中国における、厳しいネットセキュリティ環境

中国においては、かなりネットセキュリティ環境が厳しいと言わざる負えません。
中国製のソフトを入れないのは勿論、なるべく中間業者を挟まずにキャリアへ直結する回線、信頼できるルーター装置、そして常日頃の暗号化など、できる対策をすれば被害にあう確率を下げることが出来ます。

以下、チェック項目

  • PCのセキュリティソフトに中国製をつかっていませんか? 今すぐにマイクロソフトエッセンシャルに変えましょう。こちらも無料です。ネットワーク内にあるPC全てをチェックしましょう。
  • 各ソフトの最新版やパッチを導入していますか? IE6やWindowsXPを利用するのは止めましょう。
  • 中国で購入したPCを使っていませんか? 中国のPCには新品でもウィルスが入っているものが結構あると言う報告が米マイクロソフトから出ています。
  • 中国のOSなしPCに、電器屋さんが無料でOSを入れてくれるサービスがありますが、そういったPCを利用していませんか? その無料OSはウィルス入りかもしれませんよ。今すぐ初期化して正規版を入れましょう。
  • ルーターは信頼性の高いものですが? なんなら日本製を持っていけばいいかもしれません。
  • 無線LANがクラックされないように、MACアドレスで規制をかけていますか?
  • 信頼できる回線業者を使っていますか? オフィスビル内の共同回線や、ホテルの回線にも途中にクラッカーが居るかもしれません。なるべく中間業者が少なくキャリアに直接つながっている回線が安心です。
  • 信頼できるVPN業者を使っていますか? 暗号化できないVPNや特別なソフトを利用するものは、怪しいかもしれません。自分でサーバを立てる方法もありますがこれも管理が必要なので何とも言えないところですので、日本のそれなりの会社のものを利用するのが一番かも。
  • 日常的な暗号化処理。
  • 二重認証の導入。Googleのアカウントなどはこれが利用できます。が、携帯のアドレスにしか送れないのでそれが多少面倒です。
  • パスワードは10文字以上にしてランダムで複雑、且つ 大文字・小文字・数字・記号を織り交ぜること。
  • そして、もっとも重要なのは、パスワードを常日頃変更することです。しかし、これがなかなか出来ない。変更が多くて紙に書いて画面に貼るとかになると、本末転倒です。

これらをすべて実施するのは、かなり難しい話になってくるわけですが、パスワードの変更を頻繁に行うだけでも効果がありそうです。

中国新幹線の席順が、なかなか思い通りにいかない

中国の新幹線。今やどこにでも張り巡らされているので、中国に来るなら乗ることもあるかもしれません。

筆者もこの一週間、この新幹線に乗りまくって、上海やら北京やら武漢やらあちらこちらに行ったので、この新幹線についてちょっと書いてみたいと思います。

中国の新幹線には大きく分けてG高鉄とD動車があり、Gは停車駅が少なく速いが価格が高く、Dは停車駅が多いので遅いが価格が安いといった感じです。

これに乗るには当然切符が必要です。
ネットで買うか、駅で買うか、あるいは街中の切符売り場で買うか。いろいろな手段があるのですが、特に外人は面倒です。
まず、外人はネットで購入しても自動受け取り装置が使えないので、必ず有人の窓口を利用するしかありません。駅の窓口や街中の切符売り場は有人なので、そこで受け取ることになりますが、外人は、駅でパスポートの登録をした後じゃないと、比較的空いている街中の切符売り場では受け取れないようになっていました。
ということで、必ず一度は駅の行列に並ぶ羽目になります。これが横から割り込んでくるやつとかいて、非常に腹立たしい行列ですが仕方ありません。
とりあえず、一度登録しておけば、街中の切符売り場でも受け取れるみたいですが。

外人の場合はメリットの薄いネット購入ですが、席順をうまくとるためにはこれを利用するのが良いでしょう。
中国の場合、席順の指定ができず、自動割り当てされるので、うまく同行者と隣どうしにすることが意外と面倒です。
ネット購入の場合、一日3回までキャンセルできるので、となりになるまで繰り返すことができます。
なんでこんな使えないシステムになっているのかといえば、ハードのみを全力で作っているので、ソフトまでは手が回らないのかもしれませんね。

どんな席があるかと言えば、

无座:立ち乗り
二等座:5列席(abc-df)が基本だが、寝台の場合は対面で3×3
一等座:4列席(ac-df)が基本だが、8両編成の場合? 対面個室で3×3(ac-f?)がありこれの場合は、とても狭く二等のほうが良い。
特等座:対面個室で3×3(ac-f?)。同行者が多ければいいかもしれないが、おすすめできず一等のほうが良い。
商務座:3列席(ac-f)。高いので乗ったことないが、ハズレはなさそう。

仕事するなら比較的静かな商務座がよさそうですけど、価格を考えると飛行機のほうが速くていいかもしれませんね。最近は安全重視なのか、あまりスピードを出さないようですし。