中国携帯の謎 家電製品の価格が速攻で下落する理由

中国人の持つ携帯電話についてずっと謎だったことがある。
なんで日本より給料が安いのに、みんな良い携帯を持っているのか? ってこと。
さらに、日本以上にスマホ化が進んでいる。

中国人は面子を重視するので、新しい携帯を持っていれば見栄を張れるということもあるのだろう。
実際に金色のiPhoneが人気になっているなんて話もある。

しかし、多くの人々は単に携帯の費用対効果が高いから購入しているだけなのだと思う。
いくら中国でも、メンツだけでこれほど多くの階層、年齢の人々が高額な携帯電話を購入するとは考えにくいからだ。

地下鉄車内では半分近くの人々が携帯をみているが、やっていることはと言えば、微信やQQといったコミュニケーション系アプリ、ゲーム、動画、音楽、電子ブックなど。
そして、中国ではコンテンツは無料なので、動画、ゲーム、音楽はほぼ無料ということになる。

中国で携帯を購入するということは、無料ゲーム、無料音楽聞き放題、無料動画見放題、無料電子ブック読み放題等、
ユーザーにとって、ひたすらうれしい機能が付いたスーパー端末を購入することであり、
日本で、何をするにも金がかかる有料課金端末を購入するのとは、全く意味合いが異なっているわけである。
給料が安くても高性能な携帯を購入することは、中国ではきわめて合理的な判断だということになる。
※PCも携帯と同じように中国では費用対効果が高い。デジタル家電系も同様。

しかも、庶民が支持すれば、中国は巨大マーケットなので豊富な需要があり、N倍化による圧倒的な価格低減力により、あっという間に安くなるのである。

そして、今の家電は昔のようにテレビはテレビの部品とか、ウォークマン用の部品とかは必要ではなく、中身はみんな一緒。
例えば、今のテレビは単に携帯電話の画面を大きくしたものに過ぎない。少なくても中国のメーカーは間違いなくそういう認識だとおもう。携帯が安くなればテレビもウォークマン、タブレット、パソコンも安くなるという寸法である。

中国のこの価格低減化メカニズムに入り込んでしまったデジタル製品の商品寿命はますます短くなり、価格はすぐ1/10に下落する。
そして、商品開発サイクルは恐ろしいスピードで回転を続けるのである。

その果てに、低価格で高性能な製品が世にあふれ、必要以上の性能を提示しても売れず、さらに安くなるという状況に。

パクり中国? パクりの方がビジネス環境に適応しているぞ

iPodはmp3を容認し、ソニーのウォークマンはそれを拒んだ。
Youtubeには無許可コンテンツが大量に流れ、Winny作者は逮捕される。
日本は著作権について変なところが煩いが、アメリカは上手く解釈し、中国は無視する。

アップル、Youtube、アメリカ、中国は成功し、日本は失われた20年が継続中。未だにオリンピックで「4kテレビ」だなんて言っている。
発想が昭和30年代かと。

ぶっちゃけ、アップルが成功したのはmp3のおかげ。ジョブス関係ないから。
動画サイトが盛況なのも、無許可コンテンツでも言われなけりゃ消さなくてもいいという例の法律のおかげ。

極論すると、パクリは正義ということになる。
言い方を変えると、人様が作ったものを大量に集めて整理して最も効率よく提供するところが勝つ! というのが最近の企業経営の本質なのかもしれない。

ハード単体で勝負する日本企業の旗色が悪いのも、
どんなにハードが優れていてもソフトなけりゃただの箱だから、洗練されたコンテンツ検索システムの前には歯が立たず、
各個撃破されているだけという話なのだろう。

とするならば、世界中のアイディアやコンテンツを整理して提供する技術に関しては、中国は超先進国といえるのかもしれないと思った。

よく、中国を茶化す言葉として「所詮パクリだから~」などと言われることがあるが、当たり前の話だが、パクリ=考えていない ではない。
それは、動画サイトに未許可コンテンツが多いからといって、動画サイトの人が何も考えていない訳ではないのと同じだ。
逆にコンテンツ提供側の都合を無視して、ユーザーの方だけ向いて色々と制作できる利点もあり、実際、世界で成功している企業はそういう会社が多いように思える。

とすると、コンテンツが湯水のようにあるが故に、ひたすらユーザーの方を向いてサービスを作れるのは中国の強みなのかもしれない。

日本は昭和30年代の発想だが、中国ではテレビをAndroidテレビに変える小箱が大きく普及している。
この箱一つで、中国全地域のテレビの視聴、VOD、ゲーム、カラオケ、インターネット等が可能と、昔のゲーム機が目指していたホームサーバ的なものだ。
ハードの価格はわずか299元と4700円くらい。コンテンツは中国なので湯水のように存在している。

もちろん、GPSで場所を確認してわざわざ地域割りでネットラジオ流すような日本の放送局(大丈夫か?)には絶対できるはずもなく、
4KTVと中国版AndroidTVなら間違いなく後者に魅力があるわけで。

日本の放送局とセットの4kというコンテンツに全く魅力がないのはどうしたことか。オワコン状態だ。
放送局にもTVハードにも全く魅力がないし、面白くもない。

中国のこのコンテンツに対する配慮のなさが、実はネット時代の現代ビジネス環境にはメチャクチャ適応しているんじゃないのかと。

小米携帯みて、携帯はもうこれでいいや的な感想

ノートパソコンといえば最初の頃はすごく高額商品で、凄い商品だ! という感覚があったものでした。
しかし、今となっては、どのメーカの製品を購入してもそこそこ動くので、普通に使う分には「もうどれでもいいや」という状況です。

同じ価格帯の製品でも時間とともに徐々に性能が向上していくし、必要な機能がその向上範囲にすっぽり収まってしまうなら、次も同じぐらいのものを買えばいいし、
価格に比べて性能が大幅に向上していれば、次はもっと安い製品でも間に合う。
ノートパソコンで今以上に金をかけてもやりたいことがない今、性能の向上にしたがって価格が下がるのも当然ということになります。

そして、携帯電話もいよいよそんな時代に突入しつつあるのだと思います。
もう、別にアップルじゃなくてもいいし、サムスンでなくてもいい。
確かに最初のころのiPhoneはガラケーに比べて先進的だったので高くても買う価値があったし、
サムスンの携帯もスピードが速く良かったのでしょう。

しかし今では、動画、ネット、写真、ゲームと普通にこなせるし、どれでも電池以外はあまり不満はない。
少し前に、サムスンの携帯がベンチマークに最適化されていたという問題が話題となっていた。
もし、人間にはわからないからいいだろうという事で偽装したとしたら、その性能には一体何の意味があるんですかという話になってくる。

人間がよくわからないと言えば、フルHDディスプレイを携帯に搭載しても利用者には違いが判りません。
実は、中国の携帯ブランド小米携帯にもフルHDディスプレイタイプがあります。これが1999元~2499元で売られていたりします。
1.5GHzの4コアでHDディスプレイじゃないものは、799元です。

アップル、サムスンを初め世界中のあらゆる携帯が流入しているこの中国で、品質と価格の絶妙なバランスで支持者を増やす小米の価格はこんな感じです。
この小米携帯を誰が使ってもさほど不満は出ないレベルだと思いますので、
今後の携帯の価格って、ハイスペック版:2000元=32,000円、一般版:800元=13,000円ぐらいが基準になるのではないでしょうか。
この価格の携帯でも、代替わりするごとに性能は上がってゆくので、今後はノートパソコンと同じような状況に陥るものと思われます。

今どんなに成功していても、ハードだけのメーカは今後ますます厳しくなるものと思われます。
逆に、もともと存在感のない日本勢への打撃は意外と小さいのかもしれませんね。