日から21日に伸ばしたが、7月21日、再び延期されたことを発表した。
具体的な時間はまだ確定していない。また、発行価格も下がり、IPOの資金調達額の規模が予定より大幅に減少したという。

中国のネットバブルの空気が変わった? 上がらないのなら、人々はより厳しく企業の収益性を見るだけだ。 ねえそれ、本当に儲かるの?

「新浪微博」weiboにゲームプラットフォームと仮想通貨「微幣」登場

7月19日、「新浪微博」(シーナマイクロブログ)の「微遊戯」(マイクロゲーム)プラットフォームと仮想通貨「微幣」が登場し、さらにその機能を向上させた。
現在、この2つの製品はクローズドベータテストの段階である。

「微遊戯」はマイクロブログのユーザーシステムをベースとしたインターネットゲームプラットフォームであり、ゲームと1億人以上の新浪マイクロブログのユーザーをリンクする。
現在のところ、このプラットフォームには6つのミニゲームがある。

シーナマイクロブログの紹介では、「微幣」はマイクロブログによって発行された仮想通貨であり、テンセントのQ幣に似ている。
「微幣」はマイクロブログプラットフォームの様々なバーチャル製品と付加価値サービス(サードパーティの開発者が提供するものを含む)の購入のオンライン決済に使われる。
「微幣」と人民元の交換比率は1:1である。現在のところ、チャージ(購入)の方法は工商銀行、招商銀行を含む多くのネット銀行及び支付宝(Alipay)である。

注意すべきなのは、「微幣」で引き出すことや振り替えることはできないこと。
また、チャージ(購入)が成功したら、払い戻しはできない。

テンセントのQ幣が登場して以来、ネットでの仮想通貨の種類は日増しに増加している。
百度の「百度幣」、盛大の「元宝」、捜狐の「狐幣」、新浪の「U幣」、邊鋒遊戯の「銀子」などが次々と現れている。
今回「微幣」の出現は仮想通貨分野の競争をさらに激化している。
しかし、「微幣」はこの競争に勝てるかどうかはまだ不明である。

百度 ついに国際レコード会社と音楽配信契約 mp3海賊版に幕?

百度 ついに国際レコード会社と音楽配信契約 mp3海賊版に幕

7月19日、百度は国際三大レコード会社(Universal Music、Warner Music、Sony Music)の中国での合弁会社「万仕達(One Stop China,OSC)」とデジタル音楽配信の権限を授ける契約を結んだと発表した。
この契約により、百度と三大レコード会社の長年の紛争が終了した。

この契約に基づき、三大レコード会社は完全な歌曲(試聴版)および今後新たにリリースされる歌曲(試聴版)のアップロードする権限を百度に与える。
ユーザーは直接に百度のサーバーから無料でオンライン再生またはダウンロードすることができる。

また、百度は百度MP3及び新しい音楽コミュニティ・プラットフォーム「百度ting!」でのオンライン再生またはダウンロードの回数データによって、音楽コンテンツの所有者に音楽作品使用料を支払う。

百度と国際三大レコード会社との契約は重大なマイルストーンの意義を持っており、百度、中国のすべての音楽愛好家、ミュージシャンとレコード会社は皆このWin-Winモデルから利益を得られると百度のCFO李昕晢が述べた。

好きなようにやって、勝てば官軍、負ければWinnyとはこの事だ。
たまたま中国で好かったですね。他の国なら、百度ならぬ凡百の一だっただろう。

こんな書き方をするのは、たまたま読んだブラックスワンのせい。 

百度 Box Computingを進めるPC版ブラウザ提供開始

百度PC端末ブラウザは正式にオープンテスト段階に入った。
ユーザーはhttp://liulanqi.baidu.com/にアクセスしてダウンロードすることができる。
百度ブラウザはユーザーに個別化のブラウジング体験を提供することに集中している。
百度はこのブラウザとWEB APPを結合し、大量のアプリケーションを直接にブラウザに統合した。

百度側によると、PC端末ブラウザの登場により、「框計算」(Box Computing)がユーザーのデスクトップ端末での体現をさらに強化、インターネットユーザーに専門的なインターネットブラウジングツールを提供することを期待している。

機能は、百度ブラウザはスピード、安定性と互換性などの方面の利点に加えて、お気に入り管理、履歴管理、ダウンロード管理などもユニークである。
また、安全性の方面では、百度ブラウザは新たなサンドボックスセキュリティ技術を採用しており、ユーザーに安心できるインターネット環境を提供するとしている。

※Box Computing 検索窓であらゆるサービスを提供すること。

使ってみましたが、デザインはクロームを意識しているようです。
検索エンジンだから、やっぱりGoogleは気になってしまうと言ったところでしょうかね。
ブラウザとしては、普通に使えました。
中国人の友人が言うには、まあまあとのこと。