中国インターネット事情
  • カテゴリ ネット関連技術 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

最近はモバイル重視ということで、モバイル対応Xoopsテーマを作ることも考えましたが、この際、ザックリとWordpressに変えてしまう事にしました。

現在のサイトは旧サイトとしてそのまま残しますので、古い物も今までどおりご覧いただけます。

ということで、お見苦しい点もあるかもしれませんが、作業中は宜しくお願い致します。

今年から、マイナンバーというのが日本でも実施されるらしい。
中国も国民総背番号制だし、ICカードだし、ある意味、いよいよ中国と同じになるわけだ。

ネット契約でも、切符買うのでも、ホテル泊まるのでも、ネトカフェ行くのでも、部屋を借りるのでも、中国では何をやるにもこの番号が必要になる。
しかし、ICカード自体の写真がネット上に沢山アップされているので、成り済ましとか、多いだろうなと思う次第だ。
そもそも、ニセモノカードも多い。

日本では、さすがにその点は、やってみないとわからないが大丈夫だとは思う。
最初は経理とか社会保険しか使わないみたいだし。

しかし、経理とか社会保険となれば、勤めている会社には知らせる必要がある。

会社が経理とかバックオフィス系を海外に委託している場合って、どうなるんだろう。
或いは、経理系のクラウドサービスを利用していて、そのサーバが日本に置いてなかった場合はどうなんだろう。

もちろん、海外だからといって即座に情報流出するわけでもないし信用商売だから漏れる可能性は低いと思うが、日本のナンバー法が適応されるのだろうか? という疑問はある。
まあ、主権の問題があるから無理だろう。
やられたら、どうにもならないようなパターンだ。

さらに政府によれば、今後は、経理とかだけじゃなくて民間にも適応範囲を広げると言っている。
それに合わせて色々と規制を作るのだろうけど、世の中には、個人情報の取り扱いが緩い国(需要があるんでしょうね)があるので、そこにサーバが置いてあった場合…
マイナンバーを管理しているのは番号を持つ個人なのだから、その人がそんな海外システムに一度入力してしまったら、どうにもならない。

このように、ナンバー法をいくら厳しくしたところで恐らく流出は避けられない。応用範囲を広げるならコントロールできるわけがない。
しかし、法律で決定していることだし避けることが出来ない以上、それをコストと見なして、徹底的に使い倒すほうが合理的だ。

合理的なのだが、一度流出したら相当叩かれんだろうな。これ。。
ただの経理用番号になり下がる可能性も大きいだろう。

むしろ、G社のように、便利だからとみんなに使わせまくって黙って名寄せしまくって、個人特定できるようにするというやり方もあるんでしょうけど……
さすがに政府はそんなヤンチャなことはできないのでしょう。


さらに、マイナンバーが何処までなのかという疑問もある。
マイナンバーの果てはどこか?
例えば、マイナンバーを、特定のアルゴリズムでハッシュ化したものはマイナンバーなのかとか?
一対一で対応しているからダメというなら、ハッシュの衝突が多くなるショボイアルゴリズムでやればいいとか。
ハッシュ自体は衝突していても、別の属性でらくらくマッチング可能とか。

どこまでがマイナンバーで、どこからが違うのか? 謎だ。

Googleはあなたの大部分を把握している。これは紛れもない事実だ。

サーチエンジンで、検索キーワードと見たサイトを。

第三者のサイトで、埋め込まれたGoogleアドセンス広告やGoogleアナリティクスから、見たサイトを。

Gmailで、あなたのメールを。

カレンダーで、あなたのスケジュールを。

Android携帯で、あなたの位置と誰が連絡先を。

こうしてみると、
ネット上の行動はほぼ把握され、リアルの行動もかなりの部分Googleに知られていることになる。
その行動パターンは個々人のGoogleIDに紐づけられて、最も大切なデータ資産として活用されているのだろう。

政府の機密情報から社内不倫情報まで、ものすごく把握されてしまっているわけですね。

こうなると、Google内サーバに保存されている自身の情報を狂わせる「デコイ検索」をするのも面白いかもしれない。

「デコイ検索 Decoy Search」とはなにか?
自分が通常全くしないような検索を行ったり、絶対見ないページを見たりして、Googleサーバと遊ぶことである。
要は、Googleサーバ内の自己データを書き換えて、異なる自分をGoogle内に作り出してしまうのだ。
そのフィードバックは、アドセンス広告やGoogle Nowとして現れるので、結果もすぐにわかる。

これやると、こんな広告がでるのかとか、ああこれはこれだけ広告費を投入しても売りたい分野なんだなとか、いろいろと発見もあります。

ゲームのように、ある分野のGoogle Nowカードや広告を狙って出すために、いろいろとやってみるのもいい。
自分には全く用のない広告が出れば出るほど成功で、Google内の自己データとリアルの自分とのズレが大きい状態だ。
Googleのガチャゲーともいえるかも。狙ったGoogle Nowカードや広告を出すのが目的。

電車の中とかで、パズドラと同じくらいお手軽に出来るので、適当なキーワードで検索したりしてます。 
意外とGoogleのアルゴリズムにもマヌケなところがあって微笑ましいですね。

MacBookPro15を導入して3年。
あまり不満はないが、機械だし、故障したときの損失が大きすぎるので買替えを考えている。
そこで、2015年3月現在、最近はどのような、高性能ノートパソコンがあるのか調べてみた。

使用目的:
・巨大データ処理
・プログラム開発(Delphi、Unityなど)
・その他(このブログ書くとか)

要求:
・現有のMacbookProより高速なもの
・軽量(2kg以下)
・画面が大きい。(これは妥協可能)
・価格もそれなりであってほしい。(これは希望)

候補
1.2014年版 15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル
http://store.apple.com/jp/buy-mac/macbook-pro?product=MGXC2J/A&step=config#
これはかなり良いが、Windowsを使う為に自分で入れる必要があったり、キーボードがWindowsだと使いにくかったりするのが難点。

2.2015年版 VAIO Z(モンスターPC)
https://vaio.com/products/z/
周りがモンスターばかりだと、モンスターPCと思える程の性能でもない感じがするが、軽いのがいい。
4コアCPU搭載であれば、これにするところだが、2コアしかないので途中で買うのを中止したPC。

3.2015年版 VAIO Z Canvas(モンスタータブレット)(未発売)
https://vaio.com/products/z_canvas/
こちらは4コアだが、筆者は絵なんて描かないし、クリエイターは別に絵描きだけじゃないだろとツッコミを送りたいPC。
普通のPCで最高峰を目指してほしかったが、このスペックだとわざわざ対象を絞って売れないものを作っている印象あり。
使った漫画家の方のレビューを読むと、MacbookProよりは遅いらしいが今改善中とのこと。

4.DELL Precision M3800
http://www.dell.com/jp/business/p/precision-m3800-workstation/pd
4コア搭載で、そこそこ軽いMacbookProみたいなPC。
しかし、構成かえるとMacbookより高くて低性能? 本家より高い価格を見直してほしい。

5.MSI GS60 2QE-233JP
http://jp.msi.com/product/nb/GS60-2QE-Ghost-Pro-4K233JP.html#hero-overview
ゲームPCだが1.9Kg程度と軽く画面も15.6インチ。性能はかなりのもの。
ただし、150WのACアダブタが大きそう。

6.2015年版 15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル(未発売)
2014年版とはデザインが一新されるなんていう話もあるらしい。性能は当然、現行版の上だろうから有力な候補であることは間違いない。


それにしても思うのは、PCの性能向上が完全に停滞してしまっているという事だ。
3年も経ったのだから、遥かに高速、遥かに大容量のPCが出てきていてもよさそうなものだが、今使っているものと比べてあまり差はない。
今となっては、購入スパンを5年に変えないと、昔は1年で感じた劇的な性能向上は体感できないのかも。

最近、ふいにトランジスタ技術という本を20年ぶりぐらいに手に取りました。
第一印象はずいぶんと薄く軽くなったものだというものでしたが、特集は興味深いものでした。

それは電波をADコンバーターに直接投入してデジタル化し、それをPCの計算(要はプログラム)にて復調する手法で、「SDR」というものでした。
音声とかじゃなくて電波のような高周波数帯までADコンバーターでカバーできているところが、時の流れを感じさせます。

これは面白そうということで、SDRできる受信機を探したのですが結構な値段です。
トランジスタ技術で紹介されているSDRトランシーバーは10万位します。とても手が出ません。

ところが、1000円を切る価格で販売されているPC用のUSBワンセグチューナーを利用すると、簡単にPCを広帯域受信機にできることがわかりました。
SDR#というフリーソフトとこのUSBワンセグチューナーさえあれば、即座にPCが広帯域受信機になるわけです。

これは凄い。ソフトウェア受信機だから、PCの能力がある限りいくらでも機能拡張できるわけです。
例えば、普通にラジオやテレビを受信することはもちろん、気象衛星データを受信して復号したりすることも可能みたいです。

さて、これを使ってなにか出来ないか? 地味なものを見つけました。

AISとは船舶の位置情報システムのことで、これをSDRで受信してGoogleマップで表示とか、それほど難しくなくできるのではないかと。
実際このようなソフトはいくつか見つかりました。

これを船舶のスケジューリング管理ソフト等に応用すれば役に立ちそうですね。

JT65とかSDRとか、いろいろと面白そうな電波ハード界隈です。

様々なスマホ用のチャットアプリが巷に溢れています。
中国なら微信とか、日本でもスタンプ交換とかいって、LINEが流行っていますね。
これらのアプリの多くは、暗号化されているので安全だと言われています。

しかし、プリズム暴露で有名になった元CIAスノーデン氏の話が本当であれば、いくつかのチャットソフトは暗号化されているにも関わらず、その情報が情報機関に漏れているようです。
なぜ暗号化しているのに、情報が漏えいするのでしょうか?

アプリが自動付与する暗号の鍵がどのように管理されているか、ユーザーには把握できません。
筆者も、自分のチャットアプリの暗号鍵(秘密鍵)を見たことが有りませんし、どこにあるのかもわかりません。
そして、自分で管理していない以上、自分以外の見知らぬ管理者が鍵を第三者に提供したとしても、ユーザーには全くわからないわけです。
このように、暗号化をしていることと鍵の管理は別問題ですから、「暗号化しているから安全」とは必ずしも言えないわけです。
例えるなら、鍵がなければ絶対開かない強固な金庫にお宝を隠していたとしても、管理が杜撰で鍵を盗られてしまえばお宝も盗まれてしまうのと同じ理屈です。

さて、今回、LINEアプリについて韓国の情報機関がその情報を取得しているという報道がされました。
報道したのは、オリンパス事件で有名なFACTAというところですね。何か確証があるのでしょうか?
http://facta.co.jp/article/201407039.html
http://facta.co.jp/blog/archives/20140619001250.html

それに対して、アプリ会社側の反論ですが、
http://moriaki.blog.jp/archives/1988243.html
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1406/19/news133.html
暗号化しているから安全と書いてありますが、どうも反論としては話がかみ合っていない感じがします。

ここまで書いた通り、通信の暗号強度が世界最高水準であることと、鍵の管理が問題なくできているかは、関係が無いわけです。
また、管理といっても、社内的な管理問題に矮小化できるものでもないはずですが、話としては国家機関からの要請があっても”断れるかどうか”という単純な話にすぎません。
それを、一企業が拒否できるか、所属する一社員に拒否できるのか、外注会社が拒否できるのか、或いは仕様を知るその他関係者が拒否できるのか、どうでしょうか?
要請といっても、正式なものからそうでないものまで、いろいろなやり方が考えられるわけです。
このように、暗号とは何の関係もない泥臭い話になってくるわけで、今回の報道に至ったということは、このあたりの事情についてFACTAは何か掴んでいるのでしょうか?
FACTAは技術メディアではないので技術やら暗号に興味はないでしょうし、もし何かあるなら、こちら側から切り込んでくるのではないかと思います。
筆者がなんかかみ合っていないと感じるのはこの点です。

とはいっても、ユーザー側からすると、安全なようで実はダダモレかもしれないけど面倒だから気にせずそのまま使うという、程度の話ですが。
そんなことをいちいち気にしていても仕方がありませんし、スノーデンの暴露後も、筆者は普通にG社やらF社を使ってます。
どうせ大したことしていないし、気にしたり対処したりするのが面倒だからです。恐らく大多数の人がそうで、チャットアプリでもその例に漏れないと思います。
このように、利便性の観点から皆が構わず利用するので、この手の機関にとってチャットアプリが今後非常に重要な情報源になってくるってことだけはわかります。何しろ母数が大きいので、重要な情報も稀に流れているでしょうから。

米国はアプリケーションレベルより上層のOSを握っているから、どうという事は無いのでしょうが、その他の国々にとっては多数の人々に同じソフトインストールさせるチャンスです。
http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052702303350404579635043054829868
現在、東南アジアでこれらのチャットアプリが激烈なシェア拡大競争をしているようです。

海上での衝突なども伝えられる地域ですので、各国の機関にとっても、どの国のチャットアプリがこの地域でシェアを獲得するかは気になるところなのかもしれません。
また、良くできた自国製のアプリがあるので、他国製のアプリが中国で流行らないのも当然かと思います。

他国が戦略的に企業を育てる中で、日本には有望なチャットアプリがありませんので、ひたすら情報を取られる側といういつものパターンになってしまっているわけですが。
なにやらかわいい絵文字がでるソフトが、いかにも兵器っぽい新型の空母や戦車よりも、はるかに強力な戦略兵器として応用できるというのは電子戦時代ならではなのでしょう。

前出の記事については、続報が待たれるところで、スノーデンの時みたいに、より具体的な根拠が示されるかが焦点になると思います。
逆に続報がなければただの憶測ということになりますが、どうなんでしょうか。

中国においては、かなりネットセキュリティ環境が厳しいと言わざる負えません。
中国製のソフトを入れないのは勿論、なるべく中間業者を挟まずにキャリアへ直結する回線、信頼できるルーター装置、そして常日頃の暗号化など、できる対策をすれば被害にあう確率を下げることが出来ます。

以下、チェック項目

  • PCのセキュリティソフトに中国製をつかっていませんか? 今すぐにマイクロソフトエッセンシャルに変えましょう。こちらも無料です。ネットワーク内にあるPC全てをチェックしましょう。
  • 各ソフトの最新版やパッチを導入していますか? IE6やWindowsXPを利用するのは止めましょう。
  • 中国で購入したPCを使っていませんか? 中国のPCには新品でもウィルスが入っているものが結構あると言う報告が米マイクロソフトから出ています。
  • 中国のOSなしPCに、電器屋さんが無料でOSを入れてくれるサービスがありますが、そういったPCを利用していませんか? その無料OSはウィルス入りかもしれませんよ。今すぐ初期化して正規版を入れましょう。
  • ルーターは信頼性の高いものですが? なんなら日本製を持っていけばいいかもしれません。
  • 無線LANがクラックされないように、MACアドレスで規制をかけていますか?
  • 信頼できる回線業者を使っていますか? オフィスビル内の共同回線や、ホテルの回線にも途中にクラッカーが居るかもしれません。なるべく中間業者が少なくキャリアに直接つながっている回線が安心です。
  • 信頼できるVPN業者を使っていますか? 暗号化できないVPNや特別なソフトを利用するものは、怪しいかもしれません。自分でサーバを立てる方法もありますがこれも管理が必要なので何とも言えないところですので、日本のそれなりの会社のものを利用するのが一番かも。
  • 日常的な暗号化処理。
  • 二重認証の導入。Googleのアカウントなどはこれが利用できます。が、携帯のアドレスにしか送れないのでそれが多少面倒です。
  • パスワードは10文字以上にしてランダムで複雑、且つ 大文字・小文字・数字・記号を織り交ぜること。
  • そして、もっとも重要なのは、パスワードを常日頃変更することです。しかし、これがなかなか出来ない。変更が多くて紙に書いて画面に貼るとかになると、本末転倒です。

これらをすべて実施するのは、かなり難しい話になってくるわけですが、パスワードの変更を頻繁に行うだけでも効果がありそうです。

iPadともAndroid PadともちがうWindows Padという第3の選択肢。

今回購入してみたのですが、その使い勝手はまだまだタブレットとしては未完成といった感じです。
一番驚いたのは、WindowsPCにUSB接続しても、ファイル交換できないといった点で、MSの設計思想が理解できませんでした。
すでに、謎レベルといっていいでしょう。

AtomCPUでも意外と高速だというのは、いい点ですが、これはIntelが良かっただけで、MS関係なしです。

中国では街の電光表示板から場末のKTVまでWindowsXPがバリバリ動いている。サポート切れでこれら全てが踏み台用PCになると言うという懸念があったが、マイクロソフトがしぶしぶ中国での公式サポートを続けることになったので中国のサイバーアナーキー地帯化は回避された。
https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/details.php?bid=967

しかし、XPのサポートが継続されるのは中国のみだ。
逆に言えば、それ以外の国では継続されずに、2014 年 4 月 9 日 (日本時間) に、サポートが終焉を迎える。

しかし、壊れても居ない業務用のPCを買い替えるかといえば多くの中小企業は買わないだろうし、個人用なら文章を作ったりする程度だろうから同じだろう。
そもそもサポート終了という概念が、伝わっているのかも疑問だ。
Windowsアップデートのダウンロードとか再起動が無くなるのなら、かえって速くなって調子がいいと思うかもしれない。
PCに特別の思い入れでもない限り、こんな感じでXPはそのまま存在し続けることになるのに違いない。

大阪の企業の46%は「いまだにXPを使っている」──大阪信金調査
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140325-00000094-zdn_n-sci
実際、こんな感じで使われているようだ。

つまり、中国のXP=PCがハッキングしにくく、世界のXP=PCはハックし放題という状況に。
当然、めんどくさいところより簡単な所を踏み台にするから、大量に発生するサポート切れXPは、中国以外の世界にばら撒かれたウイルスのようなものだろう。

中国のPCがウイルスだらけじゃという話題を何回も書いたが、MS大先生が世界中にウイルスをばらまいてくれたおかげで、このパワーバランスが逆転する可能性がある。
世界もウイルスだらけになるってこと。

この事態を回避する手法はただ一つ。
中国を見習え! だ。

MS先生、中国市場よりずっと高値でソフトを売りつけてタップリと儲けたはずの日本市場でも、XPサポートを継続しろ! と日本政府が圧力をかけるべきだろう。
サポート切れXP=ウイルスをどうにかせい! とばら撒いた責任者に一言いえばいい。

さもなければ、踏み台事件やら、機密情報の流出やらが、次々と発生することになるだろう。

ソニーがスマホに装着するデジカメを出していましたが、カメラが付いているスマホにデジカメを装着する意味不明なガジェットでした。
スマホに押され、デジカメが商品としてつまらないものになってきている顕著な例なのでしょう。

さて、中国のおもちゃ屋に行くと、オモチャのヘリコプターが100元とか200元で多数販売されています。
このヘリ、ただのオモチャではなく、実際に飛行できます。
ラジコンヘリと言えば、10万円以上とラジコンの中で最も高額なガジェットだったのが、近年、驚くべき低価格化を果たし数千円のレベルで売られるようになったのです。

その背景としては、携帯の普及による部品の低価格化が挙げられるでしょう。
携帯で使われている、バイブレーター用小型モーター、ジャイロセンサー、小型バッテリー、GPSセンサー等々、これらが例価格ラジコンヘリの構成部品となっているのです。
携帯電話の部品供給地が中国なので、携帯の副産物とも言えるこれらのラジコンヘリの産地もだいたい中国です。
タオバオを見ると様々なヘリが開発され、販売されています。
さらに、携帯と言えばカメラ搭載が普通ですから、カメラユニットにも小型化・低価格化の波が押し寄せていて、それをラジコンヘリに搭載すれば空撮用ヘリの一丁上がりとなるわけです。

で、これが楽しい。
https://www.youtube.com/watch?v=AXa2VsPB140&list=PLUqAE-9STXOm3mJaviTtLKX5M_gvuGdMw

是非、日本のハイテク(死語?)を使って作ってほしい。スマホにデジカメ付けてる場合じゃない。
小型化や自律飛行、撮影対象認識による追っかけ機能(一度認識した人物や動物をおいかけて撮影する)とか、小型大容量電池とか、日本のハイテクを投入できる分野はいくらでもある。

ある意味動く三脚的使い方もできるし、アクションカメラより面白い映像が取れるのも間違いがない。
あるいは100m上空から撮影してこい指示すると自動的に撮影してくるとか、上空から撮影対象に向かって自動撮影するとか。

現在のマルチコプターはユーザーがコントロールすることに主眼が置かれているが、自律飛行と撮影を主とした撮影用の小型デジカメコプターが今後どんどん出てくるのではないだろうか。

その他のニュース
ブログランキング
にほんブログ村 IT技術ブログへ
 
ニュースカテゴリ
中国ネット基本情報
人気の記事
ニュースのトップへ
中国語サイト制作
ランキング参加中

にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ

プロフィール
後藤(作者)