中国インターネット事情
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 最新配信
  • RSS

テンセント「開心網」に戦略的投資 中国SNSでの主導権を狙う

カテゴリ : 
QQテンセント
執筆 : 
chinese-homepage.com 2011-11-1 14:50

10月31日、騰訊(テンセント)は開心網に戦略的な投資を行い、共同でワンストップのオープンソーシャルプラットフォームを構築することを発表した。

開心網の副総裁郭巍の紹介によれば、この資金の大部分はオープンプラットフォームの構築、ソーシャルコマースとモバイルインターネット製品や技術のために使用される。
これらの3つの分野では、開心網は今後2年間に少なくとも数千万ドルを投資する。

今回の戦略的提携を通じ、騰訊と開心網は双方のソーシャルプラットフォーム業務での協力を強化し、第三者のアプリケーション開発者は騰訊と開心網のオープンプラットフォームで同時にそのインターネットアプリケーションを導入して運営できる。

開心網は今回新株発行の方法で騰訊を戦略的投資家として導入する。
双方は投資金額や株式の割合などの具体的な情報を明らかにしなかったが、投資業界人によれば、騰訊による投資額は約1億ドルだという情報があった。

また、取引完了後、創業者程炳皓及び管理チームは依然として開心網の筆頭株主であり、開心網を管理・運営し続ける。
同社はまた既定の戦略的発展方向を維持し、独立して発展する。
今回の投資は開心網の上場計画が変わることを意味するものではない。

情報によると、今年8月開心網の登録ユーザー数は1.17億人に達した。新しいユーザー数の成長率は緩やかになったが、まだ成長段階にある。
2011年6月末までのところ、騰訊傘下の一般ユーザー向けのQQ空間は5.31億のアクティブアカウントを持って、ホワイトカラーと大学生向けの朋友網は1.29億のアクティブアカウントを持っている。

アナリストの分析では、開心網に投資することは騰訊がSNS分野でライバルの人人網や新浪微博に対抗するためだと見られている。


落ち目の「開心網」にテンセントが手を出しました。
どこかが手を出すとは思っていましたが、以外とありふれたとこでしたね。野菜盗みゲームが懐かしいなあ。


その他のニュース
ブログランキング
にほんブログ村 IT技術ブログへ
 
ニュースカテゴリ
中国ネット基本情報
人気の記事
ニュースのトップへ
中国語サイト制作
ランキング参加中

にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ

プロフィール
後藤(作者)