中国移動 2014年中にはVoLTEの商用サービスを展開

6月26日から6月28日まで上海で開催された2013年アジアモバイル通信博覧会(Mobile Asia Expo 2013)にて、
チャイナ・モバイル(中国移動)のCEO李跃が「音声サービスはモバイル通信では重要な役割を果たしている。今後のLTEネットワークにおいても音声サービスは依然として最も重要な事業の一つであり、徐々に他の事業と融合し、より良い体験をユーザーに提供する」と述べた。
チャイナ・モバイルの目標は、2014年には全ネットワークでVoLTEの商用展開を完了することである。

チャイナ・モバイルは今年3-4四半期に大規模なVoLTEサービス試験を行い、2014年の第四四半期にはネットワーク全体でVoLTEの商用サービスを提供すると李跃が表明した。

VoLTE事業について、李越は以下のことを述べた。

1、LTEがインターネット通信のみだけであれば、果たす役割はごく限られる。音声の問題を解決しないと、IPの役割を本当に果たすことができない。

2、私たちは北米と韓国のキャリアのVoLTEでの経験を学び、チャイナ・モバイルのVoLTEの発展を推進している。

3、なぜVoLTEに移行する必要があるかといえば、CSに比べると、VoLTEは多くの利点があるからだ。
先ず、VoLTEは低コストであること、さらに回線数を増加させることができること、最後に高品質の音声通話を提供できること。

なお、この博覧会において、チャイナ・モバイルはVoLTE商用展開計画と技術白書を発表している。

日本でも定額通話とか、いろいろと話題が出ているVoLTE。
中国移動の社長が言うように韓国ではすでに提供されているようで、筆者の韓国版GalaxyS4にもVoLTEの項目があります。中国では動作しませんが。

さて、筆者はすでにVoLTEをやっているとも言えなくもない状態です。
ネットしか出来ないLTE上で、LINEやスカイプ、微信でもやればそれで、VoLTEじゃなのかと。"Voice over LTE"ですから。

つまり、電話会社のいうVoLTEは、現電話番号が使えるってことと通話品質が保証されていること、この2点が重要だけで、
あとは別に今でもできているわけで。
電話番号についても、番号が変わってもいいならいろいろと方法があるので、残るは通話品質をのみかもしれない。
そして、最後の頼みの通話品質も通信速度が向上すればどうにでもなるので、結局のところ、VoLTEなくてもいいよというオチになるかもしれない。

私はこれで十分です。
https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/details.php?bid=983

月980円でモバイルネット使いたい放題。さらに基本料ゼロで通話も可能な方法

国内の携帯料金。
定額ネット接続料などを含めると、例え、通話やネットを全くしなくても毎月5000円くらい課金されてしまいます。

実際、筆者のように、中国とか海外に居る時が多いと、全く使ってないのに高いよ! となるわけです。
そうは言っても、国内に居る時は携帯もモバイルネットも必需品なので中々契約を切れませんでした。
今回は、携帯電話でのネット定額+通話(従量制)という、毎月5000円の環境とほぼ同じものを、基本料等込み月980円で構築してみようという試みです。

まず、スマートフォンじゃないとこの試みはムリです。
しかも、Simフリーのスマホが必要になりますが、ドコモの携帯ならロックがかかっていても可能だと思います。
また、ある程度の性能を持つスマホが好ましいですが、現在販売されているモデルなら問題はないでしょう。

そうしたら、まず、Amazonに行き、「NTTコミュニケーションズ OCN モバイル エントリー d LTE 980 SIMパッケージ」を購入します。
http://www.amazon.co.jp/NTT%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%BA-%E3%83%A2%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%AB-%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC-%E6%A8%99%E6%BA%96SIM%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B8-T0003349/dp/B00C4Q2IXK/
このsimは一日30MBまではLTE/3Gで通信可能で、それを超えると200kbpsに制限されますが通信が途切れることはありません。
もちろん、翌日(0時以降)になればまた、30MBのLTE/3G通信が利用可能です。
つまり、月が30日だとして、最大900MBのLTE通信が可能となるわけです。
購入したら、説明に従って設定をしてください。

http://www.ocn.ne.jp/mobile/entry-d-lte980/setup/
接続方式(PDP-TYPE) IP接続
接続先(APN)
LTE端末用:lte-d.ocn.ne.jp
3G端末用:3g-d-2.ocn.ne.jp
※:ご利用端末の規格にあわせてどちらか一方の接続先名(APN)を設定してください。
認証ID お申し込み手続き完了後に表示される「認証ID」を入力
パスワード お申し込み手続き完了後に表示される「パスワード」を入力
認証方式 CHAP(推奨)/PAP

一日30Mで大丈夫かと思うかもしれませんが、意外と使わないものだし、なるべく重いファイルは無線LANを使うようにすれば問題は少ないと思います。
もちろん、動画等を大量に見る方には向きませんので、そういう方は黙って5000/月を払いましょう。

このSIMはデータ通信専用なので、電話番号はあるものの全く通話はできません。
しかし、電話の発信と着信もできないと携帯電話としては困りものです。スカイプやLINE等を使う方法もありますが普通の電話のほうがいろいろと使い勝手がいいわけです。

そこで、以下の「スマートフォンの通話料をトコトン安くする | FUSION IP-Phone SMART βサービス」というサービスに加入します。
http://www.fusioncom.co.jp/kojin/smart/
このIP電話サービスを利用すれば、基本料無料で050番号を保有できるので着信を受けることが出来ます。電話番号が無ければ着信を受けることができませんから。
もちろん、こちらから発信も可能で、着信履歴や、相手の着信履歴にもこちらの番号を表示することができます。通常の電話と同じ。
※通話料金は従量制です。

IP電話サービスに加入したら、以下の「CSipSimple」をスマホにインストールします。
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.csipsimple&hl=ja
これはIP電話を利用するためのアプリです。このアプリに「FUSION IP-Phone SMART」にて発行されたIDやパスワード、サーバ等を設定すれば通話が可能になります。

https://code.google.com/p/csipsimple/
アカウントを追加>Basicを選択
FUSION IP-Phone SMART MYページのユーザーアカウント情報を見て設定する。
https://smart.fusioncom.co.jp/sfkr/mypage/
ユーザ SIPアカウント
サーバ ドメイン
パスワード SIPアカウントパスワード

これで、月980円にて、ネット使い放題。電話も可能な環境ができました。
使ってないのに、月5000円も取るんじゃねえ! という悩みが、遂に解決したのです。

ちなみに、基本料ゼロのデータ通信SIMというサービスもあるのですが、従量制のためすぐに最大の課金金額である4000円弱に到達してしまいます。
したがって、月980円SIMのほうが有利だと判断をしました。

別に海外組じゃなくても国内組もこれでいいじゃないかと言う話は、電話会社にはナイショです。モバイル通信を本当にどれだけ使っているのかを見直してみるのも良いと思います。