中国インターネット事情
  • カテゴリ 中国のネット業界 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

李彦宏(百度) VS 馬雲(アリババ)

未来インターネットの発展方向について、多くの人は“雲計算”に言及した。

“中国は雲計算をすることに適する企業が3つある:アリババ、騰訊と百度。”と言う話があるが、この三大巨頭は雲計算についてどう考えているのか?


李彦宏:“雲計算”は“新瓶装旧酒”ということ

百度CEO李彦宏は、“雲計算”と言うのは“新瓶装旧酒”(表面は新しいが中身は古い)だと言った。

彼の話によると、昔の“クライアントとサーバーの関係”といい、“インターネットwebインターフェースに基づくサービス”といい、今の“雲計算”といい、本質は同じです。

主な作業はサーバーで行われ、クライアントのすることははますます簡単になることです。


馬雲: “雲計算”はデータを共有するシステム。  

“雲計算”に対して、馬雲は異なっている見方を持っている。

彼が“雲計算”は物を共有するようなものであり、データ処理、保管する共有システムで、ユーザーには必要なものだと述べた。

アリババは“雲計算”に対して自信を持っているという。


馬化腾(騰訊) VS 李彦宏(百度)

馬化騰: 百度は騰訊と競争?   

グーグルの撤退より、百度はもっとも多くの利点を受けている。

百度はサーチエンジン以外の電子商取引、SNSなどの領域に資源を投入して、騰訊と新しい競争になるのではないかと馬化騰は李彦宏に質問した。

この質問に対して、百度の成功は数年間にサーチエンジンに集中したためで、しかし会社が一定の規模に発展したら、その周辺の製品やサービスを考えるのが普通だと李彦宏が答えた。

また、百度は徐々に他の業務を展開するにあたって、資源の約90%はウェブ検索に関する業務に、10%は革新の製品と産業に投入する予定だとも述べた。


Soso(騰訊)はどのように百度に迎え撃つ?

李彦宏は馬化腾に反論した:“騰訊は同時にそんなに多方面のことをして、どうやってすべてを成功させることができましたか? そしてどんな方式でSosoを百度よりもっと良いサーチエンジ

ンにする予定ですか?”

馬化腾の考えによると、検索技術は専門の検索業務以外にも、他のプラットフォームに大量に応用されている。

特に電子商取引の領域で、商品情報を調べることに力を発揮している。

同じように、SNSと検索技術を互いに結合すれば、サーチエンジンの商業利用と似たビジネスチャンスがある。

また、電子商取引の支払いと騰訊の業務を組み合わせる予定だと彼が述べた。

この仕組みにより、ユーザーはインターネットバンキングで支払うことができる。

これをベースとした上で、オンライン支払いと他の相応するショッピングなどのサービスを提供して、電子商取引をテンセント全体のプラットフォームで統合すると語った。

 

対談の中で雲計算についての言及があったが、クラウドコンピューティングについては中国でも話題になっているようである。

百度のCEOが言うとおり新瓶装旧酒であるが、それが中国で行われることはまた別の意味を持つことになるだろうと筆者は予測する。

Gmailはすべてのデータがサーバ側で管理されているクラウドシステムの一例であるが、そのデータを基に最適な広告を表示するという機能が問題になったことがあった。

クラウドシステムがすんなりと中国で受け入れるかは微妙ではないだろうか?

3月28日、深セン市人民政府と“数字中国連合会(e-China Alliances)”の共同で開催する2010中国のITリーダーのトップ会議は深センで行われた。

この会議には、中国の最も影響力があるインターネット企業のCEOが集まった。 

今回のトップ会議は“中国情報産業界と投資界の最高レベルの年度の会議”と云われていて、60人以上の国内外トップのIT企業リーダーや投資家、および500人の専門の聴衆が参加した。

“ITは中国の経済発展新しいモードをリードする”と言うテーマにめぐり、テンセントのCEO馬化腾、百度のCEO李彦宏、およびアリババのCEO馬雲、このインターネットのリーダーの三人が対話を行

った。対話の話題は各社間の競争、技術の成り行きと検索、電子商取引等の話題だった。

中国の最も影響力を持つインターネット企業のCEOとして、彼らの対話は業界の焦点になっている。

 

百度、アリババ、テンセントは、最大の競争相手になる。

“あなたは今後の数年に最大の競争相手は誰だと思いますか?”と数字中国連合会の常務理事劉二飛は李彦宏(百度)に質問した。
“実は現在私達(百度とテンセント)、馬雲(アリババ)も含め、確かにいくつかが競争関係の業務があるが、これは私達の発展の主要な矛盾ではありません。”と李彦宏は含蓄ありげに答えた。

 
焦点の1:中国のIT巨頭が“グーグル事件”を解読

李彦宏:百度が独自にサーチエンジンの領域を支配することにはならない。

会議の聴衆質問の部分で、“谷歌の検索技術が百度よりずっと良い”とある人が率直に言った。

その話に対して、“昔テンセントはMSNに勝ったときも、淘宝網はeBayに勝った時も、この問題は討論させなかったが、今私達の番になって突然にこんなにいっぱいの人が関心を持つことになってい

る。
やはりとても圧力があると感じる。”と李彦宏(百度)が言った。

グーグルが中国から撤退した後、百度が支配的な地位になって競争がなくなるとか、百度の技術の進歩がなくなるとか、サービスが悪くなるとか、ますます商業化するとかの心配の世論について、李

彦宏は心配の必要がないと保証した。

彼の説明によると、今中国のサーチエンジン高度成長の段階で、少なくとも5年間は成長すると市場で予測されている。「捜捜(sousou)」(騰訊)、「搜狗(Sogou)」(捜狐)、「有道(Youdao)

」(網易)、「Bing」(Microsoft)、「Yahoo!」(雅虎中国)、ユーザーは多くの選択がある。それが国内のサーチエンジン市場の競争を促進するという。
 

kaixin001.com には山寨サイトがあることは以前にも書いたとおりであるが、ではこのカイシンワンというサイトは一体どのようなサイトであろうか?

基本はSNSである。それにフラッシュで作成されたゲームが付随している。

野菜栽培ゲーム、動物(パンダ、カンガルーなど)育成ゲーム、釣りゲーム、友達の販売ゲーム、レストランのゲーム等があり、これらのゲームを進めることでお金がたまり、自分のレベルが上がってゆくRPG的育てゲーの要素がある。

レベルが上がれば、育てられる動物の種類が増えたり、作れる野菜が増えたりする。

また、栽培ゲームであれば、友達の作物を盗んだりできるようになっており、そこでコミュニケーションが図られるように作成されている。

盗んだということは、自分のページを友達が訪れたということになるからだ。

動物であれば、繁殖をさせて増やすことができるが、栽培ゲームと同じように生まれた子供を盗んだりすることができる。

その他、投票機能や、ニュースの共有機能などもある。

80後(パーリンホウ「80年代生まれ」)世代に絶大な人気があるとされている。

中国の若い事務所職員の”サボリ”ゲーとして有名である。

この画面にピンと来たら、サボっていますので、現地マネージャーの方はご注意を。

最近、中国大手のショッピングサイト「京東商城」(www.360buy.com)はメディア露出率が高いB2C企業になった。

このサイトは、家電や携帯、PCなどに注力するネットショッピングサイトである。

今年1月にタイガーファンドから1.5億米ドルの融資を獲得してから、「京東商城」は、様々な展開をしているが、

さきごろ、「京東商城」のCEO劉強東は成都(四川省)で拠点を正式に運営すると発表した。

この拠点には5億元を投資して、研究部門、倉庫、配送、アフターサービスなどの機関を設立する計画だという。

この投資により、成都市街区ではネットショップで購入したものが購入当日に配送できるという。

またさらに「京東商城」はSNS製品を研究開発していて、買い手にコミュニティ体験を提供する予定だと劉強東が、マイクロブログ(ツイッタークローン)で述べた。   

物流、SNS...融資を獲得した「京東商城」は多くの領域で頻繁に拡大を図っている。

しかし、業界関係者の分析によると元々B2Cは低収益だが、「京東商城」の価格はだんだん高くなっていると云う。

それに対して、サービスは昔より悪くなり、消費者からの苦情も増えているようだ。

いま、多くのユーザーが「京東商城」のライバルサイトに、移り始めているという。

急速に拡大する会社が、いかに質を保っていくか。

これは、中国、日本問わずの課題であると思うが、特に中国ではその拡大の幅が桁外れなので、歪みが蓄積しやすいと云えよう。

 

中国国務院新聞弁公室の副主任錢小芊は、2、3年以内に中国のインターネット利用者の数は、5億人を突破すると表明した。

去年の年末の時点で、中国のインターネット利用者の数はすでに3.84億人に達した。

インターネットの普及率は28.9%で、世界の平均レベルより高いという。

この発展スピードが持続すれば、今後の2、3年で中国のインターネット利用者の数は5億人を超えると錢小芊は予想している。

今後新しく増えるインターネット利用者の75%は農村部からという。

それは都市部と農村部の「数字鴻溝(デジタルデバイド)」が急速に縮小していることを意味する。 

捜狐のCEO張朝陽は発表会で、今年は強力に捜狐のサーチエンジン捜狗(Sogou)の販売を促進して、サーチエンジン市場に進攻すると発表した。

2010年は搜狗傘下核心の製品への投入を増大して、ユーザーの体験を改善して、そして大幅に搜狗サイトのアクセスを増加させると張朝陽が述べた。

そのために捜狐は市場、人員などの配置を調整している。

捜狐のニュースによると、今年1月から、搜狗はすでにビジネスユーザー向けのプロモーション策略をスタートさせた。

今後はさらに力を入れて、十分なセールス経験を持つチャネルパートナーを集めているという。

このような策略をしているのは捜狐だけではない。

百度、テンセント、網易を含める多くの大手インターネット企業も皆今年1月から似たようなマーケティング戦略を展開していた。

もちろん1月というのは、中国当局とGoogleの問題が明らかになった後だ。

Googleの残した空白を獲得するのは、現在のところ百度だと見られているが、さてどうなるであろうか?

筆者としては、ぜひ百度ではなく別の企業がGoogleのシェアを獲得してほしいと考えている。

そうすれば、競争原理が働き、中国のネット産業はより良い方向に向かうからだ。

このまま百度が獲得してしまえばシェアが90%を超えてしまう。

捜狐をはじめ、他の企業の奮起に期待したい。

昨日、捜狐(Sohu)はIMEの“搜狗输入法5.0版”を正式に発表した。

これはクラウド・コンピューティングに基づいて開発された中国初の中国語IMEだという。

クラウド技術がIMEに運用されたのは革命的な技術革新だと唄っている。

この革新で“搜狗输入法”のAIはまた新しい段階に入ったので、ユーザーにはもっと“入力を楽しむ”ことができるという。

実は、中国ではこの搜狗IMEはマイクロソフトの標準IMEより人気があり、デファクトスタンダードになっている。

搜狗输入法5.0ダウンロード:http://pinyin.sogou.com/?s=alading

日本のATOKは見る影もないが、中国では国産IMEが頑張っている状態だ。


技術的には、これはソーシャルIMEの一種であると思われ、日本では http://www.social-ime.com/ で研究開発がされている。

この手のIMEの特徴は、常にネットから新しい語彙を取りこめるため流行語や急に有名になった有名人の名前なども楽々変換できることだ。

皆が変換した情報を皆で共有するという概念のIMEだ。

しかし、これは新しい問題を孕むので、日本のように自動システムとしての変換共有は行っていないかもしれない。

どこかの人が大量に中国禁止ワードを変換したとしたらどうだろう?

別の誰かが1文字目を入れると、禁止ワードが大量に表示されるなどということも起こるかもしれない。

現実的には、ひたすら禁止ワードいれるという暇な人はいないかもしれないが、理屈としてはありうる。

逆に、監視もしやすいのだが。

このあたりクラウドシステムに共通して言えることではあるが、何を入力しているのかサーバに筒抜けなので、筆者は使わないだろう。

中国のクラウドは。 ちなみに中国語でクラウドコンピューティングは雲計算。

ネットに対する監視と管理を強化するために、3月24日、新聞出版部は2010年に入ってから2回目となる、低俗な内容の48軒のサイトのリストを公布した。

一部を上げると、“泡泡網”(www.pcpop.com)、“手機之家”(www.imobile.com.cn)、“eNet硅谷動力”(www.enet.com.cn)、“電腦之家”(www.pchome.net)、“太平洋電脳網”(www.pconline.com.cn)などのサイトが含まれているという。

これらのサイトは厳しい処分を受けた。

調査によると、今回公布した法律に違反したサイトの主な問題は、低俗な内容が含まれるゲームのダウンロードとオンラインサービスを提供したことだと言う。

今回摘発されたゲームは27つで、その中携帯ゲームは18、FLASHゲームは9となっているという。

中国では、この手のネットサービスに対しては厳しいということだ。

しかし、即全体のサービス禁止というわけでもないようだ。

Googleなんてもういらない! と言える中国はある意味すごい。

日本のネットビジネスの停滞に比べたら中国の動きは速く、新しい国産サービスが次々に立ち上がってくる。

Yahoo,Googleをはじめとして、ツイッターまで、全て米国に押さえられている日本にも独自サービスがほしいところだ。

ベンチャー投資がフリーズしている日本ではなかなか難しいのだけど、それだけに羨ましい。

日本の大手企業がわけもわからずクラウド、クラウドと言っている姿はある意味滑稽であるが、中国にもクラウドという概念が一瞬で伝わっている今日、それでいいのだろうか。

3月23日午後、番薯网(www.fanshu.com)が中国語図書サーチエンジン「雲閲読」を公開した。

名前の感じは、クラウド読書といった感じだろうか。

「雲閲読」プラットフォームは多種の端末でユーザーに“いつでも・どこでも”閲読サービスを提供することができる。 

中国語図書サーチエンジンは最初は10万冊の正式版図書の検索サービスを提供する。

将来は正式版図書は60万冊まで増加する予定だ。

「雲閲読」は世界の初めての知的所有権を持つ中国語図書サーチエンジンと表明しているが、

その優れた点は、
1、正式版中国語図書の全文検索が可能。例えば、電子文献の基本情報に対する検索、全電子文献の全文検索、ある特定の出版物の全文検索など。
2、ピンイン入力など、中国語の特色に合った検索機能を備えている。
3、ネットショップにつながっているので、読者は直接に検索した図書を買うことができる。
4、拡張性。理論的には無限に図書を増やすことが可能。

であるとされている。
 

中国国内のネット掲示板「網易」から引用してみました。中国の実際にサービスを使う人々がどのような書き込みをしているかご覧ください。

ただし、Googleを擁護する書き込みは消去されてしまっているという報道もありますので、そのあたりは、割り引いてください。

Google不走我都觉得你丢人
もしGoogleが中国から撤退しないならば、私でも恥ずかしいと感じる。

这样的公司必须彻底干净地从中国滚!
不要让它在中国有任何生意做!
还以为是八国联军时代吗?

このような会社は徹底的に中国から離れなければならない!
それに中国で全然商売できないようになればいい!
まだ八カ国連合軍の時代だと思っているのか?

别再回来了,不欢迎啊,这是我家
もう二度と帰って来るな、歓迎しないから。ここは私の家です。

好走不送!
行ってらっしゃい!

百度笑了 哈哈
百度、大笑い。はは
<鋭いコメントです

希望大家不用谷歌,我们的百度非 常棒。
皆googleを使わないで、私達の百度はすばらしいです。

不要叫得那么亲热,百度也是人家美国的!
それは無い。百度も米国のものだって。
<確かにナスダックに上場してる。

google扬言退出中国只不过是一个炒作而已.现在有点骑虎难下了.
googleが中国から撤退することはポーズだけで、今は進むことも退くことも難しいのでは?

谷歌走就走吧。真是罗嗦。
在中国的搜索引擎又不是只有它。
我向来是用百度,我坚信有问题,百度一下。除去百度,咱们还有网易的有道搜索,雅虎中国的雅虎搜索,腾讯的问问引擎,搜狐的搜狗引擎。
每一个都挺好用的。

googleは撤退したいなら撤退すればいいのに。本当に回りくどい!
中国で使えるサーチエンジンはgoogleだけではない。
私はいつも百度を使っている。何にか知りたいことがあったら、百度で調べてすぐ分かる。
百度以外も、「有道(Youdao)」(網易)、「Yahoo!」(雅虎中国)、「捜捜(sousou)」(騰訊)、「搜狗(Sogou)」(捜狐)などのサーチエンジンがある。
どれも使いやすい。 
<これらをすべて使いやすいとするのは性能的に疑問です。

滚!老子从来都没用那个啥子屁“谷歌”,坚决抵制美国货!!!坚决抵制美国货!!!!
出て行け!俺様は今まで“谷歌”という物を使わなかった。
断固として米国の商品を排斥する!!!
断固として米国の商品を排斥する!!!!

哎,听到这个消息太郁闷了,我一直都用GOOGLE,搜的资料远比baidu多。
公交车路线(GOOGLE地图),翻译(现在用有道,这个很少用了)这些都是很不错的东西,我自己的看法是google搜资料不错,baidu搜广告可以,bing搜微软的东西最强。
外国公司在中国经营必须遵守中国法律,这句话不错,google、baidu都是外企,为什么baidu做那么多广告却不对baidu处分,难道就因为baidu的老大长的像中国人?
名字是汉字?

このニュースが耳にすると気がふさぐ。
私はずっとgoogleを使っている。
googleで調べられる資料はbaiduよりずっと多い。
公共交通バスのルート(googleマップ)とか、翻訳(今はYoudaoを使っているので、google翻訳はあまりつかってない)とか、これらのサービスはとてもいい。
私の考えは、googleは資料を探すのにいい、baiduは広告を探すのにいい、bingはマイクロソフトのものを探すのに一番強い。
「外国の会社が中国で経営するのは必ず中国の法律を守らなければならない」という話は悪くない。
だが、google、baiduとも外資企業なのに、何でこんなに沢山の広告を載せているbaiduには処分をしないか?
まさかbaiduのトップが中国人の顔してるためですか?
名前が漢字のためですか?
 

中国でも様々な意見があるようですが、百度すらも外資企業だとする見方もあるようです。
このような書き込みはいたるところに溢れ、この議論は中国の検索サービスユーザーの間でも盛り上がりを見せています。

最後の方のコメントのように、サーチエンジン間の競争がなくなって、最大のサーチエンジンが広告ばかりになるのは困りますよね。

その他のニュース
ブログランキング
にほんブログ村 IT技術ブログへ
 
ニュースカテゴリ
中国ネット基本情報
人気の記事
ニュースのトップへ
中国語サイト制作
ランキング参加中

にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ

プロフィール
後藤(作者)