中国第2の検索エンジン曰く 百度がうるさいのですが なにか? 3B大戦

8月28日深夜 360の百度への侵攻計画が始まったのだという。
これは、360側がrobot.txtを無視して百度のサイトをクロールし始めたという話。
この件に関して、百度が困っているという記事が掲載されている。

Hitwiseが発表した8月時点での検索エンジン市場シェアは、百度が64.9から55.1へ下落、Googleが10%から7%へ下落しているという。
検索すると3回に1度は、嫌がらせで真っ白の画面が表示されるGoogleがまだ7%保っているというのはGoogleの凄さだが、
百度の下落は広告ばかりが表示されるので必然であろうか。
筆者が思うに百度の検索結果は質が悪い。中国人でもGoogleがいろいろと使いにくくなってしまったので、仕方なしに使っているという話をしている人もいる。

さて、そんな中、360がユーザー数に物を言わせて一週間程度で中国第二のサーチエンジン(シェア10%前後)に躍り出たのだという。
そして、360のクローラがrobot.txtを無視して百度のサイト内で激しくクロールを開始した。

百度が文句もいうのはある意味普通のことかもしれない。
Google中国の元プログラマーによると、サーチエンジンの結果をそのままコピーすることは、テストで他人の答案をそのまま書き写すことだという。
サーチエンジンの結果を構築するのには永い時間が必要だからというのが、彼の話の趣旨である。
だから、360はrobot.txtを無視して、激しくクロールしているのだからケシカランとった記事が、中国ではそれなりに流れている。
これは、百度側からすれば、当然のことかもしれない。

しかし、筆者はそういった記事とは少し違う見方だ。
そもそも、サーチエンジンのみならず全てのWEBサイトは、構築に時間をかけているのだから別にサーチエンジンのみが特別ではない。
そして、robot.txtの件は、以前やっていた事を思い出せば、百度に関しては全く意味を成さないことが、すぐにわかるはずである。
百度がどうやってそのデータを構築したか? 百度のクローラがrobot.txtを守っていたか?

さて、この360というのは実に喧嘩の仕方がうまいというか、彼ら自身が別に公正明大というわけではないのだが百度に対しこの様な奇襲をかけるところもまた面白い。
当然、百度自身がrobot.txtを守っていなかったことを知っての戦略であろう。
もろろんこの事自体は、以前紹介したとおり日本のwikipediaにも書かれている情報で、知っている人は知っているのだが、それをうまく使って一気に中国第二のサーチエンジンを作り上げるやり方は大したものだ。
中国ではこれくらいやらないと、勝てないということなのだろう。

この3B大戦、記事はそれなりにあるが、以前の3Qのような盛り上がりは見せていない。
百度が独占しすぎなので、かえって良いという見方もあるようだ。

中国の大学共通テストには、お受験と同じで「親」に条件があった

中国は厳格な戸籍制度がある。
そして以前も書いた通り、その戸籍によって大学入試「高考」の難度が大きく異なるのである。

では、出稼ぎに出ている人の子供はいったどこの場所のテストを受けるのであろうか?
じつは、出稼ぎの人の子供でも出稼ぎ先で試験を受けることは可能だ。

しかし、それには条件があるという。

1.親が安定した仕事についていること。
2.住所があること。
3.ある一定水準以上の収入があること。

条件がなければ、受験生の親は試験の合格ラインが低い北京にみんな出稼ぎに行くだろうか当然か。
それでも外地の人々が増え過ぎて問題になっているという。

それにしても、親の収入とか親の仕事とか、まるで日本の私立学校の「お受験」のような感じである。
いや、お受験は何であっても試験は受けられる。
しかし、この場合は試験も受けられないのだから。凄い話である。

オープンソースCRM SugerCRMをcoreserverに入れてみた

オープンソース版のCRMがあると言うので、試しにコアサーバに入れてみた。
いつもの如く、safemodeに引っかかるので、phpをcgiで動作させたりする必要がある。

まず、SugerCRMのトップディレクトリにある.htaccessに以下の記述を追加する。
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
php_value session.save_path "/virtual/ユーザー名/public_html/ドメイン名/tmp/"

次に、トップディレクトリにtmpディレクトリを作る。

そして、インストール画面に従って
cacheやら幾つかのフォルダのパーミッションを変更する。

MYSQLにDBを作っておく。

インストール画面にしたがってその設定を入力する。

尚、最新版の6x系はPHPのzip関数が使えないと動かないらしく、インストールすることはできなかった。
5xならいけるようだ。

中国語版もあるので、中国でも使えるかもしれない。研究中。

中国から日本へ来てみれば、日本人45歳 中国人36歳

日本の街を歩いているとお年寄りが多い。やはり高齢化しているのだと実感。
日本人は比較的若く見られるので、中国に比べて見た目以上に高齢化が進んでいるという事かもしれない。

CIAが出している世界の平均年齢
https://www.cia.gov/library/publications/the-world-factbook/fields/2177.html

シリア
全体: 22.3歳
男 : 22.1歳
女 : 22.5歳

中国
全体: 35.9歳
男 : 35.2歳
女 : 36.6歳

米国
全体: 37.1歳
男 : 35.8歳
女 : 38.5歳

日本
全体: 45.4歳
男 : 44.1歳
女 : 46.9歳

中国とは10歳近く離れている。
子供が少ないので中国もこれから急速に高齢化するのだろうけど。

何か問題があると、冷静にとか日本のマスコミの論調が妙に事なかれ主義の大人の言いそうなことだと思っていたのだが、生物的な実年齢も大人だった。
何も失うものがないと突っ込める奴の数も、人口、若さ、一人当たりGDPの低さに比例するので、この手の競争では勝てない。

それでは年齢を生かして合理的に商売で稼ごうと頑張っても、あちらには商売人が多過ぎ。こちらの商売人1に対して向こうは10ダース位は居る。
しかも、やっぱりこのカテゴリーにも何も失うものがない奴多いし。向こうの会社平均寿命2年だし。

こちらは、年齢を生かすどころか逆に老害となっていればますます勝てる見込みが減ってくる。
そして、その可能性も非常に高い。

格安 春秋航空 「価格以外」の5つの利点

また春秋に乗ってしまった。中国国内線を含めもう40回は乗っただろうか。昨日も浦東から茨城空港へ到着したところである。

格安航空会社だから価格が安いのは当たり前であるが、それ以外の利点は何であろうか?
筆者にとって、価格の他にも実は明確な利点があるのである。
別に価格だけで乗っているというわけでもない。
もちろん、席は狭い。機内食は当然ないし水すら出ないのだが。

1.浦東・茨城便でいえば、まず茨城空港は非常に空いている空港なので、離陸まで待たされることはまずない。
浦東空港や成田空港などの混雑している空港なら乗りこんでから飛び立つまでにかなり待たされる場合もあるが茨城なら安心である。

2.茨城空港に着陸する場合も速い。
滑走路が混んでいると暫く飛んでいる場合があるが、茨城空港の場合はすんなり着陸可能で空の上で待たされることがない。
1、2は茨城空港を含めた地方空港の利点のような気もするが。春秋は地方空港にしか来ないので。

3.機内体操で健康に
良くわからない体操で健康になれます。

4.片道切符をインターネットで購入できる。
通常の航空会社とか旅行会社であれば、なぜか片道切符だけはネットで買えないとかの制限があるのだが、春秋の場合片道もネットで購入可能である。

5.片道切符の価格が、そのまま往復の半額。
通常の航空会社だと片道切符は高額で、往復とあまり変わらない価格で売りつけられたりするのだが、春秋航空は片道単位になっているので、片道だからと言って価格に差があることはない。
4、5は重要な点である。

というわけで、春秋航空 価格以外の良い点でした。でも、茨城空港遠い。
せめて、空港バスが飛行機の到着に合わせて発車すればいいのに。路線バスだから無理かもしれないが。