中国インターネット事情
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 最新配信
  • RSS

YahooJapanの検索システム YSTからGoogleへ 今後SEOは,コンテンツSEOへ変わる

カテゴリ : 
ネット関連技術
執筆 : 
chinese-homepage.com 2010-12-9 10:40

以前から、Googleに移行されたり戻ったりしていたYahooJですが、今日見てみたら完全にGoogle化していますね。
別の場所にあるいくつかのPCで試しましたが、全て同一の結果でした。

ページの下部分にあった、米yahooより検索結果の提供を受けていると言う部分が消えています。
おそらくは、Google化に伴い削除されたのだと思います。

利用した感じですが、概ねYahooJが以前利用していたYST(米ヤフー制作のサーチエンジン)やマイクロソフトのbingより良い感じです。
中身はGoogleですから当たり前ですが。

試しに、「linkdomain:」とかのコマンドを打ってみると、完全にGoogleで「link:」コマンドを打ったのと同じ結果が返されている。
Googleシステムはリンク元のページの一部しか返さないので、どこがリンクしてくれているのか評価するのが難しくなりました。この部分は少し残念です。
サイト管理者以外はあまり関係がない話ですが。

しかし、YSTのように古いページなら無内容でも上位に出すとか、オールドドメインを過大評価するだとか、TDP(トップページ消失バグ)だとか、全て解消しています。
従来利用していたYSTは質の悪いものだったので、こういった弱点を突いたテクニカルなSEOが過剰に効果を上げていた感じでした。
今後はそんな形でのSEO対策をする必要はありません。

これからのSEOにおいては内部対策うんぬんのテクニカルな部分よりも、コンテンツの内容にその比重が移ってくることになるのではと思います。
つまり、今まであったSEO対策のうちYahooジャパン対策のSEOと唄われていたものは全て無用の長物になったということです。
 


その他のニュース
ブログランキング
にほんブログ村 IT技術ブログへ
 
ニュースカテゴリ
中国ネット基本情報
人気の記事
ニュースのトップへ
中国語サイト制作
ランキング参加中

にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ

プロフィール
後藤(作者)