360がサーチエンジンをやり始めた。そして百度がキレる。【3B大戦】

中国のライブドア。お騒がせ企業No1の奇虎360。
ある時は中国の巨大IT企業QQテンセントと3Q大戦を戦いぬき、ある時は国際ハッカー集団アノニマスともバトルする彼らが、
今回標的に選んだのが、Google国外追放で波に乗るサーチエンジンの百度である。

そして、いい加減にしろと、360が運営するサーチエンジンの挙動に百度が文句を付けた。

【360のサーチエンジンURL】
http://hao.360.cn/so/index.html

まずは、サーチエンジンの仕組みをおさらい。

1.クローラでページを収集。
2.インデクサがそのページを整理整頓。
3.データベースに登録。
4.検索があった場合、リザルトエンジンがDBから結果を返す。

さて、今回の百度と360の戦いは、1番のクローラの挙動にて勃発している。
クローラーはサイトにアクセスをして実際にページを収集する役割を負っているのだが、サイト運営者からみれば人ではないアクセスによってサーバ資源が消費されることになるので、これを拒絶する方法が確立されている。
サイト管理者がrobots.txtというファイルにクローラのアクセス権を記述しておくと、アクセスされたくないページにはクローラはアクセスしないことにはなっている。
そして、百度でもこのようなファイルを設置していたのだが、奇虎360のサーチエンジンは全く意に介さずアクセスを繰り返しているのだという。
実はこのrobots.txt。紳士協定のようなもので、クローラ側が対応していなければ実際はアクセス禁止にすることは難しい。

百度を含め、Google、Yahooと皆守っているのに、360がこの協定を守らないのは「ケシカラン」という話である。

実際に、百度のrobots.txtを見ると、そこには360のクローラを対象とした記述はもはや存在しないようだ。
http://www.baidu.com/robots.txt
このファイルを無視するクローラに対しては、現在は別の方法、例えばIPアドレスの拒否などでお帰りを願っているのだろう。

それにしても、サーチエンジンの黎明期にはみなこのやり方でデータを集めているような気がするのですが。
特に百度の場合、そのクローラは、robots.txtを無視した上で、更に同じサイトに何度もアクセスしていたりして日本を初めとした世界中で伝説になっていました。

引用 Wikipedia 百度の項目
2006年下期頃から、Baiduのクローラ「Baiduspider」による日本のサイトへの過度なクローリング行為が目立つようになり、大手電子掲示板を始めとしたサイトで利用者がアクセス困難になる事態が発生し、Baiduのクローラからのアクセスをブロックする動きがみられるようになった。
これについて、Baiduは2007年3月、日本の各ウェブサイトにたいしてBaiduspiderが過剰な負荷をかけたことを謝罪するとともに、クローリングの頻度管理を統一するなどの対処策を発表した[3]。また同年5月には負荷の少ない新型クローラである「BaiduChecker」を導入し、ウェブサイトに与える負荷を平均数百バイト程度に抑えられるようになったと表明している[4]。2009年7月現在 BaiduImagespider、BaiduMobaider、が別途クロールしており、特にBaiduMobaiderはRobot.txtを無視してクロールしている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BE%E5%BA%A6

もしかすると、百度を辞めたクローラ設計者が、今度は360で再就職し、全く同じものを作ったら古巣の百度から文句を言われた。そんな話だったり。
 

取りあえず、サーチエンジンは情報が命ですから、何でもありで統計情報に従って良くある名前のファイル名を打ち込み、リンクが存在しなくてもページを見つけ出すなんていうこともやっている かもしれません。

まあ、奇虎360からすれば、お前が文句を言うなと。

今はその時ではない。中国EC「漁夫の利作戦」は有効か?

投資家だって、いつまでも少年ジャンプばりの展開でいいのかよ。と、ふと考える時があるのに違いない。
どうして、我々の資金で全く関係ない連中に安く買わせねばならんのだ。と。

もちろん上場してもらって利益を上げるために全ては行われているのだが、今はただ莫大な資金が消えてゆくのみだから投資家としては焦りにも似た気持ちがあるはずだ。
つまり、金は無限ではないので、一たび価格競争に突入したら、競争に参加するプレーヤーは、皆弱体化してゆくことになる。
日本の牛丼屋と同じような展開であろうか?

では、現在大きなシェアを持つプレーヤーが過当競争で全て弱体化したとき、最大限の資源を投入した電撃作戦で攻め込めば勝てる見込みがあるのだろうか?
既存の宅配便業者も徐々に業務が改善しサービスも拡充してゆくだろうから、京東のような独自物流とまでは効率的でなくても、既存業者を使っていても物流の改善は勝手に進むだろう。
従って、今はその時ではなく、じっと我慢して相手が倒れるのを待つのが最適な戦略である。
そう言う考えもあるだろう。

しかし、価格競争での弱体化を喜ぶのは参入しようとしている新たな会社だけではない。
そもそも価格競争に参加していない業者、価格競争に参加しているふりの会社などの既存業者も漁夫の利を狙っているわけである。

そして、中国EC最大のプラットホームタオバオは、このような価格競争に真っ向から応じる必要性が無いし、個別の店が勝手に営業しているだけなので応じる事もない。
その事がこの漁夫の利作戦を難しくしている可能性がある。

そもそも、価格競争であるならタオバオは最初から治外法権のような有利さをもっているため、京東商城の価格競争ターゲットは、アマゾンや当当なら「本」、蘇寧なら「家電」といった具合の局地戦である。
つまり、京東はタオバオに挑むことなく比較的常に同じ条件で事業を行っている、アマゾンや当当網、そして今回の蘇寧をターゲットにして戦いを挑み、かれらのシェアを奪取しようとしているのである。
これら京東と同じ条件で戦っている業者カテゴリーであるならば、京東は物流という差別化要因があるので、確実に勝てるという確信があるのだろう。
やはり、この京東を含めた、このカテゴリーのEC店の差別要因としては宣伝もさることながら、やはり物流=返品のしやすさを含めた利便性である。

そして、もし日本の大手ECが中国へ進出すると、どのカテゴリーに入るかと言えば、自動的に京東のターゲットと同じカテゴリーに入ることになると思われる。
決してタオバオのカテゴリーに到達することはできない。

そして、タオバオじゃないカテゴリーに属するEC企業は、京東も含めて現在の所はほとんどすべてが赤字。今はただ投資家の資金を食いつぶしているだけだ。
真の価格競争には戦う前から既に負けているので、極限の利便化のために投資したり広告費にメチャクチャ投資したり、とにかく利便性サービス提供のインフラ構築に金がかかる。
この分野、京東が戦端を開いた価格競争は話題集めに過ぎず、さほど意味は無い。客の本心はといえば、安い所かサービスが良い所かという選択に収束してゆく。
安い所=タオバオ。サービスが良いところ=京東。とちらに頼もうかと考えるのだ。

安さには到達できず、利便性サービス提供のインフラ構築にはかなりの時間がかかる。
後から来た者には、両方とも手にすることはできない。

今はただ待っていて後から飛び込んだ所で、漁夫の利を得るどころか、ただ激流に飲まれ泡沫となるにすぎないのではないだろうか。
もちろん、大した資金も無く今飛び込んでも死ぬに違いない。もちろん、ブラックスワンは否定しない。

中国でシステム開発 安いとは言えない

日本のシステム業界では昔から人月ですが、これが中国の賃金上昇にしたがって日本に迫る水準に達しているようだ。
昔からブラック業界の代名詞として君臨している日本のシステム業界。サービス残業当たり前の状況から考えると日本側の単価はさらに下がることになる。

中国の会社は、退社の時間が早い。
あまり残業しない文化だし、そもそも何で、タダ働きしなけりゃならないとも考えている。
相手は給料を支払う気の無い経営者かもしれない。
会社は決して共同体などではなく、社長と社員は常に対立関係にある。相手に対する信頼感は限りなく低いのである。
給料未払いなら、その社員の同郷出身者の団体が介入し武器を持って社長のところに押しかけ、刀を振り回して回収するなどという話もある位である。

さらに、中国の場合新卒だと余程優秀な人かコネがある人以外はなかなか就職先がないので、タダ働きで修業をする人も多い。
つまり会社が育てるといった感覚はまるでない。
したがって、会社に対してなんら恩義はなく、日本人のように会社にドップリ浸かるという事にはならない。

一応、そのなりの技術をもったIT系人材は中国では結構優遇されていて、日本のようにブラック企業とは見なされていないようだ。
同職種の中国現地採用日本人とさほど差がない感じで、他の職業よりは給料が高い。

IT業界 日本ではブラック業界 中国では比較的ホワイト業界という図式が成り立つかもしれない?

残業王の日本ブラック企業と残業なしの中国ホワイト企業の戦いとなると、途端に日中のコストがフラット化してくる。
日本のフリーランサーのサイト等をみていると、中国よりはるかに安い価格での開発金額が提示されていたりする。
デフレ日本をナメてはいけないという訳である。
翻訳などの手間を考えれば、中国でプログラムを作る意味はあまり無くなってきているのかもしれない。

中国から製造業が逃げてゆくのに続いて、システム産業も中国から東南アジアへシフトが今後さらに加速することになるのではないだろうか。
ハッキリ言って中国の給与上昇は、労働者の生産性が向上したわけでもなく単に投資が流れ込んでインプレしたに過ぎない。
昔と同じものが高くなり、そしてその同じものが別の場所でより安価に作れるなら、中国である理由は何もないという話である。

もう少しすると、中国のシステム会社が日本のブラック会社を買収したほうが低コストだったというオチもあるかもしれない。

QQテンセント社長 携帯電話ハードウェアには手を出さないと明言

8月22日、QQ社長の馬化騰はテンセントが携帯電話のハードウェアビジネスには手を出さないと明言した。
今後は提携戦略を進めていくとのこと。

iPhoneとAndoridのおかげで、ハードなんてどれでも同じような物で、今は仕組みとソフトが重要ですから。

Windows出現後のPCハードと同じような段階に、今や携帯電話ハードも到達したということなのでしょう。
今さら、わざわざPC98のような訳の分からないハードを作る必要も無いという全うな判断です。

訳の分からないハードが最も多いのが日本なのですが、あれだけ派手に赤字を作りだすことができるモデルを踏襲する必要もなく。だからやらないと。

もちろん、今後はQQ携帯が出ないとは言い切れませんが。もともとAndroidベースという噂のとおり、出るとしても普通のアンドロイド携帯でしょうね。

MBA流 上海ラーメン屋マーケティング 何故子供の遊び場になっているのか?

一昨日、上場企業の創業メンバーでMBAホルダーの方と、上海の某ラーメンパークに行って来た。
当日、店内は子供の遊び場と化し、ガキがよろこんで走り回っている。
店員はやる気が無さそうに談笑をしていて、客の姿はまばらだった。

複数のラーメン屋が一か所に集まっているので、その一店舗を選択して食べることになる。
筆者は何回か通っているし、うまい店を日本の食べログなどで検索してあるので、来る前から食べる店を決めていた。

「どうです、結構うまいでしょ?」と筆者が聞いたところ、日本に迫る味でかなり美味しいと答えていた。
その間も、子供たちが、ギャーとかワ―とか言って走り回っている。
1フロアがすべてラーメンパークになっているのでだだっ広い。しかも客がほとんどいないのだから子供が走り回るのには最適な空間のようだ。
たしかに、装飾とかもちょっと子供の遊び場っぽいかもしれないと、筆者も気がついた。

彼は「しかし、ここ旨いのに客がすくないね」と話すと、ここにはあまりマーケティングが無いんじゃないのか? と言っていた。

そして、場所が良くないのでは? という話になった。

先ず、場所について、この場所は人は多いけど観光客が殆どでおそらくは2度とはこない。
しかも、日本人も殆ど住んでいない。上海現地の人にしてみれば、浅草雷門みたいな場所である。
関東の人が雷門に何度も行かないように、上海人も人がゴミゴミしているので行きたくない。
そこに沢山の人が居たとしても、見かけ倒しである。
従って、リピーターは期待できない。

次に、値段が高い割には、特に日本ぽくないし、なにか大食堂みたいな感じで少し店内の施設やサービスのレベルが低い。
たしかに、サービスなんかはマクドナルドのような感じである。

最後に、味の話で、店に当たりと外れがあり、外れの店のラーメンを食べてしまえばもう来ないわけで、実力が伯仲していないなら、バラバラに出店した方がマシなんじゃないのと。
たしかに、うまい店と今一つの店があり、不味い店に入った客は隣にうまいラーメンがあったとしても2度とはこない。
間違って食わないように、マズイ店は閉店していたほうがマシなわけで。筆者も間違えました。

という理由で、子供の遊び場と化しているわけではないかと、推測をされていた。
現在は、商品が良く(味の良い店はある)ても、それを必要とする人に届ける工夫がないのだと。

ソリューション
1.中国人相手なら、他の店はどうでもいいから旨い店の辛いみそラーメンを前面に押し立て、単独でもうすこし上海人が集まる場所に出店した方がいい。実際このラーメンは知合いの中国人も旨いといっていた。
2.日本人相手なら、これも旨い店単独で、つけ麺を主体にて古北に出店すればいい。カラオケ屋の隣とかが最高。カルフール近くとかどうでしょう。
3.団体で戦うなら、個々の店のレベルに差がありすぎると問題がある。筆者的には、不味い店をらーめん二郎、青島食堂、大勝件とかに入れかえてほしい。
青島食堂のラーメン。。昔秋葉原にあった「ラーメンいすゞ」レベルなら最高ですが。

とまあ、こんな勝手な事ばかりラーメン食べながら話していたような。

京東商城から大手家電小売への果し状 価格戦争仕掛けるからかかってこい!

「もう一度言う、価格戦争は終わらない。まだ始まったばかりだ!」

こんな少年ジャンプばりのセリフを吐いているのは、京東商城の社長「劉強東」。
今日のWeiboでも威勢良く吠えている。

彼は、大手家電小売店、「蘇宁」と「国美」への対抗心を燃やし彼らを市場から退場に追い込もうとしているのかもしれない。
しかし、その為には莫大な資金が必要だ。

京東社長のWeiboによると、
今日は各株主と会議をしたばかり、今日资本、雄牛资本、KPCB、红杉、老虎基金、DSTこのような各主要な株主は全員参加した。
株主は、蘇宁と戦うことはみんな知っている。
この戦いには凄い資金が必要。貴方たちはどう思うと株主に聞いたところ、ひとりの株主が我々はお金以外はなにもないと答えたと言う。
そして、思う存分に戦えと言われたと、書いてあった。

ここでも少年ジャンプ的展開。それでいいのかVC。客から言えば、投資家の資金で安く買えるので全然OK。

さらに、Weiboで、
京東の大型家電部門は3年間はゼロ利益でいく。蘇宇と国美より10%以上安くすることを保証するとも言っている。

追い打ちをかけるように、
ベストバイの株価と比べて、蘇宇の合理的株価1.27元まで、まだ遠い。という発言。
まだまだ、右肩下がりなれど蘇宇の株価は高すぎるというものだ。

京東商城の戦いは、まだ始まったばかり!日本のEC 中国進出 完。

まとまった資金が無い限り、もはや、こんなところで戦える筈は無い。これが中国ECの現実である。

政府系新聞は、京東より蘇宁の肩を持っている感じですね。強東社長が突然ホリエモンみたいな感じで捕まらなければいいけど。

中国の電話番号から住所(省市)を特定するアプリ

大量にある中国の電話番号から、粗い住所をつかみたいと思ったので、このアプリを作りました。

電話番号入れてボタンを押すだけで、省や市がわかります。 但しズレていることあり。

あまり使い道も無さそうですが。一応公開。

Windows用 フリーソフト

ダウンロードはこちらから。
https://chinese-homepage.com/mysoft/china_tel.zip

 

上海のメイドカフェ 秋葉原を超えた

上海の中心部、外人が行き来する六本木のような場所から数百メートル歩くと、いきなり下町感がでてくる。
道一本隔てるだけで、六本木から北千住にいけるのが上海だ。
そんな場所に、一件のメイドカフェが存在していた。

入ると、例のセリフ「おかえりなさいませご主人様」と日本語で言ってくれる。
中は少し狭い感じではあるが、プラモデルなんかも売っている。

この手の店の食い物はマズイのは日中とも同じだ。

じゃあ、なにがアキバを超えているんだと言うと、女の子が結構美人なのである。
しかも、あの狭い店に10人もメイドがいるのだ。

さすが中国、メイドカフェも人海戦術である。

中国のオタク達も嬉々としてメイドと一緒にゲームをやっていて、皆おなじみさんといった感じであったが、
ふいに、地方からの巡礼者みたいな、コスプレーヤーが訪れる。

たしか持っていたうちわはニャンコ先生で、他の人もアニメ系のTシャツを着ていた。
この店で売られている物も日本からの輸入品やらなにやらで結構値が張る。

店を出る時には、また女の子が「おかえりなさいませご主人様」と言ってくれた。
「行ってらっしゃいませ~」はまだ覚えていないようだった。

100元位取られた。中国の給料水準からすればなかなかの金額である。持っている物も高い。
ここは、実は上流階級子弟の交流の場なのではないだろうか?
顔なじみになるには、半年で民工の給料1月分は無くなりそうな勢いである。

女の子はなかなか可愛いのだが、着ているメイド服が皺だらけなのは何とかした方がいいと筆者的には思う。
中国の人はそんなことは、気にしないと言っていた。

なお、ここに居る上流家庭の子女は日本語学習率が高いようだ。日本語の勉強をしているのを見た。

中国流学歴ロンダリング 中国国内の学生 中国国内の大学へ留学する!

日本では、あまり知られていない事だが、中国の有名大学に外人の留学生が入学することはとても簡単な事らしい。
知合いの中国の人が、中国人と留学生を同じレベルだと思うなよ! と言っていた。

つまり、外人が清華大学や北京大に留学生枠で入ることは、それほど難しくはないとのこと。
しかし、中国人がまともな入試(高考)でこれらの大学へ入学することは、先の記事にも書いた通りとてつもなく困難な道なのである。

同じ大学でも一方は入り易く一方は難しい。

こうした状況が存在していれば、全く同じ商品に大きな価格差があるのと同じ話なので、裁定取引が発生してくる。
つまり、その差を利用して、うまくやろうと考える者が続出するわけだ。

両親は100%中国人、さらに中国国内で育った完全な中国人の学生が、斡旋業者の力によりいきなり外国人のパスポート保持し、留学生として中国の大学に入学することがあるのだという。

まさに、猫ひろし状態である。彼がオリンピック移民なら、こちらは入試移民である。
http://baike.baidu.com/view/143662.htm

流石にこれは問題だろとなって、その外国にちゃんと2年以上滞在しているとか、外国籍になって何年間必要だとか、オリンピックと同じような規制ができつつあるのだという。
いやはや何ともという話である。

日本人なら、条件はクリアされているので、北京大に留学してみるのもいいかもしれません。
日本でなら北京大なら凄い! というイメージもありますし。これも一種の裁定取引、2国間の差をうまく活用する方法です。

さて、何故か中関村でで入学祝いにアップルシリーズ買ってくれとダタこねている新入生の話から、3回も連続で書いてしまいましたが、中国の入試制度って色々と複雑ですよね。

中国の大学入試 同じ大学でも地方出身者の方が優秀なのは数字からわかる

先の記事から、都会と地方出身者の大学入試における差に興味をもったので実際に資料を当たってみた。
結果から言えば、同じ大学でも地方出身者と都会出身者ではかなりレベルに差があるであろうことが推察できた。

学力的には、地方学生>都会学生だ。

中国の大学入試試験「高考」は全国統一ではなく、地方毎にバラバラなので、省をまたいで点数をそのまま比べることに全く意味はない。
2003年までは全国統一だったのが、今はバラバラになったとの事。昔は点数で地方と都市の格差が簡単にわかったのだが今はそうではなようだ。
そこで、もっと全体的に比較可能な別の資料を当たってみたところ、
発見できたのは、中国で1,2を争うと思われる「北京大学」の2011年の学生募集計画というものだった。
http://www.ccuut.edu.cn/doc/jihua2011.mht

それを見ると、北京大学入試における各地方の省別の募集人数「枠」が掲載されている。
同じ大学でも都会より地方の受験生の方が優秀であろうというのは、この資料を閲覧すれば容易に理解できるのである。

この資料が示すように、北京大学であれば北京市の「枠」が異様に大きいのである。
つまり、日本ではありえない事であるが、中国では大学がある地域の戸籍をもつ者が圧倒的に有利なのだ。

ならば地方出身者もその土地の大学に行けば良いではないかという考えもあるが、当然中国でも有名大学は北京や上海などの都会に多く存在している。
良い大学に行きたいなら、やはり都会に行くしかないのだ。

また、地方出身者が実は地元主義で地方の大学に行きたいと考えているわけではない。
北京大学や清華大学などの都会の有名大学に合格したならば、どんなに貧乏でも何処からともなく金を融通する者が現れて、その者を有名大学におくることになる。まあ行けない場合も多いそうですが。
地方出身者がわざわざ地方の大学に進みたい理由は、どこにも存在しないのである。
このあたり日本よりハッキリと、行けるなら有名大学へ行って立身出世を目指すのでブレはない。

さて、どれだけ地元の都市出身者と地方出身者で差があるのであろうか?
先の資料の数字を元に、各省人口100万人の人口当たりの入学枠をエクセルで計算してみた。

地元北京が12.6人/100万
天津が3.55人/100万
上海が1.60人/100万

広東が0.24人/100万
山東が0.56人/100万
湖北が0.76人/100万

こんな状況になっている。
最低の広東と最高の北京では、その差がなんと52倍!
北京以外の平均値「1.097/100万」と北京でも、その差が10倍以上!
点数に下駄を履かせるとかそういうレベルじゃなくて、この数字をみて都会と地方の学生の質に差がないとは、とても言えないだろう。
筆者的にそう言う結論に至ったのである。

受ける教育の質も都会より悪く、さらにお金もない地方の学生が、都会の人を打ち破って上位に勝ち上がるのは、かなり困難だと言えるのではないでしょうか?
逆にそう言う人をみたら、本当にすごい人だと、敬意を払うべきかもしれません。

なお、金さえ払えば留学生は北京市民以上に入り易い。これを利用して、別の国籍を取得して有名大学へ入る中国人もいるとのこと。
斡旋業者までいるというから、驚きである。

中国に於いて大学名に意味はないのかもしれませんね。チート(ズル)しすぎです。
XX大学の何省出身まで聞くと正しいかもしれませんね。

これは北京大学の事例であるが、他の有名大学も似たようなものだ。
中国で売られている大学案内のような入試本に省別の枠が書いてあるので参考にしてみると良いだろう。

尚、参考資料として計算した数字を掲載しておく。
 

省名 入学枠 省人口 枠/人口100万
北京 248     19,612,368 12.65
天津 46     12,938,224 3.56
青海 15       5,626,722 2.67
宁夏 16       6,301,350 2.54
西蔵 6       3,002,166 2.00
海南省 15       8,671,518 1.73
上海 37     23,019,148 1.61
吉林省 38     27,462,297 1.38
新疆 28     21,813,334 1.28
山西 40     35,712,111 1.12
陕西 41     37,327,378 1.10
黒竜江省 42     38,312,224 1.10
重慶 30     28,846,170 1.04
遼寧省 44     43,746,323 1.01
福建省 35     36,894,216 0.95
内モンゴル 22     24,706,321 0.89
浙江省 42     54,426,891 0.77
湖北省 44     57,237,740 0.77
貴州 25     34,746,468 0.72
甘肃 18     25,575,254 0.70
湖南省 46     65,683,722 0.70
河西 30     44,567,475 0.67
河南 60     94,023,567 0.64
江蘇省 50     78,659,903 0.64
安微 35     59,500,510 0.59
四川 46     80,418,200 0.57
山東 54     95,793,065 0.56
雲南 22     45,966,239 0.48
河北 33     71,854,202 0.46
広西省 20     46,026,629 0.43
広東省 26   104,303,132 0.25