受験競争で勝ったら 次はアップル製品でメンツを保つそうだ

中国では、今月中ごろから高校や大学で新入生が学校へ行くことになる。
受験に勝利して良い学校に入ったとしても、中国の新入生にとっては入学する学校でどうメンツを保つかという新たなる問題に突き当たることになるようである。

最近、中国の秋葉原とも言われる中関村に、この問題を解決するべく、母親と大学への入学を控えた娘のある親子が訪れたようである。
要は入学祝いの買い物に来たのである。

どうすればメンツを保てるのか?
娘の意見は明確であった。
"苹果三件套"を手に入れることである。
これは、iPhone4s、iPad3、mac bookのアップル製品のフルセットのことだ。
しかも、これらの製品の中でも最もグレードの高い製品でなくれはならないという。

当然ながら、母親は価格が高すぎると拒否。
しかし、娘は"苹果三件套"がなかったら、新しい学校で自分はどうやって面子を保てばいいのと、その場で泣いて叫んだという。

傍からみればというか、外人からみれば、只クソガキ過ぎるぞというこの話も、中国のソーシャルネットでは結構転載されているようだ。
もちろん、クソガキだという意見が主流ではあるが、中国ではiPhoneを持っている人が多く、その理由は概ね機能ではなく面子のためなので、この話を笑うことはできないという心理も働いているのかもしれない。

格差社会の中国では、モノを持っていないと学生同士の交流が進まないと言った面もあるようだ。

中国の有名大学は省別の出身比率をみればわかる通り、圧倒的に都市優遇である。
有名大学には地方毎に枠があるのだが、人口の多い省よりも、地元の都市の入学者数の比率が圧倒的に高いのである。
生まれてこの方20km四方を移動したことがないような山村から出て来た学生は、物を持った都会人の多い大学ではかなり浮いた存在になるのだという。

まわりが、iPhone4s、iPad3、mac bookを持った譲ちゃん坊ちゃんだとしたら、そんな山村の学生は不満を持つと思いきやそうでもない。
要領は悪いものの山村から来た学生のポテンシャルは非常に高い。地方の質の悪い教育を潜り抜けて、都会のこのようなクソガキに勝利したのだから当然だろう。

そう言う人にはだいたい党から声が掛るようだ。

あらゆるビジネス書も無効 瀋陽にシャッター通り商店街出現

中国でも商店街の経営はやはり厳しい? 大型店舗の進出でさびれる商店街。


日本でも地方の商店街がこんな感じのところが多いですよね。
やはり、人口ボーナスがオーナスになっているのが問題だって、どこかのビジネス本にも書いてありました。
中国でも同じでしょうか? 

こうなったら、商店街活性化コンサルタントでも雇って、マンガ家のふるさととして売り出した方がいい?

しかし、そんな日本のほのぼのとした振興策でどうこうなる問題ではないらしい。
本当は寂れている訳じゃなくて、店開けていると絡まれる。だから店を閉めているとのこと。

絡まれ方 その1
豆腐店がマスクをしていない 罰金

絡まれ方 その2
楊枝販売店が、木材伐採許可書を持っていない 罰金

絡まれ方 その3
レストランに、ハエが一匹居た 罰金

というのが中国のネットに掲載されていた。
中国の国体みたいなやつをやるための当局の浄化活動ともいわれていますが。
やっていることは、まるで拳王親衛隊。

当局のWeiboではそんな酷くないという見解も掲載されていますが。サテどうでしょうか?

拳王親衛隊が侵攻してくるなかでの商店経営。
そのあたりのありがちなビジネス書 こうやれば店は大繁盛の類を読んでも、かなり難度が高そうです。
これは、さっさとシャッターを閉めて、じっとしていた方が良さそうです。

中国家電 エコポイント的政策が始まったものの、こうなった

2007年以来、「家電下郷」(農村部での家電普及のための家電購入補助制度)、買い替え補助などの補助政策の実施に伴い、家電メーカーによる不正な補助金獲得事件が次々と指摘された。
しかし、問題はまだ解決されていない。

今年6月より、省エネ家電に対する補助金政策が実施された。この制度にも最初から補助金詐欺に対する疑いの声があった。
その後すぐに、家電メーカーが補助金をだまし取ったという疑いがあるという報道があった。
そのことについて、関連部門からの明確な発表はまだない。

去年3月により、「平板电视能效标识实施规则」(薄型テレビエネルギー効率標識実施規則)が実施された。
薄型テレビには、エネルギー効率シールが貼付されなければならない。
エネルギー効率シールには、製品のエネルギー効率レベル、エネルギー効率指数及び待機電力などの情報が含まれる。

今年6月、「高效节能平板电视入围推广企业和目录(第一批)」(エネルギー効率に優れた薄型テレビの企業と目録)が発表された。
目録には、基準を満たした製品の具体的な型番、エネルギー効率指数、待機電力及び補助金の金額が発表された。

最近、メディアによるある調査では、省エネ家電補助金政策には重大な問題が存在することが明らかにされた。
家電製品売り場で、各ブランドのカラーテレビを国の「高效节能平板电视入围推广企业和目录(第一批)」(目录と略称)を実際に照合したところ実体は大きく異なることが判明したのだ。
これらの補助金を受給した家電製品は、実際は省エネの基準に達していないことが分かった。

また、中国は薄型テレビをエネルギー効率標識制度に入れた。
すべてのシールの貼付された製品は備案(登記)し「中国能效标识网」(http://www.energylabel.gov.cn/)で公表されなければならない。

そのサイトで調べたところ、多くのテレビメーカーは5月下旬に多くの製品に対して備案情報を変更したことがわかった。
変更後の情報では、何故か多くの製品のエネルギー効率指数はアップされ、それらが省エネ補助金の資格基準に達していることがわかる。

アナリストの話によると、6月1日により、省エネ補助金政策が実施された。その直前の5月下旬にに多くのメーカーは備案情報を変更した。
この状況から見れば、詐欺の可能性が大きいという。しかも企業自身の不正行為だけでなく関連機関と結託している可能性もあるという。
製品がまだ基準に適合していないため、お金で認証を買うことも多いと指摘された。

中国の人々は、安くなればそれはそれでOKという所ではないでしょうか。省エネ自体にはあまり興味は無さそうですし。
目的は、省エネじゃなくて景気対策だし。

中国ECの雄「1号店」の妙な仕様 味の素から着想を得たのか?

買えば次の日に持ってくる1号店。筆者も頻繁に利用をしているネットショップの一つである。
昨日配達してもらったものは分割して同じ日に何度も持ってくるという人海戦術な物流ぶりであるが、やはり便利なので良く使っている。

そんな1号店であるが筆者は何度も使っているうちに奇妙な現象に気がついた。

その話の前に、
味の素が売上を増やすためにふたの穴を大きくして、出る量を増やして売上を伸ばしたとか、そんな話を聞いたことがないだろうか。
都市伝説の類かもしれないが、女子社員の発案で一振りで出る量を増やして消費量をアップさせたのだという。
この話は、古いビジネス書なんかでコロンブスの卵の事例として紹介される場合が多い。

さて、1号店の話に戻るが、
WEBサイトにて購入をしていくのは一号店も同じである。
商品を検索して、必要な商品をショッピングカートに入れてゆき、最後に注文をするという流れである。

Ajaxを駆使したUIは今の流行風でそれなりの物だと思うが、いざ注文した時に奇妙な事態が発生するのである。

なぜか、選択していない商品が、カートの中に紛れ込んでいるのである。

筆者の場合、1号店では大量の商品を注文するので、選択していない商品が紛れ込んでいてもなかなか発見が出来ない場合がある。
これはなかなか困ったことだ。
商品的にはちょっとしたお菓子とかが紛れ込むとか、選択したものの数量が2,3変化するとかなので価格的にメチャクチャ高くなったとかそんなことは無く、最後の確認でその商品をきちんと外せば良い訳だが。

さて、これはバグなのか? 仕様なのか?

もしバグではなく、仕様書どおりに開発されているとしたら、なかなか凄い発想である。
一応、最後の確認で自動挿入された商品を外す事は可能であるものの、気付かず購入してしまう人も多いのではないだろうか。
しかも、以前購入したものとかが、勝手に入っている感じもするので、何という素晴らしいサジェスト機能であろうか。
ますます気付きにくい。

この1号店のシステム、バグじゃないとしたら、まさにネット版 味の素商法である。

皆さまがこの商品を忘れているのではないかと思い、自動的に追加しときました。
日常品が多いので、確かにその通りの場合も多く、たしかに凄いECシステムだ。

いっそのこと、あなたの欲しいのはこれだろ! と全てをカートに入れておいてくれ。

こんな超仕様ですが、いろいろと便利なのでいつも使っています。

上海に日系ラーメン屋が続々登場 豫園の「麺向味来拉面体験館」に行ってみた

つい最近7月25日、上海の一大観光地である豫園に麺向味来拉面体験館がオープンした。
最近の日系ラーメン屋の進出には目を見張るものがある。

さて、今回出来たこの「麺向味来拉面体験館」だが複数の店舗が一か所に集まったラーメンパーク形式になっている。
もともと、このあたりにはまともな日本料理は少なかったのであるが、この店の登場でだいぶん改善しそうである。
味千ラーメンとかは、ちょっといやだ! というラーメン通には有り難い話である。

筆者は仙台の六郎という店で、醤油ラーメンを注文した。



http://tabelog.com/miyagi/A0401/A040101/4012097/
恐らく、このラーメン屋である。味は上海のラーメン屋としてはかなり美味しいのではないだろうか。
古北の七福神にも負けては無い。

他には、
道楽【サッポロラーメン】
九忠【九州豚骨】
丸【豚骨ラーメン】
賢治カレー【カレー】
http://blog.livedoor.jp/vacheron_blog2/archives/51874183.html
柚子【寿司】
香川製麺所【うどん】
仁川【韓国ラーメン】
などが存在していた。





また開店したばかりでそれほど混んではいなかったが、今後は人気がでるのではないだろうか。

住所:黄浦区文昌路10号和丰楼3楼(近豫园老街)
電話:63559999-4126 13901862334

大衆点評
http://www.dianping.com/shop/5995902

iPad商標訴訟でまる儲けした中国の会社「深圳唯冠」が訴えられて被告に

数日前に、「唯冠科技(深圳)有限公司」(深圳唯冠と略称)のiPadの中国での商標案件を代行した弁護士事務所「国浩律师事务所」は深圳唯冠が1500万元の代行手数料を支払うことを拒否したことで深圳唯冠を訴えた。
裁判所は7月23日に正式にこの案件を受諾した。

そのことに続いて、弁護士事務所「广东广和律师事务所」も7月24日に深圳唯冠を訴えた。
裁判所に「广东广和律师事务所の480万ドル(約3000万元)の弁護士代行費用は優先的に支払うべき」を確認することを要求した。
また、裁判所に被告がこの案件の訴訟費用を負担すると判決することを要求した。裁判所も当日にこの案件を受諾した。

この案件を担当する弁護士肖才元によると、この2つのケースは同じ裁判所「深圳市盐田区人民法院」が受託した。

情報によると、Appleが深圳唯冠に支払う6000万ドルの和解金は現在裁判所に保管されている。
前に国浩律师事务所が深圳唯冠を訴えた時、广东广和律师事务所は執行異議を提起した。貰うべき費用を優先的に支払うことを要求した。
執行異議から起訴にエスカレートしたことについて、起訴は権利を守るためのより正式なやり方だと肖才元が述べた。

いよいよ、アップルからブン取った大金の別け前を巡ってバトルの始まりです。
金貰っても弁護士には払わんとは、難癖つけてアップルから金をGet出来たので、今回も同じ理屈で我が道を行くでしょうか。
既に各方面に手をまわしているので、弁護士なんかに払わなくても問題ないという話なのかもしれません。