前から書いておりますが、中国製のソフトは怪しいので入れないのが吉です

日本で百度IMEが話題となっているようです。筆者的には仕組みからしてクラウドIMEなんて入れる気にはなれないのですが。
別に今回のソフトじゃなくても、中国製のソフトの裏はむちゃくちゃ怪しいわけで。

え、あんなところのソフトでも、こんなモノが入っているのか! と何度も驚いたことがあります。
ということで、仕事やネットバンクで使うPCや携帯に入れるのは厳禁かと。

どのくらい怪しいんだといえば、
中国製のウィルス対策ソフト(大体無料のことが多い)は、他のウィルスやライバル社のソフトなら見事に退治しますが、情報ダダモレウィルスたる自分自身は無罪放免。
こんな感じです。

じゃあ消せばいい! と思うかもしれませんが、一端入れてしまうとアンインストールしても、完全には削除されず勝手に動いていることが多分にあります。
いろいろとやれば消せるかもしれませんが、かなり面倒なので最初から入れないことが肝心です。

周りを見回しても中国のソフトなんて使ってねえ! という会社や役所も、在中国の出先機関や現地法人ではどうでしょうか?
役所の機密情報がダタモレとか、普通にありそう。

中国でもよく話題になっているので、ソフト会社のこういった部分には中国のユーザーも辟易しているようです。

でも、オモロイソフトが多いので、どうしても使ってみたい場合は、重要情報のないPCに入れるとかバーチャルマシンを使うとか分離した方がいいです。
いつも同じ結論ですけど。

多言語対応 個人用サーチエンジンアプリ 中国語可【フリー】

このアプリは、リンクを次々とだどってWEBサイトを自動的に閲覧して情報を収集するサーチエンジンプログラム兼ブラウザです。
任意のキーワードを指定した上で、WEB上にあるPDF文書や画像・動画ファイル(拡張子の任意指定可)などを収集できます。


キーワード「中国経済」で収集

Windows 8/7/Vista/XP/2000で動作します。
本バージョンでは、文字化けが減りました。

■フリーソフト(無料です) ダウンロードはこちらから
https://chinese-homepage.com/mysoft/ebotPse.zip
圧縮ファイルになっていますので解凍後、ebotPse.exeが実行ファイルとなっています。
ブラウザソフトListbrowser.exeも同梱されております。

多言語のテキストファイルを結合するアプリ。中国語も可【フリー】

テキストファイルを結合するアプリは結構あるものの、ファイル名が中国語だったりするとエラーが出たり、内容が日本語じゃないと動かなかったり、ランタイムが必要だったりと、どれも作者の用途には合わなかったので、取りあえず、中国語等でも問題ないように作成しましたので公開します。

使い方は簡単で、結合するテキストファイルがあるフォルダにこのソフトを置き、結合ボタンを押すだけです。

特徴
・文字コードは自動判定します。
・中国語と日本語、あるいは他の言語の文章を混ぜて、一度に結合することも可能です。
・ファイル名が日本語以外でもエラーが出ません。
・テキストなら拡張子は問わず。
・テキスト以外でも一応結合できるが、あまり意味はないでしょう。
 

無料ダウンロードはこちらから。
https://chinese-homepage.com/mysoft/mtxtjoin.zip

 

中国の行政区画コード(行政区画代碼)を住所から自動的に付与するアプリ【フリー】

中国の行政区画コード(行政区画代碼)を住所から自動的に付与するプログラムを開発したので公開します。

中国の行政区画コードとは、例えば北京なら11とか上海なら31とか当局が付与した番号です。
省だけなら、こんな感じです。

CODE 省名称
11 北京市
12 天津市
13 河北省
14 山西省
15 内蒙古自治区
21 辽宁省
22 吉林省
23 黑龙江省
31 上海市
32 江苏省
33 浙江省
34 安徽省
35 福建省
36 江西省
37 山东省
41 河南省
42 湖北省
43 湖南省
44 广东省
45 广西壮族自治区
46 海南省
50 重庆市
51 四川省
52 贵州省
53 云南省
54 西藏自治区
61 陕西省
62 甘肃省
63 青海省
64 宁夏回族自治区
65 新疆维吾尔自治区

実際は省の下級行政区画にもコードがありますので、たくさんあります。
それを、いちいち変換するのが面倒なので、専用のアプリをつくりました。

例:
[兰州市七里河区瓜州路111号]これを入力すると、
[620100 甘肃 兰州市  兰州市七里河区瓜州路111号]
このように変換される。
また、複数行の一括置き換えも可能です。

中国の住所データの整形等に活用できると思います。

無料ダウンロードはこちらから。
https://chinese-homepage.com/mysoft/ChinaAddress.zip

 

NHKがTVがなくても全世帯から金取る? コイツらCCTVより競争したくないだろ

理由はネットでも放送するから。
もうNHKはネットで放送しなくていいよ。テレビのみでいつまでもやっていればよいし、いっそのこと国営放送にして国会中継とニュース、天気だけ流していればいい。

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/nhk/?id=6099294

テレビがあろうが無かろうが、見てようが見ていなかろうが、全ての世帯から金を取るということを選択した時点で、何も努力してもしなくても良いということになる。
番組が、金を払った人々の役に立とうが無意味な番組だろうが区別がなく自動的に金が入ってくるという、超ぬるま湯放送局というわけである。

国営放送といえば中国のCCTVではどんどんCMが流れている(=面白い番組作ってCMを獲得すれば売上が上がるということ)し、そもそもテレビ局の数がものすごく多いので競争も激しい。
CCTVは、今のNHKと比べてもかなり競争に曝されているのではないかと思う。

中国の国営放送でも競争に曝されているのに、日本のNHKときたら。
むしろ、NHKのような大きな組織が率先して競争を選択して自らの有能さを示すべきだろう。

ドワンゴ入社試験有料化は、中国社長のアイディアと同じ

ドワンゴの入社試験有料化が話題となっている。
しかし、中国にはそれを早くから実践し、創業資金まで捻出してしまった凄腕・剛腕の経営者がいる。
春秋航空社長「王正華」その人である。

彼は創業の時にどのように資金を集めるか考え、入社試験に課金することにしたのだという。
こうすれば、創業資金を集めると同時に、冷やかしではない優秀な人材を集めることができると思い立ったようだ。

「求職者からエントリー料として一元を徴収することにしました。新聞に求人広告を出すと、二日間で1600名余りの応募があり、1600元が集まった。次に、30名を社員として選抜し、彼らにトレーニングを行いました。この訓練費用がひとり40元で、合計3000元の資金が集まりました」この僅か3000元を元手に誕生した旅行社が春秋国旅である。

引用元
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2006&d=1023&f=column_1023_005.shtml

つまり、ドワンゴと同じことを30年も前に実践している経営者が中国にはいるということである。
パクリ中国と侮るなかれ、実にアイディアに溢れた面白い経営者も非常に多い。

今回ドワンゴは、やっと彼のアイディアに追いついたけど、さて今後追随する日本の企業は現れるか?
合理性と頭の柔らかさが試されてる。

なお、現代の中国はすでにその先を行っていて、コネ以外で良い企業に入るためには数か月無料奉仕をして自分が使える人間であることを自ら証明する必要がある。試験有料化なんてレベルじゃありません。

たしかに、ちょっと試験をしただけでは使える人間かの判断は難しいから、極めて合理的なやり方と言っていい。

中国で、コネ以外で入ってくる連中の能力の高さは、ある意味恐ろしいレベルに達しているのかも。
日本企業の平和がいつまで続くのだろうか。