恐怖。中国の永久工事マンション

中国のマンション。上海なら、ちょっとした郊外で、小さな物件が平気で3500万円くらいはする。
大卒給料が4000元(5万4千円)くらいのこの国で、不動産だけは日本と同じで異様に高いのだ。

そんなとても高いマンションだが、まるでハリボテのように薄い壁と内装が未完成な状態で引き渡されることにより、最終的に永久工事マンションと化すのである。

中国のマンションの壁の薄さは異常である。
姉歯建築士とヒューザーをこちらに呼んで、中国で建築してもらったら完全に優良物件であることは疑いが無いのだ。
価格は日本と同じなのだから。

そして、姉歯物件など足元にも及ばない中国物件の恐ろしさは、建物が有る限り永久に工事が続くということである。

中国では内装はしない状態で引き渡される。つまり、物件の購入者が自分で工事をすることになる。
しかし、この工事が一斉に行われる訳ではなく、みながバラバラに行うから常にどこかの部屋で工事を行っているような状態になる。
投機的に購入されたマンションが放出されて、建築後10年後に工事などということもある。
さらには、改装工事も頻繁にやっているようだ。

ある日、なんかうるさいので上の奴が工事をやっているのかと思っていた。
しかし、断続的にこれが数年にわたって続くので、どうなっているんだ? と思って上の階へ行ってみた。

上の階では全く工事はやっていなかった。さらに上の階に行ってもやっていない。
なんと、5階上でやっていた。
つまり、このマンション棟の何処で工事をやっていても隣にやっているように聞こえるということのようだ。

5階上の工事音がまるで1階上の工事音のように聞こえるのが中国マンションのクオリティである。
こんな舞台セットみたいなのを高値で売りつけられている中国の人々って。
是非、姉歯建築士に中国を指導してほしいものだ。

あー、それにしても今日も朝からうるさい。

新型「iPad」4G日本版に中国のsim入れたらどう? 実験

商標問題が長引く中、新型iPadの中国国内での発売が不透明な情勢となっている。
もちろん、華僑ネットワークを通じて香港版などが、タオバオ等で大量に販売されている状態だ。
例えば、32Gで4G対応版のiPadは5,600元=75,600円程度で販売されている。

これを買っても良かったのだが、日本に居たので何故かソフトバンクで売られている日本版を買ってしまった。
ついつい在庫ありますという看板に釣られてしまったのだ。iPad発売3日後だったと思う。

32Gでもちろん4G対応! 価格は本体61,680円(一括払い)+事務手数料が3150円で64830円。
どうせ日本に居ない場合も多いのでプランはプリペイドプランを選択。
http://mb.softbank.jp/mb/ipad/price_plan/prepaid/
このプラン、iPad購入後30日以内にプリペイド契約をしないと自動的に解約になるようだ。
例えば、本当は無線LAN版で良いのだがGPS機能だけは欲しい人も良いかもしれない。単に契約しなければ良いのだ。
解約になっても気が向いたら後から再契約もできるようなので、海外組にとってもなかなか利用価値が高い。

別のスマートフォンを持っていて、それほど通信をしないのならば日本に居ても十分検討に値するプランだと思う。
但し、ソフトバンクショップではこのプランを進めてこないので自分で言う必要あり。

さて、simロックがかかっていると言われるこのソフトバンク版新型iPad。これに中国聯通のカードを刺してみることにする。
中国にはもう一つ中国移動という携帯キャリアがあるが、こちらは独自の通信規格なので、3G通信は海外の携帯には対応できない。
したがって中国聯通を選択する必要がある。

さらに、iPadはマイクロsimと言って通常のsimより小さいものなのでこれを用意する必要がある。
そこは、さすがは中国。力技で解決。単に大きいsimをぶった切ればよいという発想だ。
専用のぶった切りハサミでバシ! と一閃。普通のsimがあっという間にマイクロsimに!

こいつを日本から持ってきたiPadに入れてみると。ちゃんと認識する。
simロックはどうした? どうもこのsimロックは……ソフトバンクのライバル会社である日本のキャリア(つまりドコモとか)のsimだけ非対応であるようだ。
従って、海外simは全く問題なく動作する。
※海外simが使えるのは、公式にアナウンスされていたと思う。

こうして、中国でもモバイル通信で新型iPadができるようになった。
めでたし…めでたし。

30km超の海上橋と世界最大のコンテナ港「洋山深水港」

30km超の海上橋(東海大橋)を渡り世界最大のコンテナ港「洋山深水港」へ行ってみました。

中国は貿易立国を更に加速する気満々。それも国家百年の計で。

ガントリークレーンは60基くらいあるそうです。コンテナ取り扱い量は3151万TEU/2011年で世界最大(上海全体)

コンテナ船が停泊していました。

コンテナだらけですね。

近頃、中国のこの手のインフラが凄すぎます。

テンセントQQ 間接的に実名化へ。QQ好友の本名が分かる

最近、テンセントQQには「QQ圈子」(QQサークル)という機能が登場した。
現在のところ、この機能はまだベータテスト中である。
この機能を利用すれば、QQユーザーは現実生活の中の関係に基づいて、友達や知人をサークルという単位で自動的に分類することができるという。
また、同じサークルに所属する人との対話を開始して人脈を広げることができる。

「QQ圈子」機能はユーザーのQQ友人、グループ友人、及び知り合いかもしれない人などを導入して、自動的にクラスメート、家族などのサークルに分ける。
また、友人とユーザーの間の共同友人数などの情報も表示される。
ユーザーは「QQ圈子」機能で友人を追加することができる。
この機能を利用して、ユーザーの社交サークルはどんどん広くなる。
更に、「QQ圈子」は自動的ユーザー情報を解析し友人の実名を割り当てることができる。

その仕組みはこんな感じではなかろうかと筆者は推測する。
QQには公開ユーザー名に対して、ユーザーが内部的に別の名前(内部名)を紐づけすることができるので、実はかなりの確率で実名が登録されている。
あるユーザーに30人のQQ友達が居るとすると、30通りの内部名が有る事になる。その中で最も多い名称を実名として自動表示するものと思われる。
そして、その実名が判明する精度は90%以上に達すると推定されているという。

これらの機能によって、QQの大部分のユーザーに対して、間接的な実名制が取り入れられることになると思われる。
今のところ、この機能の具体的な公開日時はまだ明らかにされていない。

Weibo等で行われている中国の実名制とは? 一体……

中国のサービスでは色々な所で、実名制を取り入れており個人認証を受けることが必要だ。
近ごろでは中国版ツイッターであるWeiboに実名制が導入されたのでちょっと話題になっていた。

この事については、いろいろと議論もあるようだが、それは置いておいておく。
むしろ、一体どんな認証で仕組みはどうなっているのだろうか?

中国は個人総背番号制なので、それを入力してもらって正しいものか確認し、さらにそれが書いてある身分証明書の画像をアップロードしてもらって、認証完了というフローが多いのではないだろうか。

中国マスコミによれば、この個人番号をデータベースに照合して確認する会社が北京に2社あって独占状態にあるのでぼろ儲けという話も報道されていた。
システム的には、Weibo等に身分証明書番号を入力すると、この手の恐らく警察と関係がある会社(中国では、身分証明書情報を保持しているのは警察)のDBに照会して入力情報の正しさを確認するわけである。
問い合わせを行うAPIのようなものが存在していて、Weiboのシステムを連結されているのだろう。
規制を作って儲けるというのは、日本でも古くから行われている手法で目新しさはないが。

ソーシャルメディア活用とかそんな努力も、ビジネス的には利権でGOの人々には結局は敵わないと言う身も蓋もない結論に。
中国のネット凄いぞ~~ということと、ビジネスは全く別という話です。

日本でもCMをやっている華為(Huawei) 6000万台を売るべくECに参入し販売攻勢に

「華為(Huawei)」のインターネットビジネスの総裁朱波の紹介によると、華為電子モール(www.vmall.com)は3月18日に正式に公開された。
e-コマースチャネルへの参入は華為の終端販売チャネルの建設の重要な措置である。
華為終端は今年に電子チャネルを拡大し、e-コマース分野での投入を増やす予定だと華為終端の余承東会長が述べたことがある。

情報によると、華為電子モール以外に、華為は将来京東、当当などのECチャネルとの提携を強化して、ECチャネルで一部の華為の端末製品を販売する予定である。

現在のところ、中国国内及び世界中では、華為終端のチャネル運用能力はまだ遅れている。
このショートボードを補うために、華為はキャリアチャネル、ソーシャルチャネル、ECチャネルで同時に力を入れると計画している。

チャネル運用能力の向上は効果的に華為の端末販売量の急速な成長を推進していく見込みだ。

計画によると、2012年に、華為のスマートフォンのグローバル販売台数は6000万台に達する予測である。
なお、中国国内での販売量は30%-40%を占めると予測されている。

「華為(Huawei)」は中国でも世界でも同時進行的にマーケティングを進めているようです。
日本に於いても、4G用ポータブル無線アクセスポイントのCMが流れていますね。
CMからは全く中国企業だと分かりませんが。
知らぬ間に、価格が安いので結構普及してしまうのでしょうね。

中国のiPad商標 銀行の所有に

新型iPadの発売日ですが、中国ではまだいつ発売されるか不明のようです。
借金のカタに国家開発銀行の所有になるとのこと。いよいよ解決が面倒になってきましたね。
いっそのこと、中国では別の名前で販売すればいいのかもしれません。

とはいっても、即座に新型iPadがタオバオやら不夜城あたりに溢れだすと思われます。
海外商品を扱っている淘宝店舗やハンドキャリーの人々にとって、粉ミルクに続くヒット商品になるのではないでしょうか。
商標問題で発売禁止はむしろ大歓迎ではないでしょうか?

ちなみに、タオバオ店では最も高い64GのWIFI版が5100元=68000円とあります。一番安い16GのWIFI版は4000元=55000円くらいです。
WIFI版を見ると日本の公式ページより1万円以上高いです。

この価格差によって、恐らくは世界中の新型iPadが華橋ネットワークによって世界中から集められてくるのではないでしょうか。
結局のところ、商標問題など関係なく中国でも新型はどんどん普及すると思われます。

それにしても、知的所有権を無視した商品が多いタオバオでしか本物が買えないという状況になるかもしれないなんて、さすが中国。
ある意味、変なイチャモンを付けられて、中国市場から追い出されても、タオバオの店が有れば何とかなるという話ですね。
特に問題なく普通に販売できるなら、これほど厄介な敵は居ませんが。

优酷と土豆は株式交換方式で合併。合併後は优酷が71.5%占める

3月12日の情報によると、优酷と土豆とは合併することを宣言した。合併後优酷の株主は新しい会社の株式の71.5%を占める。土豆の株主は同様に28.5%を占める。
合併後の新しい会社の名前は优酷土豆股份有限公司(Youku Tudou Inc.)となる。新しい株式はニューヨーク証券取引所に上場すると見られる。

合併が有効なる日から土豆のA類普通株は优酷のA類普通株と7.177の比率で交換される。
米国で上場している土豆のADSは1.595の比率で优酷のADSと交換される。
1株の土豆ADSは4株の土豆B類普通株に相当し、1株のYoukuADSは18株のYoukuA類普通株に相当する。

情報によると、合併の完成後も土豆はブランドとプラットフォームの独立性を保留し、优酷土豆の動画ビジネスの発展のために強力する。
今回の戦略合併は双方の会社の取締役会の合意を得ているが、合併の完成のためには双方の株主の承認が必要だという。
予測では2012年の第3四半期には、合併が完了すると見られている。

この合併による取引規模は10.4億ドルに達するという。これは中国のインターネット企業では最大の株式交換による合併である。

事実上ライバルが居なくなった中国の動画サイトの利益率が高まるのではないでしょうか。
しかし、ユーザーにとっては、今でも宣伝が多過ぎだと不評ですが、ますます宣伝が増える事になってあまり喜ばしいことではないでしょうが。

アリババ傘下一淘 淘宝ブラウザβリリースへ

3月7日、アリババグループ傘下の一淘チームによって開発された淘宝ブラウザのベータ版は正式に発表された。

アリババの紹介によると、このブラウザはネットショッピングの特性に基づいて登場した新しいブラウザである。
IEとsafariのデュアルコアを採用しており、主流のブラウザの機能に加えて、淘宝網ログイン状態維持、ネットショッピングのセキュリティ強化、内蔵のAlipayのコントロールユニット、インテリジェントなCDN加速などの機能を備えている。

淘宝ブラウザのブラウズモードはノーマルモード、プライバシーモード、セーフショッピングモードの3つある。
プライバシーモードでは、サイトはブラウザの履歴や検索履歴に表示されない。また、サイトを閉じた時にクッキーが残らない。
ショッピングモードでは、ユーザーは淘宝網に確認された安全な関連ショッピングサイトとネットバンキングサイトのみにアクセスできる。

以前、アリババはアリ雲によって開発された「アリ雲ブラウザ」をリリースしたことがある。

大した話ではなく、一応作っている感がある。

http://www.ddooo.com/softdown/8865.htm

Ipad3 欲しいぞ。中国では発売日未定じゃん

商標とかでグダグダですから。どうせ中国以外にも売るとこは沢山あるから、放っておけってことかな。

香港のIpad3があっという間になくなりそうな予感。ハンドキャリーの連中が大活躍だな。
日本の奴は日本でだけsimロック?

スペックは:A5XクアッドコアCPU、2048×1536のRetinaディスプレイ、、LTE4G通信、色は白と黒の2色、高さ241.2mm×幅185.7mm×9.4 mm、重量662g、日本や香港、アメリカなどは3月16日から発売。

研究用に一台買うことにした。 ちなみに名前はiPadだ。3じゃなくて。