中国が発展したのも崩壊しないのも中国人が勤勉だから。ギリシャに行ってわかった

ギリシャのアテネには、パルテノン神殿で有名なアクロポリスの城下町ともいえるブカラ地区というものがあります。
嘗て、ベネチア軍が神殿を大砲で攻撃した時に、その瓦礫が飛び散った地区という意味とのことですが、今ではアテネ随一の観光地で世界中から多くの人々が押し寄せてきています。
道沿いには観光客目当ての数多くのお土産屋が立ち並び、それなりに繁盛していました。

古代の遺跡や美しい風景があるために、黙っていても世界中から観光客が来てくれるというのは羨ましい限りで、なぜこんな国が経済危機の震源地になったんだろと思ったりしたのですが、
夜になると、その原因が少しだけわかりました。

この地区、夜にはライトアップされたアクロポリスが見えるということで、遅くまでかなりの数の観光客が往来しています。
しかし、午後6時頃から、辺りのお土産屋は次々と閉店してしまうのです。
言い方は悪いですけど、これだけ「カモ」が居るのにもう店を閉めるのかよ! と唖然とした瞬間でした。
経済危機だから、なんとか稼ごうとかそういう気合が全く感じられないわけで。それどころか、様々なところでストライキも良くあるとのことです。
こんな状況ですから、いくら観光資源を持っていても国が傾くのも仕方がないのかもしれません。逆に経済危機に動じないギリシャ人も大したものですが。

そして、そんな状況の所に勤勉な人が来たら、それは無双状態でしょう。
店は無くても露店で営業を行い、店があれば遅くまで開けておくのではないかと思います。
ギリシャは遠いですから、あまり中国商人を見かけることはありませんでしたが、露店などにその影を見ましたので実に商売熱心だなと感心したわけです。

しかし、勤勉さが彼の地の国民を上回ってしまった時に、当然、地元との軋轢が発生するわけで、
さらに言うと、中国は世界中に輸出をしているから、輸入先の国との勤勉さ競争は常に起こってくるわけで、負けた方は文句の一つも言いたくなるわけです。
そういえば、ロシアでは勤勉な中国人農民に地元民が不満を持っているという報道をみたことがあります。

中国に対する悪評の多くは、実は地元の人が中国人の勤勉さに対抗できないことが原因になっているとも考えられるのではないでしょうか。
つまり、軋轢や文句は、地元の人が勤勉さ競争に負けた証拠と言えるわけです。

日本で華僑の力があまり強くないのは、日本人も負けずに勤勉なので、なかなか入り込む余地が少ないということなのかもしれません。
とりあえず、勤勉な国民が多い国ほど発展するはずだから、中国が発展したのもきわめて当たり前のことだと、遠い旅先で思ったわけです。

BRICSの中でも資源ではなく人で戦っているのは、中国とインドですが、より幅広い国民がそれに参加していたのはやはり中国の方でしょう。
新興国の成長性に疑いが持たれる中、中国経済だけがなかなか失速しないのも、この勤勉さ故だと思います。

ただ、夜中や朝っぱらから工事やるのはやめてほしいです。勤勉すぎです。

海外に行く中国人のマナーは良い。むしろ……

ハロウィンで飲めや歌えのどんちゃん騒ぎを夜中の3時まで続けた下の階の米国人。
アジアでは彼らはまだまだ優越感をもっているのかもしれない。
オレ様がやっているんだから問題ないだろ感がスゲー漂っている。

まず、中国マンションの壁は紙のように薄い。
よって、あのどんちゃん騒ぎは少なくても上下3階、向こう2件にわたって響き渡っていただろうことは間違いがない。
それは彼らも十分知っている事だとおもう。

米国の田舎の家は広々としていて、一軒家だから問題はないのだろうけど、上海で一軒家などほとんどない。
争いを避けるために上海人はそれなりのルールを持って生活しているわけで、
これだけマンションでバカ騒ぎをしている中国の人を私は知らないし、そんな時は料理屋やKTVなんかに行くと思う。

でも、そんなのカンケーネーで、それを薄壁マンションでやる米国人。
なかなか見事な反社会ぶりで呆れた。

中国とは縁もゆかりもないハロウィンだから、周りの住人もなんで夜中に連中が騒いでいるか意味不明だったにちがいない。
住んでいる中国人達は普通に節度を持って暮らしているのだからなおさらだ。

よくよく考えてみると、中国人の場合は旅行者数が多いからマナーの悪い人も多いだけで、割合としてみれば他国と同じくらいなのではと思った。
EUに行ったときにも沢山の中国人観光客が居たが、道にタンを吐いている人とか怒鳴っている人とか、ホテルで騒いでいる人とかは、ほとんど居なかった。

中国人のマナーが悪いと外国から言われても、お前らの国から中国へ来ている連中のマナーをよく見てみろと、そのうち倍返しされそうだ。

GoogleのuProxyとかの話

単純な話、ブロックされているものを見ようとするなら、ブロックされていない場所のコンピュータに接続して代わりにアクセスをしてもらうしかありません。
しかし、何の目的もなく代理でアクセスをしてくれるサーバを作ってくれる人は少ないので、情報で払うかお金で払うかという形でのサービスがあります。
それなりに業者が存在しているので、この商売はちゃんと成り立っているようです。

ただ、ブロックされていない場所のコンピュータは特殊なものでなく、別に普通のPCでも構わないので、個人のPCを利用して同じようなサービスを提供しようという動きもあるようです。
個人のPCを代理サーバ化するというやり方は、常にIPが変動するので規制側もブロックしにくく、こういった用途には最適だという考えもあるのだと思います。
サーバ代もいらないし、なんかプログラム一つで世界を変えられるような感じもするし、腕の立つプログラマにとってはチャレンジしがいのある分野なのかもしれません。

個人のPCを代理サーバ化するものとしては、ソフトイーサのVPN Gate Clientや、Googleが最近発表したuProxyというものが存在するようです。
http://www.google.com/ideas/projects/uproxy/
uProxyはブラウザのプラグインになっていて、ブラウザに代理サーバを埋め込むというものらしいです。
Googleがこのようなソフトを出してくるのは興味深いのですが、他人のPCに頼らずに太っ腹にサーバを大量に提供というところまではいかないようです。

やはり筆者が思うのは、これは、サーバを建てる側のメリットが少なすぎるんじゃないのか? ということです。
もちろん、知り合いのためにサーバを立てるというのはあるかもしれませんが、全く知らない他人のために立てるメリットがほぼ無いという点が、結局使えないという烙印につながります。
GoogleもYoutubeにはサーバを大量に提供していますが、これには提供していませんので、この点はよく自覚しているのでしょう。

導入メリットが少ないとどうなるか? 当然このプラグインは普及しません。
数が少ないので、一部のサーバに利用者が集中して速度がでません。
知人がPCに導入してくれたとしても、個人のPCですから電源がいつでも入っているわけではないので、好きな時に使えません。

継続して安定的にそれなりの速度でこのネットワークを利用するためには数がないと難しいわけです。
知人のPCだけでは明らかに不足で、動いているPCを切り替えて使うとか負荷分散するとかやらないといけません。そのためには数がいるわけです。

じゃあ、どんどん普及して今後サーバが増えるのかといえば、
インストールするとネットの自由に貢献できるぞと言ったところで、メリットが少なく明らかにデメリットが大きすぎるので全く期待できません。
このサーバを通じて知らない人がアクセスして、なんか問題があった場合。例えば成りすましで掲示板に書き込んだとか。
いろいろ面倒なことが多すぎます。

技術的に、似たような仕組みで動いているファイル交換のP2Pやスカイプには、導入して常駐にしておく理由(メリット)がありますが、この場合は理念だけです。
やっぱり、きちんと商売としてやっているところのほうが、今後も使い勝手は良いのだと思います。

Googleが流れるデータを解析して、広告を表示するビジネスとかを導入したら、一気に発展しそうですが。

中国からGoogleにアクセスすると、よく人で無しと判断されてしまう

中国でGoogleを使うと、繋がらなかったり妙に遅かったりと、快適さは全くありません。
日本にいるときの快適なGoogleが懐かしいわけで、
仕方なしにVPNでも使って安定させようとすると、今度はGoogle側が繋げてくれません。

どうやら、ボットと勘違いされているようです。
Googleは利用者に対し常に人間かロボットかを判別するチューリング・テスト的なものを行っており、どうもVPNから来た人に対してロボット判定をする場合があるようです。


んで、こんな画面がでて、お前は人ではなく自動クエリーロボットだろ! と怒られ、
まさに金盾に勝るとも劣らぬ勢いで、利用者の検索をはじき返してくれるわけです。
しかも、これが出ると、その後はしばらくGoogleで検索できません。

中国の利用者はこのようにGoogleからものけ者にされているわけですが、Google側も、もし完全に人間とボットを区別できるのならそうしているはずです。
Googleの技術を持ってしても、検索クエリーだけで人間とボットを判別することは容易ではないのでしょう。
まあ、そんなものができるくらいなら、人間が書いたサイトなのか、それともSEO用の自動生成サイトなのか、もう少しちゃんと見抜いて順位をつけるはずです。
これが、自動化技術の権化であるGoogleの限界なのでしょう。

とりあえず、Googleは面倒なので、同じGoogleのエンジンを使っている「Yahoo Japan」で代用しています。
こちらは、人間だロボットだと、いちいち面倒なことは言わないので、なかなか便利です。

ちなみに、同じPCでも日本では問題ないので、ウイルス感染で自動クエリというわけではありません。

土豪=成金 中国の流行ワード。金色のiPhone5sが大人気

中国では金色iPhone5sが大人気だという。

金色+最新型+アップルブランドと中国人の物欲を刺激する要素満載で、通常6000元のところ品不足で1万元の値がついているという。

しかし、口の悪いインテリ層は、あれは土豪携帯だと陰口をたたいている。

土豪というのは、中国で最近流行の言葉で成金という意味。今年9月9日の「Weiboにおける友達になろうイベント」が発祥だという。 


「成金さん、お友達になろうよ。 放せ!」という画像

その言葉がiPhone5sゴールドの発売により一気にブレイクし、あんな金色のiPhone5sを買う奴は土豪に違いないということになり、金色iPhone5sには「土豪金」の称号が送られている。

土豪金iPhoneの利点は、以前はこの色がなかったので、誰にでも最新型であることをアピールできること。

まさに、面子と見栄を最大限に考慮する土豪のツボにはまった、妙なヒット商品というわけである。

インテリに陰口をたたかれても気にしないのも土豪のすごいところで、そんなの気にしていたら中国では金持ちにはなれないのだろう。売れ行きが衰えるようすはないようだ。

華僑ビジネス? EUでも見かけた中国露店のノウハウと商品

上海の南京東路を歩いていると、ボール(主にブタ形)のようなものを地面に投げつけるとペタって潰れたあと徐々に元の形に復元するオモチャが売られているのを見かけます。
露店でも実演をみると、よくあそこまで潰れて復元するものだと、少し印象に残ります。
http://item.taobao.com/item.htm?spm=a230r.1.14.65.AVpg90&id=19132327831

これは中国の観光地ではおなじみの光景で、特に珍しくはないのですが、ギリシャやイタリアでもこれとまったく同じ光景が繰り広げられておりました。
世界に広がる中国露店ネットワークというわけですが、ターゲットは増加する中国人観光客ではなく、現地人や欧米からの旅行者のようです。
中国で数元で買えるものを2ユーロで販売しているので、売り子は誰も「ニーハオ」と声をかけてくることはありませんし中国人は誰も立ち止まりません。

世界的な露天商といえば、ユダヤ人旅行者のアクセサリー露店がありますが、この中国由来の玩具を売っている露天商は中国人ではなかったです。
ロマ人? などが販売しているので、中国側は販売を彼らに外注しているように見受けられます。
中国人はビザの問題でヨーロッパに入りにくいので、小売部分は外注せざる得なかったということなのかもしれません。

しかし、その手法はまさしく中国のそれで、完全にノウハウが引き継がれている様子が見受けられます。
まず、観光地の地べたに胡坐をかいて座り、下にシートを引いてそこにこのオモチャを叩きつけて実演するというものです。
この実演販売をするのが販売のコツなのでしょう。EUだからといって店舗に卸して売るということもしていません。
ギリシャの島々は、何度もこの露店を何度も見かけたので、ますます海南島感が強まりました。
もちろん、イタリアでもたくさん見かけました。

それにしても、筆者の場合、このオモチャを見ても変わった物だと思うものの何も思い浮かばなかったですが、
中国発のこの商売を経済危機で困窮する現地人に教えて、商品を流して大儲けしている商才のある中国人も間違いなく存在するわけです。

ヨーロッパ以外の北米や南米なんかでも、やっているのだろうか?
もしそうなら、この露天商ビジネスモデルは、グル―ポンのように世界同時展開しているのだから大したものです。

ちなみに、このオモチャの名称は「发泄球=ストレス発散球」というそうです。

ギリシャエーゲ海の島々が中国の海南島化。20m歩く度に中国語

中国人の海外旅行といえば、少し前までは日本や韓国などの近場に団体で来て、大量の物を購入して帰るというイメージがありました。
しかし、元高や中国経済の拡大によって、この状況が変わりつつあるようです。


中国人に大人気 サントリーニ島の教会。写真を撮影しているバックには、もちろん中国語が聞こえる。

経済破たん後のギリシャは、何か暗い雰囲気があるのかと思いきや、妙に明るく、経済危機だとかそんな雰囲気はあまり感じられません。
店などは、さっさと定時に閉めてしまうので、観光客がまだ沢山いるのでもったいないと思うが、経済危機だからっていちいちやる気にならないのがギリシャ流なのかもしれませんね。
経済危機の爪痕はグローバル経済に抗議すると書かれている落書きぐらいで、あれだけ問題になったのに、余裕をかましていられる理由は一体何なんでしょうか?
これがもし日本なら、閉塞感がどうのとか結構暗い雰囲気になっていることはほぼ間違いありません。

東洋人と見ると、ギリシャの店員さんなら、ほぼ100%「ニーハオ!」と話しかけてきます。
経済危機ぐらいではやる気にならなくても、中国人の多さにはさすがのギリシャ人もやる気になってくるようです。
なにしろ、ギリシャの観光地では20m歩くと中国語が聞こえてくる状況ともなれば当然でしょう。購買力の高い中国人観光客が大量にいるわけですから。
中国語の看板もあちらこちらで見かけ、またレストラン等では中国語版のメニューがあり、ギリシャ人の店員も「ジーロウ」とか「ニュウロウ」とか言っているので何かと思ったら中国語。
これでは、ギリシャエーゲ海に来ているはずなのに、まるで海南島にでも来ている気分になってきます。

ギリシャのブランド品「Folli Follie」等を大人買いする姿も見られ、当地にかなりのお金を落としていることも見て取れます。
上海の新世界デパートに「Folli Follie」の店がありましたので、中国ではかなり人気なのでしょう。
これだけの存在感を見せつける中国人観光客達が、ギリシャの経済危機の緩和し、したがって当地ではあまり危機感が感じられないといった状況になっているわけです。
一時期、経済危機で100円割れまで行ったユーロが130円越えしているのには、ちゃんと理由があるようです。

本当かどうかはわかりませんがギリシャは中国人にとって比較的ビザが取りやすい国という噂があり、ヨーロッパへのゲートウェイとして人気があるようです。
EUに加盟しているギリシャのビザ(シェンゲンビザ)さえ取れてしまえば、ギリシャ経由でイタリアでもフランスでも好きな国に行くことができるからです。
http://http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%B3%E5%9C%8F
世界最強クラスのパスポートを持つ日本人には実感できない部分ですが、ビザの問題は中国人にとっては大きな問題です。
それが、1つ取得すれば30ヵ国近くの入国が一度にOKになるというのはすごいメリットではないでしょうか。
一方、近いとはいえ、日本は1ヵ国でビザが必要な上、手続きも煩雑なため面倒です。
2国間関係の悪化の問題もあるかもしれませんが、中国人観光客の減少は決してそれだけが理由ではないでしょう。
単に他国に比べて競争力がないだけで、もし日本側が商売として観光客を増やすなら、更なるテコ入れが必要であろうことは容易にわかります。

そして、ヨーロッパを旅行する中国人観光客が、ほとんど個人旅行者であるといった点もこれまでとは違うイメージでした。
日本だと、秋葉原あたりに中国人観光客の団体が沢山くるというイメージがあったのですが、ヨーロッパの観光地ではそうではありません。
当地では日本人の団体旅行客を結構見かけましたが、中国人の団体旅行客はほとんど見かけません。
中国人は日本人より英語が得意な人が多いので海外旅行へ行ける階層なら言葉は問題ないのかもしれないし、また、ビザの問題さえなければ中国人はわざわざ団体旅行なんかしたくはないのかもしれません。
そういえば、本屋ではロンリープラネットの中国語版が人気のようです。
つまり、ビザの問題があったために中国人といえば団体というイメージがあっただけで、個人旅行の増加は、経済力の拡大に伴い、本当にしたい旅行をしているということかもしれません。
ギリシャは個人旅行のビザも比較的出やすいということです。

ヨーロッパにこれだけ中国人観光客が増えれば、彼らを相手に商売をしようという中国人も居ます。
レストランやホテルは勿論、ギリシャでは結婚写真撮影の商売が数多く行われていて、エーゲ海の島々では中国のカップルが結婚写真を撮る姿を何度も見かけました。
撮影代が数万元のものもあり、商売として成立しているようです。
ただし、まだまだサービスがプリミティブな感じで、日本の撮影会社や旅行会社がより洗練された撮影サービスを彼らに提供すればビジネスチャンスがあるかもしれないと感じました。
もしかしたら、中国本土で中国人を相手に商売をやるより、競争相手が少ない海外の第三国で海外旅行できる中国人(富裕層)相手にこのような商売をするほうがやりやすいかもしれません。
日本人が円安で来なくなって困ったという旅行会社も、いろいろとやりようはありそうです。

EUにちょっと行ってみると、中国人観光客の多さに圧倒され、彼らが世界を揺るがしたギリシャ経済危機に大きな影響を与えていることがすぐにわかるわけです。
グローバル経済に抗議する落書きがあると書きましたが、結局その経済を救ったのは、落書きを書いている人間ではなく中国という他国の観光客=グローバル経済だったようです。

距離的に近くに住んでいる人がグローバル化反対と唱えていても、自分が最も儲かる仕事を近くの人が与えてくれているかどうか考える必要がありそうです。
もしかしたら、すごい遠いところの人かもしれません。ギリシャの島々は遠いところにいる顧客に適応するように、中国語の看板、話しかけてくる言葉、結婚撮影と海南島化しつつあるようです。
彼らの顧客は近くで落書きを書いている人々ではないからなのでしょう。