中国インターネット事情
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 最新配信
  • RSS

中国のマンションに設置されている光ファイバー回線の実力。中国では光とADSLどっちが良い?

カテゴリ : 
中国事情
執筆 : 
chinese-homepage.com 2010-3-11 21:29

中国のネットインフラも、様々な発展をみているが、一般のマンション等で使われている光回線はおそらく、300kbpsくらいしか出ていないのではないかと思われる。


上海中心地、黄浦区のマンションでこの程度のスピードだが、実は北京の朝陽区のマンションでもこの程度のスピードであった。また、安定度もそれほど高くはない。


光回線とADSL、日本であれば光のほうが速いし安定していいると即断できるのだが、中国では必ずしも光が速いとは言えない。


いろいろと、中国のADSL回線を見てきたが、意外と速くて安定していたりする。


中国で光回線を引く前に、チェックすることをお勧めする。


なお料金は、上海では、ちゃんと請求書が来て、コンビニ払いになっている。この点は上海のほうが進んでいる。


中国では銀行引き落としなどする人はいないと、知り合いの中国人がいっていた。なぜなら、勝手に引き落としされたら、困るからだそうだ。。。


そのため、北京のADSLはデポジット制だったので、月初めに良く止められた。


北京では払い忘れに注意しましょう。


ネットだけではなく、電気でも水道でもデポジットがなくなると即効切れますので。。夜でも冬でもお構いなしで。北京の冬は寒いので、注意です。


その他のニュース
ブログランキング
にほんブログ村 IT技術ブログへ
 
ニュースカテゴリ
中国ネット基本情報
人気の記事
ニュースのトップへ
中国語サイト制作
ランキング参加中

にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ

プロフィール
後藤(作者)