中国人は如何にして日本製品を知るのか? そして爆買の原動力は?

春節で来日した中国人が大量の買い物をしている様子がテレビで流れていた。
沢山お金を使ってくれるので、いいお客さんには違いない。
今回、筆者は中国人の爆買に同行しているうちに、爆買にはちゃんとした理由があることがわかりました。

中国人の爆買に密着していて気付く事は、周りからの「お土産」要求の厳しさである。
それも、じゃがぽっくる5箱買ってこいとか、化粧品箱で買ってこいとか、サマンサタバサのバックよろとか、とにかくウザい。
多くの中国人は、この買物リストを持って来日する。

買物リスト実物

しかし、このネット時代、これだけでは終わらない。
そのウザさに、更に輪をかけるのが微信(Wechat)の存在である。
旅行中にも次々と知人から注文? が舞い込む。
タイガーの魔法瓶ヨロシクとか、DHCのリップクリームよろしくとか、リズリサの服お願いとか。

こうなると微信を積んだ携帯はただのPOS端末と化し、注文を受けた来日中国人はに追い立てられるように買いまくることになるのである。
もはや旅行者ではなく、ただのバイヤー(仕入れ業者)と化しているのであった。

爆買の購買力がスゴイのは、来日している人だけでなく、その影にいるオンラインで繋がった大陸に居る中国人までが購入しているためだったのだ。

これだけ買うと、どう考えても持ってきたスーツケースに入る量ではなく、預け荷物の重量リミットを大幅に超えることになる。

このように、あらゆる知人から日本の商品を買ってこいという、命令に近い要請が次々と入ってくるので、来日中国人は、より深い日本の商品ワールドにどっぷりとつかる事になるのであった。

P2Pシステムに似て、様々な趣向を持った知人それぞれの好みの日本製品を買ってこいやコノヤローと言った形で提案して、そして彼らは、その製品を知ることになるわけである。
理屈は簡単だが、訪日中国人にとっては、かなり迷惑な日本製品知覚のプロセスが爆買の裏で発生していたのである。

当然これは「貸し」となり、知覚した日本製品の中から良かったものを、次に日本へ行く別の生贄に頼み返すという無限ループになる。

さて、今回の爆買騒ぎ、中国人の知り合いをもつ筆者も影響を受けることになってしまった。
これ持っていけないから、今度中国に来るときに持ってこいと、ホイと爆買荷物(ババ)を渡されてしまった。
一度だと多いから、ローンのように分割で持ってくればいいそうだ。
ウザすぎる。

ウザすぎる話だが、中国的関係の中では、むげには断れない。。。
これこそが、爆買の原動力なのである。

上海浦東空港から、タクシーで素早く目的地に着く、以外な方法

上海浦東空港のタクシー乗り場。
長い行列があっても、管理員らしき人がタクシーと客を次々とさばくので、意外と時間をロスせずにタクシーに乗る事ができる。
北京だと、これがグダグダでメンドーなのだが、上海はかなりシステマチックに処理していて好印象だ。

今回、このタクシー管理員(正式名称不明)が意外なことに、絶大なる権限を持っていたことが判明した。
浦東空港からタクシーに乗ったことがあれば、この管理員が「どこへ行くのか?」と尋ねてくることを知っていると思う。
筆者も今まではあまり気にせずに行先を告げていたが、この客が告げる行先こそがタクシー運転手の収入に関わる重大事項だったらしい。

こんな理屈のようだ。
「運ちゃん、豫園(結構遠い場所)にいってくれ」
「お客さん、ねえ、あの管理員に川沙(近隣の場所)へ行くと言ってくれない?」
「え、なんで??」
「いやね、近い場所だともう一度、空港で客拾えるんだよ。客を拾うまでに結構並ぶんだからもう一度やらないと」
タクシー管理員に告げる行先の距離によって、彼がもう一度空港の客待ちに並べるかが決定するらしかった。
「川沙」と告げてみると、運転手は猛スピードでぶっ飛ばし遠回りもせずに30分で豫園に到着。
今回、最短記録更新です。

恐らくは速攻で引き返して、もう一度空港で並ぶのだろう。
豫園までは夜間料金込みで200元だから、この夜にうまくいけば400元以上確実に稼げるわけで、客の何気ない一言で運転手の夜の売上が大きく変動しているらしかった。

素早く着きたい時に遠回りされないためにも、運転手にこの話をして、管理員に「川沙」と告げるのも一つの方法かも。

中国人 春節の爆買いに付き合ってみました

新宿、原宿、渋谷、秋葉原といった定番コース。
ラフォーレ原宿 マツモトキヨシ、ドンキホーテ、ヨドバシあたり。
春節時期には中国人率が非常に高い地域です。

マツキヨはレジで免税にできて便利。ドンキやその他は免税カウンターでの処理でした。
何が免税になるかといえば8%の消費税です。

資生堂やらカネボウといった有名なメーカの化粧品を買うと思いきや、結構マイナー? なものを縦続けに購入。
Weiboや微信ネットワークから仕入れた日本に関する情報は、一般的な日本人(筆者)が考えるより遥かに奥深いようです。

オフシャルに発信される情報よりも、日本通の中国人が化粧品や洋服の写真をネット大量にアップしている情報の方が影響力があって、何を買うかはそれを見て予め決定しているようだった。
さらに、筆者がお付き合いした方も、行った店、食べたり買ったりしたものをWeiboや微信に逐一アップしていましたね。
このあたりを意図的に形成できればインバウンドマーケティングとしては最高なんだろうけど。

中国人にモノを売るには日本に来る観光客に売る方が圧倒的に簡単なので、今後は様々な業界が中国人観光客向けの商売に次々と参入することになるでしょう。
ただ、戦いは来日後の日本で行われるのではなく、予め中国の閉じた電脳空間で起こっているということが、この商売(インバウント)の特殊な点ではないでしょうか。