中国インターネット事情
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 最新配信
  • RSS

アジアインフラ投資銀行とクールジャパン機構 出資するならどちら?

カテゴリ : 
中国事情
執筆 : 
chinese-homepage.com 2015-4-16 8:36

クールジャパン機構とアジアインフラ投資銀行(AIIB)…どちらに出資したらマシか?

まさに、究極の選択!

かたや、シグマプロジェクト等の素晴らしき動かないコンピュータを作り上げている匠の系譜。
かたや、廃墟マニアのために鬼城と呼ばれる巨大モニュメント群を大量に作り上げている現代のメーソン。

甲乙付けがたい。

AIIBでは中国が積極的に出資金を負担し、その負担率も参加国中最大のものだ。
予想外に様々な国が加入してしまったのであまり好き勝手もできないだろうし、AIIBが損するなら中国が一番損をする可能性が高い。つまり、AIIBの場合、最大のリスクを中国が引き受けているわけだ。

一方、中国のハコ物に100億以上の巨大投資をするクールジャパン機構の案件はどうだろうか?
プレスリリースで中国側とされている企業が実は日本がらみっぽいので、結局資金を出しているのは日本側ということになる。

ブルー枠の中国側なんて、わざわざ書く必要がないとおもう。
ということで、中国の事業であるにも関わらず、リスクは日本側が負っている状況だ。

しかも、新常態で経済成長が落ちている中国で、今更ニュータウンのハコ物(不動産)に投資するというのだから、先見性も投資運もなさそう。シグマプロジェクト以来の匠の伝統は今でも続いているらしい。

そもそも、日本の会社が揃って中国のニュータウンでクールジャパンと叫んでいるのか、何でそんな事をやって居るのか、全くの意味不明。逆に胡散臭い。良くわからないうちに、ボロ不動産を高値で売られてなけりゃいいけど。

さらに、AIIBで問題になっているガバナンスとか投資基準については、クールジャパン機構に対してもいろいろと突っ込みが入っているようだ。これについては、国会でも取り上げられている。

こうなると、どちらにも出資したくないが、どちらかを選べと言われれば中国が大きくリスクを負っているという点でAIIBの方がまだマシだろう。

クールジャパン機構には既に300億円も政府出資があるという。
今後これを500億に増やすと政府は言っているが、そんなことやらずに、クールジャパン機構を潰してAIIBに出資すればいい。その方が日本の成長戦略にとってプラスだ。

どうせ、無くなる可能性があるリスクマネーなのだろうから。
そうでなければ、わざわざ中国のニュータウンで不動産投資なんかしないだろう。


その他のニュース
ブログランキング
にほんブログ村 IT技術ブログへ
 
ニュースカテゴリ
中国ネット基本情報
人気の記事
ニュースのトップへ
中国語サイト制作
ランキング参加中

にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ

プロフィール
後藤(作者)