中国インターネット事情
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 最新配信
  • RSS

中国文化部「网络游戏管理暂行办法」ネットゲーム規制法を発表。8月1日から実施

カテゴリ : 
中国のネット業界
執筆 : 
chinese-homepage.com 2010-6-28 13:04

これはネットゲーム業界に対する初めての法規である。法律は系統的にネットゲームの娯楽内容、市場主体、経営活動、運営行為、管理監督と法的責任に対する明確な規定を作り出した。8月1日から実施する。

法律の内容から見ると、ネットゲーム仮想貨幣取引のサービスを提供する企業は未成年者に取引のサービスを提供することは禁止される。技術の措置で未成年者が不適切なゲームやゲーム機能を利用することを禁止して、未成年者ゲームのプレイ時間を制限する。これらの方法で、法律は未成年者に対する保護を強化する。

また、ネットゲームのユーザーは必ず有効な身分証明書類を使って実名を登録しなければならなくて、そしてユーザー登録の情報は保存される。インポートのネットゲームについて、インターネットで運営する前に、国務院文化行政部門に内容が審査されて、許可を獲得することが必要です。

法律はネットゲームのインターネット運営、仮想貨幣の発行と取引のサービスなどのネットゲームの経営活動を従事する企業に特別な規定を作り出した。「网络文化经营许可证」を取らなければならないこと以外に、1000万元の登録資本金が必要とされている。以前は「网络文化经营许可证」を取るには100万元の登録資本金が必要だったが、多くの中小企業は1000万元の資金の実力を持っていないので、新しい規定の導入は業界に大きな影響を与えると思われる。

なお、法律の内容によるとSNSゲーム、ウェブゲームは文化部の監視・管理範囲に入るとされている。


中国官僚間の競争が一層激しさを増しているようです。ネットをどのセクションが管理するのか? この巨大な利権をめぐって様々な駆け引きが行われている状態です。

今回の文化部が作った法律によって、ネットゲームの経営を行う場合に必要な資本金が100万から1000万元に引き上げられた。また、現状では野放しになっている未成年者に対して取引を行うことは禁止となる。

ソーシャルゲーム系のビジネスモデル(仮想アイテム課金等)は日本では未成年者を主力ターゲットとして成功しましたが、それをそのまま中国で適応することは難しい状況となったのではないでしょうか? QQや開心網、人人網などのソーシャルゲームがどうなるか、追って報告します。


その他のニュース
ブログランキング
にほんブログ村 IT技術ブログへ
 
ニュースカテゴリ
中国ネット基本情報
人気の記事
ニュースのトップへ
中国語サイト制作
ランキング参加中

にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ

プロフィール
後藤(作者)