中国インターネット事情
  • カテゴリ 百度 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

今話題になっていますが、これは別に日本企業だけがターゲットというわけでもなくて、普通にどの企業でも顧客情報(企業にとってはまさに機密資料)アップしている事例などが見受けられます。

■過去記事:百度文庫で個人情報が曝され、1700人以上が営業攻勢で苦しむ
https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/details.php?bid=589

この記事にも有る通り、一般的に中国にある多くの企業では内部統制が適当なので、別に中国に進出している日本企業の内部統制が緩くても驚くにはあたりません。
普通に中国企業や欧米企業の秘密もダダモレになっているはずです。

自分の担当顧客は自分のモノという意識が営業マンにはあるだろうし、営業以外の職種でも自分がやった仕事の成果は自分のモノという意識があるのではなかろうか。
日本企業の場合は、日本人と中国人の給料に数倍の格差があることは皆知っているし、数倍の給料を貰う駐在の日本人が無能なら、ますますこの傾向が強まるものと思われます。

また、それなら内部統制を強力にヤレと言ったところで、日本のように人員もおらず、臨機応変に対応しなければならない中国ではかえって、その統制が商売の足枷になるのではないでしょうか。
人員が少ない状態で統制というある意味余計な仕事を押し付けられれば、駐在の人間もOKY=本社の人間ウルセーよ。
お前Oが来てKやってみろY! となりロクなことがありません。

百度に圧力をかけても別のところに流れるだけだろうし。あまり意味はなさそうです。

抜本的には、日本人の給料と中国人の給料を、同一労働同一賃金にするなどの対策をして、現地社員のモチベーションを上げないと解決は難しそうです。
誰もが認める駐在なら、給料水準に差があっても、それはいいのかもしれませんけど。
大したことないと思われた途端、給料に大きな差があるとモチベーションは地に落ちます。

内部統制強化の前に、優秀な人材をマネージャーとして送り込むことと、給料差を合理的な水準にするなどの対策が必要そうです。日本企業に限らず、どの企業でも。

百度美拍は、かわいい女の子を探したい男と、いい男を捕まえたい女の子の出会いを究極的に全力で追及したアプリである。
まず、微信などと違って男は全く出ない。男子禁制。
完全に割り切っているのである。

だから、このアプリを開くと、だだひたすら若い女の子の写真が出てくる。
で、男側は、女の子の写真に対していいね!とか、フォローとか、コメントとか、連絡をするだけだ。

所詮、微信の目的はコレだろ! コレだったんだろ!
だったら、もっと目的にあったものを、オレがくれてやる! さあ探せというのが、百度の言い分だ。
現在のユーザー数は300万人程度。微信なんかもう古いのカモ。。。

こんなミモフタもないアプリだが、無料で中国美女と中国語のお勉強をするチャンスかもしれない。
写真には日本のアイドルの写真なんかもあるので、どの程度、本人なのかは不明だが。
 

百度美拍URL
http://app.image.baidu.com/meipai/

11月2日、百度の発表によると、百度は私募会社プロビデンス·エクイティ·パートナーズ(Providence Equity Partners)が保持している動画サイト「愛奇芸」の株式を買収する予定。
既存の管理チームの指導の下で、愛奇芸は独立したブランドとして運営され続ける。この取引は2012年第4四半期に完了する予定。
取引完了後、愛奇芸は百度の財務報告書に入れられる。

価格と増やす株式の割合はまだ明らかにされていない。今週中にSEC公告を発表する予定なので、その発表データに従うという。
この取引の前に、百度は既に59.92%の株式を保持していた。

百度は動画検索機能を利用して愛奇芸の結果を優先的に表示し、愛奇芸に重要なトラフィックを導入することができる。
情報によると、百度は愛奇芸に約40%のトラフィックを提供していた。

一方、百度はまた愛奇芸をコントロールすることでモバイル端末への移行を望んでいる。
バークレイズ·キャピタルが11月2日に発表した調査レポートによると、PCからモバイルデバイスへの移行に対応するために愛奇芸をコントロールすることで、百度は別のトラフィック獲得チャネルを持つことになる。
百度Q3の財務報告書によると愛奇芸のトラフィックの20%がモバイル·プラットフォームからのものである。

中国国内の動画業界はまだ業界全体が赤字の段階にあって、動画サイトが団結して発展しようとする傾向がある。
今年の初め頃、優酷網と土豆網は合併した。
4月には著作権と放送分野での資源協力のために、捜狐ビデオ、愛奇芸、テンセントビデオが連盟を結んだ。

去年は、楽視網などが高価格で独占的に著作権を購入する方法で競争したため、著作権料が上がって、業界全体の負担となった。
今年は、優酷網、捜狐ビデオなどはUGC(User Generated Content、ユーザー生成コンテンツ)、自作ドラマなどの方面に力を入れた。
各サイトはモバイル·エンド·APPへの積極的な配置に人とお金を投入している。しかし、利益モデルが不明なため、この分野はまだ収益がない。
同様に、愛奇芸もまだ黒字を実現していない。

動画は百度にとっては不可欠な戦略補完なので、単純に価格と現在の業績で評価してはいけないとインターネット評論家洪波が述べた。
オンライン動画は百度にとって戦略的意義があると百度のCEOロビンリーはかつて語っている。
百度がSECに提出した書類によると今年3月の時点で、百度の愛奇芸への累積投資損失は1.1985億元に達している。
以前、愛奇芸がキャッシュフローピンチにあったという報道があった。
今回、百度が保有している愛奇芸の株式を増やすことは、投資を増加していくことを意味している。

今までは回収できたとは言えない投資である。今後はどうだろう。

中国のライブドア。お騒がせ企業No1の奇虎360。
ある時は中国の巨大IT企業QQテンセントと3Q大戦を戦いぬき、ある時は国際ハッカー集団アノニマスともバトルする彼らが、
今回標的に選んだのが、Google国外追放で波に乗るサーチエンジンの百度である。

そして、いい加減にしろと、360が運営するサーチエンジンの挙動に百度が文句を付けた。

【360のサーチエンジンURL】
http://hao.360.cn/so/index.html

まずは、サーチエンジンの仕組みをおさらい。

1.クローラでページを収集。
2.インデクサがそのページを整理整頓。
3.データベースに登録。
4.検索があった場合、リザルトエンジンがDBから結果を返す。

さて、今回の百度と360の戦いは、1番のクローラの挙動にて勃発している。
クローラーはサイトにアクセスをして実際にページを収集する役割を負っているのだが、サイト運営者からみれば人ではないアクセスによってサーバ資源が消費されることになるので、これを拒絶する方法が確立されている。
サイト管理者がrobots.txtというファイルにクローラのアクセス権を記述しておくと、アクセスされたくないページにはクローラはアクセスしないことにはなっている。
そして、百度でもこのようなファイルを設置していたのだが、奇虎360のサーチエンジンは全く意に介さずアクセスを繰り返しているのだという。
実はこのrobots.txt。紳士協定のようなもので、クローラ側が対応していなければ実際はアクセス禁止にすることは難しい。

百度を含め、Google、Yahooと皆守っているのに、360がこの協定を守らないのは「ケシカラン」という話である。

実際に、百度のrobots.txtを見ると、そこには360のクローラを対象とした記述はもはや存在しないようだ。
http://www.baidu.com/robots.txt
このファイルを無視するクローラに対しては、現在は別の方法、例えばIPアドレスの拒否などでお帰りを願っているのだろう。

それにしても、サーチエンジンの黎明期にはみなこのやり方でデータを集めているような気がするのですが。
特に百度の場合、そのクローラは、robots.txtを無視した上で、更に同じサイトに何度もアクセスしていたりして日本を初めとした世界中で伝説になっていました。

引用 Wikipedia 百度の項目
2006年下期頃から、Baiduのクローラ「Baiduspider」による日本のサイトへの過度なクローリング行為が目立つようになり、大手電子掲示板を始めとしたサイトで利用者がアクセス困難になる事態が発生し、Baiduのクローラからのアクセスをブロックする動きがみられるようになった。
これについて、Baiduは2007年3月、日本の各ウェブサイトにたいしてBaiduspiderが過剰な負荷をかけたことを謝罪するとともに、クローリングの頻度管理を統一するなどの対処策を発表した[3]。また同年5月には負荷の少ない新型クローラである「BaiduChecker」を導入し、ウェブサイトに与える負荷を平均数百バイト程度に抑えられるようになったと表明している[4]。2009年7月現在 BaiduImagespider、BaiduMobaider、が別途クロールしており、特にBaiduMobaiderはRobot.txtを無視してクロールしている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BE%E5%BA%A6


もしかすると、百度を辞めたクローラ設計者が、今度は360で再就職し、全く同じものを作ったら古巣の百度から文句を言われた。そんな話だったり。
 

取りあえず、サーチエンジンは情報が命ですから、何でもありで統計情報に従って良くある名前のファイル名を打ち込み、リンクが存在しなくてもページを見つけ出すなんていうこともやっている かもしれません。

まあ、奇虎360からすれば、お前が文句を言うなと。

楽酷天は間もなく閉鎖されるという情報が日本であったという。
メディアの報道では、「楽天と百度の中国での楽酷天サイトは再検討される必要がある。
現在は少なくとも百度は提携を解除する意向がある。楽天は中国市場を掴む機会を失うことになるかもしれない」というものだ。

その情報について、百度と日本楽天は11月19日に楽酷天に声明発表の権限を授けて、百度が楽酷天への投資を停止することを否定した。
また、日本楽天会社と戦略的なパートナーシップを維持し続けると楽酷天が述べた。

去年の初め頃、百度と日本楽天は共同出資でEC会社を設立した。双方は合計5000万ドルを投資した。
楽天は51%の株式、百度は49%の株式を占めている。現在のところ、このサイトに約5000軒の出店者が加入している。

楽酷天の設立後のプラットフォームの出店者募集、顧客サービスの訓練などの中核的な部門は日本側が管理する。
百度側は主にマーケティングとプロモーションを担当するという。

また注意すべきなのは、楽酷天のドメイン名は楽天会社の中国語の音訳「Rakuten」であること。
しかし、中国の消費者にとって、このドメイン名は覚えにくいである。

http://it.sohu.com/20111121/n326259793.shtml


ドメインの問題もあるだろうけど、日本のEC会社が中国で特徴を出すってとても難しいのではないだろか。
システム的に中国の他社より進んでいる点がないし、特に物流が優れている訳でもない。
中国では楽天なんて誰も知らないので知名度も無い。京東の経営者のような話題性も特にない。
提携先の百度は、ECなんてやらなくても検索エンジンだけでボロ儲けだし。
この調子では、市場を掴む機会なんて永遠に訪れないのでは……だからこのような噂が出てくるのであろうか?

9月2日、百度は「百度世界大会」で携帯端末ソフトウェア製品「百度•易」プラットフォームを発表した。
「百度•易」はインテリジェントな検索ボックス、クラウドサービス、及び百度の特色のアプリケーションを統合したものであり、業界の注目を引き起こしている。

9月6日、百度のインサイダーによると、「百度•易」プラットフォームの初めての携帯電話は11月に市場に出回る予定である。デルがハードウェアのOEMを担当するという。
しかし、百度はまだ初めての「百度易」携帯電話の価格を明らかにしていない。

百度CEO李彦宏がインタビューを受けた時、「百度•易」は既存のモバイルインターネットのOSと非常に似ていると表明したが、「百度•易」をモバイルOSと明確に呼ばなかった。
しかし、「百度•易」は始まったばかりなので、既存の流行っているOSであるAndroidシステムとの互換性が必要だと彼が語った。

その機能は、電源ON後に即検索可能で、音声検索、単語選択検索、単語分析によってユーザーのニーズを正確に識別することができるという。
さらに、端末とクラウドシステムが完全に結合しており、検索結果の精度を高めることができるという。
同時に、「百度易」携帯は180Gの大きなクラウドストレージを持っており、ローカルにある文章・画像・ビデオ・音楽などのファイルを、スケジュールに従って自動的にクラウド側にバックアップすることができる。
また、お気に入り等も、クラウド側に保存できるという。
なお、これらは更新された部分のみアップロードされ、トラフィックを節約することが可能である。
また百度地図など、百度の特徴あるアプリケーションが付いているという。


「百度世界大会」の現場で展示された「百度•易」携帯電話の外見はHTC G5に非常に似ている。

また、今回デルと提携した「百度•易」携帯電話はG1のようなもので、将来はより多くのメーカーから「百度易」携帯が発売される可能性がある。

最近、百度はWindows Phone7携帯電話のために専用の中国語ブラウザを公開した。
WP7モバイルブラウザは高速かつ便利であり、ユーザーは簡単に様々なサイトにアクセスすることができる。
百度の発表によると、百度はまた他のプラットフォーム向けのモバイルブラウザを開発する予定である。

現在、百度携帯電話ブラウザはすでにWindows Phone Marketplaceに公開されている。ユーザーが手軽に使えるように、百度携帯電話ブラウザは人間工学的なレイアウトを提供して、ブラウジングのプロセスでの余計なステップを減らしている。
底部にはスライディングのズームイン・ズームアウト機能が付けており、ユーザーはタッチ画面での操作効果を体験することができる。また、このブラウザはアドレスバーと検索ボックスが1つになって、アドレスとキーワード検索はインテリジェントに識別されるという。

今年4月には、百度携帯電話ブラウザAndroid版の内部テストを開始しており、6月にはAndroid版ブラウザのテスト公開を開始している。
携帯電話ブラウザは、携帯電話において各種サービスへの入り口となる重要なツールだと百度では位置付けられている。


携帯電話の操作性がPCより悪いので、ブラウザそのものを押さえてしまえばいろいろなサービスで優位に立つことができるという考え方なのだろうけど、そもそも「Windows Phone7」を使っている人を中国でも見たことが無いな。
この前、百度とbingが提携したので、義理で出したのか。

百度は、「说吧」の投稿ページ閉じて、8月22日から「说吧」のすべてのサービスを停止すると発表した。

2010年9月6日にリリースされた百度「说吧」は中国国内の他のSNSプラットフォームと違って、百度「说吧」は最初から新規登録ユーザーに対して実名制の方法を採用していた。
ユーザーのアカウントは携帯電話の番号と繋ぐ必要がある。

しかし、このやり方はユーザーに歓迎されなかった。
2011年5月から百度は「说吧」の業務を調整し始めた。5月16日に強制的な身分認証とプロフィール画像認証の取り消しを余儀なくされた。
百度「说吧」は微博の様式に変えられ、選択可能な実名認証と有名人認証が採用された。
5月12日、登場8ヶ月の「说吧」のチームは「贴吧」事業部の傘下に合併された。
5月18日、百度「说吧」は新規登録、認証、リアルタイムのホットスポットなどの機能が完全に中止された。

百度「说吧」は設立からわずか1年でサービス停止が発表された。
百度の製品ラインの中、「说吧」と「贴吧」は方向性の重複があると思われている。
「说吧」設立の効果が上がっていないので停止になるのも意外ではないという。

百度傘下のB2C商城楽酷天はその共同購入サービスを全面的にアップグレードして、正式に「歓楽団」と命名し、中国の共同購入市場の競争に参加したことを発表した。
「歓楽団」は一日複数の商品を提供するモードを採用しており、毎回約50件の共同購入商品を提供する。Apple、Midea、Dior、Nikeなど有名なブランドが含まれている。

今年6月14日、楽酷天は高品質の共同購入サービスチャンネルを登場させ、正式に共同購入分野に参入した。
現在、共同購入サービスはすでに楽酷天の6つの主要なチャンネルの一つである。紹介によると、「歓楽団」は服・靴・帽子、ビューティケア、食品保健、電器デジタル、親子用品6つの種類の商品を提供している。

楽酷天は高品質の共同購入サービスを提供することで競争の激しい共同購入市場で一定の市場シェアを獲得しようとしている。
楽酷天の共同購入業務が高品質化路線を取る位置づけには市場の根拠がないわけではない。
多くの消費者からのフィードバック情報によると、商品やサービスの品質問題が中国国内の共同購入市場の発展の大きな障害の1つになっていて、監視・管理システムの設立と改善が求められている。


上海の地下鉄が様々な共同購入サイトの広告で一杯なんですけど。それでも、参入障壁の低い商売には次々と参加するところが増えてゆく。
資金力はあるから勝てる目算があるのかもしれない。

8月8日、百度はBMWと提携協議書を締結し、共同で車載情報システム検索サービスの技術製品の研究開発及び運営について提携することを発表した。
これは百度の「框计算」(ボックス・コンピューティング)がコンピュータ、モバイル、テレビ分野に拡大した後に続いて、初めて自動車市場に参入したことを示している。

今回百度とBMWの協力はインターネットサービスを車載プラットフォームに拡大しようとする試みである。
百度側によると、未来、車の運転台にあるノブを回すだけで、車載スクリーンでインターネットのリアルタイムの検索サービスを楽しむことができる。
地図、ナビゲーション、電子メール、情報、映画・音楽・エンターテイメントなどが含まれる。
それを実現するために、多くの分野の共同協力が必要だという。

百度の使命は人々が平等・簡単かつ便利に情報を獲得するように助けることであると百度会社の総裁アシスタント張東晨が述べた。
検索はPCまたは携帯電話に限定されるものではない。百度はどんな端末を通しても、人々は百度の「ボックス」で自分の欲しい情報を簡単に見つけられることを望んでいる。  

情報によると、百度は他にも多くの自動車メーカーから同じような協力要請を受けた。
現在のところは交渉している。将来はさらに多くのブランドの自動車にも検索機能が実現できると予測されている。

その他のニュース
ブログランキング
にほんブログ村 IT技術ブログへ
 
ニュースカテゴリ
中国ネット基本情報
人気の記事
ニュースのトップへ
中国語サイト制作
ランキング参加中

にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ

プロフィール
後藤(作者)