中国インターネット事情
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 最新配信
  • RSS

アリババの中国サプライヤーの0.8% 詐欺でサービス停止。追放される

カテゴリ : 
淘宝网アリババ
執筆 : 
chinese-homepage.com 2011-2-23 9:39

2月21日、アリババB2B会社(1688.HK)は、2010年同社の1107軒(約全体の0.8%を占める)の中国サプライヤーが詐欺の疑いで、サービスが停止されたと発表した。そのため、同社のCEO卫哲、COO李旭暉は引責辞任した。淘宝網CEO陆兆禧がB2B会社のCEOの職務を兼任する。同時に、アリババB2B会社の元人事副総裁邓康明はグループのCPO職務を辞任し、降格処分となり、支付宝(アリペイ)CEO彭蕾がアリババグループのCPO職務を兼任する。

アリババB2B会社によると、2009年-2010年、国際取引市場で詐欺に関する苦情がよく発生した。2010年第3四半期から、B2B会社は詐欺にかかわるアカウントを閉鎖し、そして問題を解決するために様々な措置を取っていたが、なかなか苦情は消えていない。

ほぼ1ヶ月前、B2B会社の董事会は専門の調査チームに独立した調査を行うことを依頼した。2009、2010年の二年間、それぞれに1219軒(全体の1.1%を占める)と1107軒(全体の0.8%を占める)の中国サプライヤーが詐欺の疑いに関わった。これらのアカウントは既にすべて閉鎖されており、司法機関に報告されている。

調査はまた、B2B会社の直接販売チームの一部のスタッフが、高業績や高収入を求めるため、故意または過失により一部の詐欺容疑の会社がアリババのプラットフォームに参加したことを示した。約100人の販売スタッフは直接責任を負うと判明され、会社の制度によって解雇を含む様々な処分を受けることになる。

アリババ・グループの馬雲CEOは「信用はアリババが最も重視している価値観の基礎である。これは会社の従業員の信用や、我々が中小企業に安全で信用のあるネット取引プラットフォームを提供することを含む。会社の文化と価値観を棄損する行為は絶対に容認しない」と表明している。


その他のニュース
ブログランキング
にほんブログ村 IT技術ブログへ
 
ニュースカテゴリ
中国ネット基本情報
人気の記事
ニュースのトップへ
中国語サイト制作
ランキング参加中

にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ

プロフィール
後藤(作者)