中国インターネット事情
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 最新配信
  • RSS

中国の有名CEOの時間を販売中。ネットビジネスの新手のプロモーション

カテゴリ : 
中国の広告
執筆 : 
chinese-homepage.com 2010-3-19 12:58

最近、元、中国CCTV番組の司会者の王利芬は中央テレビ局から辞職して創業した。

彼女が創立した動画サイト“優米網”(umiwi.com)は3月17日に正式に運営を開始した。

彼女はこのサイトで“有名人の時間のオークション”と言うコラムを出した。

今、この“オークション”コラムは多くのインターネット利用者の関心を集めている。

最初に自分の時間を“売る”有名人は、巨人集団のCEO史玉柱です。

今回のオークションは史玉柱と3時間対話する機会です。

史玉柱は“優米網”のビデオで、オークションの落札者と創業経験について交流すると発表した。

“史玉柱3時間”のオークションの期限は、2010年3月15日から6月15日まで。

オークションは始まったばかりが、昨日時点の競売価格は午前10時半の45,600元から午後3時半の66,666元に達した。

“有名人の時間のオークション”のアイデアは、「株の神」バフェット氏の昼食権のオークションから生まれたと王利芬が説明した。

でも、“バフェットの昼食”との違いは、“優米網”のオークションに参加する有名人は決まってはいないことです。

インターネットの利用者たち自分で入札することができる。

このオークションは今インターネットで話題になっている。

競売の時間が長過ぎとか、価格が高過ぎとかいろいろコメントがある。

オークションの目的はお金ではない、人気を集めることだと考えてる人もいる。


その他のニュース
ブログランキング
にほんブログ村 IT技術ブログへ
 
ニュースカテゴリ
中国ネット基本情報
人気の記事
ニュースのトップへ
中国語サイト制作
ランキング参加中

にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ

プロフィール
後藤(作者)