春秋航空どうした。デルタの方が安い?

ここ10回くらい春秋で、いい加減うんざりしていた筆者についに別の航空券が。

今度はアメリカの会社だとか。

ついに筆者も春秋=LCCを卒業だ! 機内食も水も出ない春秋よさようなら。路線バスで茨城空港まで行かなくていいぞ。

ほいと、予約されていたのは「デルタ航空」。春秋より200元安いからこれにしたとか言われた。

それって結局、最安値の航空券じゃないか。

下手すると、それって上海に夜中の2時とかにつく奴じゃないか。。

結局、最安値の航空券から卒業できてないという。

まあ、成田発着なだけヨシとしよう。

デルタより高いなんて、春秋にはもっと頑張ってほしいものだ。上場にかまけてサボっているのか?

国美電器傘下の庫巴網、淘宝連盟に投資。商品情報等の共有化へ

最近、一淘網と国美電器傘下の庫巴網は深い提携関係を築くことを発表した。
庫巴網今年は淘宝連盟に1億元を投資する予定である。
主に天猫と一淘網での広告・セールスプロモーションのために使われる。
同時に、庫巴網はそのすべての商品情報を一淘網と共有する。
また淘宝、支付宝とユーザーを共有する。

庫巴網側の紹介によれば、去年の第3四半期に庫巴網は一淘網の「一帳通」オープンプラットフォームに接続して、淘宝と支付宝のユーザーのクロスサイトショッピングをサポートしてきた。
ユーザーは庫巴網で登録せずに、直接淘宝や支付宝のアカウントを使って庫巴網で商品を購入することができる。
現在のところ、一淘網は庫巴網に毎日10万以上のトラフィック、毎月1千万元以上の売上を齎している。

庫巴網は一淘網が提供したユーザー行動データによって最適化する。
また、庫巴網は毎月一淘網のユーザーのみに対して100件のバーゲン商品を提供して、価格比較サービスをサポートする。

庫巴網CEO王治全によると、ECはとても透明な業界であり、販売プラットフォームの違いによって20%以上の価格差があってはいけない。
価格差が20%以上の商品は自然に淘汰されるべきだと彼が述べた。

紹介によれば、庫巴網の登録ユーザー数はすでに500万人を超えている。
2010年の家電製品の販売が5億元に、2011年の販売が20億元に達した。
しかし、現在のところ、このサイトはまだ黒字を実現していない。

天猫(タオバオ商城) 薬のネット販売サイトを正式オープン

2月28日、天猫医薬館(yao.tmall.com)が正式にオープンした。現在のところ、天猫医薬館には深圳海王星辰大药房、上海复美大药房、北京金象大药房、杭州九州医药公司などを含む10軒以上の製薬企業が入っており、約2万種類の薬品がある。

天猫によると、国による薬のネット販売に対する厳しい規定があるため、天猫医薬館の運営も国の関連法律や規制に従わなければならない。
天猫は前に既に「互联网药品信息服务资格证」(インターネット医薬品情報サービス資格証)を取得した。
また、天猫医薬館に加入する薬局は公式サイトを持たなければならない。それと同時に、「互联网药品信息服务资格证」と「互联网药品交易服务资格证」(インターネット医薬品取引サービス資格証)を取得しなければならない。

天猫医薬館は医薬品の情報展示を提供する。薬の購入の取引は関連薬局の公式サイトへ飛んでから行われる。国の処方薬に対するネット販売禁止の規制により、天猫医薬館にある薬品情報は全部OTC薬である。

現在、天猫のホームページ(www.tmall.com)に医薬館の入り口がある。医薬館にある商品はOTC薬、保健品、医療器械などの種類を含む。

天猫医薬館の中の薬局の「旺旺」カスタマーサービスは薬局の薬剤師が担当して、オンラインコンサルティングサービスを提供する。
これはセルフメディケーションとOTC薬市場の発展にも有利である。疾患を予防・治療するだけではなく、限られた医療資源をより有効に利用することができるとしている。