中国インターネット事情
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 最新配信
  • RSS

タオバオで物を売るには、中国人のIDカードが必要。つまり、パートナーが必要です。

カテゴリ : 
淘宝网アリババ
執筆 : 
chinese-homepage.com 2010-3-20 11:58

中国でネットビジネスを本格的にやろうとすると、ICP等の法規制の問題が出てきます。

外資が経営性ICPを取るのは難しいので、中国内資法人を活用したスキームが必要になるのですが、時間、資金、人材が必要になる一大プロジェクトとなるわけです。

さて、比較的簡単な手法として、タオバオを利用する出店が考えられますが、この場合にも、中国人のIDカードという問題があります。

つまり、タオバオで出店するにしても、本格的な進出にしても、中国側に信頼できるパートナーが必要になるという当たり前の話でした。

ちなみに、この中国IDカード、中国人が何をやるにも必要な身分証明書です。

ホテルに泊まったり、ネット回線を引いたり。。。。

一度割り振られた番号は、一生変わらないそうです。


その他のニュース
ブログランキング
にほんブログ村 IT技術ブログへ
 
ニュースカテゴリ
中国ネット基本情報
人気の記事
ニュースのトップへ
中国語サイト制作
ランキング参加中

にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ

プロフィール
後藤(作者)