中国がセキュリティ大国に? XP公式サポート継続で。しかし、世界はウイルスで満たされる

中国では街の電光表示板から場末のKTVまでWindowsXPがバリバリ動いている。サポート切れでこれら全てが踏み台用PCになると言うという懸念があったが、マイクロソフトがしぶしぶ中国での公式サポートを続けることになったので中国のサイバーアナーキー地帯化は回避された。
https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/details.php?bid=967

しかし、XPのサポートが継続されるのは中国のみだ。
逆に言えば、それ以外の国では継続されずに、2014 年 4 月 9 日 (日本時間) に、サポートが終焉を迎える。

しかし、壊れても居ない業務用のPCを買い替えるかといえば多くの中小企業は買わないだろうし、個人用なら文章を作ったりする程度だろうから同じだろう。
そもそもサポート終了という概念が、伝わっているのかも疑問だ。
Windowsアップデートのダウンロードとか再起動が無くなるのなら、かえって速くなって調子がいいと思うかもしれない。
PCに特別の思い入れでもない限り、こんな感じでXPはそのまま存在し続けることになるのに違いない。

大阪の企業の46%は「いまだにXPを使っている」──大阪信金調査
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140325-00000094-zdn_n-sci
実際、こんな感じで使われているようだ。

つまり、中国のXP=PCがハッキングしにくく、世界のXP=PCはハックし放題という状況に。
当然、めんどくさいところより簡単な所を踏み台にするから、大量に発生するサポート切れXPは、中国以外の世界にばら撒かれたウイルスのようなものだろう。

中国のPCがウイルスだらけじゃという話題を何回も書いたが、MS大先生が世界中にウイルスをばらまいてくれたおかげで、このパワーバランスが逆転する可能性がある。
世界もウイルスだらけになるってこと。

この事態を回避する手法はただ一つ。
中国を見習え! だ。

MS先生、中国市場よりずっと高値でソフトを売りつけてタップリと儲けたはずの日本市場でも、XPサポートを継続しろ! と日本政府が圧力をかけるべきだろう。
サポート切れXP=ウイルスをどうにかせい! とばら撒いた責任者に一言いえばいい。

さもなければ、踏み台事件やら、機密情報の流出やらが、次々と発生することになるだろう。

マレーシア航空事件から導かれる結論。旅客機ってかなりローテク

マレーシア航空事件の顛末を見ていると、意外と旅客機ってローテクなんじゃないのかと思う点がいくつもあった。
多くの人の生命を預かっているのだから、もっとハイテクなのかと思っていたが……。

じゃあ、どんな点がローテクなのか?

1.飛行機内に監視カメラが無いこと。
少なくても、コックピットは当然として、何か所かに監視カメラを付けたらいいんじゃないのか? 今時コンビニのレジだって付いている。
それがボイスレコーダーで音声だけは記録しておりますって、いつの時代の話だ? 動画の撮影装置なんてメチャクチャ安いぞ今は。

2.リアルタイムのデータリンクが無いこと。
ブラックボックス=フライトレコーダーとかボイスレコーダーとか、これらが何十年前から全く変わらないのが不思議だ。
これを探さないと真相がわからないとか、事故の度に同じことを言っているが、このローテクを改善する気はないのだろうか?
現在の技術なら、この程度のデータ量ならリアルタイムでデータリンクして、ブラックボックスではなく地上にあるデータセンターに保存できるはずだ。つまり、ローカル(旅客機)とクラウド(地上)に2重に保存すればいいのになぜそれをやらない。

3.ドローン(無人偵察機)技術の適応がないこと。
パイロットが変な政治的な趣向を持っている場合だけでなく、病気になる場合とか、テロリストが押しかけてくる場合もあるのだから、その場合は、コックピットのコントロール権をはく奪して遠隔地からコントロールして帰還させる技術があってもよさそうだ。
完全に外部からコントロールできるとハッキングされてテロに使われる可能性があるので、近くの空港に着陸するだけのプログラムを呼び出すだけでもいいじゃないかとおもう。
もしかしたらこれ、車より飛行機のほうが簡単なんじゃないのか。撮影用マルチコプターでもプログラム飛行は普通にできる。

中国では、なんか良くわかりませんが墜落しましたというマレーシア航空の発表に避難の声が上がっている。
今の時代なのに、何故、状況がもっと詳しくわからないのかと、誰でも疑問に思う話だと思う。

週末にまた上海便に乗るけど、ハイテクかと思っていたら、あまりにローテクなので、なんかなーと思うところはある。

中国のパクリは正義? グローバル企業の戦略とも一致【マンガ 第4話】

自ら作るのではなく他人の創作物のコピーを誘発する仕組みを作って、そのコピーの誘引力を使って多くの人々を集めることが出来れば、現代のエクセレントカンパニーが誕生する。
これは世界的な趨勢で、決して中国が特殊なのではない。

そんなこんなで、「NPO法人中華と隣の(株)日本」 第4話:エクセレント企業。

少しのコピーは犯罪だけど、沢山コピれば英雄となる。それが現代の勝ち組企業の戦略。

そして、G社と中国。両者は激しく対立しているが、じつは似たもの同士なのかもしれない。

 

変動幅2%に拡大でも、中国の人民元が騰がらない理由は?

中国に滞在中、常に人民元を日本円に換算して買い物する駐在や出張の方も多いのではないでしょうか?
長く居ると人民元価格を見た瞬間に、電卓が無くても日本円で大体いくらだと把握できるようになるものです。

この携帯は日本円でいくら、このジュースは日本円でいくらと、常に中国で日本円換算をしていると、中国の物価が日本よりかなり高いことに気付きます。
特にアベノミクスで日本円が下落して以降、その傾向が顕著になりました。

もちろん、質が悪い物品は安い物も多いです。そういうものがあるので、ある程度の給料でも暮らしていけるわけです。
この前、テレビでやっていましたが増白王(薬品の商品名)で漂白したモヤシなんかがそうなのでしょう。

しかし、ある一定水準の質を上回ると、途端に日本より高くなってきます。

例えば、服なら「ユニクロ」程度、飲み物なら「100%オレンジジュース」程度、物件なら「下水からニオイがしない」程度が閾値になります。
日本であれば、全く大した基準ではありません。実際のところ、ユニクロは安いし、100%オレンジジュースもジャスコあたりで100円で売っていたりします。部屋だって普通は臭いません。

しかし、中国ではこの程度の基準を達成するために、日本の倍程度のお金を払う必要があるわけで、買えるモノに対して人民元が高すぎるような感じを受けるわけです。

以前であれば人民元が安すぎるという話が多かったのですが、質を考えると人民元は実は高すぎるのではないかと。
もちろん、質を無視すればまだ安いのかもしれませんが。
しかし、中国も中産階級的な人々が多くなってきたり、ネットでネガティブな情報が流れるので質を重視するようになってきています。

質だけで考えるなら、人民元の対円価格は半分くらいが丁度よいのかもしれませんね。

中国の医療保険制度が、最近は凄い勢いで改善してる?

農民にはロクな医療保険制度がないので病気になると大変だという話は、このブログでも何回か書いておりました。
実際、中国の医療がヒドイという話は、その辺で売っている中国本でもよく見かける定番の話です。

さて、知り合いの中国人の親(農業)が都会の病院で治療を受けた際のことは以前書きました。
地方に比べて都会の病院は競争原理が働くので、同じ病気でも安く治療できたわけです。
https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/details.php?bid=992

しかし、この話には続きがありました。
中国の健康保険は地方毎にバラバラなので、様々な人に聞いても、他の省で治療したら払ってくれないという話をしていました。
ましてや農民戸籍ですから、都市民のように保険が充実していない事は誰でも知っています。家族のだれもが、健康保険に期待をせずに地元の役所に支払を申請したところ、かなりの金額を支払ってくれたとのことで、逆に当人が驚いていたとのことです。

変化のスピードが速すぎて、2,3年前のことですらあてにはなりません。だから、当事者である中国人ですら現状がどうなっているのか、わからないわけです。それでも間違いなく、中国の医療保険制度は急激に整備されつつあると言えるでしょう。

そして、その予算がどこから流れているかと言えば、都会から地方へ所得の再分配が進んでいる? と考えるのが妥当ではないでしょうか。現実として、支払った保険料以上の待遇が、農村の人々にも提供されているわけですから。

ということは、中国も徐々にではありますが、都会から地方へ資金が流れる日本と同じような社会に移行しつつあるのかもしれません。

つまり、一見、派手なテロなどに目を奪われてしまいがちですが、もっと深い部分で不安定化ではなく安定化に向かっていると推測できるのです。

リケンと小保方さんのパクリ防止策? 【マンガ 第3話】(改)

日頃は中国に対しパクリ大国などと言っていますが、STAP細胞の顛末をみると日本もかなり杜撰なようです。

しかも、ピンクの実験室とか割烹着とか、すべて演出だったという報道されています。これも予算獲得への戦略だったのでしょうか? 女性研究者を増やすから予算クレとかそんな話かもしれません。もし、組織ぐるみだとすると、サムラゴーチ事件より悪質かもしれませんね。

しかし、腑に落ちない点もあります。

サムラゴーチ氏にはバレない戦略があって、その地位を20年ちかく守り続けました。
しかし、サムラゴーチ氏の場合と異なり、STAPの場合は科学の世界だから他人に徹底的に検証される宿命にあり、ねつ造したとしてもすぐにバレます。
しかも、生物学の根底を覆すような重要論文なら、よってたかって粗さがしされることは、容易に想像できるはずです。

なんでこんな事やっているのか良くわからない話で、意味不明としか言いようがありません。

そんなこんなで、「NPO法人中華と隣の(株)日本」 第3話(改)。

 

 

グーグルの暗号化技術で、中国に試練? 【マンガ 第二話】

禁句の検索をできなくする中国当局のネット規制が困難になっているという事らしいが、むしろ中国より、SEO業者の方が検索キーワードが取れなくて困っていそうな‥‥。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140313/chn14031317360005-n1.htm

常時SSL化の話なのかな?

そんなこんなで、「NPO法人中華と隣の(株)日本」 第二話。

まあ、SEO屋のダメージが100だとすると、中国のダメージは1くらいじゃないのかな。これって。

デジカメの新たなる進化? 空撮用マルチコプター

ソニーがスマホに装着するデジカメを出していましたが、カメラが付いているスマホにデジカメを装着する意味不明なガジェットでした。
スマホに押され、デジカメが商品としてつまらないものになってきている顕著な例なのでしょう。

さて、中国のおもちゃ屋に行くと、オモチャのヘリコプターが100元とか200元で多数販売されています。
このヘリ、ただのオモチャではなく、実際に飛行できます。
ラジコンヘリと言えば、10万円以上とラジコンの中で最も高額なガジェットだったのが、近年、驚くべき低価格化を果たし数千円のレベルで売られるようになったのです。

その背景としては、携帯の普及による部品の低価格化が挙げられるでしょう。
携帯で使われている、バイブレーター用小型モーター、ジャイロセンサー、小型バッテリー、GPSセンサー等々、これらが例価格ラジコンヘリの構成部品となっているのです。
携帯電話の部品供給地が中国なので、携帯の副産物とも言えるこれらのラジコンヘリの産地もだいたい中国です。
タオバオを見ると様々なヘリが開発され、販売されています。
さらに、携帯と言えばカメラ搭載が普通ですから、カメラユニットにも小型化・低価格化の波が押し寄せていて、それをラジコンヘリに搭載すれば空撮用ヘリの一丁上がりとなるわけです。

で、これが楽しい。
https://www.youtube.com/watch?v=AXa2VsPB140&list=PLUqAE-9STXOm3mJaviTtLKX5M_gvuGdMw

是非、日本のハイテク(死語?)を使って作ってほしい。スマホにデジカメ付けてる場合じゃない。
小型化や自律飛行、撮影対象認識による追っかけ機能(一度認識した人物や動物をおいかけて撮影する)とか、小型大容量電池とか、日本のハイテクを投入できる分野はいくらでもある。

ある意味動く三脚的使い方もできるし、アクションカメラより面白い映像が取れるのも間違いがない。
あるいは100m上空から撮影してこい指示すると自動的に撮影してくるとか、上空から撮影対象に向かって自動撮影するとか。

現在のマルチコプターはユーザーがコントロールすることに主眼が置かれているが、自律飛行と撮影を主とした撮影用の小型デジカメコプターが今後どんどん出てくるのではないだろうか。

Mt.Goxがハッキングされ、BTCchinaが無事な理由

多額のビットコインがハッカーに盗まれて破綻したMt.Goxに、DDos攻撃が毎秒15万回あったという報道がされています。

しかし、中国の取引所についてこのような報道は皆無のようで、Mt.Goxから世界最大の取引所の座を奪ったことで一躍有名になったBTCchinaは現在も普通にアクセス可能です。

筆者の主観かもしれませんが、ネットセキュリティに関して、中国は日本より進んでいると言っていいのかもしれません。
例えば、中国のネットバンクでは、USB接続用の安全装置が普及していて、全体的にみて金融機関のセキュリティのチェックが日本より厳しい状況にあります。
というのも、そういうものを導入しておかないと即座にハッキングされてしまうと言う抜き差しならない状況が、セキュリティレベルの引き上げに一役買っているのは間違いがないでしょう。環境に適応した進化というわけです。

となれば、厳しいセキュリテイの金融機関を攻めるより、隣を見れば、もっと緩いところが目に入るわけで……
国境も何もないネットですから、日本攻略に乗り出したハッカーグループが、日本のネット銀行から不正送金をやりまくって大問題になったりしていました。
つまり、泥棒が警備の厳しい家にわざわざ入らないのと同じ理屈が、ハッカーにも成り立つわけです。

当然、気を抜くとすぐにハッキングされてしまう中国のビットコイン取引所のセキュリティレベルが最初から厳しい状態なのも容易に想像できます。
BTCchinaなどの攻略を試みたハッカーも居たのかもしれませんが、返り討ちにあったのではないでしょうか。

ハッカーも警備の厳しそうな中国のビットコイン取引所ではなく、銀行などの金融機関の経験から日本にある取引所のほうが簡単だと判断したとしても不思議ではありません。

お金になってセキュリティが緩いサイトが多い日本は、世界中のハッカーにとって格好の稼ぎ場なのかもしれませんね。