画像の文字を入力させるサイト 最近は人間でも対応不可能な理由

最近はサイトで何かをするたびに、画像に書いてある読みにくい文字列を入力しろと言われます。
「captcha」というこの画像認証は、例えば、会員登録をする場合とか投稿をする場合とか、ネットを使っていればかなりの頻度で見かけるのではないでしょうか。

これは「人間」であることを確認する為のもので、自動プログラム「bot」が勝手に登録や投稿をするのを防止するためのものです。
「bot」が画像を読むのはテキストよりはるかに面倒なので「bot」除けになるわけです。

しかし、最近は「bot」の性能も向上し「OCR」技術を利用して画像を処理するタイプも出て来たので、「captcha」側も、画像の文字を変形させたり背景にノイズを入れたりして、これらの新型「bot」に対応しているわけです。

それにしても、最近の「captcha」は「bot」だけではなく人間にも判別が"ムリ"という文字列が増えているような。
筆者も認証まで2,3回間違えることが普通です。バリアフリー用に音声読み上げもあるようだが、英語なので母国語が英語じゃなければ使いにくい。

実は、最近の「captcha」の文字に判別不能なものが多いのには「bot」対策の他にも、全く別の理由があるのだという。
「Google」が行っている書籍電子化プロジェクト。全ての書籍を電子化するというこの壮大なプロジェクトはいろいろと議論を巻き起こしました。
http://www.nikkeibook.com/copyright_g.html

「bot」の性能向上に「OCR」技術が使われている事は先に述べましたが、この書籍電子化プロジェクトで利用する技術も「OCR」です。
「OCR」技術でも認識できない文字は「captcha」に向いているし、更にOCRで読めない部分を、サイトユーザーの人力(無料)を使って電子化できる! まさに一石二鳥だ! というところからこれらの文字列が登場するようになった見たいです。
しかし、「OCR」が読めない文字列を人間が読めるとは限らないわけで。
このタイプは、サイト側も答えを知らないので、適当に入力すれば良いのかもしれませんが、そんな事は分かりませんから、ついつい何だろう? と考えてしまいますよね。
「無料人間OCR」になっている瞬間です。尚、このタイプは2つ入力欄がある場合が多いようです。

それにしても、最近の「captcha」は「bot」だけでなく、人間の認識力すら凌駕してしまっている。
現時点でも人間には無理になりつつあるのだから、今後サイトを読むためには「OCR」技術を更に向上させるしかない。

中国製食品 わざわざ日本でも老干媽を買う

暫く日本に居ると、たまには激辛なブツを食べたくなる時がある。そんな時には「老干媽」(ラオガンマー)。数年前に日本で流行した「食べられるラー油」の唐辛子を100倍にして、花椒をタップリと突っ込んだ感じのこの食べ物。
ブラックな液体に沈む何かを一口食べただけで、中国の激辛と痺れがフラッシュバックする。
以前に池袋のニューチャイナタウン購入したことがあるのだが、池袋は遠い。

中国製の食品は恐らく近くのスーパーにも沢山売っているのに、中国ブランドの食品は全く売られていない。「食べられるラー油」はマズイので、是非「老干媽」を日本のスーパーでも売ってもらいたいところだ。
中国ではスーパーはおろかコンビニでも、日本のお菓子とかカップヌードルとか、出前一丁とかが普通に売られているのに、日本でうまい中国ブランド食品が手軽に買えないのは残念だ。
日本ブランドの食品は中国でも人気があるが、中国製食品の人気は日本ではからっきしなので、やむえない話だろうけど。

ネットで調べてみると電車で30分くらいの街に中国物産店があるので、池袋よりは近いそちらに行ってみることにした。
駅からそう遠くない場所にある寂れた商店街の一角にその店はあった。

店主はニーハオとまず言い、私が何も答えないと日本語で話しかけてきた。華字新聞が店の隅に大量に置いてある。上海でいえばウェンネバーとかコンシェルジェとかジャピオンとか、まあそんな感じ。
そして、棚には大量のラオガンマーが。そのなかでも一番花椒が効いていると思う「干煸肉丝油辣椒」を探すと大量に置いてあった。
これの舌の痺れる感じが何ともたまらないので、2瓶購入した。

後ろでは、うちみたいなところは大企業と違って何も補助とかないから! と威勢のいいけど、ちょっと変な日本語で、店主が市役所の役人かなにかと話をしていた。
客は居ないし、経営は大変なのかもしれないが、「老干媽」のようなうまい中国製食品の販売を続けてほしいものだ。
旨いものは中国だろうと、どこのだろうとうまい。

その帰りに、別の店でデリーカレーのレトルトパックを売っているのを見かけたのでそれも購入してしまった。「カシミールカレー」だ。こちらも容赦なく辛い。
そういえば、このカシミールカレーを中国の辛いモノ好きに食べさせたら、エライ辛いと言っていた。辛さの質が違うかもしれないが、筆者的にはどちらも旨いと思う。

中国がUFO開発? 中印国境で目撃多数

インドの報道によれば、この数か月間に中印国境にてインド軍部隊が100回以上もUFOを目撃しているという。

この"UFO”は中国側の地平線から上がってきて、3~5時間ぐらい飛んで、その後消えるような飛行ルートを辿るらしい。
また、その形は黄色いボールみたいだと言う。

インド側には、中国軍が開発した新型兵器ではないのかと見る向きもあるようだ。

また、ただの「孔明灯」(小さな熱気球。中国では節句の時に空に飛ばす)ではないかという見方もあるが、「孔明灯」だとすると数時間に及ぶ飛行時間は長すぎる。

中印国境を騒がす"UFO”の正体は今もって不明である。

中国でマイクロソフト「Office」が高くなりすぎ

元高なのに、いきなり価格が3.5倍以上パワーアップしたOffice。
2010が169元(2,710円)だったのに対し2013は何と599元@京東商城(10,000円)。土地神話に守られたバブルマンションの先を行く上昇率。
元高+3.5倍の値上げですから、マイクロソフトは2013に相当自信があるのかもしれません。

以前の記事で日本のOfficeは高すぎると書いたのだが、元高もあり、以前より価格差が是正されてきているようです。
でもまだ差があるので、日本のamazonで中国からの平行輸入品が販売されている。
しかも、この記事を書いた時点では、日本で買う方が京東より安い……。日本語もOKみたいですね。
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Daps&field-keywords=office+2013

中国の人よりOffice2013を安く使えるかもしれませんが、amazonのレビューを読むとあまり機能が良くないみたいなので2010を持っているなら、買わないのが賢明かもしれませんね。

マイクロソフトはネコが経営したほうがマシというレベルかも

昔の人はネコが顔を洗うのを見て、天気を予想したという。また小説でも犯人を当てることが出来るくらいなのだから、たぶん企業の経営もできそうだ。
今なら、マイクロソフトの経営者をネコに取り換えたら、もう少し良くなるのではないだろうか。
巨額の給料も払う必要もないし、トラでもミケでもいいからネコは実にお勧めできる経営者だと思う。

それにしても、最近のマイクロソフトの製品が、かなりズレているのは一体なぜだろう。
お金をドブに捨てたいが為に事業を選択しているとしかおもえない。これならばネコが適当に選択したほうが……

筆者は「Windows8」を使っているのだが、立ち上げる度にメトロなる画面が表示され、それからデスクトップに入る必要があるので使い勝手が悪い。
アプリもゴミのようなものばかりで、メトロ画面の存在意義は全くもって不明である。毎回素通りするだけでなく、作業中にボタンを押し間違えてメトロが立ち上がると腹立たしいくらいだ。
よくこんなモノに経営者がOKといったものである。運のいいネコならボツにしていただろう。

そういえば、日本で未発売だった時に、わざわざ中国で「WindowsRT」を買ったんだとワクワクしながら言っていた知り合いが、少し後に会うと、RT? ゴミだ! と断言していたのも印象深い。
現状のWindowsとの互換性がないWindowsRTは使えないと思うが、なぜこんな企画が通ったのだろうか。むしろネコが顔を洗う仕草をみて企画を選んだ方がマシなレベルだと言える。
ARM系CPUで、過去との互換性ありにしてくれないと全く意味が無いとしか言いようがない。

さらに、「WindowsPhone」っていうのを使っている人を見たことが無いし全く話題にもならないが、これも趣味でやっているようなレベルに見える。
わざわざiPhoneやAndroidを差し置いて購入する理由が一つもないのが、この携帯OSの唯一の特徴だろうか。

Googleに対抗して作った検索エンジン「bing」も鳴かず飛ばず。こちらも存在意義すら良くわからない状況で趣味の世界に突入中だ。

更に悪いことに、昔は圧倒的なシェアを誇っていたブラウザの分野でもIEはクロームに敗北しつつある。
筆者の気のせいかもしれないが、IEにGoogleToolBarをインストールした状態でGoogleを利用するとIEがメチャクチャ遅くなる時がある。仕方がないので、ToolBarをアンインストールしたのだが、その代わりにクロームを使うことが多くなった。IEよりGoogle検索を使いたいので。

と、こんな具合。

実際、もうMSに昔の権勢はないとGoogleやハードメーカに見抜かれているらしく、GoogleはIE用ToolBarを適当に作っているようだし、ASUSもRTなんかに関わっていられるかと言った感じでRTハードの製造からさっさと手を引くみたいです。
更には、Googleが作ってくれないのでMSが一生懸命に作ったWindowsPhone版YouTubeアプリも、公開したら昔のニコ動のように思い切りブロックされているようだ。

昔は「悪の帝国」とカッコいい二つ名があったのに……最近のMSがネコ以下の経営なんだから仕方がないのではないだろうか。
Google先生は、今後MS最大の防衛線であるOfficeを潰しにかかるだろう。筆者も最近はGoogleドライブのエクセルみたいなものを結構つかったりしているが、これはIEではダメでクロームじゃないとまともに動かない……。

もう時間がないのかもしれない。早く経営権をネコに委譲したほうがいい。
Googleのクラウドサービスにはない良さが、ローカル環境にはあるので。

グリーが赤字

中国から電撃撤退したグリーの本体が赤字に転落したそうだ。
やっぱりかなり厳しかったわけですね。

彼らも、中国のゲーム市場がとても厳しいものだと言うのは重々承知の上で、あえて進出したはず。
最初から日本で成功したビジネスモデルを中国では展開できないのは、テンセントの1ソフト提供者(まあ、これを業務提携というならそうでしょうけど、普通はサードパーティーという)になった最初の時点で分かり切っていたはずだし、ブレークイーブンですら、少なくても数年かかるのを十分理解の上で進出を決断したはずだ。
上場企業であるならば、数年間にわたるそれなりに綿密な計画を立てているのが普通だし、中国事業が何年もコストセンターになるのは想定内だったのではないだろうか。

それを慌てて閉鎖したということは、本体が失速という事態が発生していたということなのだろう。
設立2年未満で中国法人を閉じたのは、追加出資金の払い込み期日前に会社を閉鎖したという話なのかもしれない。
※中国法人は、会社設立時に全額の資本金を支払う必要はなく2年以内に支払えばいい。

それにしても、ビックデータでPDCAサイクルを高速回転させているとか、任天度の倒し方を知っているとか、そんなスゴイノウハウがあるのに、なぜ赤字なんだろう?
単に、任天堂の倒し方から産出されるゲームより「パズドラ」のほうが面白かったというそれだけなんだろうけど。

今後さらに普及して行くスマホの場合は一番美味しいプラットフォームビジネスはGoogleやAppleに取られてるし、GREEがガラケーに持つプラットホームは今後どんどん陳腐化してゆくので、今後は面白いゲームができるかどうかだけが勝負なんでしょう。
それでも、彼らが標榜していた世界戦略のためには、日本でしか通用しないプラットフォームビジネスより、面白いゲームを作る方がまさに正しい道なんでしょうね。
でも、面白いタイトルってなんなんだろう。あの釣りのゲーム? それがわからん。

日本の閉塞感より、中国の閉塞感大きいだろうと思うのだがバブルを満喫できるのは何故か

賃金の減少、非正規労働者増加、健康保険は大赤字、年金も崩壊寸前で閉塞感が漂う日本。
しかし、もし給料水準が今の3分の1以下で、しかも国際水準の医療費はそのままで保険もなく自費負担で、年金もろくに貰えないとしたら。
例えば医療費は、給料1/3で保険なしだから9倍の負担感ということになります。

中国の健康保険の性能は元々悪く、その上その地域でしか使えないので上海のマトモな病院に田舎の人が行くと全額自費負担になってしまう。
さらに、年金もロクに整備されていないので、老後の修羅場は日本の比ではない。
確か、親孝行法とかでお茶を濁していました。

これだけ閉塞感があるのにバブルになっている中国は凄いなと思っていると、これは単なる官製不動産バブルであるという。
http://thepage.jp/detail/20130812-00010001-wordleaf
こんな事は前から言われている話だし、実際、廃墟マニアが好みそうなガラクタ・ビルばかりだし、一般人はカネ持っていないし。

中国の財政はまだまだ健全だから、バブルが崩壊しても処理できるという話をよく聞くけど、日本のように福祉に支出してないのだから当たり前の話です。
福祉を削ったその金をバブル処理なんていうバカ騒ぎに使う余力があるのかといえば、誰も知らないわけで。
閉塞感なんてお構いなしの官製バブルだからバブルを満喫できただけで、本当は今でもすごい閉塞感のある場所かと。

バブル崩壊は地震と同じでいつ起こるかわからないし、政府がうまく危機をコントロールして軟着陸させるのかもしれない。
ただ人為的に小さな危機を潰せば潰すほど歪みが残され、より大きな危機が醸成されていくような気もします。

日本にとって中国経済の影響はそれ程大きくはないという話が日経にでていたので、本当なら日本にとってはありがたい話ですが。
http://www.nikkei.com/markets/kaigai/emerging.aspx?g=DGXNMSGM0902B_09082013000000
 

Android版 GoogleMapアプリの改悪

GooglePlayでのGoogleMapアプリの評価が星一つばかりになっています。
これほど酷評されている理由は、以前のバージョンで使えたマイマップ(マイプレイス)などの機能が使えなくなってしまった為です。
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.apps.maps&hl=ja

マイマップは自分で複数の位置情報を登録しておけるもので、旅行などではかなり便利な機能だと思うのですが、これが何の前触れもなくいきなり使えない状態になったので、使っている人にとっては衝撃です。
旅行に限らず、仕事で営業先などを登録したものが、前触れもなく使えなくなったので非常に困ったというレビューが、GooglePlayには数多く書かれていました。

GoogleReaderが削除されたという前例がありますし、マイマップを実装しないでリリースをしたということは、この機能をあまり重要視していないということで、いつ無くなっても不思議ではないのかもしれません。
Googleのブログをみると復活すると書いてあるのですが、既に一月以上過ぎている現在でも利用できないようです。

これは、クラウドの使い勝手の悪さを感じる出来事ではないでしょうか。
クラウドサービス自体が提供企業の気まぐれによって無くなると使えなくなってしまうのは、やはり問題で沢山登録した情報が水の泡です。

クラウドドライブに保存しているファイルとかを簡単にローカルに保存できるようにするクラウドバックアップソフトが必要な時代かもしれません。
が、独自形式のファイルも多いだろうし、そもそもそのサービスがあってのデータというものも多いだろうから、抜本的な対策はなかなか難しい状況ですね。

このクラウドの理不尽さ。できることはといえばアプリの評価を1にすることのみという。
それにしても本当にGoogleMapアプリの評価は「1」が多いな。
突然消えるこんなものより、紙の地図に鉛筆でしるし付けた方がマシですから。当然でしょう。

Google翻訳APIは有料だが、Microsoft Translatorは無料で使える

Google翻訳apiは有料化と共に終了した筆者の中国ニュース翻訳Twitter botであるが、マイクロソフト翻訳apiが無料だったので復活してみました。
一日に三回ほど呟きます。 https://twitter.com/houteng_cn 

8:30 13:05 20:05 です。

翻訳精度は……ですが、まあGoogle翻訳よりもマシであるという意見もあるようです。
五十歩百歩だと思いますが。

Microsoft Translator APIは、2,000,000文字/月までは無料とのことです。
それ以上は有料なんですが、200万文字ですからTwitterボットで使うくらいなら何ら問題ありませんね。
ちなみに、Googleは100万字でも20ドル/月 取られます。

■価格表
https://datamarket.azure.com/dataset/1899a118-d202-492c-aa16-ba21c33c06cb

■apiを使うための技術文書
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/dd576287.aspx

■PHPのサンプルコード
http://blogs.msdn.com/b/translation/p/phptranslator.aspx

■翻訳可能言語
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/hh456380.aspx

Android携帯 盗難・紛失の際には「Android device manager」

最近、Androidにはなかった端末を探す機能「「Android device manager」」が登場した。
iPhoneではお馴染みの機能だが、Androidでもやっと追いついたという感じである。

この機能を利用すると紛失や盗難などの場合に、遠隔からその存在位置を調べたり全データを削除することができるようになっている。
筆者も昔上海でスリにあい携帯を取られてしまったことがある。当時はまだスマホではなかったので、情報的損害は軽微だった。
しかし、エバーノートを初め、各種クラウドドライブを満載している今のスマホを紛失すると、情報的損害は結構大きいと思うので、非常に役に立つ機能だと思う。
また、呼び鈴を鳴らすこともできるので、家の中で携帯をどこに置いたかわからない場合にも有効だ。

この機能を使う場合に何かアプリを入れる必要はなく、Googleアカウントにログイン状態のPCでGooglePlayを開いて右上にある歯車ボタンから簡単に設定できる。
設定後、Android端末に権限の確認が入るので、端末側で必要な権限にチェックをつければOKとなる。

この様な形で地図と共に表示され、現在の場所や「着信音」ボタンや「端末データを消去」ボタンが表示される。
百度文庫の情報流出対策を取るよりも、さっさとこの機能を有効にする方がはるかに有効であることは間違いない。