中国でLINEが唯一普及している場所

微信のユーザーが4億超え。しかし、日本から類似ソフトのLINE(中国名:連我)が中国市場にも参入。その挑戦を受ける形となっている。
そして中国においてLINE側に協力するのが、3Q大戦でのテンセントの宿敵、奇虎360。
微信vsLINEの激しい戦いが始まる!

と書くと、かなりLINEが中国でも善戦しているような感じですが、そんな事は全くなく、周りの中国人も微信一色。
そもそもLINEの存在すら知らない人が大多数です。

しかし、中国は広い。
中国でも、そこに居る誰もがLINEを使っている場所があったのです。
もちろん、平行して微信も使っているのですが、LINEのほうがより商売上の目的を達成しやすいということなのでしょうか。

最近は海外定額パケットプランのおかげで、中国でも日本と同じようスマホが利用できるようになり、駐在員だけではなく出張者もモバイルネット環境を駆使することが可能となってきました。

その出張者のLINEを狙ってか、KTVの女の子のスマホにはLINEがほぼ100%インストールされているようです。
お客の出張者が日本に居ても会話できるということで、ロイヤリティ向上には欠かせないツールとして重宝されているみたいでした。

皆が皆、LINEを取り出したので、驚きました。彼女達にとっては本当にお役立ちツールなんでしょうね。

残念ながら?、筆者のスマホは常にOSのROMを書き換えまくりその都度アプリが消失しますので、LINEも微信もQQも、もう無かったんですね。

天才プログラマーが指揮する、とある大学のとある学術試験プロジェクトは某国向け?

これは私の単なる勘違いか思い込みかもしれない。
しかし、その学術実験プロジェクトのサイトを見たとき、ある大きな意図があるかも? と感じるものがあった。

そのプロジェクトではあるソフトを無料で配布しており、しかもどこへでも転載自由だという。
普通、フリーでソフトを配布していても、例えばサイトのアクセスを稼ぐために配布元は一本化する場合も多い。
しかし、そのソフトは本家サイト以外で自由に配布しても構わないというのだ。ある意味太っ腹な対応なのだが、このプロジェクトの場合これが大きな意味を持つと思う。

例え本家サイトが遮断されたとしても、別サイトにソフトがアップされていれば、そこからダウンロードできるので特定のサイトを遮断するという手段では対応が難しい。
守る方から見ればそこそこ厄介な状況になる。

例えばGoogleの完全(一部ではなく)な検索結果と機能を誰もが利用できるとしたら、いつの間にか対象がどんどん増殖してゆき、もはやブロックは不可能に。
さすがにGoogleは商売だからやらないだろうけど、この場合は学術試験プロジェクトなのでやってしまったようです。

さらに、プロジェクトのサイトに書かれている文章を読むと、最初から本家ページがブロックされることが想定されているようだ。
そしてその対応策として自由配布ということが書かれている。

つまり、プロジェクト側が明らかに最初からブロック>自由配布という流れを組み込んでいるわけで、これはやはり某国向け……
いや、聞いてもあくまで学術実験ですから。って返ってくると思うけどw ドメイン名? 単なる偶然 深読みし過ぎだって。

プロジェクトのサイトからソフトをDLして某国版のWindowsに入れてみると、問題なく某国語に対応していて隙は無い。
使ってみた感想としては速度が遅いのが難点だ。当たり前だけど有料サービスにはやはり劣る。

それと、どう考えてもサーバを設置するメリットが少ない。また、サーバント化も、この場合は需給が非対称なのであまり意味がない。
P2Pのようにネットワークが拡大するのは難しいだろう。
ただ、一部の意図を持った人々が組織的に大量のサーバを設置してゆくという可能性はあるし、事実そのようなサーバも既に存在していた。
彼らにとっては、いろいろと大人の事情で設置のメリットがあるということなのだろう。

今後、もっとサーバが増えてゆくのか? そうだとしたら守る側はどう対応するのか? 実に興味深い。
 

このプロジェクトには、「インターネットは自由であるべきだ。例えそれがどこであろうとも」という思想があるようにも感じる。
もしかしたら、天才にとっては、単に非常に金がかかった面白いゲーム機を見つけたという感覚なのかもしれない。

そして、これはTwitter的なものよりもはるかに悪魔っぽいかもしれない。大金をかけて封印している大魔王が蘇ってしまうのだから。

そこは悪魔で学術実験ですから! ということで。

中国で見かけたネコ型ストッキング ちょっとかわいい?

上海の街を歩いていると、最近ねこ型? のストッキングをはいた女の子を見かけることがある。

■↓ こんな奴。

他にも、いくつかの種類を見かけたことがあるが、最近上海ではこういう奴が流行っているのだろうか。

ちなみに、後ろには尻尾もちゃんとあったりして、2匹の猫が居る感じがするのが良い。

何故かトロくさい「GALAXY S4」 自腹購入後、一週間使ってみてわかったこと

最新のスマートフォン「ギャラクシーS4」を使い始めてから既に1週間が過ぎた。
実際に使っていると、気になる点がいくつか出てきたので自腹のガチレビューをしてみたい。

筆者が購入したバージョンは韓国版で、ギャラクシーS4シリーズの中では最高スペックのモデルだ。
最新鋭のスペックを持つギャラクシーS4シリーズの中で最強なのだから、全スマホのなかでも最高レベルの快適さに違いない!
そんな思い込みから、4800元の大枚はたいて購入してしまったのである。

が……何故か動きがトロくさい。
正確に言うと、フリーズしたように引っかかる動作が結構ある。

まずは、電源ボタンを押して、スリープから復帰する場合に、たまに時間がかかる。
また、何故かセキュリティパターン入力が出来なくなり、復帰すら出来ない場合がある。
これらの理由は良くわからないが、ユーザーとしては鬱陶しい。

そして、次はカメラの問題だ。
カメラの起動が遅く、一呼吸おいてから起動する。これは残念ながら中華製の「OPPO Find5」より遅いようだ。
撮影しようと思っていたのに、逃したことが何度かあった。
めちゃくちゃ遅いというレベルではないが、このクラスの携帯としてはやはり遅い。

また、これは好みの問題かもしれないが、フルHDの有機EL画面はちょっと暗い感じがするし、そんなにキレイという印象は受けなかった。

購入前に使ってみたいと思っていた、視線でスクロールをコントロールする技術「スマートスクロール」は、全然スマートじゃなくて直接手でやった方がマシなレベルだった。
こんな完成度の低いクソアプリは搭載するべきではないだろう。

全体的にみると、まだまだ不完全な携帯という印象を受けた。
そもそも、ハードのスペックや発売前にメディアで流される官製レビューを見て、すこし期待し過ぎていたのかもしれない。

以前に使っていた中華製携帯の質が向上しているという事もあり「GALAXY S4」が色あせて見えただけなのかもしれない。
そして、それにも増して感じられるのは、アップル製品のそういう部分の隙の無さであろうか。
取りあえず、買ってしまったので、問題の部分は何とかしてもらいたいものである。

日本ではこの機種をドコモが取り扱い、お勧め定番携帯として低価格で提供される予定だという。
他社ならこの部分をiPhoneが担っているのだが、ドコモはそれをギャラクシーでやるというのだ。

フィーチャー・フォンを利用する層に、アピールする定番機種がないと他社に客を取られるからという理由だが、そもそもフィーチャー・フォンを利用する層は面倒だからスマホを使わないわけで。
そんな層にiPhoneよりも不安定なAndroid携帯勧めてどうするんだと思う次第である。

フィーチャー・フォンを利用しているなら、iPhoneを買った方が面倒がなくていいのではないだろうか。

豫園の「麺向味来拉面体験館」はどうなった? 浸食される日本式ラーメン

去年(2012)の7月25日オープンした日本ラーメンパーク「麺向味来拉面体験館」が、今やえらい状態になっていたのでお伝えする。
そして、残念ながらこれが最終レポートになる。

この施設、一年くらい前に来た時は、全てが一応日本式のレストランだったはずだ。
ところが、六郎ラーメンと賢治カレーを除いて、日本のラーメン屋が根こそぎ駆逐され中華料理に取って代わられている。

かろうじて残る六郎。


以前はこんな具合で日本ラーメンの店だったはずが……
 

中国式に。


PM6時なのに、客はほとんどいない。

まあ、美味しくないのでテコ入れのつもりだろうけど、中華料理ならまわりに沢山ある。
さらに、一年前は美味しかった六郎まで不味くなっている。正に悪貨は良貨を駆逐する状態だ。中国人に合わせて改変したのかもしれないけど、中国人も不味いと言っていた。

それにしても、あそこの服務員、ボーっと突っ立っているだけで、たまに食器を下げたり掃除するくらいである。
ラーメンが出来ても、客が自分で取りに行けとばかりに突っ立っているだけだ。

服務員は突っ立っているだけ。

中国の前時代的なサービス精神のない食堂を体感したいなら、是非行くべきかもしれない。
この2013年に、この80年代的サービスレベルはまさに天然記念物・無形文化財レベルだからだ。

一緒に訪れた中国人の評判もすこぶる悪く、もう訪れることはないだろう。

■関連記事
MBA流 上海ラーメン屋マーケティング 何故子供の遊び場になっているのか?
https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/details.php?bid=847

上海に日系ラーメン屋が続々登場 豫園の「麺向味来拉面体験館」に行ってみた
https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/details.php?bid=837
 

上海のアキバ化? にゃんこ先生の痛車発見 【中国の痛車】

秋葉原でもないのに、上海で良く痛車を見かける。ワンピースとかそんなやつ。
しかし、今回見かけたものは、にゃんこ先生。というか「夏目友人帳」。レア度が違う。

以前も中国でにゃんこ先生が人気だという記事を書いたことがあるが、ここまで大好きな中国人がいる事に驚いた。
全く中国というのは侮れない。いろいろな人が居る。

「おろか者じろじろ見るなよ!」と言われても、こんな派手な車、みんな見るよ普通。

にゃんこ先生カーをじろじろ見ていると、「天朝痛車連盟」なるサイトを発見! ここは中国の痛車の巣窟だった。
http://www.itasha.org/

 

中国でこの車が堂々と走っているわけだ。中々シュールな光景である。止まっていたにゃんこ先生カーも、いつの間にか居なくなっていたので普通に道を走行しているわけで。

これらの車が打ちこわしに合わないか心配である。

■130521 にゃんこ先生カー 前面写真追加

 

GREE中国 撤退

一応、ブログのほうにも書いておきます。儲からなかったんですね。わかります。

行った人によると、とてもキレイなオフィスだったというから羨ましいと思っていたのですが。

で全然関係ないけど、某日本のキャリアと某中国大手検索エンジンのアレとか健闘しているのかな? 風の便りは聞こえないけど。。。。。。。

http://tech.sina.com.cn/i/2013-05-14/13538338486.shtml

https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/details.php?bid=797

 

中国にて、韓国版「GALAXY S4」を購入してみた

日本での発売も予定されているらしい、韓国Samsung Electronicsの「GALAXY S4」。
グローバル版や中国版など仕様の異なるものがいくつか存在するのだが、その中でも韓国版は8コアCPU+LTEということで最も高スペックだ。
今回、この韓国版(SHV-E300L)をタオバオにて購入してみた。値段は4800元で高い。


左:ギャラクシーS4 右:初代ギャラクシーノート

Androidは4.2、フルHD画面、1.3Mピクセルカメラと、なかなか高機能である。更に裏蓋を外して電池やシムカードを交換できる。
特にsimを頻繁に変えるような海外組にとっては、iPhoneのように取り出しピンを必要とせず、簡単にsimの入れ替えができるこの原始的な方法が魅力的である。
そして、かなり軽いのも良い点だ。これに比べるとOPPO Find5はズッシリしている。

幾つかの新機能のうち、視線でスクロールをコントロールという機能は今一つで視線で動いたり動かなかったりする。あまり使えないのは確かだ。
万歩計機能は結構いい。

高スペックの筈なのに動きがメチャクチャ速いとも言えない。正直OPPO Find5の方が速い気もする。と思ったら大量のプレインストールアプリがあった。
OPPOにはほとんど入っていなかったので、これがノロさの原因かもしれない。


ベンチマークは高速だが。(Quadrant Standard 2.1.1)

さて、筆者が手に入れたのは韓国版なので当然ハングル文字がデフォルトで表示されていたが、言語設定に最初から日本語があるので一応日本語化することはできた。
一応と書いたのは、日本語の中に微妙にハングル文字が顔を出すからである。
つまり日本語化が不完全なわけで、いろいろといじくれば何とかなりそうだけど面倒なので試していない。
また、GALAXY S4をroot化するツールはすでに存在するが、これもまだ試していない。

円安の今となってはかなり高価な端末だ。その価格を払うほどの価値があるかと言われれば正直なところ微妙だ。
日本では、ドコモの戦略上、安くなるかもしれないが。

PCなんてどれでも一緒という波が、遂に携帯電話の世界にも来たなという感じがする。
フルHDということで、網膜にしてみれば認識できないレベルの上というムダな状況になっていて、当然のことながらいくら目で見たところでその違いは全くわからない。
CPUも高速とはいうけれど、数年前の機種、例えばGALAXY noteと比べても動きの違いはわからない。

フルHDディスプレイが端的な例だが、もはやユーザーが認知できるレベルの外でメーカー同士がバトルしているような状況だ。
となれば、差がわからないので、スマートフォンなんてどれでも一緒という話になる。

取りあえず、「GALAXY S4」を買えば普通のスマホと同じように使えます。スマホが必要で価格が合うなら買ってもいいと思います。数年前にあったようなスマホに対するワクワク感は薄らいでしまっていますので、つまらないですけど。

次の面白そうなガラクタは、やはりGoogleメガネか。

なぜ日本でVPNを利用した方が、日中間の通信が速くなる場合があるのか?

日本と中国でスカイプをやる時、ビデオチャットの画質が悪い事が多くないでしょうか?
中国側の問題が大きいのですが、どうも日本側のプロバイダによってもかなり画質が違うようです。

筆者の場合、安さに釣られてA社からBBエキサイトにプロバイダを変えてみたら、画質が大きく劣化してしまいました。
恐らく、BBエキサイトは、中国とのバックボーン回線がショボイのでしょう。
普通の人は中国との通信なんてどうでもいいですからね。そんなものに投資するなら少しでも安くするという姿勢なのでしょう。
それはそれで、いいやり方だと思います。

しかし、日中間でスカイプを良くやる筆者の場合はちょっと困りました。
そこで、試しに、中国で利用しているその手のVPNを日本で使ってみました。
といっても、中国に居る時と同じようにVPNのサーバにアクセスするだけです。何の設定変更もいりません。

すると、どうでしょう。
あれだけ乱れていた、スカイプのビデオチャットの画質が大幅に改善したではないですか! 素晴らしい。

何故改善したかといえば、目的が目的なだけに、当然その手のVPNは中国とのバックボーン回線が太いわけです。
で、VPNと日本のプロバイダの間の回線速度もそれなりにあるでしょうから、直でアクセスをかけるより大幅に高速なわけです。

スピードが遅い場合は、日本に居る時にも試しにVPNを使ってみてはいかがでしょうか?