中国インターネット事情
  • カテゴリ QQテンセント の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

「1年半前、テンセント(Tencent)はオープン戦略を発表した。その時は主にPCインターネットに対するもので、一定の成果を挙げてきた。
今はこのアイデアをモバイルインターネットに入れると考えている。現在のところは模索しているが、この方面の進捗状況に注意を払ってください」
最近、北京で開催されたモバイル開発者大会会議では、テンセントの会長兼CEOの馬化騰は基調演説でテンセントのモバイルインターネットオープンプラットフォームを構築するアイデアについて話した。

「微信」(Weixin)はテンセント初めてのモバイルインターネットに基づいたプラットフォームだと、馬化騰は最初に微信の開放について言及した。
「モバイル開発者のアプリが微信のAPPとインタラクティブ、統合、お互いに呼び出すとジャンプすることができるように、テンセントはAppの間に基づいたAPIを開発した。
また、微信に2次元コードの機能を付けた。それを利用すれば、他のオフライン事業者、コンテンツソースとの統合ができる」と言った。

現在、テンセントにおける最もアクティブなユーザーグループは携帯電話Qzoneにある。
テンセントはモバイルインターネットの体験と要求に従って、携帯電話Qzoneを再構築する予定だと馬化騰が述べた。
当然、最初から、オープンプラットフォームにエコシステムを作るために設計する必要があるとしている。

また、他のアプリが直接QQのアカウントとパスワードでログインできるようにするために、テンセントは試しにモバイルインターネットで「QQ互聯」(テンセント傘下のオープンプラットフォーム)を開放する予定だと馬化騰が表明した。
「現在のところはまだテスト段階にあるので、完全に開放していない。協力するために、テンセントは一部の開発者を選んだ」
例えば、最近非常に人気のアプリ「唱吧(Changba)」(無料のソーシャルカラオケモバイルアプリケーション)は最初のテストのリストに入ってる。
効果も非常に良くて、新規ユーザーの50%がQQ互聯の方法でアクセスしたのである。
また、「美丽说」Appの新規ユーザーの35%もQQアカウントシステムからのものである。
これは良いスタートだと言う。

馬化騰によると、ホスティングサービス、LBS(Location Based Services)、支払い、広告を現金に換えるシステムなどを含む、テンセントが開放することができるものはまだたくさんある。
LBSの開放について、携帯にも対応する新しい騰訊街景(テンセントのSOSO地図の町並み機能)は間もなく登場すると彼が述べた。
今後LBSのアプリケーションはテンセントの街景と地図APIを利用して、直接アプリケーションの中で所在地の実際の街並みのデータを表示することができる。

最も心配しているのはユーザーのプライバシーの問題とユーザーの体験の問題だと馬化騰が表明した。
「もし反響が良ければ、我々は良い管理メカニズムを確立することができる。我々はすべてのモバイル開発者にリソースを開放したい。これはプラットフォームにも、開発者にも有益なwin-winである。」と彼が語った。

馬化騰は特に中小開発者のための支援政策に言及した。彼によると、テンセントが出した新しい利益配分政策により、利益配分システムは中小創業者に手厚くするという。
アプリがプラットフォームに入った最初の数ヶ月では、中小創業者の資金が不十分なため、テンセントは一定のメカニズムを通じて収益を中小創業者に返還する。
モバイルオープンプラットフォームでもこの政策を取り入れると言う。

1年半前、テンセントはオープン戦略を発表し、また先ず最初にQzoneソーシャルネットワークプラットフォームを開放した。
それ以降、今年6月の時点でテンセントが彼らに与えた累計利益配分収入と開発者の実際の収入は既に10億元を超えたとしている。


日本のソーシャルゲームプラットフォーム会社なども、テンセントと提携しているとしているが、実際はコンテンツサプライヤーとして、テンセントのプラットフォームを利用しているだけであろう。
せいぜい「QQ互聯」等を利用する良くあるいちAPI利用者である。
しかも、プラットフォーム会社が他社のプラットフォームを使っているのだから日本のような高収益は期待できまい。それでも中国で商売できるだけマシというものかもしれない。

今後テンセントのモバイル分野の解放が進めば、少しでも日本のコンテンツをマネタイズするために、このプラットフォームを日本のゲームメーカーやプラットフォーム会社、映像コンテンツ会社等が利用することもあるだろう。

8月22日、QQ社長の馬化騰はテンセントが携帯電話のハードウェアビジネスには手を出さないと明言した。
今後は提携戦略を進めていくとのこと。

iPhoneとAndoridのおかげで、ハードなんてどれでも同じような物で、今は仕組みとソフトが重要ですから。

Windows出現後のPCハードと同じような段階に、今や携帯電話ハードも到達したということなのでしょう。
今さら、わざわざPC98のような訳の分からないハードを作る必要も無いという全うな判断です。

訳の分からないハードが最も多いのが日本なのですが、あれだけ派手に赤字を作りだすことができるモデルを踏襲する必要もなく。だからやらないと。

もちろん、今後はQQ携帯が出ないとは言い切れませんが。もともとAndroidベースという噂のとおり、出るとしても普通のアンドロイド携帯でしょうね。

ネットの情報によると、テンセントは二つの携帯設計会社を買収したという。
この情報は、360会社の総裁が漏らした。

買収の詳細はまだ公開されていない。
そしてまた、この買収の情報についてはテンセント側は公式なコメントを何も出していない。
したがって、この情報が正確かどうかについてはまだ判断はできない。

以前の情報によると、テンセントブランドの携帯は出さず、モバイルインターネットに力を入れると表明していた。
テンセントが出したQQ Serviceにテンセント傘下の多くのアプリケーションを統合したものが含まれている。
そして、現在の状況からするとテンセントは携帯を開発する能力はある。

3Q大戦で激しくやり合った敵方からもたらされた、テンセントに関する今回の情報。
果たしてどのような思惑でリークされたのか。

最近、一部のインターネットユーザーによると、よく使われるプログラム「QQ外掛」(プラグイン)がTencentにブロックされた。
このプログラムには友人や見知らぬ人のIPを表示し、広告を無くすなどの機能が付いてる。

Tencent方面からもこの情報は確認された。
Tencentによると、違法QQプラグインはユーザーのプライバシーや情報セキュリティに深刻な脅威をもたらす。
QQ外掛はQQのソフトウェアの完全性を破壊し、ユーザーのプライバシーを侵す。
また、ユーザーのローカルファイルを改ざんし、さらにトロイの木馬プログラムとしてユーザーのアカウントなどの重要な情報を盗む可能性がある。
ユーザーのプライバシーやと情報のセキュリティを保護するためには、Tencentは取り締まりを強化する予定だという。

インターネット著作権の弁護士によれば、QQ外掛の行為はテンセントQQへの不正コピー、改変、配布行為であり、Tencentの商業的利益を侵しているとしている。
Tencentへのの著作権侵害と不正競争の疑いがあり、そのためTencentの取り締まり行為は正当な利益を保護することである。

中国国内では、QQ外掛の権利侵害事件における裁判所の判例はすでに何件もあった。
2008年、「珊瑚虫QQ」(サンゴQQ)ソフトの開発者、陳寿福は裁判所に3年の禁固刑と120万元の罰金の刑罰が下された。

また、去年7月には「彩虹显」(レインボー) QQマウントソフトウェアが権利侵害と不正競争だと判定され50万元の賠償金の刑罰が下された。

広告ビジネスを行っているので、それをストップするということになれば権利侵害と言う事になるのでしょうね。
とはいっても、どの程度の個人情報を収集して広告を表示しているのか?
QQに限らずこのあたりがブラックボックスなので、消したいと考えるユーザーも多いのかもしれません。

今月18日にも、広東省の法廷で裁判が開始されるという。
なんでも、3Q大戦中に、テンセントがQQか360か二者択一をユーザーに迫った事が独占禁止法に違反するという主張だ。
この行為による損失は1.25億元に達すると算出されたとのことで、360側は賠償を求めている。

テンセントのソフトも360も、あまり自分のPCに入れたいと思うソフトではないですね。
何故なら、どちらも怪しいプロセスがあるから。
3Q大戦では、互いのソフトが共に怪しいから、互いに相手のソフトを消した方が良いとユーザーに勧めていた訳で、どっちもどっちだったような。

少なくても、昔の360だとアンインストールしても変なプロセスが残っていた。
その時はWindowsの再インストールをした。その後、面倒なので入れてないので今は知らないが。

QQも…。

話題作りなのかもしれないけど、昔ほどは盛り上がらないのでは。中国の人々も、もう、このネタに飽きているのではないか。

最近、テンセントQQには「QQ圈子」(QQサークル)という機能が登場した。
現在のところ、この機能はまだベータテスト中である。
この機能を利用すれば、QQユーザーは現実生活の中の関係に基づいて、友達や知人をサークルという単位で自動的に分類することができるという。
また、同じサークルに所属する人との対話を開始して人脈を広げることができる。

「QQ圈子」機能はユーザーのQQ友人、グループ友人、及び知り合いかもしれない人などを導入して、自動的にクラスメート、家族などのサークルに分ける。
また、友人とユーザーの間の共同友人数などの情報も表示される。
ユーザーは「QQ圈子」機能で友人を追加することができる。
この機能を利用して、ユーザーの社交サークルはどんどん広くなる。
更に、「QQ圈子」は自動的ユーザー情報を解析し友人の実名を割り当てることができる。

その仕組みはこんな感じではなかろうかと筆者は推測する。
QQには公開ユーザー名に対して、ユーザーが内部的に別の名前(内部名)を紐づけすることができるので、実はかなりの確率で実名が登録されている。
あるユーザーに30人のQQ友達が居るとすると、30通りの内部名が有る事になる。その中で最も多い名称を実名として自動表示するものと思われる。
そして、その実名が判明する精度は90%以上に達すると推定されているという。

これらの機能によって、QQの大部分のユーザーに対して、間接的な実名制が取り入れられることになると思われる。
今のところ、この機能の具体的な公開日時はまだ明らかにされていない。

最近、テンセント傘下の社交アプリ「微信」(見た目はskypeのようなアプリ)のデータを発表した。
2011年1月に登場してから11月までで登録ユーザー数は5000万人を超え、アクティブユーザー数が2000万人に達した。

テンセントのCTO熊明華によると、テンセントは既に微信に対して1億元以上の資金を投入しており、製品チームの人数も最初の10人から80人以上に増強している。
テンセント内部の微信に対する位置付けは、IM(即時通信)製品QQと非即時転送製品微博の間にある製品だという。
iPhone、Android、Windows phone、ノキアのSymbianOSで動作する。

紹介によれば、微信のIOS、Android、Symbianプラットフォームでの割合はそれぞれに25%、25%、50%である。

また、情報によると、昨年年末に発表された微信3.5バージョンは世界100カ国以上の登録をサポートし国際化路線を開始する予定だという。

http://weixin.qq.com/

騰訊は騰訊搜搜(SOSO)への研究開発投資を増やして、来年は10億元を追加して騰訊の検索事業に力を入れる予定だと上級執行副社長李海翔が表明した。
また、同じ日に、奇虎360も検索の分野に参入すると宣言した。

現在のところ、騰訊搜搜は1%未満の市場シェアを占めている。
騰訊の検索事業は2~3年以内に黒字化を実現することを計画していると李海翔が述べた。

一方、奇虎360の会長周鸿祎によると、360は垂直検索と検索推薦の分野で何かの試みをしようとしている。
360は「百度を模倣しない」、ブラウザー及びウェブサイトリンク集ホームページと密接に結合した「新型検索」を作ろうとしていると周鸿祎が述べた。

第三者の監視機関のデータによれば、今年第三四半期にGoogle中国検索エンジンの中国市場でのシェアは減少し続けて対前期比1%下落した。
インターネットのアナリストによると、中国国内の検索エンジン全体の市場規模は55.1憶元に達し、急速な上昇傾向を維持し続けている。搜狗(Sogou)、搜搜の市場シェアは皆上昇した。
また、百度のサービスは市場とユーザーに非難されることが多いため、搜狗と搜搜はこの機会を掴まって自分のシェアを拡大しようとしている。

インターネット大手企業が積極的に検索のセグメント市場を奪っているため、この分野での競争はまた激しくなると考えられる。

テンセントホールディングスは、網吧(インターネットカフェ)サービスプロバイダー「杭州順網科技股份有限公司」に戦略的投資を行ったことを発表した。
この取引は既に11月16日に深セン証券取引所のブロック取引プラットフォームで完了した。
テンセントは約1.3億元で順網科技の3.98%の株式を取得し、順網科技の四番目の株主となった。
これは今年テンセントが華誼兄弟に投資した後に続いて、A株市場での再びの戦略的投資である。

芸龍旅行網、開心網などのプロジェクトに投資した後、テンセント今回はまたインターネットカフェエンターテインメントプラットフォーム上で資本を展開した。
テンセントのこの行動は順網科技のインターネットカフェ市場での豊富な資源を利用して、更にオープンプラットフォーム戦略を拡張することを図っていると思われる。

インターネットカフェプラットフォームサービスプロバイダーとして、現在のところ、順網科技は約半分のシェアを保持している。
また、インターネットカフェのユーザーがネットゲームユーザー全体の40%を占めている。インターネットカフェ市場を占領することはほぼ半分のネットゲーム市場を占めることを意味する。

さらに順網科技は上海新浩芸軟件有限公司を買収する予定。
この買収が完了したら、順網科技は中国インターネットカフェプラットフォーム市場の80%のシェアを占め、インターネットユーザーのカバレッジも大幅に増えて、業界で絶対的なリーダーの地位を確保できる。
それによって、テンセントも利益を得ることができると思われる。

中国のネットカフェを覗くと、ネットカフェ難民はおらず皆ゲームやQQやってますね。

11月14日、騰訊の微博E-コマース機能「微売場」は正式にスタートし、ソーシャルマーケティング実践の第一歩を踏み出した。
中国国内の靴のショッピングサイト「好楽買」は最初のパートナーとして騰訊微博と提携し始めた。

「微売場」には「精選商品」と「転播降価」2つの項目がある。
「精選商品」項目には好楽買の商品情報が表示され、ユーザーは直接に購入することができる。
「転播降価」項目では、騰訊微博のユーザーが商品の情報をツイートすれば、商品が値下がりする。

http://t.qq.com/okokbuy?tab=shop&subTab=1&PTAG=20084.5.1

「微売場」は新しいタイプのソーシャルマーケティング方法である。
ユーザーのロイヤリティが高いため、微博ユーザーが商品の情報を転送したりコメントしたりすることで商品の取引量を高めることができると見られている。

騰訊微博は8月の初め頃に既にの企業レベルの微博マーケティング製品「微空間」をリリースした。
微博プラットフォーム、QQ空間、IM、ECなどのプラットフォームを連携させて企業にはCRMツールを提供しているといる。
現在のところまで、NIKE、Coca-Colaなどなど約100の企業が、既に騰訊の「微空間」製品を使って微博マーケティングの試みを行っている状態だ。

今回の「微売場」EC機能の登場で、騰訊のECプラットフォームと微支払(Micro Payments)プラットフォームを結合して、3.1億人居る騰訊微博ユーザーに対して、企業の微博マーケティングをより効果的にすることができるようになるという。


このテンセントの新しいEC機能は、見た目はツイッターとグルーポンを組み合わせたようなサイトである。
手法としては、商品を安く売ってあげるから、その商品についてツイートをして下さいというものだ。販売数に制限があるもののツイートするほど価格が安くなってゆく。

■ルール
・販売数の制限がある。
・誰かが書きこんだら一律に0.1元下がる。
・スタートしたら、誰でも現在の価格で購入できる。
・最低は1元までいくが、その前に売切れたら、その時点の価格が最低価格。

価格が安くなるのは織り込みとして宣伝として商品を販売するやりかたから、ある程度の価格で販売する方法まで色々と使えそうである。
現在は書きこんだら一律に0.1元下がり、誰でも購入することができるが、将来的にはフォローアー数が多い人が書きこんで買うと安くなるとかフォローアー数本位の値引きが出て来るのではないだろうか。

その他のニュース
ブログランキング
にほんブログ村 IT技術ブログへ
 
ニュースカテゴリ
中国ネット基本情報
人気の記事
ニュースのトップへ
中国語サイト制作
ランキング参加中

にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ

プロフィール
後藤(作者)