中国インターネット事情
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 最新配信
  • RSS

中国の印紙には広告がある

カテゴリ : 
中国事情
執筆 : 
chinese-homepage.com 2012-12-6 10:45

中国でも日本と同様に契約書に印紙を貼る必要がある。

そこで、印紙を買ってみると、日本と違い印紙に企業広告が付いている。それともこれは長者番付みたいなものなのか?
つまり、高額納税企業を公表するための制度なのか、そんなつもりはなく単に税金を沢山納税してくれたから宣伝してあげるという事なのか?
さらには、役所のサイドビジネスで広告費を貰って掲載しているのか?

もし、無料で載せているとすると、企業なら特に隠す必要もないだろうから、いい宣伝になるのに違いない。
もっとも、高額納税企業はほとんどは国営企業だから、大体が国営企業の宣伝になるのだろうけど。

縦割りでお役所仕事は同じでも、日本の役所より変なところが柔軟なのが中国の役所だ。
以外と、きちんと広告代理店があって、役所が印紙広告の商売しているという可能性も大いにある。

大借金の日本の役所もこれを見習って稼ぐくらいの工夫が必要だろう。


その他のニュース
ブログランキング
にほんブログ村 IT技術ブログへ
 
ニュースカテゴリ
中国ネット基本情報
人気の記事
ニュースのトップへ
中国語サイト制作
ランキング参加中

にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ

プロフィール
後藤(作者)