日本の冷凍食品工場の待遇が2007年の中国と同等?

最近発生した農薬入り冷凍食品事件。そういえば、昔、同じような農薬混入事件として中国製の毒入り餃子事件というものがありました。
中国側の報道によればこの事件の犯人(臨時雇い)の動機は「賃金待遇や同僚従業員に対して不満を抱き、その腹いせにギョーザに毒物(農薬)を混入させた」らしいです。
しかし理由がどうであれ、日本国内では中国製食品への懸念が一気に高まり、対中感情が悪化するきっかけとなる事件の一つでした。

今回は中国製ではなく日本製ですが、最近逮捕された被疑者の犯行動機もまた待遇への不満ではないかと報道されています。
49歳のこの被疑者は8年勤めても派遣社員のままで、手取りで僅か12万円程度。
これは中国元でいえば7000元程度になります。中国なら3000~4000元が平均的な賃金でしょうから、まだまだ日本の方が高い状況です。

では、なぜ中国では2007年に起こり、日本では今起こったのでしょうか。

賃金が上昇傾向にある中国とは異なり、日本では賃金が年々下落傾向にあって、被疑者の給料も以前より下落していたということです。
将来上がる可能性が高い給料と将来下がる可能性が高い給料では満足度も大きく違うと思いますので、今回の被疑者の給料の実質的な価値は、毒餃子事件が発生した2007年の中国レベルということなのかもしれません。
そもそも物価が違いますし、中国の工場なら勝手に施設を使って生産して横流しできるので副収入も期待できる状況です。中国のC2C販売サイトのタオバオを見れば、横流し品と思われますものが大量に売られていて、労働に対する賃金が見合わなければ無理やりにでも補てんするという発想なのでしょう。
ということで、工員の実質的な給与はすでに日中で逆転しているのかもしれません。その逆転は2007年ではなく最近起こり、この事件もまた最近起こったと言うことなのでしょう。

雇用安定性、同一労働の他者との賃金差、物価水準、賃金上昇率、現在の手取り賃金などのパラメータから算出される給料の実質的価値がある一定水準を割り込むと、閾値の低い(キレやすい)不満分子がこういった事件を起こす確率が大きく高まるのではないでしょうか。

日本製だから安心とか中国製だから危ないというのではなく、どこの国製であれ、低コストで生産された食品はそれなりのリスクが織り込み済で、低価格でモノを買う人はボロ株を買うのと同じで、そのリスクを取っているということを自らが良く認識するべきなのだと思います。

「こんにちは」が「ニーハオ」になってしまった

すこし昔の15年前。恐らくは多くの店で「こんにちは」と声をかけていたのに違いなかった。
しかし、今は「ニーハオ」一色。
日本人だろうが、中国人だろうが、東洋人と見れば「ニーハオ」と声をかけられる。
どうやら、EU諸国の観光地では東洋人には中国語で挨拶することが一般的になっているようだった。

恐らくこれは自然発生的なもので、最も儲かる東洋人に対する声掛けが「ニーハオ」だということなのだろう。

確かにヨーロッパに沢山の中国人観光客がいて、お土産を大人買いしている様子だった。
落とすお金も半端ではなく、実際はかなりいいお客さんということなのだろう。

統計をみると、日本人の海外旅行者数は1,699万人/年だが、中国人は8,000万人/年だから、使うお金だけではく数から言っても圧倒的なのがわかる。
中国人観光客のマナーが悪いという報道が良くされているが、全体数が多いからマナーが悪い人間も比例して多いのが普通だと思う。
観光地の人間が本当はどう考えているのかと言うと、東洋人をみると「ニーハオ」言うのが全てを物語っているのだろう。

第三国で何気なく「ニーハオ」と話しかけられたときが、国内に居ると報道以外ではあまり気が付かない中国の国際的な台頭を実感する瞬間なのかもしれない。

普通の国の中国

中国の大都会。子供は受験競争で塾に通い、サラリーマンは満員電車で出社して出世と高給をめざし、経営者は利益の拡大を図る。
奥様はデパートに繰り出して消費をし、娘に好条件の男を探すべくお見合い相手のリサーチを欠かさない。
結婚式はホテルで、新婦は白いウェディングドレスを着て中洋折衷的な雰囲気の中進められる。

ハーゲンダッツアイスクリームの店には家族連れが訪れ、レストランでは誕生日のお祝いが行われている。
若い娘はVIVIの様なファッション誌を読みふけり、タオバオ(ネットショッピングモール)で洋服買い着飾っている。
テレビはCMの洪水で、この世界には沢山の商品や快楽があることを、貴賤貧富を問わず数多くの人々に知らしめその欲を撫でる。
番組の内容は男女恋愛を描いたトレンディードラマから、芸能人親子がどこかの田舎に行って生活する様を描いた世界ウルルン滞在記的なもの、ねるとん的なお見合い番組まで、正に良くある番組が全て揃っている。
ドラマはドラマで普通の男女という設定のわりには、高級マンションに住んでいたり服がブランド物だったり、さりげなく消費意欲をくすぐる仕組みが埋め込まれている。

近代的なガラス張りのビルが立ち並び、車が溢れ、暑い時と寒い時にはエアコンが唸りをあげて動いている。
建物は急ピッチで建設が進められ、朝五時から作業員が働き工事は土日も休むことが無い。

工場はフル稼働で製品を掃き出し、発電機は黒煙を掃き出し大電力を街に供給している。
そして、どこでも大量の廃棄物が溢れている。しかし、今は豊かさを優先しているようだ。

つまり、多くの人々の目的は、豊かで便利な生活をすることなんだろうと思う。
まったくもって、普通の国すぎるわけで、数十年前の中国のイメージを持っている人なら、あまりの普通さにきっと驚くことでしょう。

精神的な道をずっと追求していた大量の求道者たちが、肉も喰いたい。車欲しい。安楽な暮らしがしたいと、最近、極めて功利主義的な事を言い出したので、
資源獲得競争が激しくなり、経済のライバルとなり……
日本株式会社にしてみれば、隣にあったNPO法人がいつの間にかライバルの超巨大営利企業になってしまったような話で、右往左往している状況なのかも。

表面上はいろいろあるように見える彼らの行動の深層には、イデオロギーとかそんなものじゃなくて功利主義的な理由が有るのだとおもう。
それは、経済権益とシーレーンを確保して豊かさを保障する生存権を確立するという先進国が今まで普通にやってきた手法で、普通すぎる話なのである。

そして、両者の目的が同じである以上、リソース管理をより効率よく行い、より努力した方が豊かになれるのだと思うが、これは日本側の方がすでに豊かになっている状況なので不利かもしれない。金持ちのボンボンと創業者の戦いみたいなものだから。

中国だろうがアメリカだろうが功利主義的な相手と競争するなら、結局、合理性と努力しかないという普通の結論になりました。