中国インターネット事情

Weiboどうでしょうか? 何か中国ビジネスで使えそうなものを感じますか? 

さて、Weiboを考える時、そのスタート時点に於いての、実施主体のステータスとして、
1.有名
2.無名
というものがあると思います。


1の実施時ステータス「有名」の場合
Weiboには、中国で最も有名な日本人である「蒼井そら」のような存在が居て凄まじいフォロアー数を誇っています。
その数、ソフトバンクの孫社長ツイッターの10倍(1000万フォロアー)程度です。
これは彼女がWeibo以前から中国では有名人だったということに起因するもので、Weiboはその人気を示す指標になっているわけです

したがって、有名人や有名企業がWeiboを使うと、その人気がどの程度かということが、客観的に分かると言う事になります。
これは利用価値がありますし、書込み次第ではさらにファンを増やすことも可能でしょう。
しかし、有名人や有名企業は放っておいてもマスコミが報道しますから、単にWeiboも数多くあるメディアのうちの一つと言う事になるのではないでしょうか。
別にWeiboでなければ、と言ったものではありません。

 

2の実施時ステータス「無名」の場合
インターネットが登場して以来、何となくその背景に流れている物語として、無名でもネットの力を使って有名になることが可能である……と言う物があります。
そんな物語が、ホームページ、ブログ、ツイッター、フェイスブックと、ホームページを多少改変したものが現れる度に、繰り返し語られています。

Weiboにもこの物語が流れており、特に急成長遂げる中国で有名になろうとする企業が、夢見がちに飛びつく向きもあるようです。
日本のTwitterと異なり、個人で中国にて有名になろうとWeiboをやる人々は少ないので、日本人が利用するなら殆どが企業、商売絡みということになるのかもしれません。

中国でも日本の一部の企業「SONY、トヨタ、明治」や一部の地名「北海道、秋葉原、伊豆、東京、大阪」等は既に有名ですが、進出する大部分の企業は日本で有名であっても中国では無名です。
従って、日本では誰もが知る有名日本企業でも、中国においては、2の実施時ステータス「無名」に相当することが多いのです。

 

さて、このWeiboを実施しようとする無名主体の場合も、2つのステータスに分かれます。
1.資金豊富
2.資金無し

1の場合
資金があるので、Weiboをメディアの一つとして使えます。これも別にWeiboでなければと言ったものではありません。力技で頑張って下さい。
このタイプの場合、しょうもない企画で、中国国内では無視またはスルーされるも日本のマスコミに取り上げられたなどという、運がいいのか悪いのか分からない状態もあるようです。
なお、資金があっても、投資したくない場合は2をご覧ください。
なお、フォロアーの数万くらいはタオバオあたりで購入し、簡単に増やせますのでそこでWeiboの成功を計るのは、かなりハテナです。
このスカウター、実は壊れてんじゃねと言った感じでしょうか。資金をドブに捨てないよう注意が必要です。中国事業には、スーパーマリオのように奈落の穴が沢山存在しています。

2の場合
無名かつ資金もないという状態。
インターネットが登場して以来語られるもう一つの似た物語。それは資金がなく有名でもない中小企業でもネットの力で大企業に伍して戦えるなんていう、なんとも有り難いお話ですが。
どこぞのおとぎ話か! とおもうこの話も、新しいものが出る度に、再発見なのか焼き直しなのかは不明ですが語られ続けています。
中国+Weiboなんていうものも、目新しさがあるので、この手の話は沢山創作されています。
Weiboでどうにかしたい! という願いは、つまるところ、この物語の読者に多いわけです。

しかし、この場合にも言えてしまうのは、Weiboでも人人でもツイッターでもblogでも、つまりインターネット上の文章であるならば、

最低条件としてそれが面白く、
且つ運が良い

ことによって稀に有名になる者が現れると言う事実です。
つまり、条件付ながらも物語は本当ですが、Weiboやそしてこれから現れる新しいネットの何かが、無制限に無名且つ資金がないと言う状態を改善してくれるという訳ではありません。
ほぼ偶然に支配されていて、その確率は非常に低いわけです。

 

さて、そんな、無名・資金無しの場合の最適戦略は何かという話になります。

中国というハイリスクな場所で事業をやる賭け、さらにそこで有名になるという賭け、そしてその先にあるマネタイズできるかという賭け、という賭け三階建て(レバレッジを効かせるともいう)は、最後に大勝ちできる可能性があるのかもしれません。
中国というところはハイリスクだとは思いますが、ハイリターンかは不明です。しかし、ハイリターンかも知れないという予感はあるわけです。
そもそも、ハイリターンを追求せずに小さな勝ちを得る為なら、日本の事業を改善したほうが100倍くらいは簡単です。しがらみの一つでも切ってみると良いでしょう。切るのは厳しいと思うかもしれませんが中国で商売するより容易です。

しかし、こんな三階建てに大金を注ぎ込んでいたら、資金が豊富なら別ですが、追証が発動してまずい事になります。
殆どは失敗に終わり、大金を投じていたら樹海行きですから。まあ、この場合は大金が無い筈ですから逆に安心です。

そこで、この超ハイリスクな事柄への投資資金は極力カットして、しかも偶然に支配された大勝ちのみを狙いながらも大部分の資金は先進国の安定事業に注いで安定的に稼ぐという戦略に行きつきます。
この戦略を実行する上で、Weiboのような中国のネットメディアは無料で使えるものも多く役に立つわけです。
そして、先ずは、ひたすら書いて次々と相手をフォローする戦略と取ることのみを勧めます。 

つまりまず必要なのは、
1.文章を書き続けること
2.適当な相手をフォローすること
3.相手がフォロー返ししてくれない場合は、フォローを削除すること
この3つのみとなります。別に他のネットメディアでも可能ですが、Weiboのほうが自動化しやすいのでこれを使います。

1は少しだけ、2,3は完全にプログラムで自動化できますので、出来る部分はとっとと自動化しましょう。そして、投資を最小化するために他人に任せず自分でやりましょう。
あとは、文章が面白いと信じて運を天に任せるのみです。なんか投げやりですが。

 

中国でのプロモーションなんてこんな具合でやるか、途轍もない大金を投じて力技を使うか? 中間は存在せずそのどちらかしか無いような感じを近ごろ受けるのです。

Weiboにアカウント障害が発生しているという。
あるユーザーは、他人が自分のアカウントを使用していると訴えている。
また、自分がログインすると、他人のアカウントが表示される事もあるとしている。
その後、多くのユーザーにこのような問題が発生しているのだという。
この様な現象は、クラッカーがWeiboのバグを利用しているため発生しているという見方もある。
つまり、他人が自分のWeiboを利用することができるのである。

このバグはWeiboのシステムに起因するものであり、
このセッション通過バグは既に長い時間放置されたままになっているという。
有力なユーザーはなるべく早く、Weibo側に改善を求めるべきだとしている。

なお、Weibo側は公式にはこの事柄についてコメントしていないと。


知り合いのWeiboも乗っ取りを受けていましたが、これが原因でしょうか。
まあ、ハッカーというものは、システムの隙を突くのが常道ですから。バグがあるなら乗っ取りも仕方がないという感じです。

中国版ツイッターのWeibo。
ずっと見ていなかったのだが、久しぶりに見てみたら知らぬ間にフォロー数が1から1000以上になっていた。
実はフォロワー数もゼロだったが、こちらは20になっていた。
つまり、ログインしていないWeiboアカウントが、勝手にフォローしまくったという変な話。

そんなことを言っている中国人の知り合いがいたので、筆者がそれ単に「ハッキング」されているだけだからと答えた。
単なる低レベルのハッキングである。別に怪奇現象でもなんでもない。

パスワードが誕生日などなら、意外と簡単にアカウントを乗っ取ることができるのだろう。
QQ空間など自分のブログのプロフィール画面や、そもそもWeiboに書いてある事もあるし、実名を公開している人も多いので、それでGoogleや百度で調べるとか。
方法は幾らでも有る。実名制が導入されて登録等が面倒になったので、放置状態のアカウントを誰かが再利用するためにハックしているのだろう。

そして、ハッキングされたWeiboのフォロー先を覗いてみると全く知らない所ばかりで、その多くはショッピングサイトの公式Weiboや企業のプロモーションサイトだった。

つまり、これらの乗っ取りを組織的に行い、プロモーション用フォローを量産している集団が居るという事だろう。

今回のハッキングとの関係は不明だが、タオバオなんかで調べるとWeibo等のフォローを売る業者が存在する事がわかる。

大した有名でもないのに急にフォロワーが増えたとしたら、ラッキーが起こったと、喜んで楽観的に考えるより、むしろこういった業者が暗躍していると考える方が妥当だろう。

プロモーションの成功率としての指標としては、Weiboのフォロワー数なんて殆ど当てにならないと言えるのかもしれない。

件の知り合い、フォロワーが増えて喜んでましたけど。

最近こんなニュースが流れた。
なんでも「微博」の個人向けの有料サービスが始まったと言うのだ。今月の18日位の事だ。
じゃあ、わざわざ有料会員になる奴って誰?

その前に、まず有料会員になると、どうなるのか?
以下のような感じである。

紹介によると、会員になったら、ユーザーがフォローする人数が上限の2,000人を超えることができる。
会員はVIP1からVIP6まで6つのレベルがある。
VIP1からVIP3の会員は2,500人、VIP4からVIP6の会員は3,000人をフォローすることができる。
また、微博プラットフォームの各推薦表示リストの中で優先的に推薦されることができる。
さらに、会員の特権にはVIP専用ロゴ、専用個人ページテンプレート、グレードの加速などが含まれている。
それ以外に、会員には音声微博などの機能サービスが提供される。

新浪微博会員の料金はQQの有料会員と同じで、月額10元である。
また、1回で3ヶ月分、6ヶ月分、9ヶ月分を支払うことにより割引がある。
1回で1年分を支払うなら、10%オフで108元になる。
現時点では、微博のユーザーはネットバンキング、微幣(新浪微博のバーチャルマネー)、携帯、音声電話4つの方法で支払うことができる。

しかし、新浪微博有料会員制は、それほどネットユーザーの支持を獲得していないようである。
ある新浪微博に関する投票調査の結果によれば、5693人の調査対象者の中、90%以上は有料会員にならない、2.1%の調査対象者が有料会員になるということがわかった。
3億人以上の登録ユーザーの2.1%が有料会員になるとしたら、新浪微博の有料会員数が630万人を超え、約6.8億元の年間売上高になる。

業界の人たちもほとんど新浪微博有料会員制に対して、楽観的な見通しを持っていない。
捜狐(Sohu)の製品副総裁の方剛は「捜狐微博」は永遠に料金を取らないと表明した。
さらに、有料になった新浪微博のユーザーが捜狐微博に移転することを歓迎すると彼が述べた。


とまあ、こんな具合なのだが、有料会員になりたいやつが2.1%もいるから逆にびっくりした。

ホームページでもツイッターでもブログでもこれでも、やっぱり内容。
つまり、どのプラットフォームであろうと、ダメな物はダメだし、企業会員や有料会員になってもダメなものはダメだし。
もし成功しているのだとしたら、それは個別のプラットフォームの優秀さではなく、それを書いている人が優秀だということ。

確かに、新しい物を使う「だけで」成功しそうな気にはなるけど。
インターネットバブルの時代から、それは大きな勘違い。
ネットを使えば……ブログなら……フェイスブックなら……企業会員になれば……有料会員になれば……どうこう。あ、セカンドライフなんてのもありました。
これは、それを突いた商売なんですね。

そんなわかりきった商売でもやる奴が居るだろうけど、2.1%もの世知辛い中国人がそれを使うって、大半はフォローヤッテヤルゼ業者の皆さんかも。
つまり個人向けと銘打っているが、主力ターゲットは業者向けサービス!? 新浪微博自体は誰だろうと儲かるからいいでしょうけど。

そこの企業のみなさん。
新浪微博フォロー数が増えたって喜んでいる場合じゃないかも。もっと良く見ましょう。

あるWeiboアカウントの乗っ取り事件

カテゴリ : 
Weibo
執筆 : 
chinese-homepage.com 2012-4-11 8:07

あるWeiboユーザーが自分のWeiboにログインしてみると、見た事も無い写真、書いた覚えのない文章が掲載されていたという。
女性が使っているWeiboだったが、何故か自己紹介の所には見知らぬ男性の写真が掲載されていた。
しかし、乗っ取った相手は何故かパスワードを変更するのを忘れたようで、ハッキングを受けた後も元のユーザーがそのままログイン可能だった。。
自分の写真を掲載して、肝心のパスワードを変えないという微妙なハッカーも居たものだが、どうも中国ではアカウントの乗っ取りは日常茶飯事に起こっているようだ。

Weiboに限らず、中国の多くのWEBサービスは日本と同じでID&Password式のログイン方法である。
このパスワードが、本人の知らぬ間にクラックされてしまうのだろう。

立派な不正アクセス行為だが、それほど大したハッカーでなくてもパスワードクラック出来てしまう点も問題なのだろう。
しかしこれは、中国の人々のプライバシーやセキュリティに関する意識が低いために起こるべくして起こっているとも言えるのだ。

3Q大戦とよばれた、中国製IMと中国製ウィルスソフトの戦いで、互いに相手のソフトは危ないと非難合戦をしていたが、筆者からすればどちらも黒。
少なくてもグレーだと思っていたが、今でもそれらのソフトのシェアは減少する事なく使われ続けている。
さらに、P2Pソフト等も中国にあるPCには大体入っていて、そんなソフトばかり入れているから知り合いのVaioにウイルスが50位入っていたのを見たことが有る。

こんな感じであまりセキュリティを意識していないわけで、いつも利用しているパスワードも自分の誕生日とか1~9とかいい加減なものが多い。
誕生日は誰でも見える自己紹介のページに掲載されているのだから、鍵と金庫が一緒に置いてあるようなものだ。

こうして、中国ではQQのアカウントが乗っ取られたり、Weiboのアカウントが盗まれたりと言った事が頻発しているようだ。

自分の身分証明書が登録されたWeiboアカウントを盗まれたら最悪だと思うが、そんな事を深く考えているようでも無く、パスワードは忘れず簡単な方が良いという理由で今日もいい加減なパスワードが登録され続けているのである。

中国のサービスでは色々な所で、実名制を取り入れており個人認証を受けることが必要だ。
近ごろでは中国版ツイッターであるWeiboに実名制が導入されたのでちょっと話題になっていた。

この事については、いろいろと議論もあるようだが、それは置いておいておく。
むしろ、一体どんな認証で仕組みはどうなっているのだろうか?

中国は個人総背番号制なので、それを入力してもらって正しいものか確認し、さらにそれが書いてある身分証明書の画像をアップロードしてもらって、認証完了というフローが多いのではないだろうか。

中国マスコミによれば、この個人番号をデータベースに照合して確認する会社が北京に2社あって独占状態にあるのでぼろ儲けという話も報道されていた。
システム的には、Weibo等に身分証明書番号を入力すると、この手の恐らく警察と関係がある会社(中国では、身分証明書情報を保持しているのは警察)のDBに照会して入力情報の正しさを確認するわけである。
問い合わせを行うAPIのようなものが存在していて、Weiboのシステムを連結されているのだろう。
規制を作って儲けるというのは、日本でも古くから行われている手法で目新しさはないが。

ソーシャルメディア活用とかそんな努力も、ビジネス的には利権でGOの人々には結局は敵わないと言う身も蓋もない結論に。
中国のネット凄いぞ~~ということと、ビジネスは全く別という話です。

それぞれの国には、それぞれの掲載基準が存在する。そういった国で商売をやるなら、その基準を順守するしかない。

Twitterは新しいシステムでこれに対応するようだ。

Twitterのブログによれば、それぞれの国によって問題のあるツイートを、全世界で削除するのではなく、問題となる国のみで非表示にすることができるシステムだという。
http://blog.twitter.com/2012/01/tweets-still-must-flow.html

このやり方は、撤退前のGoogle中国の検索エンジンと全く同じ手法である。
ただ少し違うのは、ツイートをした者に明確な非公開の理由が伝えられるのだという。

わざわざこんなシステムを作ったのは、大市場中国を睨んだものかもしれない。

しかし、twitter空白地帯に横たわるweiboを蹴散らすことはかなり難しいのかもしれない。

12月16日、北京市人民政府新闻办公室、北京市公安局、北京市通信管理局、北京市互联网信息办公室は共同で「北京市微博客发展管理若干规定」を発表した。
規定によると、微博で情報コンテンツを作成、複製、発表、配信する場合、実名を使ってアカウントを登録することになる。

北京市の関連部門の責任者の説明によると、本当の身分情報はバックグラウンドでの登録のみ使用される。
ユーザーが微博サービスを利用する名前は自由に決めることができる。つまり、「バックグラウンドでは実名、フォアグラウンドでは自由」である。
また、当然ながら微博で情報を見るユーザーに対して、制限の規定はない。

微博ユーザーの登録情報に対する保護を強化するために、北京市は、微博サービスを展開するサイトは微博ユーザーの登録情報の安全を保護する義務があることを規定した。
更に、サイトに対して明確な要求を出した。
「健全なユーザー情報セキュリティ管理制度を確立してユーザー情報の安全を保障し、ユーザー情報を漏えいを禁止する。また義名の微博ユーザーを作成してはならない」

既に微博サービスを展開していたサイト及び既に微博アカウントを開設したユーザーに対して、北京市は次のように要求した。
「この規定が発表される前に既に微博サービスを展開していたサイトは、この規定が発表されてから3ヶ月以内にこの規定によって北京市インターネット情報コンテンツの管理部門に関連の手続きをして、既存ユーザーを規制するべきである」

新浪、捜狐などの微博サービスプロバイダによると、微博実名登録は偽情報や有害な情報が微博を介して広がることを抑制し、健全なネットワーク環境を作成することに肯定的な効果を持つという。
また、これらの微博サービスプロバイダはこの新しい規定の実施後の微博業務の発展には自信を持っている。

中国ではツイッターは見れないが、そのクローンとして誕生したのが微博である。
温州の事故への非難や公務員のバカ息子への人肉検索、愛人の豪華な暮らしぶりなど、有害情報(笑)が広がって困っていたので、拠点とする微博業者が多い北京市で実名制にしてみたようだ。
タオバオと違って物を売る訳じゃないし、いちいち登録するのは面倒だろう。
グダグダになりそうな予感がするのだが、3ヶ月後にちゃんとできているか? 微博どうこうよりそちらのほうが興味がある。
この件については、追って報告する。

それにしても、これはテンセントQQの微博にとっては追い風か? 彼らはシンセンだし。 

11月9日、中国版ツイッターを展開する新浪SINAは2011年9月30日までの第三四半期の財務報告書を発表した。
報告書によると、9月末までのところ、新浪微博の登録ユーザー数は2.27億人を超え最近では2.5億人を突破し、新浪の広告収入は大幅に増加した。
しかし、投資価値の下落の影響により赤字に転落。純損失が3億ドルを超えた。前年同期は3130万ドルの純利益だった。

財務報告書の内容によると、新浪微博のユーザーアクティビティも明らかに向上した。
9月末までのところ、新浪微博のユーザーが平均的に毎日発表する微博件数は7500万件から8600万件に増えて、15%上昇した。
同時に、新浪微博全体のトラフィックも23%増を達成した。
現在の重点は微博により多くのSNS機能を追加してユーザーのロイヤリティを向上させることだと新浪のCEO曹国偉が述べた。

微博の普及は更に新浪のブランド認知度を高め、ネット広告ビジネスの業績を向上させたと曹国偉が表明した。
今年第三四半期、新浪のネットブランド広告の売上が初めて1億ドルを突破した。
新浪の第三四半期の売上高は1.303億ドルで前年同期比20%増。純損失が3.363億ドル。

曹国偉によると、新浪は微博のビジネスモデルを模索し続けている。
現在のところ、新浪は微博広告システムを発展させ、小額決済システムを強化している。
これは将来、微博のビジネス化のための不可欠なプロセスである。
小額決済の面では、ユーザーのSNSゲーム及び「微号」(新浪微博の新しい有料サービス。ユーザーにQQ番号と似ている純数字番号のアカウントを提供する。)用の新浪の微幣ビジネスは既に始まった。
市場分析機関クレディスイスの最新報告書の中では、「微号」ビジネスは新浪微博に3100万ドルをもたらすと予測されている。
Mirae Asset Securitiesが今年10月に発表した研究報告書によると、新浪微博が2012年にビジネス化を実現したら、新浪微博の広告収入は5000万ドルに達するとの予測している。

今後10年間におけるインターネットでは、Eコマ—スは爆発的な成長を遂げると曹国偉が表明した。
新浪は微博ECプラットフォームを構築しようとしている。微博のビジネス化のために、将来EC方面でより多くの試みを行う予定だという。

ユーザー登録とログインをより便利にするために、最近通販会社「麦考林(Mecox Lane)」は新浪微博(シーナweibo【ウェイボー】)と提携している。
ユーザーはシーナマイクロブログのアカウントを使って直接に麦考林のサイトにログインして商品を買うことができる。

シーナweiboのアカウントを使って直接に麦考林のサイトにログインすることにより、ユーザ登録とログインの時間を節約することができ、ユーザーのショッピング体験を向上させることができると麦考林の関連責任者が表明した。
また、シーナマイクロブログが持つ大量のユーザーの優位性は麦考林のユーザー導入コストの削減にも繋がる。
以前、麦考林と支付宝(アリペイ)「快速ログイン」も提携して同じサービスを提供し始めた。

今年3月、シーナは「中国動向」と共同で麦考林の一部の株式を買収した。この買収はシーナが近年電子商取引分野での重要な投資である。
ソーシャルメディアの台頭の時代に、業界人はシーナと麦考林がソーシャル電子商取引分野での提携に期待しているという。

ソーシャルメディアの台頭に伴って、ソーシャル電子商取引はEC市場の強力で効果的な触媒となっている。
如何にソーシャルネットワークを利用して顧客にサービスを提供することについて、麦考林とシーナは今後またより多くの協力形式を模索するという。


ユーザーが居ないネットサービス会社が、こう言ったところと提携することによって、一気にユーザー数を増やす事ができるか。
特定の属性のユーザーのみに絞ることができれば、いろいろと使えるか。

その他のニュース
ブログランキング
にほんブログ村 IT技術ブログへ
 
ニュースカテゴリ
中国ネット基本情報
人気の記事
ニュースのトップへ
中国語サイト制作
ランキング参加中

にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ

プロフィール
後藤(作者)