百度文庫で日本企業の秘密がダダモレな話

今話題になっていますが、これは別に日本企業だけがターゲットというわけでもなくて、普通にどの企業でも顧客情報(企業にとってはまさに機密資料)アップしている事例などが見受けられます。

■過去記事:百度文庫で個人情報が曝され、1700人以上が営業攻勢で苦しむ
https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/details.php?bid=589

この記事にも有る通り、一般的に中国にある多くの企業では内部統制が適当なので、別に中国に進出している日本企業の内部統制が緩くても驚くにはあたりません。
普通に中国企業や欧米企業の秘密もダダモレになっているはずです。

自分の担当顧客は自分のモノという意識が営業マンにはあるだろうし、営業以外の職種でも自分がやった仕事の成果は自分のモノという意識があるのではなかろうか。
日本企業の場合は、日本人と中国人の給料に数倍の格差があることは皆知っているし、数倍の給料を貰う駐在の日本人が無能なら、ますますこの傾向が強まるものと思われます。

また、それなら内部統制を強力にヤレと言ったところで、日本のように人員もおらず、臨機応変に対応しなければならない中国ではかえって、その統制が商売の足枷になるのではないでしょうか。
人員が少ない状態で統制というある意味余計な仕事を押し付けられれば、駐在の人間もOKY=本社の人間ウルセーよ。
お前Oが来てKやってみろY! となりロクなことがありません。

百度に圧力をかけても別のところに流れるだけだろうし。あまり意味はなさそうです。

抜本的には、日本人の給料と中国人の給料を、同一労働同一賃金にするなどの対策をして、現地社員のモチベーションを上げないと解決は難しそうです。
誰もが認める駐在なら、給料水準に差があっても、それはいいのかもしれませんけど。
大したことないと思われた途端、給料に大きな差があるとモチベーションは地に落ちます。

内部統制強化の前に、優秀な人材をマネージャーとして送り込むことと、給料差を合理的な水準にするなどの対策が必要そうです。日本企業に限らず、どの企業でも。

中国の病院 治療費は地方より都会の方が安い

同じ治療をするとしても、地方の医院より都会の医院のほうが全ての面において優れているようだ。
症例数が多いので医師の腕が上がるし、施設も当然新しい。
さらに重要な点は、様々な医師の中から評判の良い医師を選べるのでハズレの可能性が少なくなる。

そして、地方の医院だと競争が無いためか、患者の無知に付け込んでいるためか、同じ治療でも都会価格の2倍くらい高く提示されたりする。
保険制度が日本のように整備されていない中国において、この差は大きすぎるといえるだろう。
給料水準が日本の1/3の中国で日本円でいえば100万円単位で違っていることもざらだ。
知識が無いとボッタクリにあうというこの状況。
中国で病気になったら絶対都会の病院で診察してもらったほうがよさそうです。
もちろん、外人向けの医院もあったりするので、海外旅行保険等に入っている人はそちらの方がより良いと思いますけど。

そういえば、中国で病院に行く場合には、かなりの大病院でもネットで診察の予約が取れたりします。
それも病院毎の予約サイトではなくて、ホテルの予約サイトみたいなものがあって、複数の医院、複数の医者の中から簡単に選択することが可能です。
紹介状とかもいりません。
とても便利な機能と言えるでしょう。

Galaxy s4が何故かトロくさい理由が発覚! それはベンチマーク・ダケ

以前に自腹購入したGalaxy s4が、ベンチマークの割にはなんか遅いという記事を書いたのだが、それはあくまで筆者の主観的なもので客観的なエビデンスはありませんでした。
単に中華製携帯「OPPO Find5」より、なんか遅いなという程度のことだったのです。
しかし、この携帯電話、Galaxy s4が実はベンチマークアプリだけに最適化されていたとしたらどうでしょうか?

つまり、ベンチマークアプリの時にだけ最大クロックモードで動作するが、一般のアプリの時にはクロック数の低い一般モードでしか動かない。
Galaxy s4が高速なのはベンチマークの時だけという、ドコモ・ダケもビックリのベンチ・ダケです。
普通に使っていても結構熱くなる携帯なので、最大クロックで動作していると問題が発生するのでしょうけど、それにしても姑息な手段としか言いようがありません。

すでに、Galaxy s4のソースコードを解析した人によれば、コードにはベンチマークアプリの名前が組み込まれて、それを基に特定のアプリが起動したときのみクロックが高くなることが判明しています。
ベンチをみてこれにした筆者も完全に騙されていたようです。

企業でいえば粉飾決算、オリンピックで言えばドーピング、ゲームで言えばチート……
Galaxy s4は「何故」かトロくさいのではなく、ちゃんと理由があってトロくさかったのです。

今後発売されるGalaxyシリーズがベンチマークで良い値を叩きだしたとしても、もはや誰も信じるものは居ないのではないかと思います。
もちろん筆者も騙されたクチですから、信じません。

■元ネタ
http://www.anandtech.com/show/7187/looking-at-cpugpu-benchmark-optimizations-galaxy-s-4

■サムスンの言い分
http://global.samsungtomorrow.com/?p=26314

■過去記事:何故かトロくさい「GALAXY S4」 自腹購入後、一週間使ってみてわかったこと
https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/details.php?bid=978

中国におけるクラウドソージング

最近話題のクラウドソージング。
誰でも参加でき、結果のみが評価されるというこの仕事。
日本でも東欧でも国はどこでもいいから、プログラムやコンテンツを一番早く安く作れるやつがエライというこの単純さ。
ここでは、ユニクロの社長が言っていた同一労働世界同一賃金が既に達成されているわけです。

こんなものがあると、この内部では先進国補正がされずにまったくなく同一の競争に曝されるのみならず、現在は先進国補正が効いている仕事にも影響を与えることになると思われます。
日本で給料が下がっているのは、単に世界的に見るとまだ高いから均衡に至るまで下がり続けているということなのかもしれません。

逆に中国はといえば、最近は人件費が高騰していると言われますが、実際はどうなのでしょうか。
元高に伴って、海外から見るともはや中国は安くはないという話もあります。

実は大卒就職内定率35%と日本の氷河期などと比べものにならない厳しい状況です
正社員になれた人の給料は高いのでしょうけど、ダメだった人もいきなり工場とか農業で就職するわけもなく都市に滞留し、ホワイトカラーの仕事を狙うわけです。
そんな沢山いるミスマッチな人々の吸収先として、中国のクラウドソージングがあったりします。
そして、供給過剰ですから、やはり中国内でもかなり安く仕事をしてくれます。
日本よりは未だ給与水準の低い中国でも、まだ安いということです。

つまり同じ仕事(オフィスワーク)を処理する場合に、

日本の正社員がやるより安く
日本の派遣社員がやるより安く
中国の正社員がやるより安く
日本のバイトがやるより安く
中国のバイト以下で

出来る可能性がかなり高いということになります。

中国のクラウドソージングサイトは「威客网站  Witkey site」と呼ばれていて「猪八戒」という中華風のネーミングのサイトが最大手。タオバオにも沢山クラウドワーカーが居ます。
このサイトを筆者も使ったことがありますが、便利です。もちろん仕事にはバラつきがありましたが。
これらの中国氷河期世代のクラウドソージング部隊が世界に出てゆくと、世界的にクラウドソージングの価格が下落するかもしれせん。

http://www.zhubajie.com/
米ドル支払可とある猪八戒

一部の高レベルなプロフェッショナルは、このプラットフォームが有ることによってより稼げるのでしょうけど、他の大多数は生き残るのが精いっぱいという状況に陥りかねません。
クラウドソージングが会社そのものの概念を変えてしまい、ブラック企業のほうがまだマシだったと、そんな旧型の会社を懐かしむ日が来かもしれませんね。

やっぱり普通に考えると、やっている大多数の人間はあまり儲かりそうもないんだけど、フリーランサーをうまくまとめてマネージメントする扇の要のような人物にはチャンスがあるかもしれないと思いました。
実際に中国のクラウドワーカーを100人くらいつかって一つのこと(投稿文章や写真、動画の判定といった単純なことではない)をやろうとしたら、結構マネージメントに創意工夫が必要だったので。

先進国補正にまだまだ期待したい我々としては、後は日本語の難しさに賭けたいところです。しかし、中国では英語の次に日本語やっている人が多いのでこのバリアーもどこまで頑張れるか。