中国インターネット事情
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 最新配信
  • RSS

その名も人民検索 百度にライバル出現? なんかGoogle likeで人民なサーチエンジン登場

カテゴリ : 
中国のネット業界
執筆 : 
chinese-homepage.com 2010-6-22 16:54

6月20日、「人民网股份有限公司」の創立および「人民捜索」ベータ版の公開が北京で発表された。この登場により中央が重点を置くニュースウェブサイトが使いやすくなると思われる。

「人民网股份有限公司」は人民日報社、環球時報社、京華時報社、中国自動車報社、中国出版グループ会社、中国映画グループ会社、上海東方メディアグループ株式会社が共同で創立した会社です。

主に大規模の総合性ウェブサイトの人民網(www.people.com.cn)および関連している業務の運営を推進するという。人民網は開設2年以来、影響力がだんだん強くなることに従って権威のある情報を発表する重要なプラットフォームになった。

「人民捜索」(www.goso.cn)は人民網が提供するニュース検索を主とするサーチエンジンです。今はまだベータ版の段階だが、ニュース検索、ウェブサイト検索、イメージ検索、ブログ検索、フォーラム検索などのサービスを提供している。

「人民捜索」は権威性ある総合中国語のサーチエンジンを建設して中国のインターネット利用者に信頼できる検索結果を提供することを目的し、仕事と生活の実用的な情報のプラットフォームになることを目指している。


人民日報が主体ということで、国策サーチエンジンの一種でしょうか。日本にも情報大航海なる経産省のプロジェクトがGoogleに負けない国策サーチエンジンを作るんだ! とぶち上げておりましたがどうなったのでしょうか? シグマ化したのでしょうか。ハテ?
 


その他のニュース
ブログランキング
にほんブログ村 IT技術ブログへ
 
ニュースカテゴリ
中国ネット基本情報
人気の記事
ニュースのトップへ
中国語サイト制作
ランキング参加中

にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ

プロフィール
後藤(作者)