中国インターネット事情
  • カテゴリ その他 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

一般社団法人新経済連盟 代表理事 三木谷 浩史 という所から公表されている文章には、以下のように書かれている。

その箇所は、
”3.ベンチャー企業の場合、多くの従業員が企画型の業務を行い、ストックオプションをもらっていることも多く将来的リターンも大きいことにも留意が必要です。”
http://blogos.com/article/109349/

つまり、リターンが大きいのだから労働時間制度を適用除外にしてほしいという理屈らしい。

ベンチャー企業だと何故、将来のリターン大きいと言えるのか?
そもそも、ベンチャー企業の定義って何? 中小企業でもベンチャーって名乗っているけど。

”ストックオプションをもらっていることも多く将来的リターンも大きい”という「新経済連盟」の文章からベンチャー企業の定義を逆算すると……
彼らが定義するベンチャー企業とは、「上場や高値での事業売却(Googleに売るとか)を目指していて、それが実現間近な企業」ということになる。

それ以外だと、ストックオプションはただの紙くず同然で、将来的に”大きな”リターンを確保できませんから、彼らが言うベンチャーの定義から外れるはずです。

そういう定義のベンチャーは、どのくらいあるのでしょうか?

VCが投資をしている企業でさえIPOできるのはせいぜい5%以下で、VCとは全く無縁の企業が大部分のはずです。
そう考えると、彼らが定義するベンチャー企業である確率は、ほとんど宝くじみたいなものでしょう。
まあ、そういう企業なら、寝る間を惜しんで働いても価値が有りそうです。

社長が「上場を目指す」と言っているだけとか、そういったレベルまでベンチャーの定義を広げて考えると、「将来的リターンも大きい」なんて絶対ありません。
確率的に、将来的リターンは思いきり公務員を下回るはずです。

但し、そういう所は収益性が低いので、法律どうこうなんか関係なしに「労働時間制度を適用除外」を勝手にやっているはずです。
そうしないと潰れますから。

そうなると、ベンチャー企業って、今でも実質「労働時間制度を適用除外」だし。何で今頃こんなこと言っているんだ? ということになります。

今回の提言の目的は何か?
リターン有ベンチャー企業(残業代ゼロ)とリターン無ベンチャー企業(残業代ゼロ)の間にある、中間のベンチャー企業(残業代払う必要あり)についても「労働時間制度を適用除外」を認めろというアピールなのでしょう。

中間のベンチャー企業とはIPO後のベンチャー企業で、
上場企業となって、大企業の仲間入りしたので、コンプライアンスがうるさくなって、昔みたいにムチャはできず成長性も落ちてきている。
ストックオプションも、すでに上場してしまっているので、あまり美味しくない。
でも、「労働時間制度を適用除外」をやりたい。

だから、ベンチャーという枠はまとめて、法律上OKにしてほしい。ということなのだと思います。
リターンを出せないなら、何を言ったところで説得力はないでしょうけど。

ネット人口が4.5億人を超え、世界最大のインターネット利用国となった中国。そのネット業界は独自の進化を遂げ、我々の常識では考えられない戦略や戦術が“中国では常識”となっています。そこでこのサバイバルな状況を把握・分析するためには、現地でこのダイナミズムを実体験しながら冷静な技術的評価をしなければなりません。日系のネット企業の中国進出の成否は、まずこの把握から始まると言っても過言ではないでしょう。
そこで未踏ソフト採択者として高い技術力を武器に、ウェブコンサル会社設立1年目に売上1億を達成した筆者が、現地から見た中国のネット業界についてお話します。もしかしたらブログでは書けないような裏話が飛び出すかもしれません! かたぐるしい感じではなく、気軽な雰囲気でやりたいと思っております。
また誠に勝手ながら会場の都合上、募集人数は5名ほどとさせていただきたいと存じます。

開催日時:
第一部:7月8日(金)17:00~18:00
「中国のインターネット事情」
第二部懇親会:18:30~20:00(参加費実費)

参加費:無料
定員:5名予定 (事前申し込み制 申込数が上回った場合は抽選)
参加対象:中国でのネットビジネスを考えられている法人の担当者。
会場:弊社秋葉原事務所
住所:台東区台東2-5-11サンライズビル3階

■参加申込■
お申込は、こちらのフォームをご利用下さい。
https://chinese-homepage.com/modules/inquirysp/

会社名(必須):メールフォームの会社名に記入
参加者名(必須):メールフォームのご担当者様名に記入
電話番号(必須):メールフォームの電話番号に記入
メールアドレス(必須):メールフォームのメールアドレスに記入
懇親会に参加(必須):する・しない:メールフォームの内容に記入

こちらを全てご記入の上送信して下さい。

※録音及びビデオ・写真撮影はご遠慮下さい。
※お申込み人数が定員に達しない場合は開催されない場合もあります。

JB4020という物をタオバオで買ってみた。5年前にebayで購入したロシア製ガイガーカウンター(RD1503)は、いわきの知り合いのところに置いてきたので今回は中国製を購入してみた。
まず、現在の測定の数値だが、0.08~0.2くらいで、バックグランドの放射線を拾っているレベルである。ロシアの機械が通常0.16位が平均だったので同じくらいか。
なお、今現在は全くの通常値である。

この機械の場合、1秒、30秒、60秒と測定間隔設定があるが、当然期間が短い方が数値のばらつきが大きい。その間隔内にGM管に対し放射線が入った回数をカウントしているだけなのだろう。
ガイガーカウンターなのだから当たり前なのだが、1秒設定だと0~0.5くらいまでバラツキある。
そして、恐らくは、60秒設定ではその間隔のカウント数の平均値を取っているので最も正しい数値が出るのではないだろうか。数字が0.08~0.2くらいに収束し、大体は0.15くらいである。
まあ、このレベルの機械ではこんなものではないだろうか。

ロシア製の機械には被曝量積算機能がなかったが、この中国製にはそれがある。
時計機能が付いており開始日時を設定しておくと動いている限り、被曝放射線の積算値を自動的に表示できるようになっている。
また、設定パラメータのバックアップ機能もある。測定できる最大値もこちらの方が遥かに大きい。ロシア製9.99μSV/hに対し、200.00μSv/hまでOKだ。

ダメな点は、まず作りが雑なところ。本当にGM管が入っているのか最初は心配だったが分解したところ結構大きな物が入っていた。また、基板の設計は結構古い感じである。
デジタルな部分はPIC? でコントロールされており専用ICを使っていないので回路がゴチャゴチャしている。汎用部品を基に組み上げたといった感じだろう。
GM管はガラス製で、ガンマー線やX線用である。

機械に耳をかざすとジーっという音が聞こえる。昇圧回路がでGM管の駆動電圧まで上げている。まあ、普通のガイガーカウンターだろう。

ガガガって音がしないのがちょっとつまらないかもしれない。とりあえず数値が出ればよいのだが。

26、27日に筆者の故郷である福島県いわき市を訪問した。

まず、ガソリンの状況ですが、千葉県や茨城県友部あたりまでは、すでにガソリン給油の行列が解消している感じであるが、茨城県日立あたりから行列が見受けられた。
いわき市の状況も日立あたりと同じようなものであった。また、軽油のみを供給しているスタンドもあったがそこは一台も並んでいなかった。平窪あたりから小川に向かう途中のスタンドだ。

また、郡山にガソリンを積んだ貨物列車が到着したという報道があったので、いわきでも関東のように徐々にガソリン不足は終息すると思われる。

スーパーはヨークマート等が開店していた。特に入場制限等はない。物流が回復してきていると思われ、物は結構あった。

 

また、コンビニも頑張っていて、山間部ではセブンイレブンやローソンなどが殆ど開店していた。そこには100円おにぎりが大量に並べられている。

 

頼れる自衛隊。

 

国道399号線。原発から35km地帯では、愛知県警が訪問者の免許所を控えていた。


大きな地図で見る

 

いわきで物資不足の原因となっている。原発事故に伴う放射線量の変化について。
いわきの知り合いが、政府発表は本当か心配だというので、実際に計測してみた。
政府発表の値が訪問時で1μシーベルト/hであったが、筆者が持って行ったガイガーカウンターの数値も同じであった。
屋外では1.05程度。室内に行くと、0.6~0.5程度。ちなみに、平常時の数値がこの機械の場合0.16~0.2程度である。
つまり、屋外で平常時の5倍、屋内で2倍強程度であった。
これならば、政府発表のとおり健康に影響はないレベルであると思われる。

このように、実際に測定をした結果、放射能については完全に風評被害であることがわかった。
物流業者はライバルが行かない今こそチャンスである。
常磐高速もいわき中央までは完全に開通しており、全く問題なく走行可能だ。

様々なネット媒体に被災者の方の情報が掲載されています。そこには、どこの避難所に居るのか等の情報が書かれています。

しかし、統一されているサイトがあるわけではないので、該当者を探すのに時間がかかります。
また、ブログ等、個人サイトに掲載されているものもあります。

それらの沢山のページを、なるべく素早く見る方法として、独自の専用ブラウザを作ってみました。
使い方は簡単で、インストール後立ち上がったら、キーワード枠に「名前+なにか地名」で入力してボタンを押すだけです。

ダウンロード(フリーウェア)
https://chinese-homepage.com/mysoft/Listbrowser2011.exe

どんなブラウザかは、以下の動画を見ていただければ、感覚的にわかると思います。
■なお、この専用ブラウザは動画のものより簡略化してあります。

 なお、突貫で作成したのでエラーでるかもしれません。 不完全な部分も多々あると思います。

その他のニュース
ブログランキング
にほんブログ村 IT技術ブログへ
 
ニュースカテゴリ
中国ネット基本情報
人気の記事
ニュースのトップへ
中国語サイト制作
ランキング参加中

にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ

プロフィール
後藤(作者)